冬の保津川下りを体験!気になる疑問点をまとめてみた!

こんにちは、夏より冬が好きなcoco13世です。

以前、嵐山でトロッコに乗って景色を見ていたときに、印象的だった光景がありました。

それはトロッコから見える「保津川を下る舟」です。

 

舟の乗客はテンションが高く、電車に乗っている我々にも手を振ってきます。

いつか乗ってみたい反面・・・

 

夏は暑くて行く気が失せる

花見と紅葉の時期は混雑しているから行く気が失せる!

冬は営業していない!?

 

そんな思い込みでしたが、HPを見てみると・・・、

 

冬も運行しているじゃん!!

一方・・・、

寒いし、濡れるのでは?
師走の年末連休は混雑しているのかな?
揺れ具合はどうかな?
乗船時間が1時間半~2時間って退屈じゃない!?

 

そんな不安もありました。

 

しかしながら師走の最終営業日に、持ち前の行動力を活かし、下品な友人2人を巻き込み、京都まで車で向かい、冬シーズンの保津川下りを体験してきました。

その中で役立った情報を公開していきます。

 

保津川乗船場へのアクセス(1年共通)

 

乗船場までの主なアクセス方法は、以下の3つとなります。

アクセスの具体的方法

 

  1. 嵯峨野トロッコ
  2. JR山陰本線

 

僕自身は、保津川乗船場まで車で行き、帰路は電車でしたので、そのルートを紹介します。

 

車をどこに停めるのか

車の場合は、駐車料金の心配や、川下りを往路か帰路にするか、選択が求められます。

 

結論から述べると、乗船場まで車で行き、電車を帰る方法がオススメです。

 

理由は、乗船場の駐車料金が終日無料であること。

そのため嵐山の有料駐車場に車を停めて、電車(トロッコまたはJR)で乗船場より向かうより、乗船場に車を停めて、帰路を電車にした方が安く済みます。

 

また気になる駐車台数も、80台と余裕があります。

 

乗船場の駐車場①

 

乗船場の駐車場②

 

橋の手前右側が第一駐車場、奥が第二駐車場。

 

年末連休初日の朝9時20分ぐらいに、乗船場に到着。

 

道中の高速道路も、京都縦貫自動車道「篠IC」を降りた後も空いていました。

 

早かったせいか施設内には、関係者以外の人は、ほとんどいませんでした。

駐車場もガラガラでしたね。

 

保津川乗船場の建物入口

施設2階入り口の前方左手に、受付があります。

保津川乗船場の建物内

 

一応売店はありますが、コンビニの方が品揃えは良いです。

 

出航時間まで、付近をうろついて良いと言われましたが、近くには何もないので覚悟しましょう(^^)/

 

外で保津川を見るぐらいしか、やることがありません!

 

保津川乗船場から見た保津川

 

電車の乗り降り場所

帰路は嵐山から電車です。

JRもトロッコも、駅は一緒の位置にあります。

 

 

JR嵯峨嵐山駅の建物

 

トロッコ嵯峨駅の建物

 

トロッコは何度か乗ったことがあったので、今回は時間節約と暖かさを優先してJRを選択。

 

トロッコだと終点まで25分かかるところ、JRだと僅か9分。

料金もトロッコ630円に対し、JRは200円と割安です。

 

ただしJRは、早さと引き換えに、大半はトンネルであることから、景色は諦めた方が良い!

 

これ、今回の旅行で新たに発見したこと(^^)v

 

JR亀岡駅から乗船場まで、徒歩で10分程度です。

 

JR亀岡駅から乗船場までの道順

 

JR亀岡駅北口から一本道なので、迷うことはないです。

駅構内にも、北口までのナビがあるので安心です。

 

また駅ロータリーは広いので、歩くのが大変と思われる方は、運転手が車を取りに行って、迎えに戻る選択肢も取れます。

 

JR亀岡駅構内

 

JR亀岡駅のロータリー

 

トロッコ利用時の注意点

 

保津川下りから見たトロッコ電車

 

往路や帰路に、トロッコを検討されている方は、以下のことに注意してください。

 

  1. 水曜日は原則運休
  2. 便は1時間に1本
  3. 駅から乗船場は遠い

 

①水曜日は原則運休

 

平日に企画している方は注意しましょう。

 

例外的に、夏休みや花見や紅葉時期などのハイシーズンは、水曜日も運行しています。

 

またハイシーズンは、水曜日も営業している他に、臨時便も用意されます。

 

②便は1時間に1本

 

原則は朝9時台~16時台で、1時間に1本です。

 

トロッコ亀岡行時刻表

 

トロッコ嵯峨行時刻表

 

始発のトロッコで乗船場に向かい、10時の便に乗ると、お昼に(嵯峨)嵐山に着くので、計画が立てやすいです。

運休日や便については、HPを参照してください。

 

嵯峨野観光鉄道:運行スケジュール

嵯峨野観光鉄道:時刻表

 

③駅から乗船場は遠い

 

 

トロッコ亀岡駅から乗船場までは、徒歩ルートで2.5㌔程ありますので、歩くのはちょっと大変です。

 

しかしながら乗船場までは、以下の通り、様々な交通集団が用意されていますので、時間や料金と相談しましょう。

僕らが舟に乗っていた時は、馬車を1組見ました。

 

タクシー

時間は10分程度、距離は3㌔程となります。

 

JR

JR馬堀駅まで距離は500m程、JR馬堀駅から亀岡駅まで時間は3分、料金は150円です。

亀岡駅からの徒歩時間を加味すると、最も時間が掛かります。

 

バス

京阪京都交通が、駅から乗船場までの連結バスを出しています。

連結バスのため、バス出発時刻はトロッコ亀岡駅の到着時間から、10分後となっています。

時間は10分程度、料金はクーポン付で330円です。

なおクーポン付チケットは、トロッコ嵯峨駅かトロッコ嵐山駅の窓口で、事前に購入しておく必要があります。

詳しい内容はHPで確認しておきましょう。

 

京阪京都交通

 

馬車

最も趣のある乗り物です。

こちらもバス同様に、トロッコ電車と乗船の連結の役割を果たしています。

時間は25分程度、料金は1,200円です。

詳しい内容は、HPで確認しておきましょう。

 

京馬車

 

冬の保津川下りの特徴

ここからは、冬ならではの特徴について、注意点と体験を中心に述べていきます。

 

①舟仕様が変化する

 

夏の保津川下り舟

 

ちょっと見にくいですが、上記写真は冬以外の保津川下りの舟仕様です。

 

さすがにこの仕様で川下りは、風邪をひきます!

 

そんなわけで、冬仕様が用意されています。

 

保津川下り冬仕様の船内

 

船内はストーブで事前に暖めてくれます。

 

保津川下り冬仕様の船の外観

 

写真のように、アクリル板の窓とビニール屋根が、風・冷気・水しぶきから守ってくれます。

 

靴を脱いで、赤い絨毯に横3人並んで座る形式です。

靴は預かってくれるので、スペースを取るブーツなどでも問題ありません。

 

僕たちは3人グループだったのか、

一番乗りだったのか、

僕の日頃の行いが素晴らしかったのか、

一番前の席に座ることができました(^^)/

 

船酔いと濡れることを防ぐため、真ん中に座りました。

しかし、揺れや乗り物酔いの心配は、特に大丈夫でした。

HPでは、妊婦や小さい子どもも、自己責任でOKと謳っています。

実際に年少未満の親子ずれも見かけました。

 

また前列に座る場合、正面からの水しぶきで、濡れることは想定しておく必要があります。

 

なぜなら、横はアクリル板の窓があるのに対し、正面は何もありません。

したがって流れが急なところだと、正面から水が飛んできます。

心配であれば、バスタオルと替えの靴下があると良いと思います。

 

coco13世
僕の左隣に座っていた、日頃の行いが如何わしい友人は、水しぶきがクリーンヒットしていたよ。

 

嵐山付近に近づくと、乗客の同意の元、下の写真のように、屋根を取って立ち見となります(^^)/

 

保津川下り冬仕様の舟カバー取った後

 

ただビニール屋根がなくなると、外気と気温が同じになるので、アウターは欠かせません。

 

ここで改めて、アクリル板の窓とビニール屋根が、寒さから守ってくれていたことを実感します!

 

この日の天気は晴れのち曇り、最低気温3度、最高気温9度の午前中でした。

 

しかし船内は暖かく、カイロや手袋は不要でした。

 

余談ですが、上記写真のように、アクリル板の中にしか人が乗れないことから、冬仕様の舟は定員16名と、それ以外と比較して2/3となります。(冬以外は定員24名)

 

ポイント

意外と寒くない(普段と同じ防寒具で良し)

もしもに備え、多少の濡れの準備はしておく

定員はやや少ない

 

②舟の便は少なくなる

舟の時刻表は、時期によって大きく3つに分かれます。

 

3月10日~11月30日(通常)

月〜金 9:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:30
土・日・祝日 不定期運行 ※15:30 最終船

 

12月1日~12月8日(紅葉)

月〜金 9:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:30
土・日・祝日 不定期運行 *14:30最終船

 

12月9日~3月9日(冬)

定期時間 10:00 11:30 13:00 14:30

 

冬は少ないのが、一目瞭然です!

 

川下りの所要時間は1時間半~2時間です。

そのため11月下旬だと、最終便で嵐山に着くころには暗くなるでしょう。

 

また船頭さん曰く、ハイシーズンの土日は、朝から船員総出で受け入れるみたいです。

 

そのため予約なしの場合は、トロッコの始発組が到着する、10時より前に向かった方が良いみたいです!

 

混雑していると、昼には船頭さんたちが、出払ってしまうみたいです(>_<)

 

なお混雑状況ですが、桜や紅葉の時期以外は、予約なしでも問題ないとの回答。

年末だったので、朝の便に本当に乗れるのか心配でしたが、冬は混雑しないとの回答。

 

結論は、ハイシーズン以外は大丈夫(^^)

 

 

具体的な情報は公式HPで確認しておきましょう。

 

保津川下り公式HP

 

③1・2月はトロッコ運休

保津川下りは、1月・2月も営業しています。

 

しかし、トロッコは完全に運休です!

 

そのため車で向かう場合、往路または帰路はJRとなります。

 

舟からの景色の1つとして、トロッコ電車も入ります!

 

したがって、トロッコ電車を舟から見れないのは、ややもったいない感じはあります。

 

保津川下りから見たトロッコ電車②

 

coco13世
トロッコを見かけたら、全力で手を振りましょう。向こうも全力で手を振ってくれます。

 

人生初の保津川下りを経てわかったこと

 

①船頭のトークが抜群

船員さんは3人おり、2人は前方と後方で、舟の進路を確保します。

残り1人が乗客と対面となり、オールで漕ぎながら、景色の説明をしてくれます。

景色の説明以外にも、全然関係ない話や冗談めいた話も多く、積極的に笑いを取ってきます。

 

ツッコミも、なかなか強烈です!

 

そのため、運行時間1時間半~2時間の川下りも、退屈しませんでした。

 

coco13世
船頭曰く、オール漕ぎは3ヵ月、進路確保は10年、トークは20年で一人前になるみたいだよ。

 

途中交代した船頭さんは、特にトーク力に優れ、冗談めいた話を、英語や中国語でも披露していました。

船内には中国人のグループと欧米人のグループも混ざっていました。

 

②あまり揺れない

前日の朝に雨が降ったのですが、あまり揺れませんでした。

船内では、真ん中席だと掴まる物がないので、あまる揺れても困りますが・・・

 

しかし過信は禁物です。

coco13世
右隣のお下品な友人は、スマホを床に置いていたら、揺れでいつの間にか、床の下に入りこんでしまい、運行後、床の下から水没状態で発見されたよ。

 

揺れる場所は、事前に船頭さんから告知があります。

 

告知があると皆、スマホで写真やムービーを撮っていました。

 

③飲食は持ち込みOK

結論から言うと、カッパえびせんやカントリーマァムを持ち込んで正解でした(^^♪

小腹は空きます。

揺れで食べにくいとかは、感じなかったです。

匂いがないものであれば、食べていても周りに迷惑は掛かりません。

 

和のお菓子を持参すると、趣が出ると思います。

 

当たり前ですが、運行中はトイレに行けないので、飲み物の過剰摂取には注意しましょう。

 

④サービスタイムがある

船頭さんとのトークの中で、

 

今日の船員は僕たち3人と、一番前に座っている友人

 

そう冗談で言われていたのですが、嵐山付近に近づくと、

 

なんと友人が、本当にオール漕ぎを任されます(゚∀゚)

 

突然の指名にびっくりする友人に対し、

 

最初に言ったよね。90分間何を見てきたのだ!

 

厳しいツッコミがきました!!

 

船を漕ぐ体験

 

漕ぐコツはあるみたいで、最初は友人が漕ぐ舟の速度は、並行して泳ぐ子カモより遅い速度でした。

しかしコツをつかんだ後半は、親カモよりやや速くなりました(^^♪

 

また友人の他に、立候補制で若い女の子と男の子が体験していました。

若い女の子の時は、おっさんの友人と違い、船員が後ろに付き添って、しっかり教えていました(^^)

 

他にも、嵐山付近で、カモに餌をあげる機会もありました。

したがって、何か食べ物を用意しておくと、カモが寄ってきて、カモにも乗客にも人気になれます。

僕たちは、持ち込みのカントリーマァムで、人気になりました(^^)v

 

おわりに

川下りと聞くと夏のイメージがありますが、冬でも十分に楽しめることが証明できました。

また保津川下りは、日本だけでなく世界的にも知名度が高く、外国旅行者にも人気があります。

ハイシーズン以外は、事前予約なしでも乗船できることも、船員情報から判明しました。

嵐山に寄るときは、選択肢の1つとして、世界的に人気な「保津川下り」を、是非体験してみてください。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。