アークザラッド2が面白いと思えた7つの特徴とは!

ソニー:1996-11-1

難易度:C

やりこみ度:B

クリア回数:5回以上

 

こんにちは、シミュレーションRPGは素人のcoco13世です。

今日は今から20年程前に発売したアークシリーズの2作目にあたる「アークザラッド2」の魅力についてお伝えします。

 

アークザラッド2が発売した1996年は、

 

プレステ

セガサターン

スーパーファミコン

ゲームボーイ

ニンテンドー64

 

これらのハードが競合していた時代です。

 

そんな中で、プレステの産み親であるソニー自ら生み出したシリーズ作品が、

 

ポポロクロイス

ワイルドアームズ

 

そしてアークザラッドです。

 

当時のハード戦国時代で、プレステが勝利を収めた一番の決め手は、FF7かもしれません!

 

しかし上記シリーズも、プレステの勝利に貢献しました!

(3つのシリーズは今もなお、スマホアプリとして引き継がれています。)

 

3つのシリーズの中で唯一、1、2と連続してミリオンヒットしたアークシリーズ(^^)v

 

そのアークシリーズの中でも、最も支持されたアークザラッド2(以下アーク2)の特徴を、7つ挙げていきます(^^)/

 

アーク2の特徴①:ボリューム抜群

 

 

アーク1はボリューム不足が問題視されたが、アーク2はそれを見事に補完!

むしろ、お釣りが出るくらい(‘◇’)ゞ

 

某雑誌のレビューにて、

 

茶碗一杯で少なすぎると文句を言ったら、炊飯機ごと出てきた!

 

この言葉は、実に的を得ている(^^♪

 

壮大な物語

アーク2のストーリーは前作からの続きである。

 

しかし、前作をプレイしていなくても、ストーリーは十分に理解できる。

 

特殊能力を持つエルクは、幼い頃に研究機関「白い家」に捕らわれてしまうが、同じく捕らわれた白い家の仲間の協力を得て、抜け出した過去があった。

 

そして本作開始時では、様々を依頼をこなすハンターとなっていた。

 

とある依頼の中で、特殊能力を持つ少女リーザを助けることになる。

 

リーザを狙っている研究機関の最高責任者が、アーク1の宿敵アンデルと同じ、ロマリア四将軍の肩書を持つガルアーノ。

 

ガルアーノは、エルクが住む東アルディア地方のマフィアのボスでもあった。

 

そして、ガルアーノは「白い家」の責任者でもあることから、エルク一味はガルアーノと本格的に戦うことになる!

 

作中で最もな外道な四天王ガルアーノ

 

物語の序盤は、過去に自分が捕らわれていた「白い家」から、捕らわれた仲間を救う目標であった。

 

しかし、アークやその仲間たちと合流してからは、世界各地でよからぬ事を企てている、ロマリアを阻止する話になってくる。

(この辺りから、前作のストーリーの続きとなる。)

 

なお、四将軍の1人ガルアーノとの決着時には、アーク1とアーク2の主要メンバーが、様々なストーリーを得て合流する。

 

そのため、本作品の中でも最もテンションが上がる(^^)/

 

アーク2の仲間が集結するガルアーノ戦

 

ガルアーノ撃破後も束の間、まだ四将軍は3人残っている。

 

アーク一味の宿敵であるアンデル。

 

そして、ガルアーノの次に戦うことになるヤグンも、本格的に活動を起こすため、戦いは続く!

 

アーク2四天王ヤグン(奥)とアンデル(手前)

 

旅の中で、いくつかの悲しい別れを得て、四将軍ヤグンとアンデルを撃破!

 

いよいよ本拠地ロマリアに乗り込み、最後の四将軍ザルハドと決戦。

 

そして全ての元凶であるラスボスとの決着をつける!

 

大まかに要約すると、こんな感じですが、ラストまでおおよそ50時間。

ガルアーノ戦まででも15~20時間程かかる。

 

広大な世界観

本作の世界観は、現実世界のように広大である。

 

物語開始の舞台である東アルディアは都市であり、

 

宝石店

下水道

廃墟化したビル

現代風アパート

 

などが用意されている。

 

また敵キャラも、グラサンをしたスーツ姿の人間がよく出てくる。

 

しかし物語を進めていくと、RPGの王道とも言える、

 

迷いの森

洞窟

ピラミッド

火山

 

なども出てくる。

 

他にも、

 

研究施設

海底油田

軍事列車

巨大飛行船

 

これらの現代風のダンジョンも出てくる。

 

だが不思議と調和されており、サガフロンティアのようなカオスな感じはしない。

 

さらには精霊も出てくるが、これまた不思議と違和感がなく、バリエーションに富んだ世界観となっている。

 

ボリューム面の感想

広大な世界観に用意された、特盛クラスのイベントがあるため、やりがいのあるゲームである。

 

しかしメインディッシュともいえる、ガルアーノとの決着後は、物語の起伏が少なくなる(>_<)

 

そのため、どうしても作業的になりがち・・・

(逆を言えばアーク1とアーク2の各仲間が出会い、共闘するイベントは、どれも面白味がある。)

 

個人的にはガルアーノ撃破後、すぐ次の四将軍ヤゴン戦に突入!

 

単純イベントの集合体である過去編は取り止めして、アンデル戦に進んでくれると、イベントのテンポも良くなるはず!

 

アーク2は、メインディッシュが中盤に到来する!

 

故に反動で中盤以降、飽きてしまうプレイヤーも多いはず・・・

 

アーク2の特徴②:独自の戦闘システム

 

 

アーク2は独自性の高い戦闘システムの導入により、戦闘における自由度は高めである。

 

武具レベル

アーク2では、武器や防具にレベルが設定されている。

 

そのため、購入時は強くなくても、装備して戦闘を行っていくと、武器や防具はレベルが上がっていく。

(戦闘をしなくても、鍛冶屋でお金で解決も可能。)

 

またレベルの増加と共に、特殊能力が付加されたり、名称も変更したりする。

 

鍛え上げられた武具は、当然ながら他のキャラに交換も可能である。

 

そのため、最前線でないキャラでも、高レベルの武具を装備することにより、それなりの戦力になる。

 

多様な武器

アーク2では非常に数多くの武器が用意されている。

 

その種類は、なんと19種類!!

 

好きな武器を5つぐらい紹介すると、

 

使い勝手良し。

全体的に攻撃力が高めに設定。

 

2マス分攻撃。

1マス空けて攻撃すれば、敵からのカウンターを避けることも可能。

 

斜めからの攻撃が可能。

攻撃力はやや低め。

槍同様カウンター対策が図れる。

 

攻撃力はかなり高めの設定。

装備できるキャラが少なめ。

 

マシンガン

範囲が広く、一度に多くの敵を攻撃可。

しかし攻撃力は低め。

 

熟練度

各キャラは、装備できる武器の種類は決まっている。

 

敵へのダメージ計算判定は、

キャラの基礎攻撃力

武器の性能

そして、各武器の熟練度により決まる!

 

熟練度が上がると、攻撃時のダメージ率やクリティカル率が上がり、敵へのダメージが期待できる(^^)

 

なお熟練度は、戦闘回数に比例する。

 

したがって、剣しか装備できず、常に最前線で活躍するトッシュは、ラスト線までに最高レベルにたどり着くことも!!

 

主人公エルクにおいては剣、槍、斧と3種類装備できる。

 

そのため一つを極めるか、全てを均等にするかは、プレイヤーに委ねられている(^^)/

 

また周回プレイで、同じキャラを主要メンバーとして使っても、主要武器を変えることにより、戦略も変わり新鮮な気持ちで楽しめるのも良い(^^)

 

装備

本作品では武具・アクセサリーの他に、道具も装備できる。

 

例えば薬草を装備すると、毎ターンHPが回復する。

 

他にも、MP回復アイテムである魔法のりんごを装備すると、毎ターン、チャージするため、物理ダメージが増幅する。

 

また、各キャラ固有装備(主にアクセサリー)もある。

 

特殊効果は特記戦力でもあるので、単純に数値だけで装備を選別すると、物語後半は辛くなってくる(>_<)

 

特殊能力

アーク2では様々な魔法や技が用意されている。

 

魔法や技については、汎用性のあるものと、キャラ専用のものに分けられる。

 

個人的にお世話になった特殊能力を5つ紹介すると、

 

キュア

汎用性の回復魔法。

序盤では、リーゼやシャンテが習得する。

中盤以降は、戦士系キャラであるイーガも習得可能。

 

戦闘終了後もHPが回復しない本作品では、最もお世話になる特殊能力。

 

チャージ

汎用性の技。

敵との間合いがある場合、「移動+チャージ」は基本戦略。

 

エクスプローション

火属性の汎用性魔法。

エルクやゴーゲンが習得可能。

射程が長く使い勝手が良い。

 

ちなみにアーク2では、属性はほとんど意味がなく、敵の属性と同じ属性の特殊能力でも、普通にダメージを与えられる(゚Д゚)ノ

 

ラマダ真拳

イーガの専用技。

敵一体に毒の強化版のステートを発生。

一定のボスにも有効。

 

物語後半は雑魚敵も強く、攻撃がよくガードされるため、この技が役立つ。

 

ヴァニッシュ

覚醒ちょこの専用技。

消費MPを「O」にするロマンシングストーンを装備することにより、バランスブレイカーとなる最強の特殊能力。

 

闇属性であるも前述の通り、ラスボスを含む闇属性の敵に大ダメージを与えられる。

 

戦闘システムの感想

本作の戦闘システムのおかげで、戦闘面における自由度は高めと言える。

 

しかし熟練度においては、戦闘でしか熟練度レベルを上げることができない。

 

そのため、主要メンバーと、それ以外のメンバーの熟練度の差が、どんどん開いていく!

 

結果、せっかく数多くのキャラがいるのに、熟練度システムのせいで、多くのキャラ活用が難しくなる弊害が発生。

 

いくら強い武器を装備しても、レベルと熟練度レベルが低いと、後半の雑魚敵に太刀打ちは厳しい(>_<)

 

また、特殊能力が全体的に弱めであるため、どうしても戦士系キャラ主体のメンバーになりがち。

 

アーク2における特殊能力のメリットは、ガード・回避されないことと、カウンターを喰らわないぐらい。

 

ダメージ面で期待できるのは、魔力が高いゴーゲンぐらい。

(覚醒ちょこ除く)

 

アーク2の特徴③:個性的なキャラ

 

ロリコンという言葉を知らないリーザ

 

アーク2では、総勢13名+αのキャラが用意されており、戦闘時には音声も用意されている。

 

したがってキャラの個性が、よりプレイヤーに伝わってくる。

 

またキャラ全員の個別イベントや、見せ場があるのもアーク2の特徴である。

 

戦闘面においても、キャラの差別化は十分に図られており、戦闘に参加できる5人を誰に絞るか、迷うプレイヤーは多いはず!

 

好きなキャラ3選

個人的に好きなキャラは、トッシュ、エルク、グルガ(^^♪

 

トッシュ

全キャラ最強の火力を持つチンピラ風の男。

 

性格は単細胞だが、情に熱い!!

 

攻撃時に紅く染まるエフェクトも良し(^^)v

 

ネタは、戦闘時に複数回切りつけて「一撃だぜ」ってセリフを吐くこと!

 

エルク

アーク2の主人公。

 

槍を極めることにより、ラスボス戦まで重宝する。

 

アーク1の主人公アークは、正義感溢れる典型的な勇者に対し、エルクは少し荒い感じではあるが、正義感は強い。

 

また主人公であるためか、アーク同様にアクセサリー「勇者の翼」も装備可能。

 

親の死・友人殺害・準ヒロインの死と、物語前半は不幸が続くため、精神面で寝たきりになるのは至極当然である。

 

ひらがな台詞のトッシュ

 

ひらがなセリフのトッシュにツッコミを入れるエルク

 

エルクにだけは言われたくないとツッコミを入れるトッシュ

 

エルクとトッシュの初対面時のやりとりは有名!!

 

グルガ

ふんどしお化け(^^)/

 

ネット上では、ある意味一番人気(゚∀゚)

 

戦闘面でも頼りになり、棒を極めることにより、ラスボス戦まで重宝。

 

また光属性のため、対アンデット戦でも大活躍!!

 

ふんどし一丁のためか、少々打たれ弱い感じがするが、気のせい(>_<)

 

裸姿にふんどしのグルガ

 

得意武器はキック、斧、棒と見た目通り!

 

キャラ感想

戦闘中にキャラが喋ってくれるため、各キャラへの親近感が湧く。

 

そのうえ音声があるため、戦闘自体は単調でも飽きにくい。

 

また各キャラの見せ場が用意されていることから、一度はそのキャラは使うことになり、キャラの空気化は少ない。

 

戦闘能力においても、トッシュ等、一部突出したキャラはいるが、全体的にはバランスが整っている。

 

そのため2周目以降も、様々なメンバー組み合わせで、楽しむこともできる(^^♪

 

アーク2の特徴④:難易度が高くない

 

 

アーク2はキャラや武具が多く、また中盤以降は行動範囲も広がり、自由度は高いゲームに分類される。

しかし、敵の強さは程々(後半の雑魚はちょっと強め)であり、次の目的地も明確化されている。

 

そのあためシミュレーションRPGおよびRPG初心者でも、ラスボスまでは詰まずにプレイできる!

 

難易度が易しいと書けない、たった1つの理由

タイトルで、

 

難易度が易しい!

 

そう書けない理由(存在)がある。

 

その理由(存在)がラスボス!!

 

アーク2暗黒の支配者

 

ラスボスだけは別格の強さ!

またラスボスのせいで、主要キャラの選別や、使用武器が決まると言っても過言ではない!

 

現に僕自身、2周目以降のキャラ育成において、ラスボス戦は必ず想定する!

 

アーク2において、中ボスははっきり言って、雑魚敵の延長線!

 

それ故に、最後の最後で泣きを見るプレイヤーは多かったはず・・・

 

\ラスボスの特徴や対策はこちら/

あわせて読みたい

こんにちは、RPGが大好きなcoco13世です。 今日はタイトルの通り、トラウマレベルのボスについてまとめていきます。 なお、ここではRPGに限定したボスと定義し、隠しボスは除外しておきます。 思ったより長くなりそうなので[…]

 

アーク2の特徴⑤:おまけ要素が多い

 

 

アーク2がボリュームが多いゲームと言われているのは、このおまけ要素も含まれている。

 

ギルド

主人公エルクやシュウは、ギルドに所属するハンター協会の一員。

 

ギルドでは、様々な依頼を受けることができる。

 

特に資金不足やレベル不足に陥る序盤では、ギルドにはお世話になる。

 

ギルドイベントでは、非戦闘のイベントや、勝利条件付きの戦闘なども、用意されている。

 

メインイベントとの関係性は薄いものの、凝ったイベントが多いのも特徴。

 

またギルドポイントが高くないと、発生しないイベントもある。

 

そのため、ギルド制覇を目指すプレイヤーは多かったはず!!

 

遺跡ダンジョン

アーク1・2の代名詞ともいえるのが、

 

遺跡ダンジョン!

 

遺跡は地下50階まであるが、3時間程あれば、最深階までたどり着ける。

 

またダンジョン内には、特殊な武器や、終盤まで役立つアクセサリーも多く眠っている。

 

他にも、隠しキャラである「ちょこ」も仲間になるため、

おまけ要素ではあるも、実質的にはメインイベントと言っても良い。

 

ちなみに、アーク1のデータをコンバートすると、更なる深淵に行くことも可能!!

 

モンスターを仲間にできる

アーク2のヒロインであるリーザは「ラヴィッシュ」という特殊能力を使うことで、敵モンスターを仲間にすることができる。

 

モンスターは武器しか装備できないため、打たれ弱いが、キャラが少ない序盤では、貴重な戦力である。

 

中盤以降は、モンスターキャラのクラスチェンジも可能となり、やりこみ要素の一つにもなる。

 

おまけ要素の感想

ギルドイベントは、おつかいイベントが大半のため、後半は飽きがくる(>_<)

 

またギルドイベントは、メインイベントの進捗と共に、発生・消滅してしまう!

 

したがってコンプリートするためには、常に各ギルドに立ち寄って、依頼を確認する必要が出てくる!

 

 

モンスターを仲間にできるシステムは良いが、アーク2では一度に5人しか戦闘に参加できない!

 

そのため強力なモンスターを仲間にしても、主力メンバーには及ばず、活躍の場は少ない

 

アーク1のチョンガラのように、リーザ戦闘参加時には、仲間モンスターが一定数呼び出せるようにすると、リーザおよびモンスターも活躍できたはず・・・

 

ドラクエ5にように、モンスターが最前線で活躍することを期待してはいけない!

