トラウマになるほど強いボス10体を挙げていく。part1

こんにちは、RPGが大好きなcoco13世です。

今日はタイトルの通り、トラウマレベルのボスについてまとめていきます。

なお、ここではRPGに限定したボスと定義し、隠しボスは除外しておきます。

思ったより長くなりそうなので、ここでは10位~6位を紹介します。

トラウマボス10位:ブオーン

 

ドラクエ5ブオーン

 

ドラクエ5(SFC版):青年期後半の中ボス

150年前に、ルドマンの祖先に封印されるも復活。

復讐のためにサラボナの街にやってくる。

 

ドラクエシリーズは「4」からデビューし、次に「5」をプレイした。

そのためRPGの経験値数は少なく、ブオーンには何度も殺された。

 

ブオーンの脅威は、

 

高い攻撃力と耐久力。

それに「激しい炎」「稲妻」といった全体攻撃。

たまに使う「スカラ」。(防御力を上げる呪文)

 

SFC版のため、メンバーは3人。

当時の主力メンバーは主人公、スライムナイト、ゴーレム、スライム、オークキングであった。

そのため、回復重視と補助重視として主人公、スライムナイト、スライム。

この3人で挑み、なんとか勝利した。

 

戦法としては、

 

主人公がひたすら攻撃。

スライムナイトが回復または攻撃。

スライムが「スクルト」「ルカナン」等補助役。

 

coco13世
今、仮に戦うとしたら・・・

 

とりあえず、ブオーン対策としては、勇者を必ずメンバーに入れる。

なぜなら勇者は、対ブオーン戦においては有能だからだ。

 

「スカラ」は天空の剣で効果解除。

「激しい炎」は「フバーハ」で軽減。

脅威の物理攻撃も「スクルト」で軽減。

回復は「ベホマ」「ベホマラー」で対応。

 

能力的には、主人公のワンランク下の勇者が、最も活躍できる戦闘。

 

残りのメンバーは主人公と、耐性はいまいちだが、火力が高いゴーレムで挑む。

2人とも「ファイト一発」(バイキルト効果)で、短期決戦。

 

当時は、「ファイト一発」の存在価値と、勇者がブオーンキラーであることを、見抜けなかったのが苦戦した要因であった。

 

トラウマボス9位:暗黒の支配者(第二形態)

 

アーク2暗黒の支配者

 

アークザラッド2:ラスボス

最後の戦闘で、いきなり存在感が増す。

正直、それまでの印象は薄い。

 

アーク2のボスは、HPの高いボスでも、せいぜい500程度(因縁の四天王アンデル等)

ラスボス前の最後の四天王が、いきなりHP補正が入りHP2500程度。

 

おっ、やっとボスらしいHPになってきた(^^)

 

ラスボスに関しては、第一形態でHP4000程度。

 

HPも攻撃も、なかなかじゃねーか(^^)/

 

ラスボスに、ふさわしいな(^^♪

 

第一形態撃破で、エンディングと思いきや、まさかの第二形態・・・

しかも、HP9999だと( ゚Д゚)

 

さらに・・・・

 

剣で攻撃できる位置は、正面一マスのみ。

敵の攻撃は範囲攻撃で200程のダメージと超強力!

もちろん物理攻撃に関しては、ガード&反撃あり。

 

強いことはもちろん、最も耐久戦を強いられるボスなのだ!

 

今までのボスのHPの低さから、耐久戦には慣れておらず大苦戦。

今までの戦闘は、だいたい5ターン程度。

 

暗黒の支配者(第二形態)は、余裕で30ターンは超えた!

 

ちなみに、初プレイ時の主力メンバーと武器系統は・・

 

トッシュ、剣

エルク、剣

グルガ、斧

アーク、剣

イーガ、グローブ

 

全員、正面1マスでしか、強さを発揮できない(‘◇’)ゞ

 

ラスボスの剣における、攻撃有効の範囲は前述の通り、正面一マス。

やむを得ず、最大火力のトッシュを配置。

 

しかし、アーク1のコンバートはしておらず、またネックレス等で、レベルアップ時のHPボーナスもやっていなかった。

そのため、ラスボスの特殊攻撃とカウンターで、トッシュは瀕死、または死亡という結果。

 

エルクに槍を使わせなかったことや、グルガ、イーガに棒を使わせなかったことを、激しく後悔(>_<)

 

役立たずのアークを引っ込め、回復に優れたポコを配置。

魔法を使ったり、正面のキャラを、トッシュから他のキャラに変えたり、復活の薬を買い込んだり、後列でチャージを連発して、ガードされないことを祈りながら攻撃。

 

1時間以上費やして、なんとか勝てたボスであった。

 

ボスに費やした時間だけでいうなら、こいつとFF12(無印)のオメガが最高峰!

 

coco13世
今、仮に戦うとしたら・・

 

まずは、レベル60までレベル上げした「アーク1のデータ」をコンバート。

そして、正面に配置するトッシュのHPは、ネックレス等のボーナス効果で上げておく。

メンバーは、好みも入るが、攻撃重視で・・・

 

トッシュ、剣

エルク、槍(トッシュの後ろから攻撃)

イーガ、棒(サイドから攻撃、ポコの代わりに「キュア」で回復役)

グルガ、棒(同じくサイドから攻撃)

ポコ、楽器(毎ターン回復に専念、定期的に「戦の小太鼓」で攻撃UP)

 

この方法ならば、1ターンで4人が、物理攻撃を行える。

一応、主人公アークも使ってあげたかったが・・・

 

回復においてはポコの方が上。

槍使いのエルクの方が、使い勝手が良い。

攻撃力に関しては、グルガやイーガの方が高い。

 

残念ながら一軍には、なれなかった(>_<)

 

まぁ、一番てっとり早いのは、覚醒したちょこに、バランスブレイカーである合成ロマンシングストーンを装備させ、Lv3ヴァニッシュ連発!!

 

これなら、ポコと2人で勝てそう(^^)v

 

トラウマボス8位:エッグ(第一形態)

 

サガフロンティア2エッグ

 

サガフロンティア2:ラスボス

主人公の一人、ナイツ家の宿敵。

後半でギュズターヴの名を利用し世間をかき回す、意識をもった卵。

 

サガフロンティア2はシステム上、ステータスは継承されない。

だから、どれだけギュスターヴや、リッチ等の主力キャラを強くしようが、最終メンバーに参加しないため無意味である。

ただし、技や術、アイテムは継承する。

そのため、いかにしてラスボス戦までに、技や術を閃き、最終メンバーのステータスを上げるかで、ラスボスの難易度が変わる。

 

エッグが厄介なのは、LPブレイク効果のある全体攻撃「スタークエイク」や、様々な状態異常攻撃である。

 

特に主人公であるジニーは、LP12と少なめである。

そして、攻撃も激しいため、LPブレイクによる回復は必須である。

そのため長期戦になれば、LPが底尽きて負ける。

 

また、状態異常の中で、特に厄介なのが石化攻撃。

石化防止の装備は、ほとんどないため、運が悪いと、戦局が一気に変わる。

 

エッグ戦では、LPはどんどん減っていくため、短期戦が求められる。

 

短期戦に持ち込むためには、強力な技はもちろん、強力な連携技も欠かせない!

もちろんHPやWP(技ポイント)や、技や術の熟練度を上げることも必要となる。

 

ちなみに、エッグも第二形態がある。

しかしながら、攻撃は激しいものの、LPブレイク攻撃は無くなるので、まだ戦いやすい!

 

coco13世
今、仮に戦うとしたら・・・

 

まずは1249年のハン・ノヴァ建設計画で、オール歓楽街にする!

 

こいつ、何を言っているんだ( ゚Д゚)

 

そんな風に思わないでね(^^)/

 

オール歓楽街にすることで、なんと、敵のLPブレイク攻撃を防止する「デッドストーン」を購入することができる。

ただし、「聖騎士の槍」等が買えないデメリットがあるので、鉄製の武器を愛する方は注意!

 

これで多少は、ラスボス戦が長引いても大丈夫!

 

次にラスボス手前で撃破する、将魔の選択ですが、

デュエルは石と樹の将魔を選択。

 

特に石の将魔を残すと、石形態時の最も凶悪な技、石化率80%の「エインシェントカース」を使ってくる。

 

また、樹形態も攻撃は激しい!

「世界の合言葉は森」という意味不明な強力な技も使ってくる。

 

一体誰が、こんな奇抜なネーミングを考えたのだろうか・・・

 

他にも、強力な技と補助的な術。

そして、4人連携技を登録しておくと、戦闘が楽になる。

 

技において、グスタフならJP使用の「疾風剣」と、WP使用の「マルチウェイ」「ベアクラッシュ」クラスが修得しておきたい。

ジニーなら「疾風打「かめごうら割り」クラスは修得しておきたい。

 

サガフロ2は、JPやWPは毎ターン回復するので、JP技とWP技は両方習得しておくと、常に大技が使用できる。

 

術に関しては、以下3つがあれば、何とかなる!

 

回避率を上げる「ガードビースト」

毎ターンHPを自動回復する「生命力強化」

状態異常を回復させる「生命の息吹」

 

HP回復は、LPブレイクで対応。

あまり多くの補助術を使っても、死んだら元も子もない!

だから補助術は、最低限で大丈夫(^^)

 

4人連携技については、ロールをうまく用いると、連携率が上昇する。

サガフロ2は前作と違い、ある程度狙わないと、連携は発生しない!

 

僕の連携技は「”かめごうら割り+光の腕+逆風の太刀+瞬速の矢”」でしたね。

 

エッグは、サガシリーズらしい鬼畜っぷりである。

また、サガシリーズあるあるで、ラストダンジョンの最奥でセーブすると、戻れないパターン(゚∀゚)

 

トラウマボス7位:ムドー(現実世界2戦目)

 

ドラクエ6ムドー

 

ドラクエ6:中盤の正念場となるボス

この世界で魔王と言われる存在。

ドラクエ3でいうバラモス的存在。

現実世界と夢の世界で戦う。

 

現実世界での1戦目は、手先が2匹いる。

だけど難易度は、夢の世界のムドーと同程度。

 

2戦目が鬼畜(>_<)

 

物語のオープニングで遭遇するムドーとは、中盤で決戦を迎える。

ムドーを撃破すると、ドラクエ6の醍醐味である「転職」ができたり、船に乗って自由な旅が待っている。

 

ただし、そう簡単には自由は勝ち取れない!

 

なぜならムドー戦は、ドラクエ史上、トップクラスの難易度だからだ!

 

ムドーの強さの秘訣は、「氷の息」や「稲妻」といった強力な全体攻撃と、厄介な「強制睡眠」である。

 

ドラクエ6から初登場する「強制睡眠」は、ラスボスも使用する。

文字通り、仲間一人が深い眠りにつく。

特に攻撃役のハッサンが眠るとピンチ。

 

仲間が死んだ場合もピンチ。

現時点では、チャモロしか「ザオラル」を使えない。

そのため、チャモロが死ぬと、ジリ貧の戦いに突入する。

 

また気を抜いて、全員が攻撃すると、回復が追い付かず、一気に窮地に追い込まれる。

 

直前に、伝説の大工ハッサンが「せいけんづき」を修得するが、2戦目のムドーでは、高確率で躱される。

 

初プレイ時は、2戦目であっさり全滅。

 

精霊の鎧等、現時点の最強装備で固め、

 

主人公が、ゲントの杖で回復役

ミレーユ、チャモロは、ベホイミで回復役。

ハッサン一人が、ひたすら攻撃(1戦目は”せいけんづき”2戦目は通常攻撃)

 

主人公、ミレーユ、チャモロについては、回復する必要がないときは、常に防御して盾役。

この戦法で、なんとか勝利。

 

coco13世
今、仮に戦うとしたら・・・

 

 

ムドー戦は、”急がば回れ”という諺がぴったり。

 

ムドー城は、雑魚キャラが強いため、体力等温存も考慮し、一直線にボスに向かいたいところ・・

 

ですが、すぐにボスに向かわず、宝物庫にある「炎の爪」を入手すること。

 

「炎の爪」はハッサンが装備でき、攻撃+追加で炎攻撃ができる。

また、道具で使うと「メラミ」の効果がある。

 

現時点では「炎の爪」による通常攻撃は、特技「せいけんづき」より、ダメージが安定する。

また鬼畜なムドーも、1戦目と違い、呪文に弱くなるという弱点がある。

そのため「炎の爪」を道具として使用すると、確実にダメージを与えられる。

 

なお主人公を含む3人は、回復もしくは防御に徹すること。

 

ムドー2戦目は、ダイの大冒険のバーン戦と同じく、「バーンに効果的なダメージを与えられるのは、勇者ダイしかいない」と同じ認識である。

 

ムドーに効果的なダメージを与えられるのは、伝説の大工ハッサンしかいない!

 

ムドー戦は厳しいが、全滅は極力避けること。

なぜなら、全滅するとお金が半分に・・・

ドラクエ6は、慢性的な資金不足に悩まされる。

そのため、ムドー戦で一度も負けなければ、その後の旅は、金銭的に余裕が持てる。

 

なお二戦目のBGMは、ムドー専用であり、開発側のムドーに対する意気込みが伝ってくる!

 

トラウマボス6位:エクスデス(第二世界)

 

FF5第二世界エクスデス

 

FF5:第二世界最後のボス。

本作のラスボス。

第二世界から、その名をよく聞くようになる。

樹から生まれた暗黒魔導士。

 

第二世界のエクスデス城で、初めて戦うことになる。

しかし、今までのボスとは桁違いに強く、ジョブやアビリティをしっかり考慮しないと、まず勝てない。

 

エクスデスの強さは、

 

HP3万以上と現時点のボスとしては、かなり高めの設定。

後半は、ガ系の魔法を連発。

暗黒魔導士の肩書にも関わらず、物理攻撃も強い。

物理攻撃の「しんくうは」(物理攻撃×1.5)が即死級の威力。

弱点属性がなく、地道な攻撃が求められる。

強力な攻撃だけでなく「死の宣告」も使ってくるため、戦闘不能の頻度が高い。

 

とにかく、今までの冒険で培った、アビリティやジョブのフル活用が求められる。

 

初プレイ時では、

 

バッツ、ナイト、アビリティ:白魔法

レナ、忍者、アビリティ:分身

クルル、白魔導士、アビリティ:召喚

ファリス、侍、アビリティ:時魔法

 

レナをアタッカーにしたのは、レナの忍者のコスチュームが好きだったため(^^)/

「エクスカリパー」は、投げずに何とか撃破!

回避率を上げる「エルフのマント」が、とにかく役立つた。

 

今までのボス戦で、魔法剣士を主力としていたプレイヤーは、この闘いでは、魔法剣が本領発揮できず、苦戦を強いられた方は多いはず!

 

多彩な攻撃を仕掛けてくることから、あの「ギルガメ」より厄介なのは、間違いないだろう。

 

coco13世
今、仮に戦うとしたら・・・

 

とりあえず、バッツかファリスの、どちらかが「狩人」をマスターさせる

マスターの目的は、FF5で最も強力なアビリティ「みだれうち」を修得させること。

弓使いをマスターしてなければ、ジョブは狩人で、後列から「ねらう」もあり。

 

通常攻撃に対してエクスデスは、魔法解除の「ディスペル」を使ってくる。

しかし「みだれうち」や「ねらう」は通常攻撃とみなされず、「ディスペル」は使ってこない。

 

もう1人は忍者+分身で挑む。

エクスデス城で手に入る「風魔手裏剣」は、大ダメージが期待できるため、この戦闘で役立ってもらう。

分身は、物理攻撃に対する保険。

 

クルルとレナは、召喚士+白魔法、白魔導士+時魔法あたりで挑む。

魔法としては、「ヘイスガ」「プロテス」「シェル」は必須。

「アースシェイカー」対策に戦闘前の「レビテト」も忘れてはいけない。

 

召喚魔法は「しんくうは」対策として「ゴーレム」は必須。

 

ネットの攻略法だと「カーバンクル」も良いと書いてある。

ただ、こちらの魔法も跳ね返すため、中級者向けの攻略法だと思われる。

 

 

この戦いは、単純にレベルを上げて、物理攻撃のごり押しでは、勝つことは難しい!

 

事前準備と次々に変わる戦況に、迅速に対応する事が、求められる戦いなのだ!

 

この戦闘を楽しめるようになれば、FF6~FF9の通常ボスなら、難なく乗り切れるはずだ!

 

coco13世
この調子で5位~1位も紹介していきます。

 

あわせて読みたい

こんにちは、ゲーム中コントローラーを投げた経験があるcoco13世です。 本日はタイトルの通り、トラウマレベルのボスについてまとめていきます。 なお、ここではRPGに限定した定義し、隠しボスは除外しておきます。 前回に続き[…]

ロマサガ2七英雄

 

あわせて読みたい

こんにちは、サガシリーズファンのcoco13世です。 今日はサガシリーズの中でも、雑魚敵が異常な強さを誇っていた、ロマサガ2について語っていきます。   雑魚敵のよくわからない攻撃で全滅・・・・。 先帝の無[…]

ロマサガ2パイロヒドラ戦闘画面

 

あわせて読みたい

こんにちは、ミンサガで何回も全滅を経験しているcoco13世です。 今日はサガシリーズの中でも、最もやりこんだロマンシングサガ・ミンストレルソングのトラウマレベルの雑魚敵を紹介していきます。   10周以上やって[…]

ミンサガ、トラウマ雑魚敵