ロマサガ2で失敗する7つの落とし穴!これは普通のRPGではない!!




こんにちは、最近は子供にゲームのノウハウを伝承しているcoco13世です。

今日は詰むRPGとして有名なロマサガ2について前回に引き続き語っていきたいと思います。

RPGの王道とも言えるドラクエシリーズで強いボスと遭遇したらどうするか?真っ先に思い浮かぶのがレベル(熟練度)上げではないだろうか?続いては装備の購入で数値の高いものを優先的に装備していけば、よほどの強敵でない限り撃破できる。

しかし本作品で強敵と巡り合った時に、このような戦略を取ることは時にして詰むこととなる。

そう、このゲームにおいては一般のRPGと同じような感じでプレイすると落とし穴に落ちて出られなく(詰む)なるのだ。

ここではよくある失敗を7つ紹介しよう。

逃げるコマンド連発

これはドラクエより逃げるリスクが少ないFFプレイヤーに多いのではないだろうか?

ロマサガ2はシンボルエンカウントのため、雑魚敵との戦闘は意図的にある程度は避けれるが、それでも数が多いので接触してしまい、そのまま戦闘になることはよくあります。

しかしロマサガ2では皇帝が行動不能でない限り100%逃げることができるため、ついつい甘えて逃げ続けてしまう。

実はここに大きな落とし穴が潜んでいます。

フリーシナリオであるロマサガ2においては普通のRPGと違い戦闘回数によって雑魚敵の強さが変わってくるからです。

勘違いしてはいけないのが戦闘回数=勝利回数ではないことです。

もうお分かりですよね。

雑魚敵で逃げれば逃げる程、戦闘回数が増えて雑魚敵が強くなっていくのです。

ドラクエ3で例えるなら、アリアハンでスライムや一角ウサギとの戦闘を逃げてるうちに、敵がさまよう鎧やホイミスライムに変わっていく感じね。
更に戦闘を逃げ続けると雑魚敵がやまたのおろち級に変わっていく恐ろしい現象が発生するよ。

雑魚敵が強い→手ごわいから逃げる→更に雑魚敵強くなる→勝てないから逃げる選択しかない→詰む

この地獄ループに気を付けましょう。

安易なレベル上げ

ロマサガ2のボスは強敵揃いです。

そんな強敵とやり合うために一般のRPGで真っ先に思い浮かぶのがレベル上げですが、これも安易に行うと自殺行為です。

先ほど申した通り、戦闘回数に比例して雑魚敵が強くなるからです。

注意しないといけないのが、普段の雑魚敵との戦闘を一切逃げずにプレイしていても、装備や技が軟弱であれば徐々に太刀打ちできなくなります。

ドラクエ3に例えるならレベルは30だけど装備が銅の剣と皮の鎧。そして回復魔法はホイミしか覚えていない状態でバラモスに挑むようなもの。ある意味で勇者だね。

ロマサガ2においては戦闘をこなすほど、技・術スキルやHPは上がりますが、それだけでは雑魚敵との戦力差は開く一方です。

装備や強力な技・術、そして陣形も増やしていかないと、詰む可能性が上がっていきます。

ロマサガ2でボス撃破のポイントはレベル上げでなく、陣形やキャラ構成、敵の攻撃に適応した術や防具といった戦略の部分が大きいのです。

ステータスアップを目的とした戦闘は後半まで我慢しましょう。

武具開発を均等に行う

本作品では一般のRPGのように武器や防具はイベントを進行しても強くならない。

お金を掛けて開発をしていくことで3段階強くなっていく。

ドラクエ3で例えるなら

皮の鎧(初期)→鉄の鎧(1段階)→鋼の鎧(2段階)→ドラゴンメイル(3段階)

当然ながら段階が上がるごとに開発費用も高くなっていく。また一度開発したら次世代までは開発が行えない。

そして開発で陥りやすのが、開発する武器や防具は全部で15種類程あり、1つに特化せず均等に開発していく行為だ。

ロマサガ2においては雑魚戦は敵・味方どちらも高火力戦を前提としているため、均等に開発していると攻撃面では中盤辺りから火力不足に陥りやすくなる。

防具においても、中盤辺りから中途半端な装備だと即死はごく日常です。

ドラクエ3で例えるなら全敵キャラ中最強の攻撃力を持つバラモスゾンビに鋼の鎧クラスで挑むようなスリル満点の戦いになるよ。
ロマサガ2では真面目な話、バラモスゾンビ級の攻撃力を持った理不尽な雑魚キャラが後半よく出てくるよ。味方のHP最高値が999なのにダメージが4桁とかね・・・

開発においてアドバイスをするならば、

武器はとにかく大剣を最優先。余裕があるなら次に槍。

弓や小剣は開発不要。片手剣や斧はシナリオを進めていくうちに宝箱から、それなりの武器が入手できるから後回しで良い。

とりあえず強い武器と先制攻撃が行える陣形”ラピットストリーム”があれば雑魚戦で詰む心配はなくなります。(強い雑魚敵と戦っていれば、ある程度の技も閃きます。)

防具はとりあえず服と兜を優先。盾、ガーター、帽子は開発不要。

腕防具や足防具も販売品は実用性が低いものの、全身防具であるスーツは使い勝手が良いのでスーツ開発要件となる兜・足・腕・重鎧は後回しでもよいので開発を行っておこう。全身スーツと服とアクセサリーの組み合わせは効果が高い。

防具を数値という性能だけで決める

RPG素人に多いのだが、防具を決める際に数値だけで決める方は本作品では注意が必要だ。

なぜ危険かというと、本作品の防具の数値は「斬属性」に対する数値で、敵の物理攻撃は他にも「打属性」「射属性」があるからだ。

また物理攻撃以外にも「炎」「冷」「雷」「状」といった特殊攻撃も敵はよく使うため、単純に「斬属性」の性能を表す数値だけで判断するのは非常に危険だ。

もし相手が斬属性の攻撃を一切してこなければ、数値を意識した装備など全く意味をなさない。

ドラクエ3においても炎や氷の息攻撃しかしてこない敵であれば、防御力60のオーガシールドより息攻撃を軽減する防御力32のドラゴンシールドの方が防具としての性能は高いよね。

ロマサガ2において敵は多彩な属性攻撃で攻めてくるため、数値より敵の属性に合った装備が重要となってくる。特にある程度長期戦となるボス戦では防具選びは戦略の重要な要となるだろう。

特にラスボスは全属性の攻撃をしてくるため、見た目の数値よりあらゆる属性を軽減できる防具を組み合わせる必要が出てきます。

術を疎かにする。

普段のRPGで戦士系キャラを優先しているプレイヤーは、同じようにプレイするとラスボス戦で詰みます。

本作品の術はスキルレベルを上げることにより、より強い術が使える仕組みになっています。

また全員がスキルレベルを上げなくても1人がスキルレベルを一定まで上げれば全員がより高度な術を使えるようになります。

しかし、数ある術のうち半分以上は役立たずで、どの術も一定レベルまで上げないと使える術が少ないため、どうしても序盤から中盤は術より技重視になります。

そして、ついつい魔導士系のキャラより戦士系のキャラを中心としたメンバー構成になります。

その気持ちはよく分かりますが、どんな場合でも1人は術使いを入れておくのが詰まないポイントです。

なぜなら本作品では、実用的な補助術がいくつかあり、ボス戦においてもこれらの術を修得していることを前提とした強さなので、術を疎かにしているとボス戦で詰みます。

雑魚敵クラスならば強力な技を連発して殺られる前に殺れますがボス戦(特にラスボス)ではそうはいきません。

このゲームの難易度は術の習得具合よって大きく変わるよ。

むしろボス戦ではHPや技レベルといったステータスより特定の術を修得しているかの方が重要な要素となります。

ここでは実用的な術を5つ程紹介しましょう。

エリクサー

味方1人のHP全回復+状態異常回復。

水と地の合成術。

魔力に関係なく全回復のため戦士系でも差し支えなく使える。

敵も全般的に高火力のため、味方も戦闘不能が当たり前の本作品では必需の術である。

水の術は役立たずが多く、水術のレベルを上げるのは大変だが、この術の修得が見返りと思えば頑張る価値は十分にあります。

金剛盾

あらゆる攻撃を一定確率で回避。

地の術。

主に物理攻撃全般を一定確率で回避するため、七英雄戦(特にノエル、ダンターグ、ラスボス)も含め非常に有効。

地術も金剛力やアースヒール、ストーンシャワー等、天術同様に使える術が多いので積極的に使っていきましょう。

リヴァイヴァ

戦闘不能に陥っても自動で全回復する。

火の術。

敵も高火力な本作品においては戦闘不能は当たり前。

そして一度、回復や防御に回ると一気に押されて全滅するので、敵の怒涛の攻撃が始まる前にこの術を使っておくと、いざというときに攻撃を最優先できる。

本作品のボスはHPが少なくなると怒涛の攻撃を仕掛けてくる奴が多いです。

火術は麻痺効果があるフレイムウィップが意外とコスパが良いので魔導士系には積極的に使わせてレベルを上げていきましょう。

ギャラクシィ

敵全体に防御力無視の全体攻撃

天の術。

ドラクエでいうイオナズン。

その強さは絶大で単体の高ランク技に匹敵するダメージを敵全体に与える。

その威力は後半の雑魚キャラはもちろんラスボスにも太刀打ちできる。

この術があれば、装備が軟弱でも雑魚戦はなんとかなる。

天術はライトボールを連発していれば、そこまで苦労しなくても天術のレベルは上がっていきます。また回復術であるムーンライトヒールもあるため、天術は積極的に使っていきましょう。

クリムゾンフレア

敵単体に攻撃。全術中最高峰の威力。

天と火の合成術。

ドラクエでいうメラゾーマ。

魔力25の軍師コウメイが使うと、5,000以上のダメージをたたき出す最強の術。

天術はギャラクシィ、火術はリヴァイヴァとそれぞれ最終目標があるので、必ずこの合成術は開発しておくこと。

武具・術・技が不完全なまま最終皇帝を迎えてしまう。

本作品の特徴の1つとして「年代ジャンプ」というシステムがあります。

一定のイベントをこなすと「○○年後」と時が一気に進むのだ。

当然メンバーも総入れ替えするわけだが、メリットおよび注意点もいろいろある。

メリット①・・・前世代で開発した武具が汎用化して無限に手に入れることができる。

前世代で高いお金を払って開発した武具は開発した時代では試作品1つしか手に入れることができませんが、年代ジャンプすることにより、汎用化され店に置かれるようになる。

すなわち、開発した武具が汎用化させるには年代ジャンプが必須であるため、年代ジャンプができなくなる最終皇帝になるまでに武具開発は終わらせておく必要がある。

最終皇帝で武具開発を行っても試作品1つしか手に入らず、不安定な装備のままラスボスに挑むことになります。

メリット②・・・武具同様、合成術も前時代で開発費用を払ったものが次世代で使えるようになる。

すなわち最終皇帝になってから術合成に開発しても無駄に終わる。

最も使える合成術であるエリクサーやクリムゾンフレアあたりは最低限、開発しておきたところ。

メリット③・・・閃いた技は次世代では技道場に登録され、誰でも使えるようになる。

本作品はキャラごとに閃き特性があるため、特性(素質)がない者はいくら頑張っても、技を閃くことはない。

しかし前世代までに、閃いた技は技道場に登録され次世代では特性に関係なくメンバー全員が修得させれるため、強力な技は最終皇帝を迎える前に閃いておく必要がある。

特にラスボス戦を最終皇帝の体術で戦う場合、体術最高峰の「千手観音」は閃き適正がないため、最終皇帝が使うには、前世代までに閃いて年代ジャンプで技道場に登録させるしか方法がありません。

結論は年代ジャンプができなくなる最終皇帝までに全てを万全にしておきましょう。

理想は七英雄4体撃破→メンバー徹底育成および開発→人魚イベントで強制年代ジャンプ→七英雄5体目撃破→最終皇帝の流れでしょう。(一般的に七英雄5体撃破で最終皇帝に年代ジャンプします。)

最終皇帝になってからは育成はせずメンバーのLPに留意しながら、ただひたすらイベントをこなしていきましょう。

年代ジジャンプは分かりにくいけど開発者側は十分理解したうえで敵の強さも設定しているから、必ず理解すること!

ラストで中ボスの七英雄撃破後にセーブ。

ロマサガ2で完全に詰むのがここね。

中ボスである七英雄撃破後はもう、アバロンに戻ることはもちろん、雑魚敵と戦うこともできないため対策が限られます。

上記の①~⑥は1つ失敗しても、他で挽回はできますが、これは無理な事の方が多いです。

挑む直前に「この先は引き返せないぞ」とわざわざ主人公が話してくれるので、くれぐれもセーブは控えましょう。

最後に

ロマサガ2は一般のRPGとは違い、敷居が高くプレイヤーを選びます。

また戦略の要素が強くRPGよりはシミュレーション感覚で挑むゲームです。

シミュレーションゲームにおいて何の戦略もなく、ただ目の前にいる敵を撃破しているだけでは詰みますよね。

そしてこのゲームの残酷なところが、ラスボスの存在自体が最も詰む存在になっているところです

戦略が誤っていても中ボス程度は運次第で勝てますが、多彩な攻撃を仕掛け長期戦となるラスボスにおいては今までの戦略の成果が見事に判定されます。

そこで「不可」と判定されたプレイヤーは詰んで最初からやり直しもあり得ます。

しかし、ここで挙げたポイントをしっかり押さえておけば、最後の最後で最初からやり直しという失敗は避けれます。

是非ポイントをしっかり押さえてRPG最強クラスのラスボスである七英雄を撃破し感動のエンディングを迎えましょう。

このブログを書いているときは、なぜか帝都アバロンと全滅のテーマが脳内再生されていたよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かずや より:

    大剣の早期開発は罠。
    かなり後半にならないとろくな技を閃けない。
    それよりも、序盤は弓を開発して、アローレインで押しきった方がいい。
    全体攻撃は残像剣か、カンバーランドでワームブレード入手してスウォームを閃くまでのつなぎにする。
    最重要術は霧隠れ。
    こいつとの各種コンボで、敵半分はサンドバッグと化す。

    • coco13 より:

      確かに大剣は技の閃きに関しては不利な点はあります。
      しかし攻撃力55のクロスクレイモアの開発がその不利な点を補てんしてくれます。
      クロスクレイモアさえあれば「強撃」から派生する「切り落とし」程度の技でも大ダメージが期待できますし、ボス戦での単体火力技として大剣は安定度が高いです。
      弓は完全に盲点でした。確かに雑魚戦では序盤から複数のキャラが全体技を有している方がスムーズに進めれる気がします。

  2. ななし より:

    お邪魔します。
    ドラクエ3でヤマタノオロチというと、こちらでは序盤で500回くらい逃げる計算になると思いますが、それならそれで蛇骨蟻あたりからは避ければいいかと。

    大剣は切り落とし、無無、流し、無明が強いのでそれに合わせて開発すれば一本でいけます。

    あと、今更な指摘だと思いますが、終帝でも字幕七英雄を倒せば技を登録出来ますよ。
    ただ、その前にカイザーアントとミスティックとのお付き合いをオススメします。

    失礼しました。