目指せ一発合格!法務2級の効果的な勉強方法とは!?




こんにちは、法律科目は苦手なcoco13世です。

今日は銀行業務検定の中でも最も実務業務と関わりがある銀行業務検定(法務2級)について解説していきたいと思います。

銀行業務検定の中でも財務2級・税務2級と並び社内での評価に利用されやすい法務2級。

試験は年2回(6月、10月)で毎回6,000人前後が受験している人気資格でもあります。

しかしネット上を検索していても法務2級に関しては勉強法や試験対策の情報が非常に少ないです。

そんなわけで僕自身が一発合格した効果的な勉強法を公開します。

なお、法務2級に関しても財務や税務と同様に、基礎である3級を理解したうえで勉強に臨まないと、序盤で心が折れる可能性があります。(宅建等で民法を勉強した方や法律の勉強に慣れている方は、いきなり2級でも大丈夫です。)

この記事では短期間でギリギリ合格ラインを目指す勉強法でなく、中期間(1カ月~1カ月半)で高確率で合格圏内に入る勉強法を紹介するよ。

まずは法務2級がどのような試験なのか解説していきます。

銀行業務検定「法務2級」とは

銀行業務検定試験は主として銀行・保険・証券等金融機関の行職員を対象に、業務の遂行に必要な実務知識や技能・応用力についてその習得程度を測定することを目的とした、どなたにもご受験いただける公開の検定試験です。
現在、法務・財務・税務・外国為替・金融経済・証券・信託実務・法人融資渉外・個人融資渉外・窓口セールス・年金アドバイザー・営業店管理・融資管理・デリバティブ・投資信託・保険販売・金融リスクマネジメント・経営支援アドバイザー・預かり資産アドバイザー・金融商品取引・相続アドバイザー・事業承継アドバイザー・事業性評価等の23系統36種目の試験が実施されており、年間受験応募者数は約29万人を数えるに至っています。

法務は23系統の中でもメジャーであり税務や財務と並ぶ3本柱として多くの方が受験されます。この3本柱は三択50問の4級、五択50問の3級、記述10問の2級と別れています。

2級の特徴としては、大半が記述部分であることです。(法務2級は8割記述)

そのため4級・3級のように答えを消去法で絞っていく戦法は取れないうえに、難易度も高くなっています。

試験概要

出題形式 三答択一付記述式 10題
(1題につき択一部分2点・記述部分8点の配点割合)
科目構成 預金
手形・小切手(手形交換を含む)
融資(担保・保証、管理・回収を含む)
その他
合格基準 満点の50%以上(試験委員会にて最終決定)
試験時間 180分

出題割合は預金3割、小切手・手形3割、融資4割です。

出題形式は各設問、3択の選択で2点、3択の選択肢の正否の理由は求められる記述が8点です。

法務2級の特徴は2つあります。

1つ目は六法持ち込み可能であることです。

持ち込み可能であることから、本試験では、設問に対する根拠(法律、判例、約款)を如何に早く見つけられるかがポイントとなります。

2つ目が合格点が50点であることです。(財務2級や税務2級は原則60点です。)

なぜ50点なのかは後述します。

時間は180分と長く感じますが見直し時間を考慮すると1問当たり15分と余裕はほとんどないです。

この試験では持ち込み可能なためか諦め組は少なく大半の方は最後まで粘っているよ。

合格状況

試験実施回 合格率 応募者数 受験者数 合格者数
2019年6月 22.33% 4,441人 3,619人 808人
2018年10月 22.11% 5,790人 4,771人 1,055人
2018年6月 25.03% 5,780人 4,762人 1,192人
2017年10月 28.24% 6,730人 5,471人 1,545人
2017年6月 25.48% 6,046人 5,062人 1,290人

合格率は50点合格にも関わらず2割強程度です。

そしてこの試験は採点が極めてシビアで、2018年10月試験においては全国1位の点数はなんと82点です。

持ち込み可能=受かりやすいという方式は成り立ちません。

むしろ六法持ち込み可能である分、採点は非常にシビアです。

要点を抑えても文章構成や肉付けが不完全だと減点を喰らいます。

合格点が50点なのは採点が非常にシビアで60点合格にすると、合格者が激減するからです。

僕自身ですが10問中1問を完全に捨て、択一問題は捨てた1問以外は全問正解で、記述も自分の中では上出来だと思いましたが蓋を開けたら70点程でした。

記述においては税務2級、財務2級では自分の想定より実際の点数の方が上回っていたけど、法務2級では逆だったよ。

しかし成績順位は受験者中の中で上位1%~2%の間でしたので、この試験では合格者のうち20%程は50点~60点台の間であることが想定されます。

さらりと問題集を眺めると、かなり難しく感じますが、ここでお伝えする正しい勉強法で取り組めば合格点である50点は満たします。

せっかく受験料6,480円も支払うのなら、棄権はせず一発合格を目指そう。

目指す点数ですが、法務2級では記述問題の採点は非常にシビアなので65点程が妥当です。

3択設問9割正解→2点×9問=18点

記述問題は各問題、8点中4~5点→4~5点×10問=40~50点

択一問題は正解すれば確実に2点を確保できるため、全問正解を目指しましょう。

使用する教材

過去10回程度の問題が収録されています。

これは必ず購入してください。

これを買わずに受験するのはドラクエ5でモンスターを1匹も仲間にせずにをクリアを目指すようなものです。

法務2級は上記の小六法持ち込みを前提としています。

これも必ず購入してください。

これを買わずに受験するのはドラクエ3で勇者一人でクリアを目指すようなものです。

六法の本は他にもたくさんありますが、上記の本以外は法務2級に適しておりません。

また試験は旬な法律問題を出題してくる傾向があるため、中古の小六法だと1問丸ごと取りこぼす可能性があります。

僕自身、あまりお金を掛けたくなかったため、5年前の中古小六法を購入しましたが、旬な問題が1問出題されたため、早急に捨てて、他の問題に専念することになりました。

小六法は高いとはいえ受験料の半分程度なので新品を買っておきましょう。持ち込み教材をケチって落ちる方が損です。

テキストと言っても50項目程の基本問題と応用問題の解説が記載されているだけですが、広範囲の内容をカバーできるため、法律が得意な方以外は買っておいた方が良いです。

また当日は小六法持ち込み可能とはいえ、択一問題や記述の基本部分は自力で解けるレベルになっていないと合格は難しいです。

小六法は文章を肉付けするための補助的なツールです。

税務、財務と同様に基本をしっかり理解していないと正しい文章を構成することができないよ。

注意:買う前に必ず受験する時期の問題集であるか確認してください!!

勉強方法

法務2級は持ち込み可能だからといって、基本問題から持ち込み教材に依存すると合格は難しいです。

なぜなら法務2級は税務、財務と違い求められる記述量がかなり多いです。

そのため全ての問いに対し、都度、小六法を見ていたら間違いなく時間がなくなります。

法務2級は180分で10問のため1問当たり18分です。うち見直し時間を2分とすると1問16分です。

この16分で3択の選択肢と各選択肢の正否の理由を記述しないといけません。

合格するためには択一問題は1分で解き、3択の正否記述を15分で仕上げる必要があります。

この15分で

①根拠となる判例、法律、約款を思い浮かべる。(論理展開)

②思い浮かべた判例等を実際に小六法から探し出す。

③文章構成を考える。

④実際に記述する。

この4つの手順を踏まなければなりません。

法務2級は持ち込み可能なため、試験官の求める解答の期待値は高く、自分ではしっかり書いたつもりが、思ったより点がもらえなかった現象が起きるよ。

また財務2級と違い、問いに対しシンプルに答えるだけでは満点は難しく、肉付けして文章量を増やす技術も求められます。

では、ここから具体的な勉強手順を紹介します。

勉強手順

手順①
法務2級のテキストの基礎・応用問題を解いていきましょう。

手順①の段階では、記述は行わなくて大丈夫です。(読むだけで十分)

なぜ、そのような解答になるのか、理解していきましょう。

また、解説文で記載されている法律や判例は必ず小六法で確認して付箋を貼っておきましょう。(付箋に差押・相殺・払戻等の単語を書いておくと、後々便利です。)

全手順に共通して言えることだけど、問題集等の余白に各項目の関係する内容が小六法の何ページ目に記載されているか、メモしておくと後で振り返って勉強するときに効率的だよ。

応用問題に関しては、理解が難しいところは、この時点では飛ばしてよいです。

手順①では各問に対し必要な知識と、どのような判例・法律・約款等を用いて説明しているか実感することが重要です。

なお本番の記述方式はテキストの解答形式でなく、問題集の解答形式を真似ればよいので、ここでは読み流す感じで解いていって大丈夫です。

手順②
再度、テキストの問題集を解きましょう。

手順②では、まだ詳細な説明はできなくて良いです。

とりあえず、正しい答えを導くことが狙いです。

手順②をしっかりやっておけば、当日の試験の択一問題は十分太刀打ちできます。

手順③
問題集を時間は気にせず直近から取組ましょう。

ここから本格的なアウトプットの練習です。

時間が惜しいので記述はしなくて良いですが、ここからは第三者に説明するイメージで解きましょう。

またテキストを用いて周辺知識も身に着けていきましょう。

一旦、テキストの問題を解いているので、周辺知識を身に着けることに対して、そこまで負荷はないはずです。

本番では同じ問題は出題されないので、1つの問題に対し周辺知識を身に着け、類似問題を確実に解くことが合格への近道です。

手順③の目的は2つ。

1つ目は出題傾向を掴むこと。

2つ目は解答文から記述問題の論理展開とその肉付けの文章を学ぶことです。

1周目に関しては制限時間は気にしなくてよいですが、自分が考えた文章と解答文との相違部分はしっかり確認しておきましょう。

的は得ていても、解答文とかけ離れた書き方では減点になる可能性があるからです。

手順④
問題集の間違えた箇所や曖昧な部分のみ再度見直しましょう。

試験合格の課題は手順③で解けなかった問題を如何に理解して解けるようにするかです。

特に平均点が5点以上の問題は出題率が高いサービス問題なので絶対解けるように注力しましょう。

逆に2点未満の問題は奇問なので大まかに理解する程度で大丈夫です。

手順④においても記述はせず、頭の中で文章を練る勉強法で大丈夫です。

手順③で間違えた問題は付箋を貼り、テキストや小六法を用いてしっかり理解しましょう。

手順⑤
スピード重視でテキスト問題集→過去問題集の順番で解きましょう。

問題を解くにあたり本番の練習も兼ねて実際に記述して解いてもよいですが、頭の中で解いても大丈夫です。

僕自身、勉強時間が短かったため、記述の練習はほとんどしませんでした。

その代わり、手順③同様に頭の中でしっかり文章を練って、第三者に論理的に説明するイメージで解いてください。

論理展開が間違っていなけば一定の点数はもらえますが、満点を取るためには肉付けの文章も求められるのが法務2級の特徴です。

そのため手順⑤では論理展開と肉付けの文章が解答文と一致しているか、確認しましょう。

この試験では根拠となる判例、法律、約款が文章に入っていないと減点される可能性が非常に高いので注意しましょう。

時間がない場合でも最低限、ここまでやっておけば、それなりに点は得られるはずです。

手順⑥
過去問題集を再度解きましょう。
手順⑥が終わると、一回目で解けた問題は3周、解けなかった問題は4週以上触れたことになります。

手順⑥においては本番同様に記述しながら解いていきましょう。

また自信のない問題はテキストを用いてしっかり潰していきましょう。

試験攻略のポイント

ここからは合格率を少しでも上げるためのテクニックを紹介します。

小六法の民法は何回か目を通しておきましょう。

預金、融資問わず、民法を判定根拠として文章を構成する機会が多いです。

そのため民法については1条から順に目を通しておくと当日の試験で該当部分を探しやすくなります。

「遺言や相続は900条以降、根抵当権が380条~390条当たりだったな」程度で大丈夫だよ。

小六法の付箋を貼ったページは何度も目を通しましょう。

試験本番で焦るのが、頭の中で根拠となる法律や判例等が思い浮かんだのに、その部分を探すのに時間が掛かることです。

頭に浮かぶということは、小六法で一度目にした可能性が非常に高いので、小六法のどの部分に、どのような内容が記載されていたか、覚えておくと、当日の探す時間の短縮が図れます。

奇抜な問題は相手にしないのも戦略の1つです。

法務2級では50点合格であるため、10問中1問を捨てても、9問で平均6割確保できれば合格できます。

択一問題で戸惑う問題であれば、記述の方もさらに戸惑ううえに長時間を要する可能性もあるため、あえて捨てて他の問題に注力するのも戦略です。

時間を割けば高得点が狙える問題を見極めるのは法務2級だけでなく、財務や税務にも言えることだよ。
問1から順番に解くのはやめましょう。問9や問10が難易度が易しいにも関わらず他の難問に時間を費やしてしまい、時間がなくて低結果になるのはもったいないです。

まとめ

銀行業務検定においては「問題集3周」することが合格への最短ルートであると言われていますが、法務2級においては問題集3周に加えてテキストで知識の補強をしておくことと、小六法にもしっかり目を通しておくことが重要です。

また記述の採点基準は非常にシビアであり、問題集の解答のような的を得た長文が求められるため、半端な勉強では太刀打ちできません。

銀行業務検定2級は実務で活かす意味合いよりも社内での評価に利用されやすい意味合いの方が特に強い試験であることから、とにかく「合格」することが重要な試験です。(金融機関の人事の昇進昇格の条件の1つに銀行業務検定の取得が取りこまれています。特に2級は利用されやすいです。)

どうせ貴重なお金と時間を費やすなら、ここでお伝えした効果的な勉強法を参考にして「一発合格」を目指してください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする