次からはcoco13で指名検索してください。

ダイの大冒険アニメ18話感想 今回はバトルと友情の神回だった!

こんにちは!ダイの大冒険が大好きすぎて、これまで当サイトでダイの大冒険関連の記事を10個(A4レポート55枚相当)も生み出したcoco13世です。

 

 

アニメ感想記事の一覧はこちら

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話 11話 12話
13話 14話 15話 16話
17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話
25話 26話 27話 28話
29話 30話 31話 32話
33話 34話 35話 36話
37話 38話 39話 40話
41話 42話 43話 44話
45話 46話 47話 48話
49話 50話 51話 52話
53話 54話 55話 56話
57話 58話 59話 60話
61話 62話 63話 64話
65話 66話 67話 68話
69話 70話 71話 72話
73話 74話 75話 76話
77話 78話 79話 80話
81話 82話 83話 84話
85話 86話 87話 88話
89話 90話 91話 92話
93話 94話 95話 96話

 

2019年12月にダイの大冒険の再アニメ化が決定し、2020年10月3日から放送開始となりました。

 

小学生の頃に視聴していたアニメの完全新作版を、小学生の子どもと一緒に視聴する日が訪れるなんて…

ダイの大冒険の大ファンとして、単にアニメを楽しむだけでなく、1人でも多く方に興味を持ってもらいたいです。

 

そんなわけで、内容や感想そして原作との変更点についてお伝えしていきます。

coco13
『新装彩録版』のサイズはジャンプコミックスの単行本版と同じですが、表紙が新たに書き下ろしされ、連載時のカラーページを再現収録しているため、単行本版や文庫版の上位互換と言えます。(内容は変わりません)
ここから先はネタバレ含みます!

ダイの大冒険18話:ヒュンケル対ハドラー

ヒュンケル対ハドラー

18話のあらすじ

地底魔城と共に消えたと思われていたヒュンケルの登場に、驚くポップとマァム。

なんと彼は、地底魔城と共にマグマに飲まれる寸前、クロコダインに救い出されたのだという。

ダイたちアバンの使徒に力を貸すべく戦地に駆け付けたヒュンケルはポップとマァムをバルジの塔へと向かわせ、父の仇・ハドラーとの一騎打ちを買って出る。

一方、裏切り者へ怒りを燃やすハドラー。二人の死闘が幕を開ける。

ブラッディースクライドでハドラーの左胸を刺突するヒュンケルだったが、心臓を二つ持つハドラーは攻撃に耐え、ヒュンケルの一瞬の隙を突いてメラゾーマとベギラゴンを食らわせる。

ハドラーの猛攻に意識を失ってしまったヒュンケルはかつてのアバンとの修業を夢に見る。

アバンの教えを思い出したヒュンケルは、己の闘気を額に集中させグランドクルスを放つ。

だが、ハドラーはヒュンケルの命を懸けた大技をも、配下のモンスターたちを盾にしてしのいでしまった。

力を使い果たし意識を失っているヒュンケルにハドラーがとどめを刺そうとしたその瞬間、ヒュンケルは無意識のまま最後の闘気でハドラーの右胸を貫き、残っていた心臓を破壊した。

そのころ、クロコダインが炎魔塔を崩壊させたことで、結界は消滅。ポップ、マァムと合流したダイは、レオナを救うためバルジの塔へと急ぐ。

公式サイトより引用

 

coco13
アニメ第18話は原作7巻第60話”戦士復活‼”から第63話”生と死の十字架”までだよ。

 

18話の主な登場人物

>ダイ

ダイの大冒険登場キャラ、ダイ

公式サイトより引用

赤ん坊の頃、船が難破してデルムリン島に流れつくが詳細は不明。

モンスターである鬼面道士のブラスに育ててもらった。

剣技は光るものがあるが、呪文は苦手。

ヒュンケル戦で剣と魔法の合体技も使えるようになった。

額にドラゴンの紋章が出現すると驚異的に強くなる。

 

>ポップ

ダイの大冒険登場キャラ、ポップ

公式サイトより引用

ダイの大冒険のメインとなるキャラ。

職業は魔法使い。

クロコダイン戦を経て、仲間のために強敵とも立ち向かえるようになる。

また、マトリフの下で修行したことによりレベルアップする。

メラ系の呪文が得意。

 

coco13
ポップと言えば、精神面で最も成長を果たしたキャラの1人と言われているよ。

 

\ポップのことを深く知りたい人はこちらへ/

関連記事

ダイの大冒険の主人公は誰なのか? ジャンプ三原則「努力」「勝利」「友情」と、ダイの大冒険では欠かせない「成長」を加味すると、残念ながら主人公はダイではなくポップとハドラーになります。 2人とも序盤の評価はイマイチでしたが、いざ全[…]

ダイの大冒険ポップの実力・内面を高評価した13人を徹底解説

 

>マァム

ダイの大冒険登場キャラ、マァム(クロコダイン戦後)

公式サイトより引用

ダイの大冒険のメインキャラ。

初期メンバーと言えばダイ、ポップ、マァムの組み合わせ。

呪文を弾につめた「魔弾銃」の他、棒も使いこなす。

アバンの使徒でもあり、両親はアバンと共に戦ったパーティ。(戦士と僧侶)

性格は男まさりだが、慈愛に満ち溢れた性格。

 

>レオナ

ダイの大冒険登場キャラ、レオナ

公式サイトより引用

パプニカ王国の王女。

魔王軍に国を滅ぼされるも、反撃の機会をうかがうために、バルジの塔で三賢者2人や兵士達と身を隠していた。

性格はダイ曰く、マァムよりキツイ。

バルジ塔でフレイザードによって氷漬けにされてしまう。

 

>バダック

ダイの大冒険登場キャラ、バダック

公式サイトより引用

自称パプニカの剛剣使い。

剣術の他にメカにも精通している。

炎魔塔と氷魔塔を破壊する爆弾の作り手であることから、ダイ達と共にバルジ島に同行する。

友好的な人物でもあり、初対面のクロコダインに対して必殺技の改名を提示した。

 

>ハドラー

ダイの大冒険登場キャラ、魔王ハドラー

公式サイトより引用

六軍団長を束ねる「魔軍司令」。

バルジ島でダイ達を抹殺するために、魔王軍総攻撃を企み、自らも氷魔塔で待ち構えている。

イオ系、ギラ系の呪文が得意の他、格闘スキルも高い。

また、ヒュンケルの鎧に傷をつける強力な爪も隠し備えている。

 

>クロコダイン

ダイの大冒険登場キャラ、クロコダイン

公式サイトより引用

獣系モンスターを束ねる百獣魔団の団長。

肩書は「獣王」。

ロモスでダイに敗れるも、パプニカで再び登場。

体を張ってダイたちをヒュンケルから逃がすも、ヒュンケルに重傷を負わされてしまう。

しかしながら、ヒュンケルの武士の情けで死亡していなかった。

ダイとバダックを助けるために炎魔塔に登場。

武人としての誇りが高い。

 

>ヒュンケル

ダイの大冒険登場キャラ、ヒュンケル

公式サイトより引用

不死系モンスターを束ねる不死騎士団の団長。

肩書は「魔剣戦士」。

パプニカでダイに敗れ和解するも束の間。

フレイザードの策略により、地底魔城と共に崩れさり、死んだと思われたが生きていた。

ポップとマァムを助けるために氷魔塔に登場。

父バルトスと師アバンの仇を討つために、ハドラーと対決する。

 

>フレイザード

ダイの大冒険登場キャラ、フレイザード

公式サイトより引用

物質系モンスターを束ねる氷炎魔団の団長。

肩書は「氷炎将軍」。

性格は残虐で部下(フレイムやブリザード)からも恐れられている。

ヒュンケルを亡き者にし、ヒュンケルの後任としてパプニカ侵攻を引き受ける

見た目通り、炎と氷の呪文や技が得意。

戦うのが好きでなく、勝つのが好きなため、勝利のためなら手段は問わない。

使用したら外道扱いされる禁術も平気で使用する。

魔王軍総攻撃でも仕留められなかったダイ一味を見て、箔がついたと喜ぶ。

 

フレイザードについては別記事も作成したので、気になったら参考にしてください。

 

あわせて読みたい

ダイの大冒険の魔王軍6大団長って個性派揃いだったよね。   人気投票を見ると、強さとかっこよさを兼ねそろえたヒュンケルが人気だね。   ネット社会だと、ネタ[…]

ダイの大冒険フレイザードが今でも人気がある4つの理由【画像多数】

 

18話の見どころ

名言を放つクロコダイン

タイトルのヒュンケル対ハドラーも熱いが、それ以上にヒュンケルとクロコダインのやり取りがグッとくきます。

 

自分が死ぬことで罪が精算できるというヒュンケルの考えに対して、ありがたいクロコダインのお言葉。

 

「オレは男の価値というのは、どれだけ過去へのこだわりを捨てられるかで決まると思っている。」

「たとえ生き恥をさらし万人にさげすまれようとも、己の信ずる道を歩めるなら、それでいいじゃないか。」

 

coco13
近年の責任取って辞める・切腹とは真逆の考えだね。

 

クロコダインの言葉で、ヒュンケルも生きる意義を見つけ、直後に鎧の魔剣も戻り、最後は二人の熱い握手。

 

武人として気質が近い二人だからこそ、成立した名場面です。

 

18話で登場した呪文・技

>メラゾーマ

使用者:ハドラー

【メラ系】【炎】の上級呪文。

ドラクエ3で初登場の単体最強呪文。

地獄の爪でヒュンケルの鎧を貫き、鎧の中で発動させ、ヒュンケルに大ダメージを与えた。

 

>ベギラゴン

使用者:ハドラー

【ギラ系】【閃光】の上級呪文。

ドラクエ3で初登場の呪文。

メラゾーマでヒュンケルにダメージを与えた後、トドメの一撃として使用。

 

>イオナズン

使用者:ハドラー

【イオ系】【爆発】の上級呪文。

ドラクエ3で初登場の全体最強呪文。

ヒュンケルに使用するも、ヒュンケルの鎧は呪文が効かないため、ノーダメージであった。

 

>獣王痛恨撃

使用者:クロコダイン

クロコダインの最強技。

迫りくる雑魚敵たちと炎魔塔を破壊するために使用。

使用後にバダックより名前が物騒と言うことで、「獣王会心撃」に改名を提案される。

 

>ブラッディースクライド

使用者:ヒュンケル

ヒュンケルの最強剣技。(突き技)

真っ向から飛び込んできたハドラーに使用し、心臓を貫いた。

 

>グランドクルス

ヒュンケルのグランドクルス

使用者:ヒュンケル、過去のアバン

闘気(生命エネルギー)を十字架のように放つ技。

難易度の高い技で、殺気だち高ぶった状態では、逆に己の命が危なくなる。

ヒュンケルは初めて成功させるも、全闘気を無尽蔵に放出してしまい、意識を失ってしまった。

 

ダイの大冒険18話の原作との変更点・カットシーン

ハドラーを見届けるミストバーン

原作を読み返しながらアニメを視聴して判明した変更点・カットシーンは以下の通り。

 

  • ポップがヒュンケルから薬草を投げつけられたとき、原作は「男女差別だぁ」に対しアニメ版では「平等じゃねーな」と差別という言葉を回避。
  • クロコダインがヒュンケルを助けた際、原作ではダイ達を加勢に行くとしか言っていないが、アニメ版ではダイたちはバルジ島に向かっていると言うセリフも追加。
  • ヒュンケル対ハドラー戦で、ハドラーが加勢しようとするガーゴイルに対して「貴様らは手を出すな」と1対1の戦いに拘る姿勢が追加。
  • ヒュンケルをベギラゴンで倒した後、原作ではハドラーが生き残った部下の人数を報告させていたが、アニメ版ではカット。「生き残ったのはこれだけか」になっている。
  • マァムのセリフで、原作では「ヒュンケルもクロコダインも、かろうじて拾った命をもう一度捨てる覚悟で私達に加勢…」とあるが、アニメ版では「かろうじ~覚悟で」の部分がカット。
  • 原作ダイのセリフが「今はレオナを一刻も早く助けることが俺たちの仕事なんだね」に対し、アニメ版では「レオナを必ず助け出してみせる」に変更。
  • アニメ版では、ハドラーが敗れた直後にミストバーンが登場している。

 

今回は大きな変更はなし。

 

ただし、最後のミストバーン登場だけは、原作における矛盾点を補てんするものであると感じたので説明しますね。

 

原作で言われている矛盾点とは、禁呪法で造られた生命体は、術者が死ぬと一緒に死んでしまうこと。

 

coco13
原作ではハドラー自身が禁呪法で生み出したオリハルコン親衛隊に、この事実を教えています。

 

実はフレイザードもハドラーの禁呪法で生み出された生命体なので、ハドラーが死んだのにフレイザードがピンピンしているのは、矛盾となるわけです。

 

原作でハドラーはヒュンケル戦で死亡となっていますが、アニメ版ではミストバーンが息絶える直前に救ったことにして、この矛盾をなくすものと推測しています。

 

ダイの大冒険18話の口コミ

 

coco13
ポップも前回かっこよかったけど、上には上がいることが分かりました。

 

 

coco13
ヒュンケルの死して贖罪の考えを否定せず、背中で語る感じなのがgood。

 

 

coco13
ヒュンケルとクロコダインの熱き友情は、これからも見れます。

 

 

coco13
ヒュンケルのかっこよさの一つに自分に厳しいところが挙げられますね。

 

 

coco13

マァムが人気なのは単に優しいだけでなく、戦局によっては厳しい判断も行えるところ。胸と生足だけが人気の秘訣ではない。

 

 

coco13

あれほどヒュンケルを毛嫌いしていたにも関わらず、心臓を貫かれ死ぬ瞬間に、ヒュンケルに対して「見事だ。貴様こそが真の戦士」と認めることから、ハドラーも武人気質が高い。

ダイの大冒険18話感想まとめ

ベギラゴンを使用するハドラー

18話はハドラー、クロコダイン、ヒュンケルの最強技オンパレードであったため、バトル面では華やかな感じでした。

 

一方、ヒュンケルとクロコダインの熱き友情を、原作通り再現してくれたのもポイントが高かったです。

 

来週は、バルジ島のボスとも言えるフレイザードとのリベンジ戦。

 

来週も引き続きバトル編が楽しみですね。

ダイの大冒険 アニメ視聴ならAmazonプライムビデオがおすすめ
  • 初回30日間は無料で視聴できる
  • 月額500円でプライム会員特典すべて利用可能(コスパ最強)
  • ダウンロード可能なためオフラインでも視聴可能
  • 3台まで同時視聴可能
  • 配信数は15,000本(レンタル・購入作品除く)と少なめ
  • 倍速機能は備わっていない

ダイの大冒険は有名な作品であるため、多くの動画配信サービスで視聴が可能です。

アニメは視聴したいけど、まだ動画配信サービスを利用していないのであればAmazonプライムビデオがおすすめです。

30日間の無料お試し期間があるので、期間内に気になるアニメを全て視聴すればお金は一切かかりません。

UNEXTやHuluなど専属の動画配信サービスと比較すると動画配信数やUIは劣るものの、Amazonプライムビデオの料金は月額500円(年払い4,900円)とサイフに優しいです。

さらに上記料金にはプライムビデオだけでなく、下記特典も含まれているためコスパ最強のサブスクリプションと言えます。

  • 1,000冊以上の電子書籍が読み放題となる『プライムリーディング』
  • 200万曲以上の曲が無料で聴ける『プライムミュージック』
  • Amazon買い物において通常配送料無料・お急ぎ便が無料
  • Amazonセールで一般会員より優遇

 

>>【30日間無料】Amazonプライムを体験してみる

 

coco13
まずは無料体験で使い勝手を確認してから継続するかどうか決めましょう。電子書籍は小説やビジネス・経済雑誌も豊富なので、先ほど紹介したDMMブックスの穴埋めにもなります。

Amazonプライムビデオの登録手順

  1. Amazon公式サイトより『プライム』を選択
  2. Amazonアカウントにログインする
  3. 支払い方法と請求先住所を入力
  4. 『30日間の無料体験を試す』を選択

 

ダイの大冒険 おすすめ電子書籍はDMMブックス
  • 初回の無料会員登録で70%OFFクーポンゲット
  • 試し読み無料や期間限定無料で読める作品が豊富
  • 大人向けの漫画も充実
  • 年3回のセール時のポイント還元がお得
  • 購入した本はダウンロード可能なのでオフラインで読める
  • 小説や実用書などのジャンルは少なめ
  • 大人向けコンテンツのイメージが強い(旧DMM.R18はFANZAに改名)

文庫版については電子書籍も扱っていますが、電子書籍だと1冊あたり680円と紙媒体(715円)と比較して安く購入できます。

さらにDMMブックスだと初回限定特典として無料会員登録で70%OFFクーポン(割引上限金額3,000円)をゲットできるため、まとめ買いするのであれば、クーポンを活用するべきです。

運営元であるDMM.comはオンラインスクールや金融など様々な事業の展開しているため、サービスの突然の停止の心配も不要。

品揃えは66万冊以上(2021年2月時点)と申し分ないですが、大人向け作品や漫画が多い反面、小説や実用書は少ないので、漫画向けのサービスと割り切ったほうがいいです。(実用書がメインならkindle unlimitedがお得)

男性陣の場合、アダルト作品の試し読み無料を多く扱っている点も見逃せません。

過去にもお得なクーポンは発行していましたが、赤字計上を理由に廃止された経緯があり、今取り組みしている70%OFFクーポンも、いつなくなるか分からないので、早めに無料登録を済ませてクーポンを活用しましょう。

 

>>【登録無料】DMMブックスを体験してみる

 

coco13
DMMブックスは都度購入型の電子書籍サービスのため月額料金は一切かかりません。

DMMブックス登録手順

  1. DMMブックスの『DMMアカウント登録画面』を選択
  2. メールアドレスとパスワードを入力
  3. 『認証メールを送信する』を選択
  4. 認証メールが届いたら記載されているURLにアクセス

 

ダイの大冒険 アニメ視聴も電子書籍も1つで満たすならU-NEXTがおすすめ
U-NEXT
  • 初回31日間は無料で視聴でき600ポイント付与される
  • 動画視聴だけでなく漫画・雑誌・書籍も楽しめる
  • 倍速機能も同時視聴もダウンロードも可能
  • 毎月1200ポイントが付与される
  • ポイント還元はクレジット払いで40%とお得
  • 総配信数もアニメ配信数も業界1位
  • 過去作品だけでなく最新作品のトレンドにも対応
  • アダルト作品も5万本が見放題と充実
  • 料金は月額2,189円と高め

『ないエンタメがない』がキャッチフレーズのU-NEXTは、多くのジャンルで業界1位の配信数を誇っており、アニメ部門においてもDアニメを抜き業界1位となっています。

31日間の無料お試し期間があるので、期間内に気になるアニメや映画・ドラマを全て視聴すればお金は一切かかりません。

動画視聴の機能面でも、他のサービスと比べて高い機能を誇っているため使い勝手で不自由は感じません。

また動画配信サービスだけでなく、漫画・書籍・雑誌も扱っているため、複数社のサービス利用に煩わしさを感じる方におすすめです。

男性陣の場合、アダルト作品が見放題だけで5万本ある点も見逃せません。

料金は2,189円と高く感じますが、毎月1,200ポイント(1ポイント1円)が付与されるため、実質負担は1,000円を下回ります。

クレジット払いで購入すれば支払い額の40%が32日後にポイント付与される点も大きく、例えばダイの大冒険を全22巻購入すれば、5,975ポイント(679円×22巻×40%)がポイント還元されるため、ポイントのみで『ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王』シリーズを揃えることも可能です。

注意点として、購入して入手したポイントは180日間、付与・還元ポイントは90日間と期限は長くないため、定期的にポイントを使用しない方だとポイントのリスクがあります。

 

>>【31日間無料】U-NEXTを体験してみる

 

coco13
U-NEXTはオールマイティ―なサービスなので、電子書籍も動画視聴を定期的に楽しむのであればコスパは高いです。

U-NEXTの無料登録手順

  1. U-NEXTのTOPページにある「まずは31日間無料体験」を選択
  2. 個人情報を入力
  3. 支払情報を入力
  4. 登録完了したらホームボタンをクリック