ドラクエ5 中盤~終盤おすすめモンスター




こんにちは、ドラクエシリーズでは「5」に時間とお金を一番費やしたcoco13世です。

そんなゲーム好きの暇人がドラクエ5の象徴ともいえるおすすめ仲間モンスターについて膨大な経験とデータを基にまとめてみました。

長くなるので青年時代前半で5匹、青年時代後半で5匹と分けて紹介するよ。

前回は青年時代前半5匹を紹介したので、今回は青年時代後半5匹を紹介します。

ここでは青年時代後半5匹を紹介します。

ここで紹介するお勧めとは最終的な強さだけでなく、仲間になる時期や確率、最高レベル、習得特技、成長度、耐性など総合的な判断に基づいたものだよ。

※ここで紹介する内容はDSやアプリをベースとしています。

はじめに

モンスターの強さを客観的に判断できるために比較対象となる主人公のステータスを紹介します。

詳細は前半~中盤に記載してありますのでここでは簡略化します。

耐性

吹雪 メラ系 ギラ系 イオ系 バギ系 ヒャド系 ザキ・麻痺 眠り 命中率低下
1 1 1 1 1 1

※1は100%ダメージを受ける、1/4は25%ダメージを受ける、0はダメージ0となります。

※◎は無効、○は強耐性、△は弱耐性、×は無耐性です。

装備およびステータス

エルヘブン到達前・・・LV25

種類 装備候補 数値・特性
武器 まどろみの剣 55 眠り追加
ドラゴンメイル 50 炎10減
ふうじんのたて 35 炎・吹雪10減
てっかめん 25

<装備補正後>

Lv HP MP 攻撃力 防御力
25 196 91 140 138 65

魔界突入前・・・LV35

種類 装備候補 数値・特性
武器 ドラゴンのつえ 125
おうじゃのマント 90 メラ系・ギラ系・ヒャド系・バギ系・炎・吹雪30減
ドラゴンシールド 30 炎・吹雪15減
ちりょくのかぶと 40 賢さ+15

<装備補正後>

Lv HP MP 攻撃力 防御力
35 270 136 244 197 84

最終・・・LV50

種類 装備候補 数値・特性
武器 ドラゴンのつえ 125
おうじゃのマント 90 メラ系・ギラ系・ヒャド系・バギ系・炎・吹雪30減
ひかりのたて 65 炎・吹雪20減
たいようのかんむり 60 メガンテ無効

メタルキングシリーズは(130)<カジノ景品>、(95)<隠しダンジョン、敵ドロップ>、(70)<メダル景品>、(70)<ラストダンジョン>と全て装備可能。

<装備補正後>

Lv HP MP 攻撃力 防御力
50 369 196 286 264 118

ゴーレム

仲間になる確率:1/4

主な出現場所: エルヘブン周辺、天空への塔

ステータス

Lv HP MP EXP
5 210 0 120 51 110 25 90 8,779
10 260 0 129 52 113 30 99 44,929
15 350 0 145 55 120 31 110 145,016
20 400 0 180 57 135 35 123 286,364
25 415 0 192 57 142 38 131 432,939
30 430 0 205 57 150 41 140 581,348
35 447 0 217 57 162 43 142 768,856
40 464 0 230 57 175 45 145 1,019,416
45 482 0 242 57 187 47 147 1,288,221
50 500 0 255 57 200 50 150 1,557,027