 

アーク2の特徴⑥:鬱シーンが多い

 

 

アーク2は、サブキャラとの死別シーンも多く含まれており、鬱要素が強いゲームである。

 

印象的な鬱シーン3選と感想

 

オープニング

ゲーム開始直後のシーン。

エルクが住む村にロマリア軍が攻め込み、エルクの面前で、父を含む複数の村人が銃殺される。

 

主人公エルクの面前で銃殺される一族

 

ミリル戦

エルクは過去との決着、そして過去に自分を「白い家」から逃がしてくれた、ミリルを救うために再び「白い家」に乗り込む!

 

そこでミリルと再会するが、洗脳装置によって、エルクと1対1で戦うことになる!

 

戦闘においても、エルクを傷つけたくないミリルの葛藤が伝わってくる!!

 

なんとか勝利して、洗脳装置もミリルの強い意志により破壊される。

 

しかし、ミリルの体内に内臓してあった自爆装置により、エルクを巻き込み亡くなってしまう(>_<)

 

この衝撃的なシーンから、エルクもしばらく戦闘離脱となる。

 

エルクのミリルの鬱シーン

 

世界崩壊イベント

物語の終盤、ロマリア王が封印を解くことにより、世界中で大災害が起きる!!

 

火災や津波が、今まで訪れた街を襲う!

 

エンディングで大災害の惨状を目の当たりにするが、モブキャラの死体がゴロゴロで、とても大円団の終わり方ではない(>_<)

 

アーク2のエンディングは閲覧注意レベル!!

 

津波で溺死するモブキャラ

 

アーク2の特徴⑦:コンバートシステム

 

コンバート時にのみ見れるイベント

 

アーク2の最大の特徴と言えば、このコンバートシステム(^^)v

 

なんとアーク1のデータを、アーク2に持ち越しできるのだ!

 

アーク1で、最高レベル60まで上げておけば、アーク2でもレベル60で加入してくれる。

 

もちろんアーク1で、ネックレス等のレベルアップ時のボーナス加算をしておけば、加算後のステータスで、しっかり引き継ぎできる!

 

また隠しキャラのちょこが覚醒や、特殊能力のMP消費を0にする「ロマンシングストーン」獲得も、コンバートしたプレイヤーのみの特典となる。

 

コンバートの特権となる覚醒ちょこのヴァニッシュ

 

作中最強技の覚醒ちょこの「ヴァニッシュ」はコンバートが条件となる。

 

そのためコンバートを行うため、アーク1を買ったプレイヤーも多かったはず!

 

エリートプレイヤーは、アーク2発売日までにアーク1をクリアして、万全の状態でアーク2に挑んだはず!

 

僕自身は、一周目クリア後に、アーク1を購入してコンバート。

 

アーク2の2周目はコンバートプレイとなりました。

 

このことから、アーク1がミリオンヒットしたのは、

アーク2のおかげと言っても過言ではない!

 

アーク2の特徴:まとめ

感想は批判的な評価が多くなりましたが、総合評価はかなり高めのソフトです(^^)v

 

エルク一味とアーク一味が出会い、行動し集結するあたりは、何度やってもテンションが上がります(^^♪

 

夜更かしして、一日でガルアーノとの決戦までプレイしたのも、良い思い出です。

 

またストーリーも分かりやすく、共感しやすいのも良い(^^)/

 

2018年12月に発売したプレステクラシックの内臓ソフト20本に、「FF7」「鉄拳」と並んで収録されたことからも、根強いファンが多いことが窺えます(^^)v

 

コンバートを意識してか、アーク1も内蔵ソフト20本に含まれているので、まだやっていない方は是非オススメします。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

あわせて読みたい

スクウェア:1994-9-2 難易度:平均C(各シナリオにより異なる) やりこみ度:B クリア回数:3回   こんにちは、SFCゲームが大好きなcoco13世です。 今日は今から20年以上前にス[…]

 

あわせて読みたい

こんにちは、FFT愛好会のcoco13世です。 最近は真面目に、役立つ試験対策の記事を書いていたので、しばらくは大好きなゲーム記事を書いていきます(^^)/   今日は20年以上前に発売したにも関わらず、今もなお[…]

表紙リオファネス城城内(ベリアス)

 

あわせて読みたい

こんにちは、アーシェのルックスが大好きなcoco13世です。 FF12(ファイナルファンタジーⅫ)は、これまでのナンバリング作品のように、あらゆる層に向けた作品でなく、一部の層に向けた作品です。 そのため、賛否両論が激しい作品で[…]

ff12タイトル