暗殺教室のブログ運営にも通じる名言5選!

こんにちは、PV戦闘力(数)5万を目指す現戦闘力3万のcoco13世です。

 

2020年1月よりブログについて、本格的に勉強しているのですが、1つ気づいてしまいました(゚∀゚)

 

それは、2012年~2016年に週刊少年ジャンプで連載されていた人気漫画「暗殺教室」

 

この「暗殺教書」から繰り出される名言が、ブログ運営にも通じていたことを(゚Д゚)ノ

 

そんなわけで、ブログ運営に通じる名言の中から、特に印象に残った5つの名言を紹介していきます(^^♪

 

ブログ運営に通じる暗殺教室の名言①:弱いなら弱いなりの戦法がある

 

弱いなりの戦法を生徒に教える殺せんせー

 

圧倒的実力を持つ殺し屋「死神」に、難なく捕まってしまった生徒一同。

そして、そんな「死神」と互角に張り合う、防衛省出の鳥間先生。

 

この2人の対決を目の当たりにして、

 

勝てないわけだ・・・

才能も積み上げた経験も、全て段違い

 

そう嘆いてしまう生徒。

 

そんな生徒を見て、暗殺教室の主人公である殺せんせーが、静かに口を開く。

 

そう彼らは強い

では君達はどうしますか?

今この場で彼らより強くなるか?

彼らには、とてもかなわないと土俵を降りるか?

 

両方とも違いますね

 

弱いなら弱いなりの戦法がある

いつもやってる暗殺の発想で戦うんです

 

ここでいう暗殺の発想とは、不意を突いた方法や奇策のことである。

 

生徒たちは、各々が得意とする知識と発想力で、

見事「死神」にひと泡吹かせます(^^)v

 

 

ブログ運営でも、同じ経験があります。

 

自分より圧倒的ドメインパワーを持つサイトとの競合。

分かりやすいのが企業の専門サイト。

 

そんな強者サイトと、まともに検索流入で対決すれば、勝敗は明らか(>_<)

 

では諦める?

同じようにドメインパワーを身に着ける?

 

発想を転換すれば、他にも方法はありますね?

 

弱いなら弱いなりの戦法がね!

 

例えばSNSからの流入狙い(^^)

これならば、ドメインパワーは関係ありません。

 

他にも、得意とする記事(集客記事)からの内部リンク。

こちらも競合しません!

 

 

僕自身、ブログ運営の勉強をするまで、

検索流入増加の方法については、

自身のサイトのドメインパワーや、高度なSEOを身に着けることしか、頭にありませんでした(>_<)

 

しかし発想を転換すれば、自分より高いステージにいる者とも戦えます(^^)

 

強者と競合したときは、すぐに土俵を降りるのでなく、弱いなりの戦法を熟考してみよう!

 

 

ブログ運営に通じる暗殺教室の名言②:数に頼る戦術は個々の思考をおろそかにする

 

数に頼る戦術は個々の思考を疎かにすると生徒に説明する殺せんせー

 

第1話において、クラス全員の一斉射撃を、難なく躱す殺せんせー( ゚Д゚)

 

一発も当たらず、驚愕する生徒に対して、

殺せんせーがニヤリと笑いながら、助言を与えます。

 

数に頼る戦術は個々の思考をおろそかにする

目線

銃口の向き

指の動き

一人一人が単純すぎます

 

実は殺せんせー、

最高時速マッハ20で移動できるため、正攻法では銃弾すら、当てる事が出来ない!

 

そのため生徒たちは、授業を通じて、

奇襲・不意打ち・奇策といった思考法を学び、

殺せんせーに暗殺を仕掛ける!

 

殺せんせーを殺すためには、数の暴力に頼るだけでなく、工夫も不可欠である。

 

 

ブログ運営でも、同じようなことが見受けられます。(特に駆け出しブロガー!)

 

それは記事の大量生産だけを、目標としていること!

 

ネット上でも、100記事という「数」だけを、目標としている人がいますね(^^)

 

しかし、数だけに頼る方法では、限界はあります(>_<)

 

また記事作成数だけを目標に、突き進めてしまうと・・・

 

セールスライティング

SEO対策

HTML/CSS

サイト分析力

WEBマーケティング

 

これらの思考法が、疎かになってしまう可能性もあります(‘Д’)

 

サイト運営を向上させるためには、数だけでなく、

ここで挙げたような要素についても、工夫を凝らすことが必要不可欠である!

 

「数」を否定している訳ではないので、あしからず!

 

ブログ運営に通じる暗殺教室の名言③:上手な毒の盛り方。それに必要なのが国語力です

 

国語力の大切さを説く殺せんせー

 

理科の成績は抜群だが、国語の成績がダメな女生徒、奥田さん。

 

彼女は殺せんせーの暗殺においても、真向から、

「真心込めて作った毒を飲んでください!」と、お願いしてしまう!

 

放課後の殺せんせーとの会話の中で、奥田さんは、

国語に苦手意識はあるも、必要性が感じられないと回答。

 

殺せんせーは、会話の後、もっと強力な毒の作り方を漫画にして、奥田さんに渡す。

 

素直に受け入れ、その強力な毒を殺せんせーに渡す奥田さん。

 

ところが、その強力な毒は、実は細胞を活性化させパワーアップするものであった(^^)

 

だましたんですか!殺せんせー!?

 

こう叫ぶ奥田さんに対し、殺せんせーが主人公の渚に、

「君が先生に毒を盛るなら、どうするか」と、質問を投げかける!

 

先生の好きな甘いジュースで毒を割って、

特製手作りジュースだと言って渡すと、

 

そう渚は回答する。

 

渚の回答に続いて、殺せんせーが奥田さんに言います。

 

そう、人を騙すには相手に気持ちを知る必要がある

言葉に工夫をする必要がある

上手な毒の盛り方

それに必要なのが国語力なのです

君の理科の才能は将来皆の役に立てます

それを多くの人にわかりやすく伝えるために・・・

毒を渡す国語力も鍛えて下さい

 

ブログではセールスライディングが、この名言と一致する。

 

どんなにコスパ最強でオススメできる商品でも、相手に伝わらなければ、成約に至りません!

 

その相手に伝える手段として、国語力(言葉の工夫)が必要不可欠である。

また、相手の気持ちを知らない独りよがりの文章では、惹きつけることはできない。

 

 

扱う商品を勉強することも大事。

その商品を相手にわかりやすく伝えることも大事。

 


この2つの相乗効果により、成約率のレベルが上がるのです(^^)

 

ブログ運営に通じる暗殺教室の名言④:第二の刃を持たざる者は、暗殺者を名乗る資格なし!

 

第二の刃の大切さを説く殺せんせー

 

中間試験において、勉強に身が入らない生徒たち。

 

その理由の1つが、殺せんせー暗殺成功時に支払われる賞金100億円。

 

テストより暗殺の方が身近なチャンスと、生徒に言われ、

勉強を疎かに考えていると判断した殺せんせーは、不機嫌モードで生徒に言います。

 

今の君達には・・・

暗殺者の資格はありませんねぇ

 

殺せんせーは、生徒と先生を校庭に集め、イリーナ先生に問いかけます。

 

あなたは、いつも仕事をする時、

用意する(暗殺)プランは1つですか?

 

イリーナ先生の回答は下記の通り。

 

いいえ

本命のプランなんて思った通り行く事の方が少ないわ

不足の事態に備えて・・・

予備のプランをより綿密に作っておくのが暗殺の基本よ。

 

続いて鳥間先生問いかけます。

 

ナイフ術を生徒に教える時

重要なのは第一撃だけですか?

 

鳥間先生の回答は下記の通り。

 

第一撃はもちろん重要だが

次の動きも大切だ

強敵相手では第一撃は高確率でかわされる

その後の第二撃、第三撃を・・・

いかに高精度で繰り出すかが勝敗を分ける

 

殺せんせーは、2人の先生の回答を踏まえたうえで、

暗殺だけに頼り、勉強の目標を低くしている生徒に警告する!

 

第二の刃を持たざる者は・・・

暗殺者を名乗る資格なし!!

 

自信を持てる次の手があるから、自信に満ちた暗殺者になれる。

1つの事だけに目を向けていると、その1つの拠り所を失ったとき危うくなる!

 

だからこそ、第二の刃は重要なのである。

 

 

サイト運営でも同じことが言えます。

 

良く聞くのが、Googleのアップデートによる爆死。

 

これまで検索順位1ページ目だったのが、アップデートにより圏外に飛ぶ話は、あまりに有名。

 

もし検索流入手段について、SEO対策という「第一の刃」しか持っていなければ、お手上げである(>_<)

 

しかしながら、Google検索流入と関係ない、SNSからの流入手段という「第二の刃」があれば、想定外の出来事にも対応できる!

 

取扱ジャンルについても、同じことが言える。

例え得意とする1つのジャンルが無双でも、そのジャンルがアップデートでルールが変われば、一気に弱体化も現実にでは発生する!

 

この場合においても、他にも「第二の刃」として、無双とは言わずも、1ページ目に食い込むジャンルがあれば、対処は可能である。

 

ブログ運営の世界は、特に変化が著しい!

 

そのため第一の刃を磨くだけで満足せず、

第二の刃・第三の刃も研ぎ澄ましておくべきである!

 

ブログ運営に通じる暗殺教室の名言⑤:優れた殺し屋ほど万に通じる

 

優れた殺し屋

 

暗殺教室の名言5選の締めくくりは、やはりこの名言である。

 

そして作者のお気に入りなのか、何回か出てくる名言でもある!

 

作中では3人の暗殺者が、この名言を体現してくれます。

 

例えば、ハニートラップを得意とす暗殺者であるも、普段はビッチ先生とバカにされているイリーナ先生。

 

南の島では足手まといになると思いきや、ピアノの腕前も色気の見せ方も完璧で、実は一流であったことに驚く生徒。

 

そんな驚く生徒を見て、鳥間先生がイリーナ先生をフォローします。

 

普段の彼女から甘く見ない事だ

優れた殺し屋ほど万に通じる

彼女クラスになれば…

潜入暗殺に役立つ技能なら何でも身につけている

 

改めてプロの大人の技術の威力を知った、生徒たちであった。

 

殺し屋というとのは、「暗殺」という一点に特化した専門家ではなかったのだ!

 

他にも、あらゆる技術が一流で、どんな情報不足でも結果を出してきた暗殺者も登場する。

この暗殺者は、殺し屋には99%必要がないと言われる、正面戦闘スキルすら一流であった!

 

また教師1年目にも関わらず、ほぼ全教科を滞りなく教えることができる、元イケメン暗殺者も、作中では登場します(^^♪

 

共通するのが、一流と呼ばれる暗殺者ほど、万に通じていること!

 

 

ブログ運営でも同じことが言える。

 

例えばポケモンの知識が、超一流である者。

その超一流が書いたポケモン記事は、検索1位になれるか?

 

答えはNOだ(^^;)

 

どんなに良質な記事でも、認知してもらえないことには読んでもらえない!

より認知してもらうには・・・

 

SEO対策

リサーチ力

データ分析

 

これらの知識に通じている必要がある。

 

 

また内容が如何に専門的でも、分かりにくい、読みにくいでは、検索流入者は即座に離脱してしまう!

離脱を防ぐには、

 

ライティング力

文章構成力

心理学

共感力

 

これらの知識にも通じている必要がある。

 

他にも、動画を挿入するなら動画編集力、SNSからの流入を狙うならSNS運用術も必要になってくる

 

 

すなわちサイト運営者は、外注に頼らない限り、万に通じている方が強い!

 

そして万に通じているからこそ、他の分野にシフトしても、すぐに成果が出てきます!

 

優れたブロガーがユーチューバーにジョブチェンジして、すぐに軌道に乗せれる現象も、万に通じているからです。

 

万に通じているからこそ、スキルの応用力や複合力が高いのである。

 

優れたサイト運営者ほど万に通じる!!

 

ブログ運営に通じる暗殺教室の名言まとめ

暗殺教室は名前だけ聞くと物騒な感じがします(>_<)

 

しかし中身は、至極真っ当で心に刺さる作品ですね。(グロ要素はなし!)

 

そのため、試行錯誤しているブロガーやサイト運営者の方に、オススメの作品です!

 

まだ読まれていない方は、これを機に是非読んでみてください(^^)/

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

coco13世
中身が気になる方は、まずはサンプルで除いてみましょう!グロ感はないことが分かるはず!!

 

 

 

 

coco13世
海外の動画はウイルスなどのリスクがあるので、安全に視聴したい方は動画配信サービスをオススメします!

 

 

coco13世
U-NEXTは日本企業であり、セキュリティの心配はありません。またお試し期間中は、解約が無料なのも大きな特典ですね。