典型的な重戦士です。

高いHPと攻撃力と防御力が長所です。

反面、素早さは遅く57で成長が止まります。

習得特技

Lv8 力ため Lv11 気合ため Lv20 瞑想 Lv45 稲妻

力ため、気合ためはメガザルロック等、短期で仕留めたいときに役立ちます。

瞑想は自身のHPを500程回復するため、耐性が少なく後半はダメージを受けやすいゴーレムには非常にありがたい特技です。

耐性

吹雪 メラ系 ギラ系 イオ系 バギ系 ヒャド系 ザキ・麻痺 眠り 命中率低下
4/5 4/5 1 4/5 4/5 4/5 4/5

ダメージ耐性に関しては軽減が4/5なので、装備で補完が求められます。

状態異常に対しては主人公と大差ないですが、すなけむりマヌーサなどの命中率低下は物理攻撃主体のゴーレムには厄介です。

装備

仲間加入時(エルヘブン到達前)・・・LV5

種類 装備候補 数値・特性
武器 まどろみの剣 55 眠り追加
やいばのよろい 55 ダメージの25%を反射
てつのたて 16 炎・吹雪4減
てっかめん 25

<装備補正後>

Lv HP MP 攻撃力 防御力
5 210 0 175 206 51

仲間加入時のレベルですが、装備を整えば攻撃力、防御力共に主人公を圧倒します。

魔界突入前・・・LV20

種類 装備候補 数値・特性
武器 ドラゴンキラー 90 ドラゴン系有効
まじんのよろい 85 ギラ系、炎、吹雪20減
ドラゴンシールド 30 炎・吹雪15減
ちりょくのかぶと 40 賢さ+15

<装備補正後>

Lv HP MP 攻撃力 防御力
20 400 0 270 290 57

攻撃力はメタルキングの剣を装備したLV42の主人公と同程度の攻撃力です。

防御力に関してはLV50の専用装備の主人公を上回ります。

素早さは低く敵に先手を取られるので、素早さ0になるが防御力85でギラ系、炎、吹雪を20軽減するまじんのよろいを装備して耐性を補完しましょう。

最終・・・LV50

種類 装備候補 数値・特性
武器 じごくのサーベル 120
まじんのよろい 85 ギラ系、炎、吹雪20減
オーガシールド 48 炎、吹雪10減
グレートヘルム 45

メタルキングシリーズは(130)<カジノ景品>(95)<隠しダンジョン、敵ドロップ>、(70)<メダル景品>、(70)<ラストダンジョン>が装備可能。

<装備補正後>

Lv HP MP 攻撃力 防御力
50 500 0 375 378 57

最終のLVは主人公がLV50到達時のおおよそのLVです。

力はカンストしており最強の攻撃力を誇ります。力がカンストするモンスターは複数いますが、ゴーレムが一番手軽にカンストさせれます。

防御力も凄まじく、隠しダンジョンの一部の敵を除き、物理攻撃によるダメージはほとんど受けません。

反面、耐性が弱く装備も炎や吹雪の軽減が主体となることから呪文ダメージはフルに受けます。

しかしHPの高さが耐性の弱点を補ってくれます。

総評

仲間のしやすさ、高いHP、力、守と豊富な装備からランクイン。

攻撃力2倍にするファイトいっぱつバイキルトを使えば、更に強力な存在になります。

防御力の高いことから物理攻撃に対しては強いです。

反面、呪文耐性が少なく装備で補完できないため、後半はマヒャド、イオナズン、ベギラゴン、バギクロスといった強力な攻撃呪文によってダメージを受けやすいです。

幸いにもHPが高いので戦闘不能には陥りにくいですが、後半は回復呪文のお世話になりやすいです。

しかし瞑想を習得してしまえば、自身で回復できるため最後までメインメンバーとして活躍できるキャラである。

アークデーモン

仲間になる確率:1/64

主な出現場所: 封印の洞窟

ステータス

Lv HP MP EXP
3 245 45 120 50 96 85 78 2,287
5 283 54 142 51 99 88 82 42,637
10 360 74 173 54 105 95 92 281,977
15 396 89 189 56 110 101 101 542,667
20 414 97 198 58 116 106 109 824,707
25 426 104 207 61 121 111 117 1,128,097
30 434 110 214 63 125 115 125 1,452,837
35 441 115 221 65 130 119 132 1,798,927
40 448 121 228 68 134 122 139 2,166,367
45 453 127 234 70 137 126 145 2,555,157
50 458 133 239 72 141 130 150 2,965,297
99 520 183 255 90 160 160 180 8,114,511

序盤はそれなりに成長しますが、最高LVが99のため、中盤あたりから成長率が悪くなります。

素早さがゴーレム同様に遅いですが、それ以外はバランスが良いです。

習得特技

Lv3 イオナズン Lv3 かえんのいき Lv4 はげしいほのお Lv5 ルカナン
Lv7 スクルト Lv10 瞑想 Lv12 ベホマ Lv20 灼熱

仲間加入時からしっかりイオナズンを習得しています。

敵のときはベギラゴンを使って仲間になったときは、なぜかベギラマしか習得していないアンクルホーンとは大違いです。

回復面では瞑想ベホマと心強いです。

その他にもLV20(累積経験値80万程)で灼熱を習得できたり、スライムの専売特許である、スクルトルカナンの2つも早期に習得します。

イオナズンと灼熱は最高峰の全体攻撃なので最後まで役立ちます。

耐性

吹雪 メラ系 ギラ系 イオ系 バギ系 ヒャド系 ザキ・麻痺 眠り 命中率低下
4/5 1 4/5 4/5 0 1 1

ダメージ耐性に関してはイオ系を完全無効化できるためラスボスや隠しボスでその効果を発揮します。

その他に関しては耐性は少なく、装備で補完が求められます。

装備

仲間加入時・・・LV3

種類 装備候補 数値・特性
武器 らいじんのヤリ 85
まほうのよろい 60 メラ、ギラ、ヒャド、バギ系10減
ほのおのたて 40 ヒャド・吹雪15減
ちりょくのかぶと 40 賢さ+15

<装備補正後>

Lv HP MP 攻撃力 防御力
3 245 45 205 236 50

仲間加入時のレベルですが、力はLV35の主人公と同程度ですが、装備の差で主人公に及びません。

防御面では耐性の少なさを装備で補完する形となります。

1つしか入手できないまじんのよろい(85、ギラ系、炎、吹雪20減)が余っていれば優先的に装備させましょう。(ゴーレム同様に素早さは期待できないため呪いで素早さ0になる支障は少ないです。)

最終・・・LV25

種類 装備候補 数値・特性
武器 はかいのてっきゅう 125
まほうのよろい 60 メラ、ギラ、ヒャド、バギ系10減
オーガシールド 48 炎・吹雪10減
グレートヘルム 45

メタルキングシリーズは(95)<隠しダンジョン、敵ドロップ>、(70)<メダル景品>、(70)<ラストダンジョン>が装備可能。

<装備補正後>

Lv HP MP 攻撃力 防御力
25 423 101 328 274 61

最終のLVは主人公がLV50到達時のおおよそのLVです。

攻撃力ではLV50の主人公を上回りますが、防御力は同程度です。

はかいのてっきゅうの代わりは購買品のビッグボウガン(110)です。

ゴーレム同様に耐性が弱く装備も炎や吹雪の軽減が主体となることから呪文ダメージはフルに受けます。

総評

仲間のしやすさ、バランス型、回復面からランクイン。

力はゴーレムに劣るも主人公より強く、全体攻撃のイオナズン灼熱を習得するため、アタッカー向けです。

また、ベホマ、スクルト、ルカナンも習得することからサポート役としても役立つバランス型です。

耐性は少ないもののイオナズン無効はラスボスや隠しボス戦では大いにその恩恵を発揮します。

ゴーレム同様にMP0で自身のHPを回復できる瞑想も使い勝手が良いです。

グレイトドラゴン

仲間になる確率:1/64

主な出現場所: ジャハンナ周辺、謎の洞窟

ステータス

Lv HP MP EXP
3 240 0 130 95 110 81 92 2,287
5 240 0 130 97 110 82 94 36,194
10 300 0 155 99 120 84 99 151,465
15 340 0 175 101 140 86 103 294,091
20 380 0 180 102 160 90 120 441,990
25 390 0 185 112 170 92 123 589,889
30 400 0 190 122 180 94 127 738,714
35 413 0 193 127 186 94 131 906,153
40 426 0 196 132 193 95 135 1,101,453
45 440 0 200 137 200 96 140 1,327,785
50 463 0 218 147 210 97 143 1,562,484
55 486 0 236 157 220 98 146 1,797,183
60 510 0 255 167 230 99 150 2,031,883

力はカンスト。守もカンストに近づきます。

またゴーレムやアークデーモンと違い素早さも高く主人公を上回ります。

成長率も早く経験値200万で最高レベルに達します。

習得特技

Lv3 火炎の息 Lv10 激しい炎 Lv15 凍える吹雪
Lv20 焼けつく息 Lv30 輝く息 Lv50 灼熱

MP消費0の強力な息攻撃が使えます。

しかし灼熱の習得LV50はやや遅い感がありますが輝く息灼熱を使い分けできるため、敵に合った攻撃が可能です。

耐性

吹雪 メラ系 ギラ系 イオ系 バギ系 ヒャド系 ザキ・麻痺 眠り 命中率低下
0 0 4/5 0 4/5 0 0

耐性はおどる宝石に次ぐ強さです。

メラ系、イオ系以外は無効化できます。特に敵の攻撃で厄介な炎や吹雪攻撃を完全無効化にできるのはグレイトドラゴンの最大の強みです。

装備

仲間加入時・・・LV3

種類 装備候補 数値・特性
武器 オリハルコンのきば 115
ぎんのむねあて 40
装備不可
ちりょくのかぶと 40 賢さ+15

<装備補正後>

Lv HP MP 攻撃力 防御力
3 230 0 245 190 95

補正後ステータスは魔界突入時のLV35の主人公と同程度です。

しかし前述した耐性が強力なため、攻撃呪文や炎や吹雪の息攻撃の頻度が多い魔界では防御面でグレイトドラゴンに軍配が上がります。

最終・・・LV40

<装備補正後>

Lv HP MP 攻撃力 防御力
40 426 0 311 273 132

最終のLVは主人公がLV50到達時のおおよそのLVです。

力の成長率は高く攻撃力はLV50の主人公を上回ります。しかし装備の関係で防御力は同程度となりますがメラ系、イオ系以外無効化のため、ラスボスと隠しボス以外の雑魚敵の物理攻撃以外の攻撃はほとんどダメージを受けません。(魔界でメラ系は使う敵はおらずイオ系もヘルバトラーのみ)

総評

仲間のしやすさ、耐性、多彩な攻撃キャラであることからランクイン。

加入確率は1/64ですが、後述するキラーマシンやヘルバトラーよりは高いです。

攻撃面においても主人公を上回る攻撃力に加えてMP消費なしの輝く息と灼熱を習得するため単体攻撃も全体攻撃もばっちりです。

そして強力な耐性に加えて最大HPも高いため戦闘不能に陥りにくいです。

欠点は装備が軟弱であり防御力が主人公と同程度となるため、他の強力な味方モンスターと比較すると物理攻撃を受けたときにダメージが気になります。最大HPの高さで補える範囲です。

キラーマシン

仲間になる確率:1/256

主な出現場所: ジャハンナ周辺、エビルマウンテン周辺、謎の洞窟

ステータス

Lv HP MP EXP
4 177 0 170 98 185 40 60 18,480
5 180 0 170 100 185 40 60 36,194
10 200 0 175 104 190 40 60 155,427
15 280 0 185 125 200 40 63 407,617
20 350 0 210 140 215 40 67 790,672
25 400 0 232 147 235 40 68 1,309,379
30 450 0 255 155 255 40 70 2,002,470

ゴーレムと同様に物理アタッカーですが最大の違いは素早さも高いため、先手で敵を葬れます。

最終的には力の他に守もカンストするため、はぐれメタルやメタルスライムと同等の守となります。

ただし序盤はHPの低さがやや気になります。

最高レベルは30で累積経験値はグレイトドラゴン同様に200万となります。

習得特技
何も覚えません。しかしそれを補うステータスと耐性があります。

耐性

吹雪 メラ系 ギラ系 イオ系 バギ系 ヒャド系 ザキ・麻痺 眠り 命中率低下
4/5 0 4/5 4/5 0 0 0

耐性面では炎とメラ、ギラ系以外は無効化できます。

ラスボス戦や隠しボス戦でイオナズン無効は強みです。

またギラ系最強のベギラゴンはそこまで脅威でなくメラ系も魔界ではボス以外使ってこないため、意識するのは炎攻撃のみです。

装備

仲間加入時・・・LV4

種類 装備候補 数値・特性
武器 じごくのサーベル 120
まほうのよろい 60 メラ、ギラ、ヒャド、バギ系10減
オーガシールド 48 炎・吹雪10減
グレートヘルム 45

メタルキングシリーズは(130)<カジノ景品>(70)<メダル景品>、(70)<ラストダンジョン>が装備可能。

<装備補正後>

Lv HP MP 攻撃力 防御力
4 177 0 290 338 98

仲間加入時のレベルですが、この時点でLV50の主人公と同程度の攻撃力に加えて守も強いゴーレムのLV45と同程度の防御力を有しています。

素早さが高いので素早さ0になるまじんのよろいはあまりお勧めしません。

また鎧については防御力70で吹雪やヒャド系を軽減するほのおのよろいも装備可能ですが、吹雪やヒャド系は無効化できるため、メラ系とギラ系を軽減できるまほうのよろいの方が適しています。

剣は吹雪の剣(105)やビッグボウガン(110)も装備可能。

特に対隠しボス用の吹雪の剣が装備できるのは強みです。

最終・・・LV20

<装備補正後>

Lv HP MP 攻撃力 防御力
20 350 0 330 368 140

最終のLVは主人公がLV50到達時のおおよそのLVです。

成長率の遅さから攻撃力はゴーレムよりやや劣りますが、主人公やグレイトドラゴン、アークデーモンを上回ります。

防御力においては鉄壁と呼ばれる最高LVのゴーレムに匹敵する数値となります。

そのため装備に関しては防御力の数値より炎やメラ系、ギラ系の軽減効果がある装備の方が良いです。

総評

アタッカー型、鉄壁からランクイン。

ゴーレムに次ぐ攻撃力と、ゴーレムを上回る防御力、そして主人公を上回る素早さと物理攻撃での物理戦闘のエキスパートです。

また耐性面においても無効化できる項目が多いため、鍛えれば雑魚戦ではほとんどダメージを受けません。

ゴーレムの弱点である素早さの低さと耐性面の弱さを克服したのがキラーマシンです。

欠点は仲間になる確率が低いことですが、遭遇率は高いため根気よく頑張りましょう。(確率的には180回戦闘して仲間になる確率は50%程です。)

仲間にするのは大変ですが、ラスボス戦はもちろん、吹雪の剣も装備できるのでターン制限がり高い火力が求められる隠しボス戦で大活躍してくれます。(ゴーレムは吹雪の剣を装備できないため隠しボス戦で物理攻撃が一番期待できるのはキラーマシンとなります。)

ヘルバトラー

仲間になる確率:1/256

主な出現場所: 謎の洞窟

ステータス

Lv HP MP EXP
3 305 75 147 124 159 71 99 2,287
5 355 85 150 127 163 72 99 45,822
10 377 183 163 138 178 84 131 307,283
15 401 381 175 154 200 97 183 704,786
20 408 385 179 156 202 98 184 1,211,445
25 415 389 183 158 204 99 186 1,718,104
30 422 393 187 160 206 100 188 2,224,764
35 429 397 191 163 209 102 189 2,731,423
40 436 401 195 165 211 103 191 3,238,082
45 443 405 199 167 213 104 193 3,744,742
50 450 409 203 170 216 106 194 4,251,401
60 464 417 211 174 220 108 198 5,264,720
70 476 433 220 179 227 115 207 6,278,039
80 488 459 232 185 236 127 223 7,291,357
90 499 485 243 191 245 138 239 8,304,676
99 511 511 255 197 255 150 255 9,216,663

成長率はかなり遅いですが最終的にはHP、MP、力、守、運がカンストします。

序盤ではMPが一気に増加します。

また元々のステータスが高いため、即戦力になります。

習得特技

Lv3 イオナズン Lv3 激しい炎 Lv5 ベギラゴン Lv7 マホカンタ
Lv8 ザオリク Lv11 メラゾーマ Lv13 輝く息 Lv15 灼熱

各攻撃系の最高峰を習得します。

雑魚戦ではイオナズン息攻撃、ボス戦ではメラゾーマよ使い分けが可能です。

また習得者が少ないザオリクが使えるのも大きいです。

耐性

吹雪 メラ系 ギラ系 イオ系 バギ系 ヒャド系 ザキ・麻痺 眠り 命中率低下
1/3 4/5 4/5 1/3 0 4/5 4/5

耐性面ではイオ系無効化、炎とギラ系には強いです。

隠しボス戦ではイオナズン無効化しつつ灼熱もある程度軽減されます。

魔界のモンスターの中では耐性はやや劣りますが、人間キャラや序盤~中盤のモンスターと比較すれば、かなり優秀です。(むしろキラーマシンやグレイトドラゴンがおかしいです。)

装備

仲間加入時・・・LV3

種類 装備候補 数値・特性
武器 じごくのサーベル 120
ほのおのよろい 70 吹雪、ヒャド系15減
オーガシールド 48 炎・吹雪10減
グレートヘルム 45

メタルキングシリーズは(130)<カジノ景品>(70)<メダル景品>、(70)<ラストダンジョン>が装備可能。

<装備補正後>

Lv HP MP 攻撃力 防御力
3 305 75 267 322 124

装備に関してはキラーマシンと同じ分類に当たります。

加入時においてはLV50の主人公より攻撃力はやや劣りますが、防御力では大きく上回ります。

ただし耐性面では装備補完した主人公の方が強いです。

剣はキラーマシン同様に吹雪の剣(105)やビッグボウガン(110)も装備可能。

最終・・・LV15

<装備補正後>

Lv HP MP 攻撃力 防御力
15 401 381 295 363 154

最終のLVは主人公がLV50到達時のおおよそのLVです。

成長率の遅さから攻撃力はLV50の主人公と同程度ですが防御力は主人公を大きく上回りゴーレムやキラーマシン級です。

またHPもMPも高いため特技も惜しみなく使用できます。

総評

バランス型からランクイン。

多彩な特技を習得することが一番の特徴となります。

反面、成長率は遅く、耐性もキラーマシン等よりやや劣り、攻撃力に関しては主人公と同程度で推移していきます。

しかしMPは高く灼熱と輝く息も低レベルで習得できるため雑魚戦では全体攻撃のサポート役として大いに役立ちます。

キラーマシンのような攻撃力やグレイトドラゴンのような耐性はありませんが、バランス型の観点から見れば、間違いなくヘルバトラーが最高峰でしょう。

欠点は仲間になる確率が低いことです。確率はキラーマシンと同一ですが遭遇頻度を考慮するとヘルバトラーの方が断然苦労します。

仲間にするのは大変ですが即戦力となるうえにレベルを上げていけば、間違いなく全キャラ中最強になるので是非チャレンジしてみてください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする