ダイの大冒険 ポップの魅力,実力を認めた10人をランキング【1位は○○】

あなたは、ジャンプ黄金時代って言葉を知っていますか?

調べてみると、1983年(北斗の拳開始)~1995年(ドラゴンボール終了)までの期間を示すそうです。

 

今日は、そんな黄金時代に連載されていた、ドラクエ好きなら誰もが知る「ダイの大冒険」の真の主人公について、語っていきます。

 

「ダイの大冒険」の主人公は、勇者ダイです。

 

しかし、ジャンプ三原則「努力」「勝利」「友情」と、

このマンガでは欠かせない「成長」を加味すると・・・

 

残念ながら主人公は、ダイではなく、魔法使いポップと魔王ハドラーになります。

 

反論は受け付けません!

 

2人とも序盤からは、想像もできないほど、成長を果たします!

2人について記事を書くと、かなり長引くので、ここではポップに焦点を置いて、勝手に述べていきます。

 

 

あわせて読みたい

maco ダイの大冒険で、序盤から大きく化けたキャラと言えばポップだよね。 coco13 そうだね!でも”化けた”と言えば、もう一人忘れていけないキャラがいるよ   ダイの大冒険好きな[…]

最期までかっこいいハドラー

 

はじめに

大魔導士と読んでくれと言うポップ

まずは、ポップについて簡単に紹介します。

 

ポップは一巻から登場する。

 

しかし、最初の頃は戦力がいまいち・・・

むしろ序盤は主人公ダイが強すぎる感じ。

 

また他のキャラと違い、臆病でエロで、かなりのヘタレキャラ。

そのうえ、他の仲間が勇敢過ぎるため、相対的にポップがダメ人間に見えてしまう。

 

そんなポップだが、冒険の中で戦力はもちろん、精神的にも劇的に成長していく。

 

そんな姿を見て、仲間はもちろん、敵からも認められる場面が多々あるのだ。

 

ポップのかっこいい場面や名場面は、他のサイトでもよく見かけます。

 

しかし、ポップを認める!

または、思わず認めてしまう!

 

そんな場面を、まとめた記事はありませんでした。

 

そんなわけで、ランキング形式でまとめてみました(^^♪

 

ダイの大冒険【ポップ】を認めた者10位

ポップを信頼できる仲間であるとバーンに言うダイ

ダイの大冒険35巻P94より引用

ダイ

この物語の主人公。

ポップとの付き合いは長く、自分がピンチな時や、くじけたときも、ポップに助けてもらっていることから、絶対的な信頼関係がある。

 

物語の序盤から、ポップのかっこいい場面を見ており、早くからポップを信頼している。

 

VS真バーン

ダイを信頼し、声を上げるポップ

ダイの大冒険35巻P96より引用

ダイは、周りのキャラがポップを否定しても、冗談交じりで言い返してくれる。

 

そんなダイが、真バーン戦では真剣に言い返してくれた!

 

それは、大魔王の奥義である天地魔闘の構えを、ポップが「一人で打破する」と言ったときである。

大魔王は冷静に分析したうえで、一人では奥義を打破など不可能と、ダイとポップに忠告する。

 

ポップは、それでも奥義のスキをつくってやると言い切る。

 

ダイも、ポップの自信の根拠は分からなかった。

しかし、それでもバーンに言う!

 

ポップはちょっと頼りないところも初めはあったけど、この闘いを最初から、いっしょに生き抜いてきた仲間なんだ。

 

何度も危機を救ってくれた、信頼できる仲間だっ!

 

こいつがスキを作ると言ったんだから、絶対にスキはできる!

 

 

ダイのポップに対する、今までの冒険と、想いの集大成となるセリフであった(^^)v

 

ダイの大冒険【ポップ】を認めた者9位

ポップを恐ろしい相手として感じていたと言うシグマ

ダイの大冒険27巻P27より引用

シグマ

ハドラー親衛騎団の一人で、騎士道溢れる戦士。

 

彼の持つ盾は、魔法を跳ね返す「マホカンタ」の効果があり、ポップにとっては、戦闘の相性の悪い敵。

ポップの「メドローア」を常に警戒している。

 

ハドラー親衛隊最終決戦

シグマは最もやりにくい相手であると伝えるポップ

ダイの大冒険27巻P28より引用

君(ポップ)は自分で言うより、はるかに恐ろしい男だ!

