ミャンマー・バガン旅行【いざ仏教三大聖地へ】1人旅ブログ part3

こんにちは、ASEAN諸国制覇を目指すcoco13世です。

2018年秋に、注目を浴びているミャンマーに行ってきました(^^)/

一番の目的は、世界遺産であるミャンマーの古都バガン。

 

バガン遺跡は、

  • カンボジアのアンコール遺跡
  • インドネシアのボロブドゥール遺跡

この2つと並ぶ、仏教三大聖地である。

 

<日程>

1日目 出国 名古屋→バンコク

2日目 バンコク→ヤンゴン

その1

3日目 ヤンゴン→バガン

part2

4日目 バガン→バンコク

5日目 バンコク

6日目 帰国 バンコク→名古屋

<今回の記事はココです>

 

ミャンマー(バガン)旅行4日目

昼過ぎまでポッパ山へ。

夕方までバガン観光。

その後はヤンゴン経由で、再びバンコクへ向かう。

 

ニャウンウー村マーケット

 

朝5時半起床。

朝は結構冷える。

熱すぎるお湯と水、どちらかしか出ないシャワーと格闘した後、ホテル屋上で朝食。

 

ホテル屋上の朝食の場

 

ホテルのビュッフェ朝食

 

朝食はビュッフェ形式。

種類はヤンゴンのホテルと同じぐらい。

 

本日は8時半より「ポッパ山」観光ツアーに参加するため、朝食後は近くのニャーウンウーマーケットを散策。

 

ニャウンウー村のマーケットの道

 

ニャウンウー村のマーケットの細道

 

ニャウンウー村の犬と販売員

 

マーケットは、現地民の方で、一部のエリアだけ賑わっていた。

 

ポッパ山へ

 

マーケット散策後は、ホテル隣の店で「ポッパ山」準備として、水500mlを2本購入。

1本200チャット(約20円)とか安すぎ!

 

「ポッパ山」ツアーは、タクシーチャーター形式と、乗り合わせ形式の2種類がある。

 

タクシーチャーター形式のメリットは、自分のペースや時間に、タクシーが合わせてくれること。

反面、料金は35,000チャットと、やや高め。

 

乗り合わせ形式は料金は、9,000チャットと安い。

反面、休憩所でまったりしたり、集合時間も、余裕をもった時間設定にするため、せっかちな方や時間が惜しい人には、向いていない。

 

僕は時間に余裕があったので、乗り合わせツアーに申込み。

乗り合わせメンバーは、僕以外は欧米人で、夫婦2組、男2人組、男1人であった。

 

乗り合わせ形式は、申込メンバーのホテルを順々に送迎するので、様々なエリアを見れるメリットもある。

 

実際、僕のツアーでも、オールドバガンやニューバガンに、滞在されている方がいたので、それらのエリアにも寄ることができ、道中、ミィンカバー村をはじめ、様々な遺跡が見れたのは良かった点(^^♪

 

ただし、乗り合わせ形式で、注意することが1つある。

 

ポッパ山ツアーの時間は、午前は朝9時~13時と謳っていますが、実際ホテル到着したのは14時半頃であった!

 

そのため、ポッパ山の後に予定を入れている方は、申込前に帰りの時間の確認をして、無理のない計画を立てる必要がある。

 

10時ぐらいに休憩スポットへ寄り、30分程休憩。

特にすることなく、辺りをフラフラして時間を潰す。

 

2回目の休憩場所は、本日の名所である「ポッパ山」が見渡せる場所となる。

 

ポッパ山の外観

 

正面に見えるのがポッパ山。

頂上にそびえ立つのがタウン・カラッ。

 

2回目の休憩場所は、とにかく猿が多かった(゚Д゚)ノ

「ポッパ山」の写真を撮っていたときも、猿が急に現れ、偶然ながら良い写真に仕上がった(^^♪

 

2回目の休憩所から10分程で、ポッパ山入口に到着。

到着時間は11時過ぎ。

帰りの集合時間は、12時45分と時間には余裕がある。

 

ポッパ山入口

 

入口付近にも、猿がたくさんいる。

 

ポッパ山の両サイドに並ぶお土産屋

 

登ってしばらくは、両サイドお土産屋が続く。

 

ポッパ山広場の階段

 

途中で大きな広場があり、ここからは素足で階段をひたすら登る。

なお、ここにも猿が出てくる!

 

広場では、飲食店やトイレ、靴を預けるロッカー(有料)が用意されている。

 

20~30分程で、頂上の「タウン・カラッ」にたどり着ける。

 

あるブログでは、京都の伏見稲荷と同等と記載されていたが、個人的には伏見稲荷の半分程度。

ただし階段は、こちらの方が急傾斜である。

 

 

 

頂上のタウン・カラッからの景色。

 

頂上は広いので、ゆっくり過ごせる(^^♪

また、この場所で、バガン初の日本人観光客と遭遇。

観光客は相変わらずだが、欧米人や中国人が多い。

 

帰りは大きな広場で、手前のおばちゃんに呼び止められ、現地の人と混ざっての食事(^^♪

 

ポッパ山広場で料理を提供するおばちゃん

 

ポッパ山で提供された麺料理

 

シンプルな麺料理だが、味は絶品であり、汁まで完食。

 

広場で軽食を済ませた後は、ポッパ山を出て、集合場所近くのレストランで食事。

 

ポッパ山レストランのマトンカレー

 

メニューはマトンカレー。

これだけのボリュームで、2,500チャット(250円弱)

 

ミャンマーのカレーは、日本人の連想するカレーと違い、辛くなく口に合う(^^)

 

また、このお店では飲み物として、リポビタンDやレッドブルも販売していた。

日本とは違う感覚ですね(゚∀゚)

 

本日は、夜にバンコクまで戻るため、リポビタンDを補給して、疲れを回復させる。

 

帰路の送迎は、休憩所に寄ることなく、各自のホテルへ。

14時半にホテル到着。

 

バガンの街をEバイク観光

 

ホテル到着後、気になることが1つ・・・

 

それは本日搭乗する飛行機のこと!

 

定刻の17時50分に、ほんとに飛んでくれるのか・・・

遅延や搭乗時間の変更はないか・・・

 

いろいろ心配になったので、再びEバイクをレンタルして、一旦空港へ。

 

空港まで10分程度で行けるし、先にチェックインしておけば、ぎりぎりまでバガンを探索できる、考えもあった。

 

しかし、空港へ行くと驚きの光景が・・・

 

日中のバガン空港の光景

 

写真は15時前の光景だが、外には誰もいない!

ターミナル内に、警備員が座っているだけ。

 

本日搭乗する、ゴールデンミャンマーの係員を呼んでもらい、状況を確認すると、飛行機の搭乗時間の変更はなく、16時半からチェックインを行うとのこと。

一応、名簿で予約が本当に取れているかどうかも確認。

 

一安心した後は、ホテルに戻り、空港タクシーの手配を済まし、再びニャーウンウーおよびオールドバガン近辺を、Eバイクで駆け回る(^^)/

 

ニャーウンウーとオールドバガンの間は道中、遺跡や野生の牛しかおらず、とてものどか(^^)

 

散策後、気分転換と贅沢を味わうため、昨日寄ったマッサージ店で休憩。

 

その後、飛行機に乗るためにホテルに戻り、タクシーにて空港へ。

 

飛行機トラブル

 

出発1時間前に空港に到着。

チェックインを済まし、搭乗券をもらって驚いた!

 

手書きの飛行機チケット

 

席ナンバーが空欄であったため、確認したら自由席とのこと!!

 

人生初、自由席の飛行機(^^)v

 

そういえば、搭乗名簿も手書きだった!

 

恐るべし、ゴールデンミャンマー航空!

 

ちなみに、行きのエアバガンは指定席。

 

カウンターで少し待った後は、荷物チェックを済まし、搭乗ゲートへ案内。

一安心できたのも束の間。

 

ここで嫌な予感が的中!!

 

搭乗時間になっても、一向に搭乗案内する気配がない!

やっと案内されたと思ったら、18時発の他の航空会社。

 

ヤンゴン、バンコク間は、国際線のため最低1時間前に、チェックインしないとまずいのです(>_<)

 

最悪の事態を想定して、明日の朝のバンコク行の飛行機を、再度ネットで検索。

前日だと、意外にもLCCより、タイ航空の方がチケットが安かった。(14,000円程)

 

なんとか40分遅れで、飛行機は飛んでくれましたが、まだまだ油断できない!

 

なぜなら、国内線はターミナル3に到着するが、国際線はターミナル1なので、ターミナル移動に時間を取られるとアウトなのだ!

 

飛行機到着後は、ターミナル出口まで全力疾走!!

 

ターミナル間も、15~20分間隔でシャトルバスがあるが、バスは停まっていなかったので、ターミナル間を、全ての荷物を背負い、さらに全力疾走!!

 

5分程でターミナル1に到着。

なんとか1時間前に、チェックインができた。

(ノックエアの最終受付は、出発の45分前みたいですね。)

 

国内線の着陸後、20分でチェックインできた自分を、思わず褒めてあげたよ(^^)v

 

今後トランジットの際は、時間に余裕を持たすことを誓う!

 

ターミナル間疾走も、今となればミャンマー旅行の良き思い出(^^)

 

無事、バンコク行の飛行機に搭乗でき、予定通り23時にバンコク到着。

 

イミグレも空いており、並ぶことなく通過。

初日同様に、空港出口で流しのタクシーを確保。

 

高速代込み400バーツで、交渉そして即決へ(^^)/

 

25分程で、本日泊まるアソークへ到着。

ホテルは、3年前に利用して、使い勝手が良かった「サムズロッジ」

 

 

料金もアゴダで2泊5,700円と、かなり割安(^^)

また立地状況も、アソーク駅やターミナル21近くと、高立地のお勧めホテルである。

 

ただしサムズロッジのフリーWi-Fiは、通信暗号化が成されていないので注意!

 

荷物を整理した後は、ナナへGO(^^)/

 

ナナの向かいにある、インディアンレストランで遅めの夜食。

ナナに集う数多くの勇者や、ガールを見ながら食事(^^♪

 

ライスとコーラとトムヤンクンカレー

 

トムヤムスープはかなり辛く、コーラや水を頻繁に飲んでいたら、店員に笑われたアル(゚∀゚)

 

ナナでまったりしていたら、閉店時間となってしまい、ホテルに戻る。

ナナ、アソーク間のスクンビット通りは、深夜でも相変わらずレディボーイが多い(‘Д’)

 

レディボーイは綺麗な顔立ちの方も多いので、夜遊びする方は間違えないように!!

 

 

ホテルに戻った後は、明日の予定を決めつつ、遅めの消灯。

ミャンマー(バンコク)旅行5日目

本日は一日バンコク観光。

深夜便で日本に帰国。

 

朝からバンコク市内観光

 

飛行機は、明日の朝6時55分と早朝のため、寝ずに空港に向かい、帰りの飛行機で熟睡する計画であった。

そのため、本日は昼まで熟睡するつもりが、朝8時に起床。

前日は4時過ぎに消灯したため、明らかに寝不足である(>_<)

 

計画通りいかないのも、旅行の醍醐味だと、自分に言い聞かす(゚Д゚)ノ

 

とりあえず、今回のバンコク観光で、新たに発見したことは、以下5つである。

 

①ターミナル21で、一番オシャレなのはトイレ!

 

お店同様に、トイレも階層ごとに特徴がある。

 

 

②ターミナル21の地下一階フードコートは、日本企業がかなり攻め込んでいる。

 

もはや、タイ料理を探す方が大変である。

屋台料理に対し、衛生面で抵抗がある方は、ターミナル21がお勧め。

お店やメニューが豊富(^^)

 

 

③10か所以上、両替所のレートを確認して、レートが良かったのは、BTSアソーク駅にある両替所。

 

ターミナル21と、直結した場所に所在しているため、使い勝手は良い。

レートは、実レート3.42バーツに対し、両替レート3.44バーツと差がほとんどない!

パスポートが必要になることと、閉店時間20時に気を付けること!

 

 

④ルンピニ公園では、ランニングやエクササイズを行っている人が多い。

 

夕暮れ時は、ライトアップもされるため、ウォーキングでも楽しめる。

公園内の池は、スワン号で遊べます。

 

ルンビニ公園でマラソンする人々

 

ルンビニ公園の池にあるボートやスワン号

 

⑤ルンピニ公園の池に、オオトカゲが棲んでいる

 

ルンビニ公園の顔を出すトカゲ

 

池を一周したが、オオトカゲは写真の1匹しか、遭遇できなかった(‘Д’)

このオオトカゲは、多くの人に写真を撮られていた。

 

朝食は抜きで、昼はターミナル21、夜はタニヤ通り付近の、ババナホテルで食事。

 

ターミナル21の牛肉ラーメン

 

昼は牛肉入りラーメン。

 

ハバナホテルのグリーンカレー

 

夜はタイ名物でもあるグリーンカレー。

 

夕食後は疲れもあり、(ルンピニ公園トカゲ探しで、体力を消耗)ホテルに戻り仮眠。

 

ミャンマー(バンコク)旅行6日目

 

深夜12時過ぎに起床。

この時間だと、まだバンコクの夜は賑やか!

 

今回の旅行の最後の夜となるため、惜しみなく夜のバンコクを散策(^^)

 

バービアでまったりしつつ、深夜でも営業しているマッサージ屋を発見!

旅行最後のタイ古式マッサージを受ける。

 

マッサージ後はホテルに戻り、シャワーを済ませ、荷物を整理して、4時半ごろにホテルをチェックアウト。

 

都会のバンコクでは、この時間帯でもタクシーはすぐ捕まる!

 

タクシーの運ちゃんは、かなりノリがよく、趣味と思われる独特の音楽を、大音量で流していた。

車内もブラックライトで飾ってあり、個性的なタクシーであった。

 

日本でも、このぐらい個性を出しても良いと、つくづく思った。

(日本だとクレーマーや炎上により、すぐ潰されますね。)

 

早朝なので、20分ぐらいでドンムアン空港到着。

時間に余裕があるため、イミグレ後、お土産をじっくり吟味。

ペットボトル2本とお菓子を持参して、飛行機に搭乗。

 

ドンムアン空港から見るエアアジア

 

朝日と共に、タイともお別れ(^^)

 

搭乗後、百均で購入したアイマスクと耳栓をして、離陸前に熟睡。

 

しかし、2時間程で目が覚め、その後眠れなかったので、行き同様、ドラクエ5のお世話になる。

 

セントレアでは、久々に税関チェックで引っかかり、荷物検査となる!

ミャンマー一人旅が、不審に思われたのか(゚Д゚)ノ

 

空港内でまったりしたかったのだが、そのまま子供を保育園に迎えに行かなければならなく、急いで電車に乗り込む。

帰りの電車で、日本の景色を見て、現実世界に帰ってきたと実感。

 

現実逃避するため、電車内で来年どこに行くか、情報収集に励んでいた。

 

ミャンマー旅行まとめ

ミャンマーは他のアジア諸国と比べると、まだまだ知名度は低い。

しかし田舎のバガンにおいても、欧米人観光客は多く、観光スポットとしての評価は高いと実感。

またミャンマーの方は、親切な方が多い印象も受けました。

 

郊外の遺跡を、自分のペースでまったり回りたい。

せっかく海外に行くのだから、日本人は少なく、治安が悪くない場所を巡りたい。

 

そんな方には、是非ミャンマーを検討してほしいですね(^^)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この旅行記が、皆さまの旅行の参考になれば幸いです。

 

\バガン遺跡体験談はpart2へどうぞ/

あわせて読みたい

こんにちは、ASEAN諸国制覇を目指すcoco13世です。 2018年秋に、注目を浴びているミャンマーに行ってきました(^^)/ 一番の目的は、世界遺産であるミャンマーの古都バガン。   バガン遺跡は、 […]

幹線道路から見たバガン遺跡群

 

\ヤンゴン観光はpart1へどうぞ/

あわせて読みたい

こんにちは、ASEAN諸国制覇を目指すcoco13世です。 2018年秋に、注目を浴びているミャンマーに行ってきました(^^)/ 一番の目的は、世界遺産であるミャンマーの古都バガン。   バガン遺跡は、 […]

正面にそびえ立つシュエダゴォン・パヤー

 

\東南アジアの秘境好きはこちらへどうぞ/

あわせて読みたい

こんにちは、東南アジア制覇を目指すcoco13世です。 2017年夏に、一人旅でアジアの秘境の地と呼ばれるラオスのルアンパバーンに行ってきました! 最近はハードスケジュールな旅行が多かったが、今回はまったり旅行(^^♪ &[…]

夕焼けのメコン川