FF12無印版経験者がTZA版をプレイして驚いた変更点10選!!

こんにちは、ブログを1カ月近く、放置していたcoco13世です。

ブログを1カ月も放置して、何をしていたかと言いますと、ファイナルファンタジーⅫのTZA版に熱中していました。

 

TZA版(The Zodiac Age)は、
2006年に発売した無印版
2007年に発売したインターナショナル版(INTERNATIONAL ZODIAC JOB SYSTEM)
この2つに次ぐリマスター版であり、2017年にPS4で発売しました。
その後もTZA版は、2018年にSTEAM(Windows)、2019年にswitch版で発売となりました。

FF12のブログを書いていく中で、もう一度、あの達成感や感動に触れたくなりました。

そして、せっかく再プレイするなら、まだ未プレイのTZA(switch版)を購入(^^)v

 

そして、プレイしていく中で驚いたのが、無印版から想定以上に改良されていた点です。

 

2017年に、PS4でFF12TZAが発売され、直ぐにFF12の評価が見直された理由も分かりました!

 

ここでは無印経験者が、TZA(switch版)をプレイしていく中で驚いた内容を、順位不動で10挙げていきます。

 

FF12TZA変更点①:ジョブシステム

FF12ジョブシステム

 

無印では、ライセンスボードは全員同じであった。

したがって、最終的には全員が同じ装備、魔法、アビリティを使うことができた。

 

これは自由度が高い反面、キャラの役割分担が曖昧という欠点でもあった!

 

この役割分担の欠点を補ったのが、ジョブシステムである!

 

ナイト、モンク、白魔導士、黒魔道士といった定番ジョブ。

その他に、シカリ、ウーランなど、聞きなれないジョブもある。

ジョブ数は全部で12、用意されている。

 

ジョブシステムは、インターナショナルで初めて導入されたシステムである。

TZAでは、更に2つのジョブを、組み合わせることができる。

 

ジョブシステムも面白い試み。

 

しかし、それ以上に、2つのジョブを選べることが革新的なのだ!!

 

例えば、ナイト+黒魔導士の組み合わせにより、魔法剣士のような役割を果たす。

 

ナイト+モンクの組み合わせれば、

軽装備可能(軽装備は最大HPを上げる効果がある)

最大HP増加ライセンスの獲得

盾装備可能

メンバーの盾役になれる!

 

ナイトと魔装備可能なジョブを選んでおけば、

エクスカリバー装備

白のローブ装備(聖属性強化)

終盤で、最強のアタッカーに化ける!

 

このジョブ組み合わせは、各攻略サイトで考察がされるほど、奥が深い!

 

また2周目は、1周目と違うジョブ組み合わせを、選択することにより、飽きずにプレイを楽しむことができる(^^♪

 

ジョブシステムの醍醐味は、各ジョブの不足する部分を、どのジョブで補うと、最大の効果が得られるのか、考えさせられることだ。

 

なお、switch版限定だが、一度選んだジョブを、後からやり直し(ライセンスリセット)もできる!

 

FF12TZA変更点②:透過マップ

FF12透過マップ

 

FF12では、舞台となる町やダンジョンは、丁寧に造られている。

このことは、無印でも高く評価された。

 

ただ、欠点が・・・

 

それは、広大すぎて、迷いやすいこと!

 

特に序盤の舞台となる、ラバナスタやダウンタウンは、広すぎて、高確率で迷う(゚∀゚)

 

しかしTZAでは、移動中に透過マップを表示できるのだ!

 

そのため、移動しながら街やダンジョンの全体と、現在位置が瞬時に把握できるのだ!

 

マップ画面に切り替える手間が、省けただけ。

そのように思われる方もいるだろう!

しかし、迷子になりやすいFF12では、この透過マップは実用的である!

 

透過マップがあれば、移動の際、間違った方向へ気づかずに行く失態は、犯さずに済む。

 

後述するが、4倍速時には、もはや透過マップだけを見て、移動するレベルとなる(^^♪

 

FF12TZA変更点③:アルケオエイビスという雑魚敵

FF12アルケオエイビス

 

アルケオエイビスは、ゼルテニアン洞窟のバラカム断層に出現する雑魚敵である。

ゼルテニアン洞窟と言えば、クリア上は探索不要なダンジョンである。

 

しかし、召喚獣アドラメレク、モブハント、ハントループ・・・

 

これらのやり込み要素を満喫される方は、何度か訪れるだろう!

 

その際に、アルケオエイビスという雑魚敵に遭遇することもある。

 

アルケオエイビスは、最強の両手銃「アルデバランY」入手に必要となる「皇帝のウロコ」をドロップする。

そのため、とりあえず戦ってみるプレイヤーが大半だろう!

 

僕も、そんな1人のプレイヤーであった。

そこで驚愕したことが・・・

 

アルケオエイビスの圧倒的な戦闘力!!

 

無印では、他のエリアの雑魚敵と、同レベルであった。

また「皇帝のウロコ」のドロップ率も、14%と高かった!

したがって、アルケオエイビスなど、大した苦労もない雑魚敵の記憶であった。

 

そのせいか、アルケオエイビスの驚異的な強さに、驚きを隠せなかった!

 

その強さは例えるなら、レベル90以上のアルケオエイビスの場合、

 

オメガmk.Ⅻ

ヤズマット

ゾディアーク

 

この3大ボスに、匹敵する強さなのだ!

 

FFwikiには「ぶっちゃけ同じ洞窟にいるアドラメレク(ボス)より強い。」と記載されている!

 

アドラメレク程度のボスと、比較すること自体がおこがましい!!

 

アルケオエイビスの強さについて、簡単に述べると、

 

高レベルの場合、HPは100万程。

通常攻撃に戦闘不能追加。

攻撃力も高いうえに回避不能追加。

瀕死状態になると更に攻撃力UP。

定期的なデスペガでバブル、リバース、ヘイスト、プロテスといった有効ステータスを解除。

カーズという凶悪魔法で混乱+猛毒+スリップ+ウイルス状態。

 

特に、エスナで回復できない「ウイルス」

同士討ちで、一気に窮地に陥る「混乱」が厄介である。

 

そして最も厄介なのが、感知能力が高く、1体を相手にすると、すぐにもう1体が寄ってくること!!

 

結果、2体同時に戦うことになる(>_<)

 

救いなのは、個体によってレベルの差が大きいことである。(レベル50台~99)

 

そのため、2体のレベルが、味方メンバーの平均レベルと、同じぐらいになるまで、何度もゾーンチェンジやリセットして挑めば、勝率は高くなる!

 

また、混乱と暗闇の状態異常は有効である。

そのため、先手で「ニホパラオア」を装備したキャラが、万能薬を放つと、若干は戦闘が楽になる!

 

アルケオエイビスに挑みたくないけど、どうしても最強の両手銃「アルデバランY」を入手したい方へ朗報??

 

中盤のゴルモア大森林で遭遇するボス「エルダードラゴン」

モブ「デスゲイズ」

この2匹から低確率ですが「皇帝のウロコ」を盗める!

 

ただし「デスゲイズ」の強さランクは「H」(ハイパー、強さ順はE→D→C→B→A→S→H→X)。

なおかつ、討伐依頼を受けられるのは終盤である。

 

そのため、中盤で「アルデバランY」を入手するには、アルケオエイビスルートしかない(>_<)

 

ちなみに、僕が初めて奴に遭遇したのは、アドラメレク撃破後に、地図を取りに寄った時であった。

その時は、まだレベル40台だったので、ヤバイ奴が混ざっているだな程度の思いで、とりあえず逃亡。

 

後に最強武具集めで「皇帝のウロコ」を入手するため、

レベル60台で再び挑んだとき・・・

 

アルケオエイビスの驚異的な強さを、思い知った!!

 

無印と同じ強さと認識して突っ込み、瞬殺されたプレイヤーは僕だけ!?

 

オメガmk.Ⅻ、ヤズマットを、撃破した者のみが扱える「トロの剣」。

 

この剣の試し相手になれるのは、こいつぐらいだろう!

 

FF12TZA変更点④:魔法、技、アクセサリーの一部がトレジャーから入手

FF12ホーリートレジャー

 

無印では、魔法や技は、全て店で購入することができた。

そのためバハムート突入前には、大半の魔法と技は、入手済となっていた。

 

一方、TZAでは、トレジャーから入手する機会が多い!!

 

そのため、道中のトレジャーを見逃していくと、バハムート突入時点で穴あき状態が目立つ!

 

高火力の黒・白・裏魔法であるコラプス、ホーリー、アーダー

これらは全てトレジャー!

 

有効上位魔法である、フルケア、エスナガ、リブート、プロテガ、シェルガ、ブレイブ、フェイス、ヘイスガ

これらも全てトレジャー!

 

そもそも、時空魔法は、半分がトレジャー(^^)/

 

序盤から終盤まで役立つリフレク、デスペル、ヘイスト

これらも全てトレジャー!!

 

トレジャー多すぎ( ゚Д゚)

 

取りこぼしで、気をつけたいのが「デスペル」

ボスは、戦闘開始時から、有効ステータス状態となっているため、TZAでは頻度の高い魔法であるからだ。

 

技においても、

飛行タイプの敵に必須の「遠隔攻撃」

ハイパーモブに有効な「攻撃破壊」「防御破壊」

 

これらも全てトレジャー!

 

結局、低確率トレジャーの「攻撃破壊」は、入手できないまま、オメガmk.Ⅻもヤズマットも倒してしまった・・・

 

ちなみに無印と違い、TZAでは、オメガmk.Ⅻやヤズマットにも「○○破壊」は有効(^^)/

ただし、使用者と相手のレベルによって、成功率が左右されるため、レベル99のオメガmk.Ⅻには期待薄。

 

アクセサリーにおいても、一部は店頭販売が廃止となった。

個人的に、店頭販売廃止にされて、痛かったのは以下のもの。

早期育成に欠かせない、雛のティペット(EXP2倍)、金のアミュレツト(LP2倍)

戦闘を有利に運ぶ、バブルチェーン(最大HP2倍)、オパールの指輪(リフレク貫通)

 

なおTZAでは、無印と違い、「最強の矛」のトレジャーリンクは廃止されている!

 

なので、序盤から気にせず、トレジャーはバンバン取って大丈夫(^^)/

 

FF12TZA変更点⑤:武器の増加

FF12新たな武器マサムネI

 

TZAを初めてプレイしたときに、ライセンスボードを見て気づいたことが・・・

 

名前は知っているが、武器名の後に、アルファベットが付いた武器が、見受けられたこと!!

 

例えば、両手刀においては、無印では「マサムネ」が最強武器であった。

しかし、ライセンスボードを見ると「マサムネI」というライセンスがある。

 

片手剣においても、無印最強武器の「デュランダル」の他に「デュランダルA」というライセンスがある。

 

実際にプレイしてみると「マサムネ」においては、無印では交易品入手であったが、TZAでは、ルース魔石鉱最深部のトレジャーとして入手できる。

 

代わりに「マサムネI」が、交易品入手扱いとなり、入手条件は無印と同様に、

「玉鋼x2, オリハルクx3, とんかちx2」

この組み合わせとなっている。

 

なお交易品条件は、全てが無印と同じわけでもない!

 

例えば「デュランダル」の交易品条件において、無印では、

「生命のロウソクx3, 皇帝のウロコx2, レーシーx1」

 

一方、TZAの「デュランダルA」では、

「生命のロウソクx3, 輪竜のウロコx4, レーシーx1」

 

上記にように変更された。

 

皇帝のウロコ=最強雑魚敵アルケオエイビスとの戦闘になるので、有り難い変更ではある。

 

代わりに最強銃「アルデバランY」の交易品条件が、以下の通りとなった。

皇帝のウロコx2, 銀色の液体x3, 土の魔晶石x8」

 

余談ですが、アルファベットの付いた文字には意味がある。

 

何だと思いますー??

 

ヒント!!

 

・・・蠍のしっぽF(片手ハンマー)

・・・マサムネI(両手刀、厳密には片手剣)

・・・おろちN(両手忍刀)

・・・デュランダルA(片手剣)

・・・竜の髭L(両手槍)

・・・シカリのナガサF(片手ダガー)

・・・ブラッドソードA(片手剣)

・・・鯨の髭N(両手棒)

・・・ブルカノ式T(両手ハンディボム)

・・・宿命のサジタリA(両手弓)

・・・ガストラフェテS(両手ボウガン)

・・・アルデバランY(両手銃)

 

 

アルファベットを縦読みすると、答えが出てくる(^^)/

このような遊び心は素敵(^^)v

 

両手剣、両手杖、両手ロッド、片手計算尺、片手メイス。

これらは上記のアルファベット武器から、除外されてしまった。

そして、なぜか両手銃だけは、無印最強であった「フォーマルハウト」でなく、中盤の店頭購入可能な「アルデバラン」が選ばれている!

 

理由を知っている人がいれば、教えてください!!

 

 

またアルファベット武器の他に、透明武器(盾)と呼ばれるものも存在する。

 

透明装備は、呼び名の通り、ライセンスボードに存在しておらず、装備してもグラフィックが表示されない。

グラフィックが表示されないため、youtubeで動画を見ると、なかなかシュールである(゚∀゚)

 

そんな透明装備だが、性能は凄いの一言。

 

ゲームバランスを、明らかに狂わす凄さなのだ!!

 

当然ながら、入手は極めて困難だが、乱数調整を利用すれば、ハードルは下がる!

透明武器(盾)は全部で3つある。

 

①トランゴタワー(片手剣)

トレジャーから入手。(入手確率0.02%)

または、ゾディアークから盗む。

(盗賊のカフス装備時6%、ただし、他のアイテムが盗めた時点で、やり直しなうえ、ボスの直前にセーブポイントはなく、時間を要する)

 

②ザイテングラート(両手弓)

トレジャーから入手。(入手確率0.01%)

なお、トレジャー自体も透明のため、目視は不可。

心眼が求められる!!

 

③ジャンダルム(盾)

トレジャーから入手。(入手確率0.04%)

 

 

透明武器入手のための乱数調整は、youtubeで分かりやすく解説されている。

 

FF12TZA変更点⑥:トレジャーの配置変更

FF12トレジャー変更、グランドアーマー

 

序盤のトレジャーでは、ギルや消費アイテム(ポーション、毒消し等)が多いことから、違和感は少ない。

 

しかし、終盤で訪れることが可能となる、下記ダンジョンのトレジャー配置変更には、無印プレイヤーは、びっくり連発である!

 

ルース魔石鉱最深部、

ヘネ魔石鉱(第2期)、

クリスタル・グランデ、

リドルアナ大灯台

 

トレジャー配置変更に伴い、最強クラスの武具やアクセサリーの入手時期や、難易度も変わった!

 

例えば「エクスカリバー」。

無印では、クリスタル・グランデの道中で入手できた。

そのため、入手後に一旦脱出して、ヘネ魔石鉱のアビス(聖属性弱点)狩りでメンバー強化。

その後に、クリスタル・グランデの最深部で、召喚獣アルテマやオメガmk.Ⅻに挑んだプレイヤーも多かったはず!

 

しかしTZAでは、召喚獣アルテマが出現するエリアに「エクスカリバー」がトレジャー配置されている。

したがって、召喚獣アルテマを撃破しない限り、持ち帰ることはできない(>_<)

 

他にも無印では入手が容易であった、「最強の盾」と「血塗られた盾」。

TZAでは、一気に難易度が高くなった!

 

反面、変更によって、有利になった点もある。

 

例えば、ヤズマット討伐に必須の「柳生の漆黒」。

無印での入手方法は、レアモンスターのブリットからの、低確率ドロップのみであった。

しかしTZAでは、トレジャーによる入手が追加された。

 

また無印では、超レアな「グランドアーマー」も、トレジャーによる入手が追加された。

無印のアルティマニアを片手に、TZAをプレイしている方も、トレジャーについては、ネットやTZA版アルティマニアから、情報を入手するべきである!

 

 

FF12TZA変更点⑦:カンストが4桁から5桁へ

FF12カンストダメージ

 

無印で敵に与えるダメージは、一部の技を除き、9,999が上限であった。

そのため、連撃率が高い両手刀に、人気が集中してしまった!

 

しかしTZAでは、カンストが「5桁」に変更されたのだ!

 

変更により、10,000以上のダメージを、与えることを可能とした!

 

また、カンスト「5桁」よって、様々な戦略要素も増えた。

 

例えばHP5,000万のヤズマット戦やHP800万の魔神竜戦。

装備や、アビリティの組み合わせ次第では、これらの強敵にも、一撃数十万というダメージを与えることができる!

 

ヤズマットのタイムアタック挑戦者が増えた一番の要因が、このカンスト変更である。

 

カンスト変更によって「瀕死時攻撃力UP」のライセンスは、終盤まで有効となった!

なお終盤では、装備さえ整っていれば、ケアルガやコラプスでも「5桁」が期待できる(^^)

 

FF12TZA変更点⑧:順番待ちの解消

FF12順番待ち解消

 

PS2の無印やインターナショナルでは、スペックの関係で「順番待ち」という、深刻な問題を抱えていた。

 

スペックに負担がかかる、派手なエフェクトの魔法を発動したときに、

処理落ちが起こらないように、各アクションの同時実行数を制限して、

先のアクションが終了するまで、待機する仕様のこと。

 

例えば、ホーリー発動中は、フレアなどの、処理負担のかかる魔法はもちろん、盗むやケアルといった、簡易アクションまで発動できず、順番待ちの対象となるのだ。

そのため無印では、処理負担のかかる魔法を使うのは、注意が必要であった。

 

しかしTZAでは、しっかり改善されている。

そのため、エフェクトの長いコラプスや、ホーリー発動中でも、しっかり他のアクションも実行できる!!

 

エフェクト時間の長いコラプス発動中に、「盗む」アクションができたことに、地味に感動してしまった(‘◇’)ゞ

 

この感動は、TZAのみの経験者には、分からない感動だわ!

 

 

悪評の順番待ちであったが、一部の強者プレイヤーは、順番待ちの弊害さえも味方にした戦略を練っていた。

そんな強者プレイヤーを心底、尊敬してしまう!

 

FF12TZA変更点⑨:オートセーブ機能

 

FF12オートセーブ

 

オートセーブは、最近のゲーム(特に携帯ゲーム)では、当たり前の機能だが、かなり心強い機能でもある!

オートセーブは、ダンジョンや街などで、ゾーンチェンジを行う際に行われる。

 

そのため、ヘネ魔石鉱(第2期)やリドルアナ大灯台下層など、雑魚敵との戦闘で、全滅する可能性が高いダンジョンでも、オートセーブによって、数時間が無駄に終わることもなくなった!

 

特にダンジョン最深部にセーブポイントがなく、凶悪なボスもいるヘネ魔石鉱では、オートセーブは非常に心強い(^^)

 

このオートセーブ機能のおかげで、快適にレベル上げができた。

ちなみに無印では、1時間~2時間ごとに、セーブポイントまで戻っていた。

 

不意のボス戦を、このシステムによって、救われたプレイヤーも多かっただろう!

 

FF12TZA変更点⑩:倍速機能

FF12倍速モード

 

TZAが快適と思えた一番の要因が、この倍速機能!!

 

個人的には、TZAで、一番お世話になった機能である。

倍速機能では、2倍速と4倍速を選ぶことができる!

 

FF12のダンジョンや街は、かなり広い。

広い欠点は、迷う以外にも、移動時間にストレスを感じることも挙げられる。

 

またFF12は、やり込み要素も多く、一度訪れたダンジョンに、何度も足を運ぶ機会(ハントループ、モブハント、交易品素材集め等)が多い。

 

初見のダンジョンは、ゆっくり楽しめるも、再度のダンジョンは、移動も戦闘もだるい!

 

この移動時間や、既に訪れたダンジョンの雑魚敵との戦闘時間など「だるい時間」の節約にメスを入れたのが、倍速機能である。

 

4倍速機能にすることによって、広大なダルマスカ砂漠の移動も、全く苦ではなくなる!

 

なお、4倍速は早すぎるため、透過マップは欠かせない!

 

また、雑魚敵から低確率ドロップを狙うための反復戦闘も、4倍速を利用すれば、戦闘も2ゾーンチェンジも、ストレス負担は少ない。

 

移動だけでなく、HPが無駄に多い、ヤズマットや魔神竜などの戦闘面でも、倍速機能は欠かせない。

 

僕は無印で、ヤズマット討伐に参加しなかったが、TZAで参加した一番の理由が倍速機能。

 

思い返せば、ヤズマット戦の半分以上は、4倍速であった(゚∀゚)

 

やり込み要素が魅力のFF12において、倍速モードは、非常に有り難い機能である。

 

おわりに

TZAでは良い意味で、様々な変更がされており、ユーザー本位の作品に生まれ変わっていたことに、一番驚きました。

無印しかプレイしていない方は、是非TZAもプレイして、その快適さや、新たなシステムを味わってください。

トレジャー配置変更により、新鮮な気持ちでプレイもできます。

 

まだFF12をプレイされていない方も、無印から大幅に改良されたTZAをお勧めします。

大人になってからプレイすると、ストーリー面でも新たな発見が期待できます。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

あわせて読みたい

この記事では、FF12TZA(ファイナルファンタジーⅫザ・ゾディアーク・エイジ)を購入するか悩んでいる方に、決め手となる情報を提供します。   ファイナルファンタジー12(以下FFと略)は、賛否両論が特に大きい作品です[…]

FF12TZA買って得する人と損する人

 

あわせて読みたい

こんにちは、FF12ではバッシュの言動に惚れたcoco13世です。 FF12は、名作と呼ばれたFF10と同じPS2で、2006年に発売しました。 そして、1年後の2007年には、ジョブシステム等を追加した「FF12インターナショ[…]

FF12チョコボに乗るアーシェ

 

あわせて読みたい

こんにちは、アーシェのルックスが大好きなcoco13世です。 FF12(ファイナルファンタジーⅫ)は、これまでのナンバリング作品のように、あらゆる層に向けた作品でなく、一部の層に向けた作品です。 そのため、賛否両論が激しい作品で[…]

ff12タイトル

 

あわせて読みたい

こんにちは、switchで子供と仲良く、FF12をプレイしていたcoco13世です。 今日は2006年の発売当初は低評価でしたが、時代と共に名誉を取り戻した、ファイナルファンタジー12の心に突き刺さる名言・名場面を紹介します。 […]

FF12イラスト1