 

はじめて相まみえた時から、私はそう思っていた!

 

シグマが他の敵と違うのは、ポップを最初から認めていたこと。

 

今までの敵は、ポップを侮っていた。

だからポップも、スキが生じて戦いやすかった。

 

しかしシグマは違った。

その点から、ポップはシグマを最高にやりにくい相手と評している。

 

2人が初めて戦ったのは、物語の中盤である。

その頃のポップは、一撃必殺の「メドローア」だけが、ハドラー親衛騎団にとって驚異であった。

 

しかしシグマだけは、当時から「メドローア」だけでなく、頭脳においても一目置いていたのだ。

 

序盤のダメダメポップに、まさかカッコいい宿敵ができるとは・・・

 

これは、成長したポップへの作者からのご褒美なのかもしれない(^^)v

 

ダイの大冒険【ポップ】を認めた者8位

ポップの努力と成長について語るマァム

ダイの大冒険8巻P178より引用

マァム

この物語のヒロインの一人。

そして、ポップが恋する女性。

 

ポップはマァムに認めてもらうために、背伸びして頑張っているところがあった。

その点では、ポップの成長に大きく寄与した人物である。

 

また会う日まで

もっともっと強くなることを誓うポップ

ダイの大冒険8巻P183より引用

ポップに対する最初の印象は、臆病で自分勝手な奴でした。

 

しかし戦いを乗り越えるために、努力して強くなり、

そして勇敢になっていく姿を、間近で見てきたマァム。

 

そんなポップに感化されたマァムは、武道家になることを決意をする。

 

その決意の真意が、なんと・・・

 

ポップの成長に負けたくない!

 

特に氷魔塔のハドラー戦では、

マァムをかばったり

ベギラマを習得して敵を一掃したり

 

成長による活躍をマァムに見せることができた。

 

マァムが武道家になる、決意の最初のきっかけはマトリフとのやり取りである。

しかし、ポップの急成長が、マァムの決意の根底にあったのだ!

 

ちなみに、このセリフを受け取った後、ポップは告白しようとする。

 

だが、自分はまだまだ弱いことを理由に、告白ができない。

 

また別れのシーンでポップは、もっともっと強くなると決意!

 

今読み返すと、バキシリーズに出てくるビスケット・オリバの、

 

愛以外に人を強くするものなど、あるものか

 

このセリフが思い浮かんでしまう(^^)v

 

鬼岩城襲撃

勇ましいことを言うが、内心はこっそり後悔しているポップ

ダイの大冒険15巻P149より引用

メンバーが最強の剣を求め山奥の村にいるときに、ものすごく大きな城(鬼岩城)が、世界会議の場に攻めてくる!

それを知った時、ダイは己の剣の誕生を見届けるため、その場を離れることができない。

 

そして、どうするか迷っているときに、ポップが音頭を取って、

 

ここは俺たちに任せておけって

 

こうハッキリ言います。

 

まだヘタレな部分が残っているためか、その直後、かっこよく言った自身のセリフについて、軽く後悔してしている。

そんな姿を見た、大ネズミのチウが、

 

あいつビビっちゃっていますけど、大丈夫なんですかねぇ

 

マァムに問いかける。

その時のマァムのセリフが、

 

ポップは一見たよりなく見えるけど、どんな苦しみにも恐怖にも必ず打ち勝ってくれる人

 

素晴らしいフォロー(^^)/

2人が出会った当初から、ポップが成長したからこそ、出てきたセリフである。

 

ちなみに、この現場に居合わせたポップの父親も、成長したポップを見て、立派な男になったと妻と共に認めている。

久々に会ったポップを見て、一人の男として認めたポップの父

ダイの大冒険15巻P152より引用

何気に父が子を認める、この場面も好き(^^)v

 

ダイの大冒険【ポップ】を認めた者7位

初めてポップに尊敬したラーハルト

ダイの大冒険35巻P63より引用

ラーハルト

竜騎衆の一人。

最後の決戦で、ヒュンケルに代わり参加となる。

 

実力は地上最強クラスであり、ポップを下に見ている。(実際に、覚醒したポップより強い)

 

ダイの父親であるバランを心酔している。

そして、その息子であるダイも、バランと同じように心酔し、また絶対的な忠誠を誓っている。

 

VS真バーン

バーンの超必殺技全てを受けてでも、ダイへの攻撃の機会を作ろうとするポップ

ダイの大冒険35巻P59より引用

はじめておまえを尊敬した

 

だが、おまえごときにダイ様への献身で負けるわけにはいかない。

 

ダイに絶対的な忠誠を誓い、ダイの目的のためなら、神々とも戦うと言ったラーハルト。

 

そのラーハルトですら、真バーン戦では打つ手なしで、ヒムと共に怯んでしまう。

そんな中、ダイのために全てを懸け、勝利を全く諦めていないポップを見て、思わず出たセリフ。

 

ラーハルトがポップに敬意を払ったのは、この場面だけ。

 

だが、ポップのダイに対する忠義を、自分以上に認めた貴重な場面でもあった(^^)v

 

ダイの大冒険【ポップ】を認めた者6位

初めて人間の神に祈るハドラー

ダイの大冒険28巻P75より引用

ハドラー

この物語のポップの並ぶ、もう一人の真主人公。

最初は三流魔王であった。

 

だが最期は、言葉に表せないほど、かっこいい戦士になっていた(^^)/

 

ダイヤの9トラップ

ポップが炎のトラップから脱出に失敗した理由はハドラーに見惚れていたからと告白

ダイの大冒険28巻P71より引用

オレのような悪魔のために、こいつをしなせないでくれっ!神よッ!!

 

「こいつ」とは、もちろんポップのこと。

 

キルバーンの”ダイヤの9”トラップに嵌ったダイ、ハドラー、ポップの3人。

ハドラーの助けとポップのメドローアにより、脱出の機会が得る!

 

しかしポップは、脱出できるにも関わらず、

自分たちを逃がすために体を張り、崩れ去っていくハドラーを見捨てることに抵抗があり、迷いから逃げ遅れてしまう。

 

ポップにとってハドラーは、

自分の誇りを賭けて

仲間達と力を合わせ

正々堂々と戦い

必死に頑張りぬく

自分たちと同じ存在だと認識していたのだ。

 

そんなポップの想いを聞いたハドラーは、涙を流しながら、上記のセリフを言う。

 

自分などのために、ポップという素晴らしい男が、犠牲になることはあってはならない!

 

かつて魔王と呼ばれた男が、初めて神に祈った名場面でもあった。

 

成長した2人が築き上げた、この場面は、作中でも上位にランクインする、感動の名場面であった(^^)v

 

ダイの大冒険【ポップ】を認めた者5位

ポップが炎のトラップ脱出失敗したことに対し乾杯するキルバーン

ダイの大冒険28巻P68より引用

キルバーン

大魔王バーンの側近。

呪法を使ったトラップが得意。

 

中盤からポップの成長を警戒し、ダイ一味の中で真っ先に殺そうとしてくる。

呼び名も”魔法使いの坊や”から”ポップに”昇格している。

 

ダイヤの9トラップ

バーンが絶対に何かしてくると察知すると読んでいたポップ

ダイの大冒険28巻P8より引用

キルバーンは、様々なトラップを持っている。

その中で最高の自信作が、前述した”ダイヤの9”。

 

キルバーンは成長するダイを警戒し、ハドラー戦決着後のスキをついて、ダイをハドラーと共にダイヤの9トラップで殺害しようする。

 

しかし僕らのポップが、先回りして食い止める!

