トラウマになるほど強いボスを挙げていく。part1




こんにちは、RPGが大好きなcoco13世です。

今日はタイトルの通りトラウマレベルのボスについてまとめていきます。

なお、隠しボスとアクション系のボスは除外しておきます。

思ったより長くなりそうなのでここでは10位~6位を紹介します。

10位:ブオーン

ドラクエ5(SFC版):青年期後半の中ボス

150年前にルドマンの祖先に封印されるも復活。復讐のためにサラボナの街にやってくる。

ドラクエシリーズは4からデビューし、次に5をプレイしたためRPGの経験値数はまだ少なく、こいつには何度も殺された。

ブオーンの脅威は高い攻撃力と耐久力。激しい炎、稲妻といった全体攻撃、たまに使うスカラ(防御力を上げる呪文)だろう。

SFC版のためメンバーは3人。当時の主力メンバーは主人公、スライムナイト、ゴーレム、スライム、オークキングだったため、回復重視とスカラ対策として主人公、スライムナイト、スライムで挑みなんとか勝利した。

主人公がひたすら攻撃、スライムナイトが回復または攻撃、スライムがスクルト、ルカナン等補助役に徹する戦法だった。

今、仮に戦うとしたら・・・

とりあえず、ブオーン対策としては勇者を必ずメンバーに入れるだろう。

なぜなら、スカラは天空の剣で効果解除、激しい炎はフバーハで軽減、脅威の物理攻撃もスクルトで軽減、かつベホマやベホマラーが使える対ブオーン戦においては有能だからだ。

おそらく能力的には主人公のワンランク下の勇者が最も活躍できる戦闘であろう。

後、残りのメンバーは主人公と耐性はいまいちだが火力が高いゴーレムでファイト一発(バイキルト効果)で短期戦で終わらします。

当時はファイト一発の存在価値と勇者がブオーンキラーであることを見抜けなかったのが苦戦した要因でした。

9位:暗黒の支配者(第二形態)

アークザラッド2:ラスボス
最後の戦闘でいきなり存在感が増す。正直それまでの印象は薄い。

アーク2のボスはHPの高いボスでもせいぜい500程度(因縁の四天王アンデル等)
ラスボス前の四天王の最期の一人がいきなりHP補正が入りHP2500程度。
おっ、やっとボスらしいHPになってきた。
ラスボスに関しては第一形態でHP4000程度。
HPも攻撃もなかなかじゃねーか。ラスボスにふさわしいな。

第一形態撃破でエンディングと思いきや、まさかの第二形態。

しかもHPが9999だと!!!!

さらに攻撃は正面一マスのみ、敵の攻撃は範囲攻撃で200程度と超強力、もちろん物理攻撃に関してはガード&反撃ありと強いことはもちろん、最も耐久戦を強いられるボスなのです。

今までのボスのHPの低さから耐久戦には慣れておらず大苦戦。(今までの戦闘はだいたい5ターン程度。こいつは余裕で30ターンは超える。)

ちなみに初プレイ時の主力メンバーと武器系統は・・

トッシュ、剣
エルク、剣
グルガ、斧
アーク、剣
イーガ、グローブ

全員正面1マスでしか強さを発揮できね~

ラスボスの攻撃有効範囲は前述の通り、正面一マスなのでやむを得ず最大火力のトッシュを配置。

しかしアーク1のコンバートはしておらず、またネックレス等でレベルアップ時のHPボーナスもやっていなかったため、ラスボスの特殊攻撃+カウンターでトッシュは瀕死または死亡という結果。

エルクに槍を使わせなかったことやグルガ、イーガに棒を使わせなかったことを激しく後悔!

役立たずのアークを引っ込め回復に優れたポコを配置。

魔法を使ったり、正面のキャラをトッシュから他のキャラに変えたり、復活の薬を買い込んだり、後列でチャージを連発してガードされないことを祈りながら攻撃して1時間以上費やしてなんとか勝てたボスでした。

ボスに費やした時間だけでいうなら、こいつとFF12のオメガが最高峰。

(FF12のヤズマットには挑んでおりません。)

今、仮に戦うとしたら・・・

まずはレベル60までレベル上げしたデータをコンバートしてゲームスタート。

そして正面に配置するトッシュのHPは極力ネックレス等のボーナス効果で上げておく。

メンバーは僕の好みも入りますが攻撃重視で・・・

トッシュ、剣
エルク、槍(トッシュの後ろから攻撃)
イーガ、棒(サイドから攻撃、ポコの代わりにキュアで回復役)
グルガ、棒(同じくサイドから攻撃)
ポコ、楽器(毎ターン回復に専念、定期的に戦の小太鼓で攻撃UP)

1ターンにできるだけ物理攻撃でダメージを与えることを優先します。

主人公の一人アークは使ってあげたいのですが、回復においてはポコの方が上だし、攻撃に関しても槍使いのエルクの方が使い勝手が良いため、活躍の場がね・・・

まぁ一番てっとり早いのは覚醒したちょこにバランスブレイカーである合成ロマンシングストーンを装備させLv3ヴァニッシュ連発でしょう。
それだけで1ターンで300以上は削ることができますからね~

8位:エッグ(第一形態)

サガフロンティア2:ラスボス

主人公の一人、ナイツ家の宿敵。後半でギュズターヴの名を利用し世間をかき回す、意識をもった卵。

サガフロンティア2はシステム上、ステータスは継承されないため、どれだけギュスターヴやリッチ等の主力キャラを強くしようが、最終メンバーに参加しないため一切無意味である。

ただし技や術、アイテムは継承するため、いかにして最終メンバーまでに技や術を閃き、

最終メンバーのステータスを上げるかでラスボスの難易度が変わる。

こいつが厄介なのはLPブレイク効果のある全体攻撃”スタークエイク”や様々な状態異常攻撃である。

特に主人公であるジニーはLP12と少なめである。また攻撃も激しいためLPブレイクによる回復は余儀なくされる。

また状態異常の中で特に厄介なのが石化攻撃

石化防止の装備はほとんどないため、運が悪いと戦局が一気に変わります。

エッグ戦ではLPはどんどん削られていくため、短期戦が求められます。

短期戦に持ち込むためには強力な技はもちろん、強力な連携技も欠かせません。

もちろんHPやWP(技ポイント)や技や術の熟練度を上げることも必要でしょう。

ちなみにこいつも第二形態があるのだが、攻撃は激しいもののLPブレイク攻撃は無くなるので、まだ戦いやすいかも!

今、仮に戦うとしたら・・・

え~、まずは1249年のハン・ノヴァ建設計画でオール歓楽街にします。

「こいつ、何を言っているんだ」って思わないでください。

オール歓楽街にすることで、なんと敵のLPブレイク攻撃を防止する”デッドストーン”を購入することができます。(聖騎士の槍や弓が買えないデメリットがあるので鉄製の武器を愛する方はオススメできません。)

これで多少はラスボス戦が長引いても大丈夫でしょう。

次にラスボス手前で撃破する将魔の選択ですが、

炎、水、石、樹の将魔を撃破します。

特に石の将魔を残すと石形態時の最も凶悪な技、石化率80%の”エインシェントカース”を使ってくるからです。

また樹形態も攻撃は激しいです”世界の合言葉は森”という意味不明な強力な技も放ってきます。一体誰がこんな奇抜なネーミングを考えたのだろうか・・・・

最後に強力な技と補助的な術、4人連携技を取得しておくと戦闘が楽になるでしょう。

技はグスタフならJP使用の疾風剣WP使用のマルチウェイかベアクラッシュあたりがほしいとこですね。ジニーなら疾風打、かめごうら割りあたりかな。本作はJPやWPは毎ターン回復するのでJP技とWP技は両方習得しておきたいですね。

術に関しては回避率を上げるガードビースト、毎ターンHPを自動回復する生命力強化、状態異常を回復させる生命の息吹の3つがあればなんとかなります。HP回復はLPを削ってください。あまり多くの補助術を使っても死んだら元も子もありません。補助術は最低限で大丈夫です。

また4人連携技はロールをうまく用いると連携確率が上昇します。

本作は前作と違いある程度狙わないと連携は発生しません。

僕の連携技は”かめごうら割り+光の腕+逆風の太刀+瞬速の矢”でしたね。

ラスボスはサガシリーズらしい鬼畜っぷりでした。

またサガシリーズにあるあるでラストダンジョンの最奥でセーブすると戻れないパターンです。

7位:ムドー(現実世界2戦目)

ドラクエ6:中盤の正念場となるボス

この世界で魔王と言われる存在。ドラクエ3でいうバラモス的存在。現実世界と夢の世界で戦う。

現実世界での1戦目は手先が2匹いるが、まぁ夢の世界のムドーと同程度の難易度。

2戦目が鬼畜。

物語のオープニングで遭遇するムドーとは中盤で決戦を迎えます。ムドーを撃破すると本作の醍醐味である転職ができたり船に乗って自由な旅が待っています。

ただしそう簡単には自由は勝ち取れません。

なぜならムドー戦はドラクエ史上トップクラスの難易度だからです。

ムドーの強さは吹雪や稲妻といった強力な全体攻撃と厄介な強制睡眠です。

本作から初登場する強制睡眠はラスボスも使用するのですが、文字通り仲間一人が深い眠りにつきます。特に攻撃役のハッサンが眠るとピンチです。

また仲間が死んでも現時点ではチャモロしかザオラルを使えず、チャモロが死ぬとジリ貧の戦いに突入です。

また気を抜いて全員が攻撃していると回復が追い付かず一気に窮地に追い込まれます。

直前に伝説の大工ハッサンが”せいけんづき”を習得しますが2戦目のムドーでは高確率で躱されます。

たぶん普通に攻撃した方が期待値は高いように思える。

初プレイ時は2戦目であっさり全滅。

精霊の鎧等装備を充実させ、主人公がゲントの杖、ミレーユ、チャモロはベホイミで回復役。回復する必要がないときは常に防御して盾役。

ハッサン一人がひたすら攻撃(1戦目は”せいけんづき”2戦目は通常攻撃)という戦法をとってなんとか勝ちました。

今、仮に戦うとしたら・・・

ムドー戦は”急がば回れ”という諺がぴったりです。

ムドー城は雑魚キャラが強いため体力等温存も考慮し一直線にボスに向かいたいとこですが、すぐにボスに向かわず宝物庫にある”炎の爪”を手に入れてください。炎の爪はハッサンが装備でき攻撃+追加で炎攻撃、道具で使うとメラミの効果があります。

現時点では炎の爪による通常攻撃は”せいけんづき”よりダメージが安定するためオススメです。

また鬼畜な2戦目も1戦目と違い呪文に弱くなるという弱点ができるため、炎の爪を道具として使用していくと、確実にダメージを与え戦闘は楽になるでしょう。なお主人公を含む3人は回復もしくは防御に徹すること。

ムドー戦はダイの大冒険もバーン戦と同じく、バーンに効果的なダメージを与えられるのは勇者ダイしかいないのと共通し、

ムドーに効果的なダメージを与えられるのは伝説の大工ハッサンしかいないのです。

ムドー戦は厳しいですが、全滅は極力避けましょう。なぜなら全滅するとお金が半分に・・・ドラクエ6は慢性的な資金不足に悩まされるため、ムドー戦で一度も負けなければ、その後の旅は金銭的に余裕ができます。

なお二戦目のBGMはムドー専用であり、開発側のムドーに対する意気込みが伝ってきます。

6位:エクスデス(第二世界)

FF5:第二世界最後のボス

本作のラスボス。第二世界からその名をよく聞くようになる樹から生まれた暗黒魔導士。

本作のラスボスでもあるエクスデスとは第二世界のエクスデス城で本格的に戦うのですが、今までのボスとはけた違いに強く、ジョブやアビリティをしっかり考慮しないとまず勝てません。

エクスデスの強さをまとめると・・・

①HPが3万以上と現時点のボスとしてはかなり高めの設定。

②後半はガ系の魔法を連発で使ってくる。

③暗黒魔導士の肩書にも関わらず物理攻撃も強い

④物理攻撃のしんくうは(物理攻撃×1.5)が即死レベルの威力

⑤弱点属性がなく地道な攻撃が求められる。

⑥強力な攻撃だけでなく”死の宣告”も使ってくるため戦闘不能者が出る頻度が高い

まぁこんなとこでしょう。

とにかく今までの冒険で培ったアビリティやジョブのフル活用が求められます。

初プレイ時では

バッツ、ナイト、アビリティ白魔法

レナ、忍者、アビリティ分身

クルル、白魔導士、アビリティ召喚

ファリス、侍、アビリティ時魔法

レナをアタッカーにしたのはレナの忍者のコスチュームが好きだったため

エクスカリパーは投げずに何とか撃破しました。

後、回避率を上げるエルフのマントが役立ちました。

今までのボス戦で魔法剣士を主力としていたプレイヤーは、この闘いでは魔法剣が本領発揮できず苦戦を強いられた方は多いはず!

多彩な攻撃を仕掛けてくることから、あのギルガメより厄介なのは間違いないでしょう。

今、仮に戦うとしたら・・・

とりあえず、バッツかファリスのどちらかが狩人をマスターしてFF5で最も強力なアビリティ”みだれうち”を習得させます。

弓使いをマスターしてなければ、ジョブは狩人で後列から”ねらう”もあり。

通常攻撃に対してエクスデスは魔法解除のディスペルを使ってきますが”みだれうち””ねらう”なら大丈夫です。

もう片方は忍者+分身で挑みます。エクスデス城で手に入る風魔手裏剣は大ダメージが期待できるため確実にこの戦闘で投げさせてもらいます。

クルルとレナは召喚士+白魔法、白魔導士+時魔法あたりで挑みます。

魔法としてはヘイスガ、プロテス、シェルは必須。後、アースシェイカー対策に戦闘前のレビテトも忘れずに

召喚魔法はしんくうは対策としてゴーレムは必須。ネットの攻略法だとカーバンクルも良いと書いてありますが、こちらの魔法も跳ね返すため中級者向けの攻略法だと思われる。

この闘いは単純にレベルを上げて物理攻撃のごり押しでは勝つことは難しく、事前準備と次々に変わる戦況に迅速に対応する事が必須となります。

この戦闘を楽しめるようであれば、FF6~FF9の通常ボスなら難なく乗り切れるでしょう