FFTが神ゲーと呼ばれる3つの要素とは?




こんにちは、スマホにFFTのBGMが10曲以上入っているcoco13世です。

今日は神ゲーと名高いFFT(ファイナルファンタジータクティクス)について語っていきます。

過去の記事を読まれた方はご存知だと思いますが、FFTにはどっぷり嵌っています。

しかし、なぜ20年以上前に発売したゲームに今もなお憑りつかれているのか振り返ると、FFTが他のゲームと比較して凌駕している要素があったのです。

ここではFFTの一目置いている要素をまとめてみたので、FFTファンの方はもちろんFFT初心者の方やアプリでデビューしたい方も是非目を通してみてください。

1.濃厚なストーリー

本作品は従来のFFシリーズ同様に中世が舞台となりますが、勧善懲悪的な王道ファンタジーとは対極な作品であり、徹底した階級主義社会、貴族の覇権争い、戦乱に乗じてかつての権勢を取り戻そうとする教皇の野望、裏で暗躍する謎の存在など世界観・シナリオ共に徹底してダークな雰囲気でまとめられています。

五十年戦争敗北後が舞台となるchapter1では、戦争後に身分の違いに違和感を感じた元騎士団の者たちとの戦いになり様々な事件から主人公ラムザ達は身分の違いに疑問視を持ちます。

chapter1から1年後となるchapter2ではタイトル「利用するもの、されるもの」通り、人間の腹黒さが露呈されます。

chapter2ではラムザは貴族の名門であるベオルブ家の名を捨て、貴族から傭兵にジョブチェンジしています。

裏切りシーンが多いのもchapter2の特徴です。

chapter3では王位継承となる獅子戦争が勃発します。またラムザと裏で暗躍する組織との戦いも始まります。

ラムザは世界を救うために戦っているにも関わらず、教会から〝異端者〟の烙印を押されてしまい、社会的に抹殺されてしまいます。

主人公が社会的に抹殺されるゲームって意外と少ないのでは・・・

救いなのが、僅かながらラムザを応援している者がいること。

chapter4ではFFシリーズらしく敵が人間から悪魔に変わってきます。

この人間から悪魔に変わっていく場面は賛否両論ありますが、個人的には筋はしっかり通っていたので納得できました。

ただしchapter4は伏線の回収と妹の奪還と悪魔退治が主体であり、ストーリーとしてはやや魅力に欠けます。

chapter4は長いうえに戦闘もストーリーもこれまでより単調になりやすく、ここで挫折することもしばしばあります。

2.魅力的なキャラ

FFTは濃厚なストーリーという土台があるが、その土台の上で演じるキャラたちもストーリーに負けないぐらい魅力的です。

また味方役より敵キャラの方がキャラが立っているのも本作品の特徴かもしれません。

貴族至上主義であり平民を家畜扱いするアルガス

革命を目指すも、己の無力さを痛感して力ある者の下につくウィーグラフ

スケールの大きい思想を持つ神殿騎士団の中で浮いた存在であったバルク

策略家で目的のためなら身内にも手をかける主人公の兄ダイスダーグ

味方キャラで一番人気は騎士道溢れるアグリアス。王道RPGではよく見かけるキャラですが本作品では珍しい。

これらの魅力的なキャラに共通するのが性格や信条を細かく設定していることです。

例えば序盤の敵役であるアルガスは「家畜に神はいない」という名言を吐きますが、階級主義社会という背景を鑑みれば、アルガスの言動もあながち間違っているとは言い切れません。

現にダイスダーグやザルバッグも平民であるディリータの妹ティータを人質に取られた際にあっさり見殺しにします。

同じくchapter1から悪役認定されているダイスダーグも力ある者が力なき者を支配することは責務であり当然だと一貫しており、行動にブレがありません。

ガフガリオンの特徴としては超現実主義の他にセリフの「ん」がカタカナの「ン」に変換していることが挙げられます。

3.飽きにくい戦闘システム

FFTの戦闘システムにおいて特徴的なのが以下の2つです。

自由度の高さ

FFTは非常に自由度が高いゲームです。

その自由度の高さに最も貢献しているのがジョブ・アビリティシステムです。

最初のジョブは見習い戦士とアイテム士だけですがジョブレベルが一定に達するとナイトやモンク、白魔導士や黒魔導士にもなれます。

また中級・上級ジョブ条件も初級ジョブレベルが一定に達することなので、その気になればchapter1で全ジョブを解放することも可能です。

ただし、それをやるとゲーム難易度が一気に落ちるのではないかと懸念がありますが、そこまで心配ありません。

なぜなら、本作品ではレベルの他に装備品によって攻撃力や魔力の他に最大HPや最大MPの補正も行っているので、たとえ序盤で白魔導士で頑張ってホーリーを覚えても放つだけのMPはありません。

侍なんか良い例で刀は中盤以降でしか販売されないため、序盤で侍を鍛えても本領発揮はできません。

一方、侍のアビリティ「白刃取り」は装備は一切関係ないため、取得すれば攻略は一気に楽になります。

本作品ではジョブよりアビリティの組み合わせにより戦局が大きく変わるよ。

FF3やFF5のようにジョブ解放条件がイベントでないため序盤から選択肢が多く自由度がより高いよ。

このジョブとアビリティをいろいろ組み合わせてゲームを進めることができるため、周回プレイも耐えられ、何度でも遊べる仕様になっています。

難易度がそれなりに高い

本作品では単調な戦闘は少なく、気を抜くと序盤でも全滅は良くあります。(これホントです。)

むしろ取得アビリティが少なく戦闘の手段が限られる序盤の方が難しいと言い切るプレイヤーも多いです。

そんなわけで、周回プレイでも程よい緊張感をもってプレイできます。

最難関と呼ばれるchapter3のリオファネス城は何度プレイしても手に汗を握るよ。

本作品ではバランスブレイカーと呼ばれるアビリティが複数存在しますが、縛りプレイにしてしまえば問題ありません。

また、このゲームの醍醐味は敵キャラが論理に基づいた行動をしてくるため、一回一回の戦闘がコンピューターとの頭脳戦であり、戦力的に劣るメンバーで強メンバーを撃破したときの快感がクセになることです。

大抵は味方より敵の方が数が多いし、戦闘スタート時のポジショニングも敵の方が有利なことが多いから、達成感を感じる場面は多いよ。

おわりに

他にもFFT独自の特徴やシステムはありますが、長くなってしまうので、簡潔にまとめてみました。

FFTは20年前以上に発売されたにも関わらず、僕を含め今もなお根強いファンが多くいます。

スクエア・エニックスも多くの支持者がいることを見越して、今もなおアプリで販売しています。

自分は最初にプレイしたのは中学生でしたが、社会人を長くやって再びプレイしてみると、「アルガスの言い分も一理ある」「自分がこの時代にいたら現実主義のガフガリオンに一番共感する」など学生の時とは違う感想が得られるのも本作品ならではの特徴かもしれません。

また周回プレイをしてみると最初の頃は見向きもしなかったアビリティの実用さを発見することもあることから、このゲームの奥深さが実感できます。

非常に頭を使うゲームのためボケ防止の他に、子供にも是非進めていきたいゲームです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする