目指せ一発合格!財務2級の効果的な勉強方法とは!?




こんにちは、財務が一番得意なcoco13世です。

今日は数ある銀行業務検定の中でも得手不得意が最も別れる銀行業務検定(財務2級)について解説していきたいと思います。

銀行業務検定の中でも税務2級・法務2級と並び社内での評価に利用されやすい財務2級。

試験は年2回(6月、10月)で毎回6,000人以上が受験している人気資格でもあります。

しかしネット上を検索していても財務2級に関しては勉強法や試験対策の情報が非常に少ないです。

そんなわけで僕自身が一発合格した効果的な勉強法を公開します。

なお、財務2級は土台(簿記、会計学、財務3級)の知識がないと詰む可能性が高いので、どちらも有していない方はまず財務3級の勉強から始めましょう。(過去問で6割以上は獲得できるようにしておきましょう。)

この記事では短期間でギリギリ合格ラインを目指す勉強法でなく、中期間(1カ月~1カ月半)で高確率で合格圏内に入る勉強法を紹介するよ。

まずは財務2級がどのような試験なのか解説していきます。

銀行業務検定「財務2級」とは

銀行業務検定試験は主として銀行・保険・証券等金融機関の行職員を対象に、業務の遂行に必要な実務知識や技能・応用力についてその習得程度を測定することを目的とした、どなたにもご受験いただける公開の検定試験です。
現在、法務・財務・税務・外国為替・金融経済・証券・信託実務・法人融資渉外・個人融資渉外・窓口セールス・年金アドバイザー・営業店管理・融資管理・デリバティブ・投資信託・保険販売・金融リスクマネジメント・経営支援アドバイザー・預かり資産アドバイザー・金融商品取引・相続アドバイザー・事業承継アドバイザー・事業性評価等の23系統36種目の試験が実施されており、年間受験応募者数は約29万人を数えるに至っています。

財務は23系統の中でもメジャーであり税務や法務と並ぶ3本柱として多くの方が受験されます。この3本柱は三択50問の4級、五択50問の3級、記述10問の2級と別れています。

2級の特徴としては、大半が記述部分であることです。(財務2級は全記述)

そのため4級・3級のように答えを消去法で絞っていく戦法は取れないうえに、難易度も高くなっています。

また半端な勉強だと太刀打ちはできません。(解答欄が埋めれない!!)

試験概要

出題形式 記述式 ―10題
科目構成 財務諸表・財務分析(非財務的要素を含む)
合格基準 満点の60%以上(試験委員会にて最終決定)
試験時間 180分

出題割合は財務諸表5割、財務分析5割です。

法務2級と違い理論記述問題と計算問題は知っていないと解答欄が空白となります。(法務2級の場合、六法持ち込み可のため知識が曖昧でもなんとかなります。)

しかし解法や理論を正確に暗記すれば各項目満点も比較的狙いやすい試験でもあります。

また時間は180分と長く感じますが見直し時間を考慮すると1問当たり15分と余裕はほとんどないです。

この試験では退室可能時間である試験後60分に諦め組が一気に退室して、残りの人の大半は最後まで粘っているよ。

合格状況

試験実施回 合格率 応募者数 受験者数 合格者数
2018年10月 25.45% 7,985人 6,133人 1,561人
2018年6月 19.93% 8,432人 6,683人 1,332人
2017年10月 37.17% 8,423人 6,417人 2,385人
2017年6月 31.63% 9,354人 7,521人 2,379人

合格率は2~3割程度ですが、かなり変動があります。

これは問題形式が若干変更となると対応できない受験生が多く出てくるからです。

例えばキャッシュフロー計算書の問題で一番主となる営業キャッシュフローの問題に関しては完璧でも、ふと投資キャッシュフローの問題になると一気にお手上げになる受験者が多いことです。

また財務3級と違い応募したにも関わらず当日受験されない方が2割程いるのが特徴です。

受験を放棄した2割の中にはおそらく過去問題集をさらりとやってみて、その難しさに心を折られた人も数多くいるはずです。

せっかく受験料6,480円も支払うのなら、棄権はせず一発合格を目指そう。

実際、さらりと問題集を眺めると、かなり難しく感じますが、ここでお伝えする正しい勉強法で取り組めば合格点である60点は満たします。

目指す点数ですが、財務2級は合格率の変動が激しいため合格を確実に狙うなら80点を目標としましょう。

使用する教材

これは必ず購入してください。

これを買わずに受験するのはバイオハザードでナイフのみでクリアを目指すようなものです。

財務2級をいきなり受ける方や財務3級合格後から間が空いている方は財務2級の公式テキストより財務3級の過去問をお勧めします。

なぜなら財務2級と3級の違いは選択肢か記述かの違いだけであり、出題範囲はほぼ変わりません。

そのため財務3級の過去問を完全に解けるようにすれば、2級でも十分太刀打ちできます。(特に財務分析項目)

公式テキストでは各項目において例題の基本・応用問題が用意されているけど、あまり的を得ていないので短期間で合格を狙う人向けではないよ。それより、その時間を過去問に充てた方が効率的だよ。

財務に関してはインプット教材は財務2級と3級の問題集の解説文で十分です。

注意:買う前に必ず受験する時期の問題集であるか確認してください!!

勉強方法

財務2級の出題の特徴としては、数値を求める(損益分岐点比率等)問題と説明を求める(財務分析の結果や理論問題等)に別れます。

数値を求める問題は最終的な答えが合っていれば満点なので、その点は法務2級の記述問題と比較して採点が分かりやすいです。

説明を求める問題も、財務分析で導いた数値を根拠として説明するため、同じく法務2級のような文章構成力は求められません。

財務2級では法務2級や税務2級と違い100点が存在するのは解答がシンプルだからだよ。

逆に言えば、理論問題の知識や計算や分析の解法が曖昧だったりすると点数は一気に落ちます。

財務2級は2級科目の中で一番、「知っていれば高得点、知らなければ低得点という方式が成り立つ試験なのです。

合格率が不安定なのも、この方式のせいです。

財務というと計算が大半で理数系科目のようなイメージがあるけど、現実は暗記科目だよ。

では、ここから具体的な勉強手順を紹介します。

勉強手順

手順①
財務3級の過去問題集を解き、正確な計算式を身に着け、また曖昧な部分を把握しましょう。

財務に関してはとにかく多くの問題に触れ、一度でも触れた問題に関しては確実に解けることが理想です。

そのため、まずは財務3級の問題集で多くの問題に触れて、数値を求める問題に関しては公式や計算式をしっかり暗記してください。

ここで基本的な計算式(特に財務分析指標)をしっかり身につけましょう。

間違えた部分はなぜ間違えたか(知らなかった、勘違いしていた、失念していた等)把握しておきましょう。

手順②
財務3級の過去問の間違えた問題と曖昧な問題だけを解きましょう。

重複しますが、財務2級では「知っていれば高得点、知らなければ低得点」が非常に顕著な試験なので、この大事なインプット作業を妥協してはいけません。

選択の中に答えがある3級と違い2級は消去法では答えは出ないよ。また出だしの計算式を間違えると芋づる式で残りの答えまで影響が大きく出るのが2級の特徴だよ。

手順③
財務2級の過去問題集を時間は気にせず直近から取組ましょう。

ここから本格的なアウトプットの練習です。

特に理論問題の記述に関しては、模範解答に極力近い書き方を真似てください。理想はそのまま丸暗記です。

1周目に関しては制限時間は設けず、今の自分の力量を試してみてください。(特に計算問題!!)

1周目は苦戦して当たり前だから正答率は全く気にしないでね。

手順④
問題集の間違えた箇所のみ再度見直しましょう。

試験合格の課題は手順③で解けなかった問題を如何に理解して解けるようにするかです。

特に平均点が5点以上の問題はサービス問題なので絶対解けるように注力しましょう。

逆に2点未満の問題は奇問なので大まかに理解する程度で大丈夫です。

手順③で間違えた問題は付箋を貼り、解けるようになるまで毎日こなしてください。(スキマ時間に取り組むのも効果的です。)

特に理論問題や頻繁に出てくる計算式は条件反射で記述できるようにしましょう。

当日は1問当たり15分程で解答しないといけないため、基礎問題や頻度の高い問題はすぐに手が動くようにならないといけません。

手順④あたりからは勉強のスピードも上がってくるので、勉強計画の見直しもしてみてください。

時間がない場合でも最低限、ここまでやっておけば、それなりに点は得られるはずです。

手順⑤
スピード重視で財務3級問題集→財務2級問題集の順番で解きましょう。

問題を解くにあたり本番の練習も兼ねて実際に記述して解きましょう。

また手順⑤では制限時間を設け、3級問題は1問1~2分、2級問題は1問15分(見直し時間含む)を目途としましょう。

手順⑤の狙いは、理解できていなかった問題、判断に迷った問題、ミスした問題の確認です。

特にミス問題は解けなかった問題と違い頭の中だけで解くと表面化されないことがあります。

ここで間違えた問題は必ず原因を追究してください。

財務2級では1つの計算ミスによる失点割合が税務2級より大きいのでミスを甘くみてはいけません。

同じ個所をミスしているのであれば、癖の可能性もありますので、別紙のメモ張に記載して試験当日に必ず目を通してください。

勉強時のミスを本番でも繰り返すのは愚の骨頂です!

試験に落ちる人ほどミスに対する認識が甘いです!!

本番は時間との戦いでもあるから、ミスしやすい箇所を必ず意識しておこう。それと3級と違い、頭の中で描いた解法を書き出して見直しまでしようと思うと1問18分はあっという間だよ。

試験攻略のポイント

ここからは合格率を少しでも上げるためのテクニックを紹介します。

サービス問題を取りこぼさない。

財務2級では10問各10点ですが、各問の難易度はムラがあります。

しかし財務2級の各問の難易度については過去問をしっかり取り組めば、設問を見た瞬間にある程度判定できます。

まずは最後まで解ける問題をミスなく確実に解きましょう。

前述した通り財務2級では最後の答えが合っていれば満点が得られやすい試験なのでサービス問題で確実に点数を積み重ねましょう。

財務2級は各設問の難易度の落差が激しいので、試験に関する知識と併せて、問題の難易度を見極める力も重要だよ。

奇抜な問題が多い問4は後回しにする。

財務2級で高得点を狙うための鬼門が「問4」です。

過去の問題を見ていてもファイナンスリース会計、連結決算の修正仕訳といった、日商簿記2級でもお目にかかれない問題が出題されています。

そのため問4に関してはよほど自信がない限り後回しにしましょう。

試験は60点合格なので問4が0点でも他でカバーすれば十分に合格できますし、法務2級と違い中途半端に挑んでも、出だしの解法を間違えれば部分点すら期待できません。

試験は180分で10問のため、1問あたり18分の配分となりますが、問4を放棄すれば、1問当たり2分多く確保でき、その2分を見直し時間に充てミスをなくした方が期待値は高くなります。

分析指標は体系的に覚えておくこと。

昔、研修の際に講師に「2分で20項目の財務指標を記述してください」と言われたことがありました。

そして20項目記述できた人にはある共通点がありました。

それは各指標を体系的に記述していたことです。

例えば収益性指標ならば

基本となる「資本利益率」を先頭にして

その代表的指標である

総資本営業利益率(ROA)

総資本経常利益率

自己資本利益率(ROE)

更に資本利益率は、売上高○○利益率(○○利益/売上高)×◎◎資本回転率(売上高/◎◎資本)に分解することができます。

○○には売上総、営業、経常、当期が当てはまりますし、それに付随して売上に対する人件費を判定する売上高人件費率なども出てきます。

財務分析で出てくる指標というのは、単独でなく他の指標と繋がっているのです。

そのため財務指標は単独で覚えるのでなく体系的に身に着けておくと、当日の試験でもド忘れや迷うリスクは減りますし、分析の記述解答においても理にかなった文章が構成できます。

余談ですが、ここで挙げた「資本利益率」は財務指標の中でも極めて重要な指標であり実務でも使い勝手が良いです。

理由は、この指標はBS項目の資本とPL項目の利益で構成させているため、1つの指標で決算書全体の判定ができるからです。

「資本利益率」が業界の黒字指標を下回っていれば、保有資産に対して売上が出ていない(BSの問題)、売上に対して必要以上の経費が発生していること(PLの問題)が想定されます。

保有資産に対して売上が出ていないことは、回転率の指標で分かります。

売上に対して必要以上の経費が発生していることは、売上高○○利益率の指標で分かります。

資本利益率は投下資本(設備機械等)が必要となる製造業は低く、逆に投下資本があまり多くない小売りや飲食業などでは高くなる傾向があるよ。

財務3級の問題集も注力しておくこと。

財務2級のテキストを利用しない場合は、3級の過去問としっかり向き合いましょう。

なぜなら、5回に1回程度の出題頻度の問題に関しては、財務2級の過去問だけでは、取りこぼす可能性があるからです。

しかし、財務3級では毎回50問と数多く出題されるため、2級過去問の取りこぼし項目も十分カバーできるため、試験当日に2級の過去問で全く出題されていなかった項目が出題されても、基本問題であれば十分に太刀打ちできます。

財務2級の問題集で過去5回の出題項目を見てみると、過去5回のうち1回しか出題されていない項目が意外に多いことが分かるよ。

まとめ

銀行業務検定においては「問題集3周」することが合格への最短ルートであると言われていますが、財務2級において確実に合格圏に入るためには「2級問題集と3級問題集」の組み合わせが効果的です。

ネット上では2級問題集だけで十分という声もありますが、確実に合格圏内に入るためには懸念が残ります。

財務2級は年2回受験できるが受験料が高いうえに、合格率の変動が激しいため、一発合格を狙うなら合格率20%弱の試験難易度を想定しなければいけません。

また銀行業務検定2級は実務で活かす意味合いよりも社内での評価に利用されやすい意味合いの方が特に強い試験であることから、とにかく「合格」することが重要な試験です。(金融機関の人事の昇進昇格の条件の1つに銀行業務検定の取得が取りこまれています。特に2級は利用されやすいです。)

どうせ貴重なお金と時間を費やすなら、ここでお伝えした効果的な勉強法を参考にして「一発合格」を目指してください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする