「バキ」の名バトル5選!! あなたの1位はどのバトル?

こんにちは、バトル漫画が大好きなcoco13世です。

今日は、バトル漫画ではあまりにも有名な、板垣恵介の漫画作品「刃牙シリーズ」のうち、根強いファンが多い第二弾「バキ」の名バトルシーンを紹介します。

刃牙シリーズは、発行部数が2018年時点で、シリーズ累計6500万部突破した作品で、現在5作品あります。

 

グラップラー刃牙 (地下闘技場編、幼年編、最大トーナメント編)計42巻

バキ(死刑囚編、擂台賽編 、神の子編)計31巻

範馬刃牙 (シャドーファイティング、監獄編、ピクル編、列ボクシング編、最強親子喧嘩編)計37巻

刃牙道(宮本武蔵編、通称本部道)計22巻

バキ道(二代目野見宿禰、現在進行形)

 

この5作品の中でも、最も人気であるバキ(死刑囚編、擂台賽編 、神の子編)の名場面を、ここで紹介していきます。

 

僕自身、刃牙シリーズは「バキ」の死刑囚編でデビュー(^^)/

その後「グラップラー刃牙」へ移行したことから、個人的にも「バキ」は評価が高いです(^^♪

 

coco13世
ちなみに保有している単行本は「バキ」「範馬刃牙」「刃牙道」全巻だよ。

 

バキの名バトル5位

烈VSドイル

バキ、酒を飲むドイルと烈

 

出会ったら闘争開始!

 

それが、唯一のルールである死刑囚編。

 

闘技場メインの前作品と違い、学校や公園、遊園地と、いろいろな場所で闘いが始まる!

 

そして、なんとこの2人は、偶然にも、買い物帰りのデパートのエレベーターで、鉢合わせしてしまう!

 

一般人がいることから、さすがのドイルも、この場で闘うことを、躊躇する素振りを見せるが、烈は違った!

 

「わたしは(この場で)かまわん」

 

ドイルの誘われ、とりあえずBarで、酒を飲むことになった2人。

酒の場で烈が、先日の闘いで、ドイルが鎬昂昇相手に爆薬を使ったことを指摘する。

 

「それは卑怯かな」

 

そう問うドイルに対して烈は、

 

「わたしは一向にかまわん」

 

そのやり取りの後、ドイルはランプの火を用いて、烈に不意打ちを仕掛ける!

だが、その瞬間、何かがドイルの顔に刺さる!!

 

なんと、烈がドイルの左目に、ナイフを投げつけたのだ!

 

突如、Barで戦闘開始となる。

そして闘いは、烈の猛攻!

 

先ほどのドイルと同じように、アルコールを口に含み、ランプの火を用いて、火炎放射のように攻撃。

その後も、服の中に仕込んであった無数のナイフを、ドイルに投げつける烈。

更に隠し持っていた青竜刀で、ドイルの背中を斬りつける!

 

この闘いでは、烈海王の実戦の強さを痛感できる(^^)v

 

ドイルに敗北した鎬昂昇は、素手での闘いでは、ドイルを追い込むも、爆薬により逆転される(>_<)

 

この逆転劇について、兄である鎬紅葉は、

 

「これは試合などという、生易しいものではない」

 

そう理解を示していた。

 

しかし烈においては、突然の闘いにも関わらず武器の携帯等、万全の状態であり、爆薬を含む不意の攻撃にも対応している。

 

烈と言えば、これまで中国拳法による肉体の強さが、印象的であった。

 

しかし、この闘いでは、試合だけでなく日常の場での実戦でも、強いことが伝わってくる!

 

そして、

 

「今の私なら烈海王でも勝てる」

 

そう豪語していた鎬昂昇も、かませ犬の役割をしっかり果たした(゚∀゚)

 

ちなみに、この闘いで決着と思いきや、とある行動により、烈がドイルを助けるという超展開となる(‘◇’)ゞ

 

バキの名バトル4位

独歩VSドリアン

バキ、遊園地で独歩VSドリアン

 

ドリアンは、死刑囚の中で、最も登場場面が多い。

 

物語序盤、日本上陸後は、独歩に会うために、神心会本部に乗り込む。

 

そして、その場にいた克己を、不意打ちで仕留め、烈相手に火を吹きかけ、姿を消す。(その時、烈はブチ切れ(゚Д゚)ノ)

 

その後は、バキや独歩含む、死刑囚に対抗するメンバーとの顔合わせ解散後、繁華街で独歩に声を掛けるドリアン。

 

そこでの闘いでは、隠し持っていた最先端の頑丈な繊維を用いて、独歩の左手を切断(>_<)

この闘いでは、独歩が切断された手でドリアンを殴り、そのまま姿を消す。

 

この独歩が姿を消す場面は、

 

「ハゲがいねェぞッ」

 

で有名な場面でもある。

 

次に姿を現すのは、なんと死刑囚に対抗する、メンバー一同が集まる徳川邸。

 

ただドリアン自身も、全員を相手にするのは、分が悪いと判断し、なんと、口から手りゅう弾を吐き出し爆破。

 

爆破後は、かつて戦争で利用していた、東京地下街の基地に身を隠し、徳川邸で加藤に切断された耳を治していたところ、ドリアンの後を、こっそり追っていた加藤と対面。

 

先の徳川邸では、有利に立っていた加藤。

だが、ここでドリアンが「中国拳法の使い手」であることが判明。

 

同時に、武器だけでなく、素手での闘いでも、化物級の強さを発揮するドリアン。

最後は、催眠術で加藤を嵌めて撃破。

 

その後も、加藤の敵討ちで集まった神心会門下生をなぎ払う。

そして今度は遊園地で、加藤の同期の末堂と対面。

 

ドリアンの誘いで、動くジェットコースターでの闘いとなり、末堂を頭脳戦で撃破。

 

そこに、烈と独歩と克己が現れる。

ここでは、リベンジ戦を兼ねて、独歩がドリアンとの闘いに名乗り出る。

 

この闘いは、独歩の「空手」とドリアンの「中国拳法」がぶつかる高度な闘いとなる。

 

同時に、武器や催眠術といった、実戦形式の攻撃も仕掛けるドリアン。

だが、ドリアンのあらゆる攻撃を受け止める独歩。

 

この2人の闘いが非常に熱い!!

 

ドリアン自身も、この闘いで

 

「こうすれば良かったとか、あれを使用した勝てたとか、一点の疑問の入る余地もなく、曇りもなく、真の敗北を与えてくれるのでは!?」

 

そう独歩に期待してしまう。

 

なおドリアンは、日本に「虎をも屠り去る闘神がいる」と聞いていたことから、日本上陸後に、独歩に会いに行っている。

ただし、この世界では、北極熊や巨大なアナコンダ、そしてティラノサウルスをも倒す人物が存在していることから、虎殺しは、そこまでのステータスではない(>_<)

 

バキの名バトル3位

オリバVS龍

擂台賽、オリバと龍

 

郭海皇の提案で、中国人メンバーVS日米メンバーが勃発!!

 

その1戦目となるのが、オリバVS龍(ロン)書文

 

オリバは、バキシリーズ初登場となるも、他に類を見ない筋肉キャラである。

そして死刑囚シコルスキーを筆頭に、対面する相手を一撃で撃破している。

 

そんなことから範馬勇次郎も、一目置いている。

 

またオリバは、アリゾナ刑務所の受刑者でありながら、自由に出入りできることから「ミスターアン・チェイン」の肩書きも持つ。

 

一方、龍(ロン)書文は、15歳から19歳まで、全台湾擂台賽にて連続優勝。

 

その後も、素人の喧嘩自慢やレスラーやムエタイ、拳法のプロが集う黒社会の非公式試合で、25年間無敗のキャリア(生涯無敗)を持つ拳法家である。

 

その強さは、郭海皇も認めており、範馬勇次郎ですら、その名を聞いたとき、

 

「凶人書文かッッッ」

 

そう口走っている。

 

そんな強キャラ2人の闘いは熱い(^^)v

 

試合開始後、龍はオリバの無造作に振り下ろした圧倒的パワーの攻撃を、片手で受け止める。

そして貫き手で、弾丸をも通さないと自負する、オリバの鋼鉄の腹筋を貫く!

 

その後も「居合い」という、ポケットに手を入れた特殊な闘いの前で、オリバは手も足も出ない。

 

そんなことから最後は、オリバがロンの怒涛の攻撃を、ノーガードで受け止めつつ、ロンの頭を掴み、顔面連続頭突きで決着となる。

 

これまで無双の強さを誇っていたオリバが、序盤手も足も出ず、また実力的にも、均衡していた闘いであった。

 

このことから、何度読んでも楽しめる闘いである!!

 

バキの名バトル2位

勇次郎VS郭海皇

擂台賽、勇次郎と郭の闘い

 

擂台賽編の最終戦である。

 

このバトルの見どころは、まったく相反する流儀を貫く、2人の極限の闘いである。

 

そして刃牙や烈海王ですら、試合中に驚きを隠せない、非常に高度な闘いでもある。

 

勇次郎は、バキシリーズにおけるジョーカーキャラで「地上最強の生物」の肩書を持っている(^^)/

 

対する郭海皇は、140歳であるも実力で中国憲法№1である。

そして勇次郎も「中国拳法そのものだ」と評価している。

 

また郭海皇は、勇次郎を格下扱いする発言までしている。

 

「武が力に挑むのでない、力が武に挑むのじゃ、おまえがわしに挑むのじゃ」

 

ここでは「武」が郭海皇、「力」が勇次郎である。

 

闘いにおいては、郭海皇の高度な「消力」により、勇次郎の攻撃を無効化。

また攻めにおいても、バケモノ級の威力の技で攻める。

 

他の相手なら、手も足も出ず負けそうだが、相手は範馬勇次郎!!

 

なんと勇次郎も、真似たのか、すでに持っていたかは不明だが、郭海皇の攻めの「消力」による打撃を、守りの「消力」によって無効化してしまう!

 

しかし勇次郎は、自分の流儀でないと言い放ち「消力」は使わないと断言!

 

そして、

 

「闘争とは力の解放だ」

 

そう言い放ち、文字通り圧倒的な暴力で、郭海皇に攻撃を仕掛ける!

 

郭海皇も、

 

「技術こそが闘争の構成物質そのもの」

 

そう自分に言い聞かせ、勇次郎に攻撃を仕掛ける。

 

この究極の「暴力」と究極の「武」の闘いが非常に熱い!

 

これまで範馬勇次郎の闘い相手は、大半が瞬殺されていた。

そのことも相まって、勇次郎の本格的な闘いの場が見れる、この究極の闘いは非常に面白味がある。

 

最後は、まさかの展開で決着となるも、試合後のステージに立った勇次郎は、どこか満足気であった。

 

また、その場に現れた郭海皇も「範馬海皇」と呼ぶなど、勇次郎の実力を認めた結果に至った。

 

バキの名バトル1位

花山VSスペック

バキ、スペックと花山の夜の公園の闘い

 

スペックは最凶死刑囚の1人で、死刑囚の中では、最も野性味に溢れ、豪快かつ残虐なキャラである。

 

また、狂気じみた一面もある。

 

刃牙と初対面時には、不良から取り上げた拳銃を、自分の頬に撃ったり、握手と見せかけて、人の手首を渡し、驚く刃牙に攻撃を仕掛ける場面もある。

 

戦闘においても、同じ最凶死刑囚である、柳やドリアンのような武道の心得はなく、驚異的な身体能力を活かした闘いをする。

また、ダーティーな闘いも得意で、凶器攻撃、不意打ち、だまし討ちも当たり前。

 

そんな凶悪スペックを迎え撃つのが、花山薫である!

 

序盤は、スペックの凶器攻撃の連続だが、花山が本格的に構えると、スペックも凶器を捨て、花山と同じ構えをする。

 

スペック曰く、凶器の使用は、むしろ相手を気遣っているとのこと!

 

漫画では、素手での闘いの前に、スペックの攻撃力と防御力の紹介が入る。

 

攻撃面においては「無呼吸連打」という超高速ラッシュ(相手が倒れ骸と化するまで、終わらない攻撃)が挙げられる。

スペックは「無呼吸連打」を、なんと自由の女神に試し、素手で基礎部分を破壊してしまう威力を誇っている。

 

また防御面においては、特別機動隊による「鉄鋼弾」の集中砲火を、全く問題にしていないことを挙げている。

このことから、半端な攻撃では、スペックにダメージは与えられないことが分かる。

 

そのスペックが、花山に「無呼吸連打」を繰り出す!

しかし、花山は「無呼吸連打」を喰らいつつも、大振りのパンチを放つ!!

 

そして、そのパンチを喰らったスペックの感想が・・・

 

「な・・・なんてパンチだ・・・」

 

鉄鋼弾の集中砲火を受けても、笑顔のスペックだが、花山のパンチ一発の威力に驚愕!!

 

花山のパンチ一発で、ダメージを負うスペック。

 

そこからは、花山の強烈なパンチが数回繰り出される!

 

そして、耐えきれなくなったスペックが、なんと花山の口に、銃弾を入れて破裂させる!

 

しかし顔面崩壊しても、花山の攻撃は止まらず、第一ラウンドが終了!

 

そして第二ラウンドの舞台は、夜の公園から警察署入口に変わる。

 

なんと、KOして警察署に連行したスペックが、まさかの復活!

 

車を横転させ、横転した車から出てくる花山を、警棒で叩き、膝や頬を銃で撃ち抜き、空手の試し割りのトリックを、アスファルトと花山の頭で行ったりと、無茶苦茶(>_<)

 

だが、その闘いを見ていたドライバーは、下記のようなセリフを残す。

 

「そりゃアンタ、ああなっちまうと普通は勝負ありだわ」

 

「ふううはね」

 

「だけどこれは花山薫のハナシでしょ」

 

これだけの攻撃を受けても、花山の闘争心は失せていなかった(゚∀゚)

最後はスペックも、最も信頼している己の肉体で闘うが、花山の怒涛の攻撃(握撃)の前に敗れる(^^)v

 

この闘いの一番の見どころは、文字通りの死闘!!

 

また、闘争と闘争の本格的なぶつかり合いとなったことから、刃牙シリーズの中でも、上位に上げられる名戦闘である!

 

スペックは死刑囚編では、一番最初に退場となる。

だが、最も刃牙ファンの期待に応える闘いを見せてくれた。(後の4人の決着は微妙。)

 

第二ラウンドでは、花山のセリフは一切なく、闘いの純度が非常に高いのも高評価の1つであった!!

 

おわりに

刃牙シリーズの第二弾である「バキ」は、前作のグラップラー刃牙の最大トーナメントのメンバーが、闘技場以外で闘うことになります。

 

最大トーナメントとの一番の違いは、素手以外の闘いも多いこと!

そのため、闘いに新鮮さが感じ取れます。

 

しかし、ダーティーな闘いの中でも、最後は肉体のぶつかり合いというところが、バキの面白さであり、惹かれる部分でもあります。

 

ここで紹介した以外にも、名バトルはいくつかありますので、まだ刃牙シリーズに踏み込んでいない方は是非、一番人気である「バキ」を読んでみてください。

 

そして最後に朗報。

U-NEXTならバキシリーズの漫画を3冊無料(31日間)で視聴も可能です。

また、無料体験でもらえるポイントを使えば、死刑囚編のアニメも無料で視聴できますよ。

 

▷無料体験中の解約なら料金の支払いなし

 

U-NEXTの場合、専門の漫画読み放題サービスと比較すると、読み放題できる漫画は少ないですが、

  • 動画
  • 漫画
  • 雑誌
  • 書籍

この4つを一度に楽しむことができるので、トータルで楽しみたい方には、最もおすすめのサービスです。

 

あわせて読みたい

maco 漫画アニメ好きだけど、動画配信サービス(VOD)が多すぎて、どれに加入すればいいか分からない……   coco13 アニメ漫画好きならUNEXTが一番失敗しないよ。 […]

 

coco13
U-NEXTの気になるメリット・デメリットを、他社比較で具体的に示した記事は、こちらの記事で解説しています。

 

POINT

maco いろいろな動画配信サービス(VOD)のおすすめサイト見ていると、業界最大手のU-NEXTがおすすめ上位に常にランクインしているけど、他社と比較して具体的に何が優れてるの?   coco1[…]

 

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

あわせて読みたい

こんにちは、何かに挑戦するときには、漫画のセリフや場面がよく思い浮かんだcoco13世です。 人生において挑戦する機会って多いですよね。 僕もこれまで、   海外旅行初一人旅 海外登山 国家資格受験 フル[…]

ドラえもん

 

あわせて読みたい

こんにちは、鬼滅の刃のアニメは、一切見ていないcoco13世です。 2019年は、アニメの影響によって、鬼滅の刃の人気が、一気に加速しましたね。   本屋に行けば、売り切れや予約必須のコメントがあったり、駅に行け[…]

鬼滅の刃、煉獄杏寿郎