ミンサガおすすめクラス10選と強敵別のメンバーを紹介するよ!

こんにちは、ミンサガに魅了されたcoco13世です。

ミンサガには、本当にお世話になりましてクリア回数14回、プレイ時間は400時間以上、主人公別クリアはもちろん、ジュエルビースト(覚醒前、覚醒後)、デス、シェラハ、真サルーインも撃破しております。

周回プレイでは飽きないように、様々なクラスや武器やキャラを使っていました。

前回、前々回と、「武器」と「キャラ」について紹介したので、本日はまとめとして、おすすめのクラスや、数多の強敵とやり合ったメンバーを紹介していきます。

キャラや武器に興味がある方は、これまでの記事にも、目を通してみてください。

 

あわせて読みたい

こんにちは、ミンサガの魅力に憑りつかれたcoco13世です。 ミンサガには、本当にお世話になりまして、クリア回数14回、プレイ時間は400時間以上、主人公別クリアはもちろん、ジュエルビースト(覚醒前、覚醒後)、デス、シェラハ、真サルー[…]

ミンサガ、ダーク

 

あわせて読みたい

こんにちは、ミンサガという名の煉獄に捕らわれたcoco13世です。 ミンサガには、本当にお世話になりまして、クリア回数14回、プレイ時間は400時間以上、主人公別クリアはもちろん、ジュエルビースト(覚醒前、覚醒後)、デス、シェラハ、真[…]

ミンサガ、グレイと鬼神刀

 

ミンサガおすすめクラス:判定基準

ミンサガにおいて、クラスの数は、実に38もあります。

そのうち、EP/LPコストが下がるだけの、伝説クラスを除いても29もあるのです。

その29の中から、おすすめしたい10のクラスを、紹介していきます。

なお、おすすめクラスの判定基準は、以下の3つを基準としています。

  1. 実践向きであること
  2. 必要スキルの中身
  3. クラス特性の内容

 

①実践向きであること

戦闘スキルが含まれていない旅商。(必要スキル:マニピュレーション、サバイバル、交渉)

クラス特性が、戦闘に直接関係しない、薬草摘み(特性:薬草サーチ率アップ等)

これらの、戦闘に直接役立たないクラスは、除外してあります。

 

②必要スキルの中身

必要スキルについては、前回紹介した、武器ランキングも考慮しています。

例えば、アサシン(必要武器スキル:小型剣のみ)は、小型剣自体が、武器として劣るため、他のクラスと比較して、マイナス評価にしました。

細剣や打槍など、武器種類や技が豊富な武器スキルや、水術、火術、光術など、使い勝手が良い術スキルが、必要スキルに含まれているクラスは、プラス評価にしました。

 

③クラス特性の内容

クラスによって様々な特性があり、その中でも当然、優劣が存在します。

実践で役立つ特性は、プラス評価しました。

 

ミンサガおすすめクラス:10選の必要スキルと特性

おすすめクラス10選の、必要スキルと特性は以下の通りです。

クラス名 必要スキル 特性
剣士 細剣・長剣・両手大剣 『猛撃』
攻撃効果が高くなる。(1.1~1.3倍)
森の番人 弓・土術法・サーチ 『精神統一』
ときどきBP消費を抑える
海賊 細剣・片手斧・水術法 『疾風』
素早く行動できる
帝国正騎士 細剣・大型剣・両手斧・盾
・光術法
『エース』
攻撃を、直前の行動に連携させやすくする。
帝国海兵 小型剣・曲刀・片手斧
風術法・サバイバル
『切り込み』
自分が攻撃した後に、続く攻撃の連携率が高くなる。
城塞騎士 長剣・大型剣・両手大剣・
打槍・盾
『騎士道』
ディフレクトの成功率が高くなる。(1.2~1.5倍)
ローザリア重装兵 長剣・棍棒・衝槍・盾・気術法 『鉄壁』
防御効果が高くなる(1.2~2.1倍)
ローザリア術法士 棍棒・杖・水術法・魔術法・気術法 『三術合成』
ある術に、別の2つの術を組み合わせ、新たな術を作り出す。
クジャラート闘士 衝槍・弓・水術法・魔術法・隠密 『狙撃』
投射タイプの技の威力を高める。(1.1~1.25倍)
武芸家 体術・曲刀・刀・杖・打槍・弓 『武芸』
無足・加撃の成功率が高くなる。

 

ミンサガおすすめクラス:10選の長所と短所

おすすめクラスにも、当然ながら短所もあります。

短所も踏まえたうえで、自分に合ったクラス選びをしましょう。

クラス名 長所 短所
剣士 基本クラスのため、少ないジュエルでクラスレベルを、上げることが可能。

クラスレベルに応じ、技の威力が倍率補正される。(1.1倍~1.3倍)

3種の剣技は、どれも使い勝手は良く、また、高性能の武器入手が難しくない。

細剣使いにして、素早さを活かした、軽量剣士にするのも良し。

長剣・両手大剣使いにして、腕力やHPの高さを活かした、重量剣士にするのも良し。

細剣は、器用さ・素早さを参照する技が多いのに対し、長剣と両手大剣は腕力を参照する技が多いため、3種の剣が使えるものの、細剣or長剣・両手大剣の構造となる。

盾スキルは、別途上げる必要がある。

森の番人 基本クラスのため、少ないジュエルでクラスレベルを、上げることが可能。

武器スキルは弓だけだが、弓自体が強力な武器であり、特に苦にならない。

特性効果(ときどきBP消費を抑える)は、長期戦では恩恵が大きい。

必要スキルの土術の「イージスの盾」は、「セルフバーニング」と違い、自分以外の味方にも使えるため、防御術として優秀。

また、全体スタン効果のある「クラック」も補助術として役立つ。

特性効果であるBP消費抑制は、乱数によって制御されているので、運に左右される。

弓使いの場合、投射の威力を上げる「クジャラート闘士」という、弓使いに最適なクラスがある。

武器は弓に限定される。

 

海賊 基本クラスのため、少ないジュエルでクラスレベルを、上げることが可能。

使い勝手抜群の細剣と、水術が必要スキルに含まれている。

相反する火術も、細剣の術具「炎のロッド」で補完できる。

クラス特性の『疾風』は、回復キャラには必須である。

なぜなら、ミンサガでは戦闘不能になると、BPが0になる、大きなリスクがあるため、戦闘不能になる前に、回復させれる事は、極めて重要だから。

剣士同様に、細剣は、器用さ・素早さを参照する技が多いのに対し、片手斧は、腕力を参照する技が多いため、2種の武器が使えるものの、細剣or片手斧の構造となる。

主力武器は、細剣か片手斧、どちらかになることから、武器の強度が弱かったり、クラスレベルが低いと、武器耐久面で不安が残る。

盾スキルは、別途上げる必要がある。

帝国正騎士 使い勝手が良い細剣に加えて、盾も必要スキルに入っているため、細剣の欠点である、行動成長率におけるHPの低さを、盾ガードで補完できる。

光術の「ムーンライトヒール」は、HP回復+精神状態異常の回復と、使い勝手が良い。

両手斧が必要スキルに含まれる、数少ないクラス

クラス特性の連携率上昇は、雑魚戦、ボス戦、どちらも心強い。

スキルは複数あるも、大型剣や両手斧において、盾スキルは意味がないため、細剣+盾or大型剣・両手斧の構造となる。

そのため、大型剣や両手斧重視の場合、盾スキルのジュエルが、完全に無駄となる。

逆に細剣重視だと、腕力値が上がりにくいことから、大型剣や両手斧の、本来の威力を引き出せない。

両手斧に至っては、腕力が低いと命中率は最悪。

帝国海兵 対応武器である、小型剣・曲刀・片手斧は、腕力値を参照する技が大半のため、主力+サブとしてやっていける。

曲刀と片手斧は、共通技も多く、互換性が高い。

帝国正騎士と同様に、クラス特性の連携率上昇は、雑魚戦、ボス戦、どちらも心強い。

小型剣と風術は、そもそも、戦力として微妙であるため、ジュエルが無駄に感じる。

曲刀と片手斧は、購買品最強を改造しても、共に微妙であるため、イベントで最強武器を入手しないと、武器性能に足を引っ張られる。

城塞騎士 扱える武器が多いうえに、盾スキルもあるため、長剣使いにとっては、防御面でも鉄壁になる。

対応武器は、腕力を参照する技が多く、各武器の行動成長率も似ているため、用途に応じ、複数の武器を使い分けする戦いもできる。

クラスレベル5における「ディフレクト」発動率1.5倍のため、攻守バランスが良い。

対応武器は全て、味方全体を対象に「ディフレクト」が発動します。

大型剣は、使う機会が少ないから、必要スキルの中では無駄となる。

また、両手大剣や大型剣使いの場合、盾スキルが無駄となる。

 

ローザリア重装兵 クラス特性の防御補正が、クラス5の場合1.5倍(ディフェンスモードの場合、最大2.1倍)と鉄壁。

対応スキルに、長剣と盾もあるため、防御力アップ+回避率アップを、一度に図ることもできる。

ディフェンスモードで、防御力を上げる魔術、「アーマーブレス」を使えば、相乗効果で、脅威の打たれ強さとなる。

水術と気術は、長期戦となるボス戦では、使える術が多い。

 

衝槍のディフェンスモードの技が微妙。

長剣のディフェンスモードの最強技である「不動剣」は、閃きが、かなり困難。

防御倍率が上がるクラスのなので、元の防御力を上げないと、本領発揮しない。

棍棒と衝槍は武器として、そもそも微妙。

ローザリア術法士 合成術を作れる。

合成術のなかでも、水術の「オーヴァドライヴ」と「クイックタイム」が驚異的な強さを誇る。

ただ、この2つの術は、BP消費を考慮すると、反則的な強さまでとは言えない。

合成術は、一つしか作れなく、それ以外の特典がない。

対応武器は、棍棒と杖のため、術主体で戦う必要が出てくるが、対応スキルの術が、気術・水術・魔術と攻撃面ではやや劣る。

クジャラート闘士 中列配置の場合、衝槍・弓の双方を活かせるため、サブとして衝槍はあり。

水術と魔術は、補助術として優秀である。

クラス恩恵(投射タイプの技の威力を高める)から、弓使いを強化するために、造られたクラスと言っても、過言ではない。

弓技は全てが投射タイプの技。

衝槍使用時の、クラス恩恵が微妙。

衝槍の投射技で、使い勝手の良い技は、「双龍破」のみ。

弓の腕力成長率は低いため、腕力参照の技が多い、衝槍との併用はいまいち。(弓は器用さを参照、衝槍は腕力を参照する技が多い。)

衝槍の技のうち、器用さ参照で、使い勝手が良い技は、「乱れ突き」のみ。

武芸家 多くの武器を使いこなせるため、技の引き出し数は多く、様々な敵に対応できる。

無足・加撃の派生により、技の威力は大きく増すため、特性効果の恩恵は、雑魚戦もボス戦も、非常に大きい。

術具数が豊富な杖も、必要スキル含まれている。

本作で3つしない奥義(無足+加撃)の、対応武器スキルを全て含んでいる。

カットイン→ライトニングクイック

月影の太刀→乱れ雪月花

無双三段→天衣無縫

 

前列でアタッカーとして戦う場合も、前列で効果が半減する弓は不要。

必要スキルが6つと、他の上級クラスと比較しても多いため、クラス上げに、多くのジュエルが必要となる。

武器は最大4つしか所持できないため、全てを使いこなせない。

ミンサガ強敵撃破メンバー構成

ここからは、実際に、数多の強敵を撃破したキャラ、クラス、武器系統を紹介します。

当然ですが、強敵の種類によって、メンバー構成は変わります。

デス・シェラハ・ジュエルビースト(覚醒後)・サルーイン(強化9)

キャラ クラス・武器 備考
グレイ(主人公) 武芸家

主力武器:体術

サブ武器:打槍

「鬼神刀」と「武神の鎧」で腕力補正+20

メンバー最強のアタッカーとして活躍。

打槍は、強度より攻撃力に特化。

打槍のEPが少なくなったら、体術に切替。

ボス戦では、無足・加撃に派生する技の頻度が少なかったので、クラス特性は活かせませんでした。

クローディア クジャラート闘士

主力武器:弓

サブ武器:なし

武器は、クラス特性を活かし弓1つで、改造した「クジャラート弓」と予備で「藤娘」。

主力技は「連射」、「ザップショット」。

サルーイン第ニ形態では、攻撃と回復を同時に行う、「フェニクスアロー」も主力。

射突耐性が高いデス戦は、サポートに徹していました。

アイシャ 城塞騎士

主力武器:両手大剣

サブ武器:長剣

キャラ成長率と、武器行動成長率は一致していません。

しかし、BP回復値の高さと、か弱いアイシャが、両手大剣を振り回す姿を見たくて選択。

感情抜きで考えるならば、このポジションは、BP回復値重視のアルベルトか、腕力成長率が高い、ゲラ=ハが妥当です。

BP回復値の高さを活かし、「ヴァンダラアイズ」連発。

ただし、強度改造なしだと、EP消費も激しいので、EPが減ったら、長剣に切替。

長剣は「不動剣」を、閃ていくれなかったので、「マルチウェイ」が主体。

デスやサルーイン第一形態では、「ディフレクト」が、とにかく心強い。

か弱いアイシャが最前線に立ち、「ディフレクト」で、皆を守る姿は好き!

ダーク 海賊

主力武器:細剣

サブ武器:なし

序盤強く、キャラ成長率と細剣の行動成長率は一致します。

しかし、感情抜きで考えるなら、このポジションは、ホークかジャミルが妥当です。

ダークは、イベントで特定クラスのスキルが上がる事と、「ダークの剣」欲しさに、よくメンバー加入しています。

細剣でひたすら攻撃。

しかし、他のキャラよりBP回復値が劣るため、BP節約も兼ねて、回復キャラの役割も果たしていました。

高い素早さと、海賊のクラス特性で、回復役が適任です。

 

バーバラ 帝国海兵

主力武器:曲刀

サブ武器:片手斧

曲刀武器は「ダークの剣」。

片手斧は、BPコストの低い「フライ・バイ」が主体。

曲刀技は、もちろん「マルチウェイ」。

ボス戦では、怪力手袋を装備させ、グレイ同様に、アタッカーとして活躍していました。

共通点

気術と光術は、全員が修得。

片手武器キャラには、盾スキルも追加で修得。

僕の主観も入っている(ダーク好き、アイシャ好き、曲刀好き)ので、最適のメンバー構成とは言い難いです。

また、強敵ボス撃破メンバーというよりは、様々な高ランク雑魚敵にも対応できる、マルチなメンバー構成です。

 

真サルーイン

メンバーや武器は、先ほどのデス・シェラハ・ジュエルビースト(覚醒後)・サルーイン(強化9)と、変わらない。

変更点はクラスで、全員「ローザリア術法士」で、合成術も全員「クイックタイム」。

なお、「クイックタイム」は、BP消費が非常に大きいので、BP回復値も考慮して、BP最大値55以上ほしいところです。

全員「ローザリア術法士」になることで、各キャラの高ランク技のEP消費ポイントが、最大の壁となります。

そのため、長期戦は負けを意味します。

 

第一形態は、EP消費技は抑えつつ、術で守りを固めて撃破。

第二形態は、RPG史上でもトップクラスの強さを誇るため、戦闘開始と同時に「クイックタイム」発動。

以降は全員が、常にBP30以上をキープしつつ、「クイックタイム」と攻撃を繰り返し。

 

戦術は簡単だが、「クイックタイム」発動前に、「ゴッドハンド」連発や、「心の闇」などの状態異常攻撃で、一気に窮地に追い込まれることもあるため、防御面は疎かにできない。

 

また、真サルーインのHPは、90,000と耐久力も圧倒的。

一方、メンバーは、棍棒と杖以外は、対応スキル外となることから、EP消費の大きい技は、数に限りが出てくる。

そのため、ターンが経過するほど、こちらがジリ貧になるため、高火力の技や、高性能の武器を、複数用意しておく必要が出てくる。

ここでは、棍棒の「グランドスラム」が、非常に心強いため、「ろばの骨」は必須。

 

クイックタイムが使える→真サルーイン楽勝撃破ではない!

 

ジュエルビースト(覚醒前)

メンバー構成、クラス、武器は、先ほどのデス・シェラハ・ジュエルビースト(覚醒後)・サルーイン(強化9)と、変わらない。

ただし、ダークのみ、クラスを海賊からローザリア術法士に変更。

合成術は、もちろん「クイックタイム」です。

 

戦術は、真サルーインとは異なります。

ジュエルビーストは戦闘開始時、気持ちよく眠っているので、その間に各キャラが、補助術(セルフバーニング、リヴァイヴァ、腕力法、ウエポンブレス等)で、万全にする。

ジュエルビーストの攻撃には耐えれないため、補助術は攻撃特化で良く、不足の事態に備え「リヴァイヴァ」をかけておく。

また、グレイが「逆風の太刀」、バーバラが「かかと切り」で、敵の素早さを下げます。

起床後に先手を取られないためにも、素早さを下げておくことが、非常に重要です。

 

ジュエルビーストが起きたら、ダークが「クイックタイム」発動。

ジュエルビーストの素早さは46であるが、素早さ成長率が高いダークが、細剣メインで使っていれば、それなりの素早さになっています。

また、より確実に先手を取るために、「カイラルの靴」や「翼のお守り」を装備して、素早さ補正を行います。

 

グレイやバーバラの素早さ削りと、装備補正をしておけば、ダークが先手を取れますので、後は「クイックタイム」と、怒涛の攻撃です。

BP回復は、「聖杯」で行い、聖杯を使い切ったら、技術強化の妙薬で補完します。

特に、ダークのBPが生命線になります。

 

ジュエルビーストの攻撃は、この時点では明らかに鬼畜級なので、短期決戦に持ち込みましょう。

長期戦になるほど、全滅率が高まります。

 

おわりに

ミンサガではクラス数、キャラ数、武器数が、多く準備されており、その中から、自分の好みにあった、最適な組み合わせを見つけることが、本作品の醍醐味とも言えます。

前述しましたが、僕が数多の強敵を撃破したメンバーは、最適とは言えません。

タイトルに、おすすめクラスと謳っていますが、おすすめメンバーと謳っていないのは、メンバー構成には、キャラの感情が入っているからです。

そして、複数回クリアした結果、自分の中の、好き+好奇心+強いが、このメンバーを構成しただけです。

 

15週目は・・・

バーバラ(主人公)<城塞騎士>・・打槍

アイシャ<クジャラート闘士>・・弓

クローディア<城塞騎士>・・両手大剣

シフ<ローザリア重装兵>・・長剣、棍棒

ディアナ<剣士>・・細剣

以上5人の女性メンバーで、目指していきたいと思います。

 

追記:2019年夏、妻がミンサガのセーブデータが入ったメモリーカードを、ゴミと勘違いし、破棄してしまったので、夢物語になりました。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

あわせて読みたい

こんにちは、ロマンシングサガ-ミンストレルソングに400時間以上捧げた暇人coco13世です。 ミンサガは、サガシリーズの要とも言える、フリーシナリオをしっかり引き継いでおります。   しかし、他のシリーズと違い[…]

ミンサガ、ニンフ像

 

あわせて読みたい

こんにちは、ミンサガの魅力に憑りつかれたcoco13世です。 ミンサガには、本当にお世話になりまして、クリア回数14回、プレイ時間は400時間以上、主人公別クリアはもちろん、ジュエルビースト(覚醒前、覚醒後)、デス、シェラハ、真サルー[…]

ミンサガ、ダーク

 

あわせて読みたい

こんにちは、勝手にゲームを評論するcoco13世です。 今日は、前回の記事の続きです。   [sitecard subtitle=あわせて読みたい url= http://coco13.club/sagafron[…]

サガフロ2ギュズターヴの剣

 

あわせて読みたい

こんにちは、最近は子供にゲームのノウハウを伝承しているcoco13世です。 今日は詰むRPGとして有名な、ロマサガ2について、前回に引き続き語っていきます。   RPGの王道とも言えるドラクエシリーズで、強いボス[…]

ロマサガ2、通さん、お前だけは

 

あわせて読みたい

こんにちは、「no life no game」がキャッチフレーズのcoco13世です。 今日は2018年に発売したプレステクラシックにも選ばれた名作、サガフロンティアの主人公たちについて勝手に語っていきます。   […]

サガフロ、タイトル画像