「バキ」の印象に残る名バトル5選!!




こんにちは、バトル漫画が大好きなcoco13世です。

今日はバトル漫画ではあまりにも有名な板垣恵介の漫画作品「刃牙シリーズ」のうち、根強いファンが多い第二弾「バキ」の名バトルシーンを紹介します。

刃牙シリーズは発行部数が2018年時点でシリーズ累計で6500万部突破した作品で現在5作品あります。

グラップラー刃牙 (地下闘技場編、幼年編、最大トーナメント編)計42巻

バキ(死刑囚編、擂台賽編 、神の子編)計31巻

範馬刃牙 (シャドーファイティング、監獄編、ピクル編、列ボクシング編、最強親子喧嘩編)計37巻

刃牙道(宮本武蔵編、通称本部道)計22巻

バキ道(二代目野見宿禰、現在進行形)

この5作品の中でも最も人気であるバキ(死刑囚編、擂台賽編 、神の子編)の名場面を紹介していきたいと思います。

僕自身、刃牙シリーズはバキの死刑囚編でデビューして、その後グラップラー刃牙へ移行したことから、個人的にもバキは評価が高いよ。

5位・・烈VSドイル

出会ったら闘争開始。

それが唯一のルールである死刑囚編。

闘技場メインの前作品と違い、学校や公園、遊園地といろいろな場所で闘いが始まりますが、なんとこの2人は偶然買い物帰りのデパートのエレベーターで鉢合わせしてしまいます。

一般人がいることから、さすがにドイルもこの場で闘うことを躊躇する素振りを見せるが、烈は「わたしは(この場で)かまわん」の一点張り。

ドイルの誘いで一旦バーで酒を飲むことになった2人。

酒の場で、烈が先の闘いでドイルが鎬昂昇相手に爆薬を使ったことを指摘する。

「それは卑怯かな」と問うドイルに対して「わたしは一向にかまわん」と答える烈。

そのやり取りの後、ドイルが濃度の濃いアルコールを口に含み、ランプの火を用いて烈に不意打ちを仕掛ける瞬間、何かがドイルの顔に刺さる。

なんと、烈がドイルの左目にナイフを投げつけたのだ。

突如バーで戦闘開始となる。

闘いは烈の猛攻である。

先ほどのドイルと同じようにアルコールを口に含みランプの火を用いて火炎放射のように攻撃。その後も服の中に仕込んであった無数のナイフをドイルに投げつける烈。

その後も隠し持っていた青竜刀でドイルの背中を切りつけます

ここでは烈海王の実戦の強さが分かります。

ドイルに敗北した鎬昂昇は素手での闘いではドイルを追い込みますが爆薬により逆転されます。

この逆転劇については兄である鎬紅葉も「これは試合などという生易しいものではない」と理解を示していました。

しかし烈においては突然の闘いにも関わらず武器の携帯等、万全の状態であり、爆薬を含む不意の攻撃にも対応しています。

烈と言えばこれまで中国拳法による肉体の強さが印象的でしたが、この闘いでは試合だけでなく日常の場での実戦でも強いことが伝わってきます。

そして「今の私なら烈海王でも勝てる」と豪語していた鎬昂昇もかませ犬の役割をしっかり果たしました。

ちなみにこの闘いで決着と思いきや、とある行動により烈がドイルを助けるという想定外の展開となります。

4位・・独歩VSドリアン

ドリアンは死刑囚の場で一番登場場面が多いです。

日本上陸後は独歩に会うために神心会本部に乗り込み、その場にいた克己を不意打ちで仕留め、烈相手に火を吹きかけ姿を消します。(その時、烈はブチ切れです)

その後はバキや独歩含む死刑囚に対抗するメンバーとの解散後、繁華街で独歩に声を掛けるドリアン。そこでの闘いでは隠し持っていた最先端の頑丈な繊維を用いて独歩の左手を切断。

この闘いでは独歩がまさかの切断された手でドリアンを殴り、姿を消します。

この独歩が姿を消す場面は「ハゲがいねェぞッ」で有名な場面でもあります。

次に姿を現すのは、なんと死刑囚に対抗するメンバー一同が集まる徳川邸です。

ただ、ドリアン自身も全員を相手にするのは分が悪いと分かり、なんと口から手りゅう弾を吐き出し爆破。

爆破後は東京の地下街にかつて戦争で利用していた基地に身を隠し、加藤に切られた耳を治していたところ、ドリアンの後をこっそり追っていた加藤と対面。

先の徳川邸で有利に立っていた加藤だが、なんとここでドリアンが中国拳法の使い手であることが判明。

同時に武器だけでなく、素手での闘いでも化物級の強さを発揮し、最後は催眠術で加藤を嵌めて撃破します。

その後も加藤の敵討ちで集まった神心会門下生をなぎ払い、遊園地で加藤の同期の末堂と対面。

ドリアンの誘いで動くジェットコースターでの闘いとなり、末堂を頭脳戦も用いて撃破。

そこに烈と独歩と克己が現れ、独歩と戦闘開始となる。(ここでドリアンは烈と同じく海王の称号を得ており、かつ烈と同窓生であることが判明。)

この闘いは独歩の空手とドリアンの中国拳法がぶつかる高度な闘いです。同時に武器や催眠術といった実戦形式の攻撃も仕掛けるドリアンですが、ドリアンのあらゆる攻撃を受け止める独歩の闘いが非常に熱いです。(加藤との闘いからドリアンは素手でも強いことは判明済)

ドリアン自身もこの闘いで「こうすれば良かったとか、あれを使用した勝てたとか、一点の疑問の入る余地もなく、曇りもなく、真の敗北を与えてくれるのでは!?」と独歩に期待しています。

なおドリアンは日本に「虎をも屠り去る闘神がいる」と聞いていたことから、日本上陸後に独歩に会いに来たみたいです。

ただし、この世界では北極熊や巨大なアナコンダ、そしてティラノサウルスをも倒す人物が存在していることから虎殺しはそこまでのステータスではありません。

3位・・オリバVS龍

郭海皇の提案で中国人メンバーVS日米メンバーが勃発。

その1戦目となるのがこの闘いである。

オリバはバキシリーズ初登場となるも他に類を見ない筋肉キャラで死刑囚シコルスキーを筆頭に対面する相手を一撃で撃破しており、範馬勇次郎も一目置く強さを有しています。

またアリゾナ刑務所の受刑者でありながら自由に出入りできることからミスターアン・チェインの肩書きも持っております。

一方、龍(ロン)書文は15歳から19歳まで全台湾擂台賽にて連続優勝。

その後も素人の喧嘩自慢やレスラーやムエタイ、憲法のプロが集う黒社会の非公式試合でも25年間無敗のキャリア(生涯無敗)を持つ憲法家です。

その強さは郭海皇も認めており、範馬勇次郎ですらその名を聞いたとき「凶人書文かッッッ」と口走っています。

そんな強キャラ2人の闘いは熱いです。

試合開始後、龍はオリバの無造作に振り下ろした圧倒的パワーの攻撃を片手で受け止め、貫き手でオリバの弾丸をも通さない鋼鉄の腹筋を貫きます。

その後も「居合い」というポケットに手を入れた特殊な闘いの前でオリバは手も足も出ませんが、最後はオリバがロンの怒涛の攻撃をノーガードで受け止めつつ、ロンの頭を掴み顔面連続頭突きで決着となります。

これまで無双の強さを誇っていたオリバが序盤手も足も出ず、また実力的にも均衡していた闘いであったことから、何度読んでも楽しめる闘いでした。

2位・・勇次郎VS郭海皇

擂台賽編の最終戦である、このバトルの見どころはまったく相反する流儀を貫く2人の極限の闘いであり、刃牙や烈海王ですら試合中に驚きを隠せない非常に高度な闘いでもあります。

勇次郎はバキシリーズにおけるジョーカーキャラで地上最強の生物の肩書を持っており全キャラ中最強です。

対する郭海皇は140歳であるも実力で中国憲法№1であり勇次郎も「中国拳法そのものだ」と言っています。

また郭海皇は「武が力に挑むのでない、力が武に挑むのじゃ、おまえがわしに挑むのじゃ」と勇次郎を格下扱いする発言までしています。

闘いにおいては郭海皇の高度な「消力」により勇次郎の攻撃を無効化し、また攻めにおいてもバケモノ級の威力の技で攻めます。

他の相手なら手も足も出ず負けるのでしょうが、相手は範馬勇次郎。

なんと勇次郎も真似たのかすでに持っていたかは不明だが、郭海皇の攻めの「消力」による打撃を守りの「消力」によって無効化してしまいます。

しかし、勇次郎は自分の流儀でないと言い放ち「消力」は使わないと断言します。

そして「闘争とは力の解放だ」と言い放ち、文字通り圧倒的な暴力で郭海皇に攻撃を仕掛けます。

郭海皇も「技術こそが闘争の構成物質そのもの」と勇次郎に攻撃を仕掛けます。

これまで範馬勇次郎の闘い相手は、大半が瞬殺されていたことから、勇次郎の本格的な闘いの場が見れる、この究極の闘いは非常に面白味があります。

最後はまさかの展開で決着となりますが、試合後のステージに立った勇次郎はどこか満足感があり、その場に現れた郭海皇も「範馬海皇」と呼ぶなど勇次郎の実力を認めています。

しかし勇次郎は「海皇」とは中国武術に命お賭した者達の中から、たった一人だけが名乗ることを許される称号であることを知ってか、気持ちだけもらっておく形になりました。

1位・・花山VSスペック

スペックは最凶死刑囚の1人で、死刑囚の中では最も野性味に溢れ豪快かつ残虐なキャラです。

また狂気じみた性格でもあり、刃牙と初対面時には不良から取り上げた拳銃を自分の頬に撃ったり、握手と見せかけて人の手首を渡し、驚く刃牙に前蹴りを喰らわせたりします。

戦闘においても柳やドリアンのような武道の心得はなく、驚異的な身体能力を活かした闘いの他、周囲の道具や物品を利用した凶器攻撃や不意打ち、だまし討ちも行うダーティーな闘いもします。

そんなスペックと闘うのが喧嘩師である花山薫です。

序盤はスペックの凶器攻撃の連続ですが、花山が本格的に構えるとスペックも凶器を捨て花山と同じ構えをします。

スペック曰く凶器の使用はむしろ相手を気遣っているとのこと。

ここでスペックの攻撃力と防御力の紹介があります。

攻撃面においては無呼吸連打という超高速ラッシュ(相手が倒れ骸と化するまで終わらない攻撃)が挙げられ、なんと自由の女神を素手で破壊する程の威力を誇っています。

また防御面においては特別機動隊による鉄鋼弾の集中砲火を全く問題にしてないことから、半端な攻撃ではスペックにダメージは与えれないことが分かります、。

そのスペックが花山に無呼吸連打を繰り出しますが、なんと花山は無呼吸連打を受けつつ、大振りのパンチを放ちます。

そしてそのパンチを喰らったスペックの感想が・・

「な・・・なんてパンチだ・・・」

鉄鋼弾の集中砲火を受けても笑顔のスペックでしたが、花山のパンチ一発でかなりのダメージを負います。

そこからは花山の強烈なパンチが数回繰り出されます。

そして耐えきれなくなったスペックがなんと花山の口に銃弾を入れて破裂させます。

しかし顔面崩壊しても花山の攻撃は止まらず、第一ラウンドが終了します。

そして舞台は夜の公園から警察署入口に変わります。

なんとKOしたスペックが復活して、第二ラウンドが始まります。

横転した車から出てくる花山を警棒でたたいたり、膝や頬を銃で撃ち抜いたり空手の試し割りのトリックをアスファルトと花山の頭でやったりと無茶苦茶です。

その闘いを見ていたドライバー曰く

「そりゃアンタ、ああなっちまうと普通は勝負ありだわ」

「ふううはね」

「だけどこれは花山薫のハナシでしょ」

これだけの攻撃を受けても花山の闘争心は失せず、最後はスペックも最も信頼している己の肉体で闘いますが、花山の怒涛の攻撃(握撃)の前に敗れます。

この闘いの一番の見どころは、文字通りの死闘である。

また闘争と闘争の本格的なぶつかり合いともなるこの闘いは刃牙シリーズの中でも上位に上げられる名戦闘でもあります。

スペックは死刑囚編では一番最初に退場となりますが最も刃牙ファンの期待に応える闘いを見せてくれました。(後の4人の決着は微妙です。)

第二ラウンドでは花山のセリフは一切なく、闘いの純度が非常に高いのも高評価の1つです。

おわりに

刃牙シリーズの第二弾であるバキは、前作のグラップラー刃牙の最大トーナメントのメンバーが闘技場以外で闘うシーンが多く、また素手以外の闘いも多いことから新鮮さがあります。

しかし、ダーティーな闘いの中でも、最後は肉体のぶつかり合いというところが、バキの面白さであり、惹かれる部分でもあります。(ここで挙げた5選も全て肉体のぶつかり合いです。)

ここで挙げた以外にも名バトルはいくつかありますので、まだ刃牙シリーズに踏み込んでいない方は是非、一番人気であるバキを読んでみてください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする