ユダヤの国イスラエル(トルコ・ヨルダン)1人旅ブログ その1 




一人旅でイスラエル(ついでにヨルダン・トルコ)に行ってきました。
アラブの春の真っ最中で隣国のシリアやエジプトでは内戦やテロが起こっていましたが、イスラエルは問題ありませんでした。

<日程>

1日目 出国 大阪→イスタンブール

2日目 イスタンブール→テルアビブ→ハイファ⇔ナザレ、ティベリヤ

<今回の記事はココです>

3日目 ハイファ→エン・ゲディ(死海)→マサダ国立公園→エイラット

4日目 エイラット⇔ペトラ遺跡(ヨルダン)

その2

5日目 エイラット→エルサレム

6日目 エルサレム→パレスチナ自治区(ベツレヘム)→テルアビブ 出国

その3

7日目 イスタンブール

8日目 イスタンブール→大阪

9日目 帰国

その4

ツアーではないです。日本で事前に手配したのは航空券とエイラット⇔ペトラ遺跡の個別ツアーだけです。

イスラエル一言メモ

・基本英語は通じます。

・7月に行ったので暑かったです。エイラットや死海では40度ほど。

・人はあまり親切な印象はなかったです。

・5日間イスラエルにいましたが日本人観光客は一人も見かけませんでした。

・武装した兵士がたくさんいます。エルサレムは特に厳重でした。エイリアンが現れてもおそらく5分以内に制圧されるでしょう。

・物価は日本とあまり変わらなかったです。

・移動手段は主にバスです。国の面積は四国程度なのでバス移動もそこまで時間を要しません。(最南のエイラットから中心のエルサレムまで4時間ほど)

・パレスチナは情勢次第では入れなくなります。ベツレヘムやエリコを予定している方は情勢を気にしましょう。

・パレスチナガザ地区は危険なので近づかないようにしましょう。ロケット弾が飛んできます。

・空港セキュリティは今まで行った国の中で一番厳しかったです。他の国と違い出発3時間前にチェックインがデフォです。

旅行のきっかけ

独身最後の海外旅行にふさわしい場所を探していたところ知人よりイスラエルがよかったと聞き候補に入れました。

宗教都市エルサレムや死海、新約聖書の地などなど魅力がたくさんあることから危険を承知で行ってみようと思いました。

また計画を練る中でペトラ遺跡にも日帰りで行けることが判明し追加。

また万が一、旅行直前に情勢が悪化しイスラエルに入国できない事態も視野に入れてイスタンブールを経由地に入れました。(トルコ→シリア→ヨルダンの横断旅行も第二候補で考えていました。)

1日目 出国 大阪→イスタンブール

いざ関空へ

結婚式を控え、お金がない僕は名古屋から新幹線は使わず近鉄アーバンライナーに乗って難波を目指しました。

飛行機は深夜便であったため難波に着いた後、すぐに空港には向かわず道頓堀でたこ焼きと金龍ラーメンで栄養補給。

その後は日本橋のオタロードや心斎橋をフラフラしつつ、南海鉄道に乗って関空到着。

空港到着後も時間に余裕があったため人生2回目の訪問となる関空内を探索。

また死海で水に浮きながら少年ジャンプを読むという目標を果たすため暇つぶしも兼ねて購入。

今回の旅行は今までで一番危険度が高かったため軽く不安を抱きながら、イスタンブール行のトルコ航空機に乗り込むのであった。

2日目 イスタンブール→テルアビブ→ハイファ⇔ナザレ、ティベリヤ

無事入国

早朝にイスタンブール・アタチュルク国際空港に到着。

フライト時間は長かったがぐっすり眠れて良かった。

そのまま乗り継ぎでテルアビブ行きのゲートに向かうが、乗り継ぎ便にも関わらず手荷物検査がありました。金属探知のゲートもありました。

もうこの辺りからセキュリティの意識の高さを感じました。

イスラエル行きの搭乗口。乗る直前に再度持ち物チェックがある。

テルアビブ・ベン・グリオン空港に到着。想定の範囲内ではあったが入国審査で引っかかり別室控室に案内される

(イスラエルに個人で入国する場合は高確率で審査に引っかかりますので事前に入国の意図や旅行計画を英文でまとめておくとよいでしょう。)

パスポートを取り上げられ、空港職員と1対1で入国の意図や計画ルート等の質問を受ける。

なんとか乗り切るも有無を言わずパスポートに入国スタンプを押されてしまいました。

実は入国スタンプをパスポートに押すか迷っていたのです。通常の国では入国時にスタンプは当たり前なのだがイスラエルは選択できます。

なぜならイスラエルのスタンプ痕跡があると入国を認めてくれない国がいくつかあるため、旅行者の便宜を図り希望すれば別紙にスタンプを押してくれる仕組みです。(シリア、イラク、サウジアラビア、イエメンなどが該当)

まぁ上記の国に行く予定もないし、せっかくなら訪れた国のスタンプは記念としてパスポートに残しておきたいと思っていたため諦めがつきました。

イスラエル第三の都市ハイファへ

イスラエルの交通手段は基本バスなのですが、第二の都市エルサレムと第三の都市ハイファへはテルアビブより鉄道が運行しているため、空港から電車に乗ってハイファを目指します。

車窓より。道中は思ったより田舎でした。

1時間ほどでハイファに到着。とりあえず今晩泊まるホテルを探しに地球の歩き方に掲載されているユースホステルに行くが不運にも満席。

インフォメーションセンターを案内され向かうと案内人が「民間人で旅行者のために個別に部屋を貸しているサービスがあるからどうだ」と尋ねられ、立地と料金共に満足であったため了承。

いざ向かうとちょっと豪華な民家の一部屋を提供してもらう感じでした。一泊であったため特に気にはなりませんでした。むしろ貴重な体験ができてラッキーと思いました。

受胎告知教会を目指しナザレへ

ハイファにはお昼頃に到着して時間に余裕があったため、早速バスデビューしてナザレへ向かいました。

ナザレは新約聖書で有名なマリアの受胎告知があった場所であり、またイエス・キリストが伝道活動を始めるまで両親と暮らしていた地であるため、キリスト教にとっては重要な街です。

巡礼者がたくさんいると思いきや、全然人はおらず。ギリシア世教会がマリアが受胎を告知されたことを記念して建てた聖ガブリエル教会も空いてしました。

聖ガブリエル教会のマリア像にて

ナザレ自体は小さな街で受胎告知に関する教会以外は特に見ておきたいところはなかったためガリラヤ湖に面する街ティベリヤへと向かいました。

○新約聖書・・・イエス・キリストの生涯の記録。

○マリア・・・イエス・キリストの母。

○受胎告知・・・ある日突然、大天使ガブリエルが現れマリアに受胎を告知します。聖書の中でも有名なシーンで数多くの芸術家が受胎告知のシーンを描いております。

聖ペテロの魚を食べにティベリヤへ

ナザレからバスで1時間ほどでティベリヤに到着。ティベリヤはイスラエル最大の淡水湖ガリラヤ湖地域の中心地であり街は賑やかでした。

また暑かったせいかガリラヤ湖で水浴びしている人も多かったです。

街中には十字軍の城壁がところどころ残っているなか、魚介類を扱ったレストランやお土産屋も点在しており、昔と今が調和された街です。

世界共通のマック

ガリラヤ湖はナザレと同様キリスト教にとっては関係のある地で、新約聖書によるとイエス・キリストが一番弟子である漁師ペテロをスカウトした場所です。

また水面を歩いたり、嵐を静めるといった奇跡を起こした場所でもあるのです。

またペテロがガリラヤ湖で獲ったという記述が残る伝説の魚セントピーターズフィッシュ(聖ペテロの魚)も、ここでは名物料理として食べることできます。

これを楽しみにティベリヤに来たのだが、残念ながら味は普通で一緒にでてきたポテトの方がおいしかったです。

旅行初日からなかなかのボリュームでした。

夕食後は外も暗くなり長いフライトや時差ボケもあったことから1時間かけてハイファに戻り翌日からのハードスケジュールに備えるため早々にお休みしました。

○ガリラヤ湖は淡水湖の中では湖面の海抜が世界一低いみたいです。(海抜-200m超)