 

そしてハドラーの助けもあり、ダイだけがトラップから逃れることに成功。

 

最高の自信作にも関わらず、ダイが逃げたことに対し、キルバーンは、なぜか満面の笑み。

これまでのキルバーンなら、お目当てのダイを仕留められなかったことに対し、軽く怒りを覚えたはず。

 

バーンも、ダイにまんまと逃げられたのに、上機嫌のキルバーンに疑問を持つ。

 

なんと、キルバーンが上機嫌だったのは、ポップがこのトラップで殺害できると確信したからだったのだ!

 

人間を卑下している、大魔王バーンに対しても、

 

人間をナメちゃいけません。成長度だけで言ったら、ポップはダイ以上ですよ。

 

彼さえいなくなれば、ボクの超魔力の罠の数々を突破できる者は、パーティーにはいなくなる。

ポップを高評価するキルバーン

ダイの大冒険28巻P67より引用

大魔王の側近のキルバーンですら、ポップの成長や魔法力を警戒していたのだ(゚∀゚)

 

そしてポップの成長性について、大魔王にも忠告してくれる。

 

キルバーンの中でも、ポップの評価は右肩上がりであった(^^)v

 

ダイの大冒険【ポップ】を認めた者4位

自分以上のキレ者がいることをバーンに言うアバン

ダイの大冒険35巻P35より引用

アバン

ダイとポップの先生であり、かつての勇者。

ポップはアバンに憧れ、家出して弟子入りしている。

 

性格は、後述するマトリフ師匠と違い優しい。

 

頭がかなり切れ、大魔王バーンも警戒している。

 

VS真バーン

ポップを見てマトリフを思い出すアバン

ダイの大冒険35巻P13より引用

まるで昔のようだ。

 

マトリフが傍らにいるのと同じような存在感を感じる。

 

知らぬ間に大きくなるものだ。どの子も!

 

ポップとアバンが、実質的に初めて共闘するのが、真バーン戦。

 

ダイの元に駆け付ける仲間たち。

 

だが、真バーンの第三の眼により、多くの仲間達が、突然「玉」となってしまう。

 

「玉」にならなかった、ラーハルトやヒムが動揺しているのに対し、ポップは事態を冷静に把握する。

 

そして、この状況を”ありがてぇ。むしろ好都合だぜ”と言う!

 

人情家だと思っていたヒムは、その言葉に驚く。

 

しかし一番驚いたのが、ポップのセリフの真意を知ったアバンであった。

 

アバンは、仲間が動揺するような状況の中で、一人冷静なポップを見て、かつての仲間でポップの師匠である、マトリフを思い浮かべる。

 

そして、まるでマトリフが隣にいるような、安堵感を得てしまったのだ。

 

ちなみに、ポップのセリフの真意は、

 

「玉」にされただけで、死んだわけでない。

相手は大魔王。攻撃だけを、考えなければいけない!

「玉」の方が安心だし、目の前で仲間が死に、動揺を誘われる心配がない。

大魔王に致命傷を与えるまでは、戦力外の仲間は「玉」の方が戦いやすい。

 

ゲームに例えると、弱い仲間は蘇生させずに、回復は二の次で、攻撃重視で押し切る感じ。

 

また、バーンの攻撃で、アバンは戦闘離脱となるが、その寸前にバーンが、アバンに語りかける。

 

安心したぞアバン。おまえが早々にいなくなってくれて

 

戦闘力はさておき、頭脳だけは油断ならん、地上一の切れ者だからな

 

このバーンのセリフに対しアバンは、こう言い返す(^^)/

 

あいにくと切れ者ならば、私以上がもういる。

 

大魔王バーンですら、アバンの頭脳は警戒している。

 

そんなアバンが、自分以上の切れ者と認めたのが、ポップだったのだ!

 

この場面は、大魔王の最強奥義”天地魔闘の構え”でヒム、ラーハルト、アバンの必殺技を迎撃し、ダイが動揺する中、

ポップだけが心を鬼にして、冷静に最強奥義の死角を見極めていたのだ!

 

事実、一回奥義を見ただけで、奥義の秘密を見抜く!

天地魔闘の構えの秘密について語るポップと納得するバーン

ダイの大冒険35巻P41より引用

最終戦では、戦闘より頭脳面で、戦力になるポップ。

 

アバンは真バーン戦で、初期とは見違えたポップを見れて、とても嬉しかったに違いない。

 

アバンは他の仲間と違い、ポップの成長過程を見ていないため、正直驚きの連続だっただろう!

 

バーンパレスでも、通常2~3人のMPを満タンにするシルバーフェザーを、ポップに使用してもMPが満タンにならず、驚く場面がありました(^^)v

 

ダイの大冒険【ポップ】を認めた者3位

ポップに対し本当に労い評価するヒュンケル

ダイの大冒険11巻P22より引用

ヒュンケル

元魔王軍6大団長の一人。

アバンの使徒の長男にあたる人物。

 

ポップはマァムがヒュンケルのことが好きだと思い、ポップは彼を恋敵としているが、当人は眼中にない感じ。

 

最初はポップを見下しているが、徐々に頼りにするようになる。

 

竜騎衆戦

おまえにしてはよくやったと内心褒め言葉を言うヒュンケル

ダイの大冒険11巻P21より引用

この戦いでは、ポップが仲間に心配されないように、あえて嫌われ役を買って、一人で竜騎衆3人の足止めをする。

 

当然、竜騎衆の一人目に大苦戦するが、ヒュンケルの助けもあり、なんとか一人目を倒す。

その時のセリフが、

 

おまえにしてはよくやった・・

 

心配せずにあとはゆっくりやすんでいろ

 

顔すら合わせずに言うが、

 

ポップが意識を失った後に、振り返り言ったセリフが、

 

本当に良くやったぞ・・

ポップ・・・!

 

素直でないヒュンケルらしいセリフ(^^)v

 

このセリフには、たった一人で無茶な足止め役を買い、実際に竜騎衆の一人を満身創痍ながら倒した。

そんなポップの心意気を認めたからこそ出たセリフだろう。

 

この辺りから、ヒュンケルも成長したポップを、徐々に認めてくれるようになる(^^)v

 

死の大地から帰還

内心頼りにされていることに気が付くレオナ姫

ダイの大冒険17巻P133より引用

ポップの失態により、ダイを危機に巻き込み、ポップ一人が逃げて帰ってくる場面がある。

その時ヒュンケルが、ポップに向かって怒らずに、なぜか優しい言葉をかける。

 

その真意が、あえて優しい言葉をかけた方が、ポップが元気になると思ったからである。

 

そしてポップが居なくなった後に、マァム達に言ったセリフが、

 

オレが動けん今、あいつに元気を無くされては困る。

 

多少無理をしてでも頑張ってもらわねば

 

戦力的には、ダイに続く2番手のヒュンケルですら、成長したポップを認め、頼りにするようになっていたのだ。

 

ハドラー親衛隊最終決戦

ポップに戦闘で勝つのは容易でないとマァムに言うヒュンケル

ダイの大冒険27巻P15より引用

マァムが女王アルビナス、ヒュンケルが兵士ヒムを撃破し、2人が合流した際、マァムは騎士シグマと戦っているポップを心配する。

 

その時のヒュンケルのセリフが、

 

今のポップに勝つのは、オレとて容易ではない。

 

ヒュンケルも最終戦の前に、急激に強くなった。

 

そんなヒュンケルですら、ポップの戦闘力を認めるようになっていたのだ(^^)v

 

ダイの大冒険【ポップ】を認めた者2位

そろそろ付き合いも長いからなとポップに言うクロコダイン

ダイの大冒険17巻P118より引用

クロコダイン

元魔王軍6大団長の一人。

一言でいうと武人のような男(獣人)

 

早くからポップの事を認めてくれる。

 

VSクロコダイン戦

ポップに男の誇りを教えてもらったと伝えるクロコダイン

ダイの大冒険4巻P67より引用

クロコダインは、勝利のためにザボエラの誘惑に負け、人質という卑劣な手段を用いてダイ達を苦しめる。

 

そんなピンチの場面で、一度は逃走したポップが現れ、ダイを窮地から救うために、命を捨てる覚悟でクロコダインに挑む。

最終的には、覚醒したダイにクロコダインは敗れる。

 

そして敗北を認めた後に、ポップに向かっていったセリフが、

 

小僧、おまえにも教えられたぞ・・男の誇りの尊さをな・・・

 

この「教えられたぞというセリフは、一度は逃げ出したものの、仲間のために戻ってきた、その成長ぶりを目の当たりにしたため、出てきた言葉である

 

またバラン戦では、ポップの戦いについて、

 

人間の素晴らしさを見た!

 

オレの心のにごった汚れを取り除いてくれたのはポップ・・おまえだ

 

もはや、感激のセリフでしかない(゚∀゚)

 

キルバーンの襲撃

ポップが逃げる選択を取ったからクロコダインも同じ選択を取れた

ダイの大冒険17巻P118より引用

ポップの成長を警戒したキルバーンが、ダイを見捨てて、一目散に逃げるポップを、ピンチに追い込む場面がある。

 

そこに助けにきた、クロコダインだが、

 

なんと、いきなり「逃げる」を選択!!

 

キルバーンも、驚きを隠せない様子。

 

あの勇猛で名高い獣王クロコダインが、いきなり逃げをうつとは・・

 

ポップも本当は、ダイを見捨てて逃げたくなかったと泣きだすが、その時のクロコダインのセリフが、

 

よほどの事がない限り、今のおまえは一人で逃げたりはせん。

 

そう思ったからこそ、オレもためらいなく逃げを選んだのだ!

 

・・そろそろつきあいも長いからな。

 

ポップも僕も感激(ToT)/

 

特に「そろそろつきあいも長いからな」というセリフ!!

 

勇猛なクロコダインが、ためらいなく逃げを選択できたのは、ポップの行動を心底認めていたからである!

 

場面としては6ページ程ですが、非常に重みのある、セリフと言動であった。

 

ダイの大冒険【ポップ】を認めた者1位

俺の自慢の弟子と断言するマトリフ

ダイの大冒険24巻P189より引用

マトリフ

アバンがポップにとって「先生」なら、マトリフは「師匠」になる。

世界最強の魔法使いであり、彼の弟子入りになって、ポップは戦力的に急成長を果たす。

マトリフから見た、最初のポップの印象は、

 

オレがなんとかしてやらんと、あいつ死ぬぞ!

 

第一印象は、よろしくなかった・・・

 

メドローア習得後

ポップのメドローアの成果をみて驚愕するマトリフ

ダイの大冒険18巻P96より引用

メドローアは、マトリフが編み出した最強呪文。

本人曰く「センスのねぇ奴には一生できない」呪文みたい。

そんな高度な呪文を習得し、その成果をマトリフに見せたとき、思わず出たセリフが、

 

・・今日ほどおまえを大した奴だと思ったことは・・無い

 

ここでは、暗にポップの魔法使いとしての素質を、褒めてしまったのだと思われる。

 

アバンのしるし

マトリフのしるしがあれば渡したいと笑顔で話すマトリフ

ダイの大冒険24巻P187より引用

大魔王とのリベンジ戦において、勇者一味は、大破邪呪文「ミナカトール」を使うことになる。

「ミナカトール」を使うためには、それぞれにしかない「力」により「アバンのしるし」を光らせる必要がある。

そのことをポップは、女子更衣室をのぞき見しているときに、聞いてしまった!

 

そのうえ、自分が持っている「アバンのしるし」が、全然光らないことが判明!

自分は、アバンの使徒を名乗る資格が、ないのではと本気で悩む。

 

そして、気が付いたらマトリフの元に来てしまう。

しかしながら、悩みの内容は言えず、弱音を吐いてしまう。

 

ところがマトリフは、成長したからこその苦悩であることに気づく。

鼻タレのガキが、そんな次元までたどり着いたことを嬉しく、時に寂しく思ってしまう。

 

そして満面の笑みで、ポップに言います。

 

オレに”マトリフのしるし”とかあれば、とっくにくれてやるところだ

 

また、マトリフに甘えてしまったことを謝るポップに対して、今度は真顔で言います。

 

自信を持て!おまえは強い

 

オレの・・・自慢の弟子だっ!

 

あの横暴なマトリフの口から、これらのセリフを言わすとは・・・

ポップの精神面での成長ぶりが、全力で伝わってくる!

 

この場面は7ページ程ですが、心に突き刺さる場面でした(^^)v

 

ダイの大冒険【ポップ】を認めた者:まとめ

一位はポップの成長に一役買い、最初と最後で心証ががらりと変わった、マトリフになりました。

 

ポップを認めた者は、他にも

  • ダイの父バラン
  • 大魔王(真)バーン
  • レオナ姫
  • ポップの父親
  • ヒム

などなど数多くいます。

 

ポップは他の仲間と違い、武器屋の息子という、ただの庶民でした。

 

主人公ダイは伝説の竜の騎士

ヒュンケルはアバンとミストバーンに鍛えられた戦いの天才

マァムは両親がアバンのかつての仲間

レオナは王家の血筋

 

本人も物語の中で、そのことを気にしていました。

しかしながら、そんなポップが劇的に成長していく姿に、読者は共感し、熱狂的なファンもできたのだと認識しております。

 

まだダイの大冒険を読んでない方は、是非一巻から読んで、ポップの成長に感動してください。

 

この記事が、初読や再読のきっかけになったら良いなと思っております。

 

そして最後に朗報。

 

coco13
U-NEXTなら1991年に配信されていたダイの大冒険アニメ版を、第46話(バラン編)まで無料(31日間)で視聴が可能です。

 

▷無料体験中の解約なら料金の支払いなし

 

U-NEXTの場合、専門の漫画読み放題サービスと比較すると、読み放題できる漫画は少ないですが、

  • 動画
  • 漫画
  • 雑誌
  • 書籍

この4つを一度に楽しむことができるので、漫画もアニメも楽しみたい方には、最もおすすめのサービスです。

 

あわせて読みたい

maco 漫画アニメ好きだけど、動画配信サービス(VOD)が多すぎて、どれに加入すればいいか分からない……   coco13 アニメ漫画好きならUNEXTが一番失敗しないよ。 […]

 

coco13
U-NEXTの気になるメリット・デメリットを、他社比較で具体的に示した記事は、こちらの記事で解説しています。

 

POINT

maco いろいろな動画配信サービス(VOD)のおすすめサイト見ていると、業界最大手のU-NEXTがおすすめ上位に常にランクインしているけど、他社と比較して具体的に何が優れてるの?   coco1[…]

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

\無料読み放題も充実のマンガレンタルアプリ/

 

あわせて読みたい

maco ダイの大冒険で、序盤から大きく化けたキャラと言えばポップだよね。 coco13 そうだね!でも”化けた”と言えば、もう一人忘れていけないキャラがいるよ   ダイの大冒険好きな[…]

最期までかっこいいハドラー

 

あわせて読みたい

最近気がついたのだけど、ミストバーンって実は魅力溢れるキャラだよね。   えっ、ミストバーンって最後まで敵サイドのキャラだったし、最期も自業自得だったような… […]

ダイの大冒険ミストバーンの3つの魅力【実は人間味あるキャラだった】

 

あわせて読みたい

こんにちは、ポップとハドラーが好きなcoco13世です。 今日は、1989年から1996年のジャンプ黄金時代に連載されていた、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』の名場面について、お話をします。 ここでは、前回に続き、[…]

大魔導士と読んでくれと言うポップ

 

あわせて読みたい

こんにちは、今でも我が子相手にアバンストラッシュを放つことがあるcoco13世です。   2019年12月21日に、すごいサプライズが舞い込みました。   幕張メッセで開催中の“ジャンプフェスタ2[…]

天地魔闘の構え