ダナンからフエの移動に電車を利用した感想と役立つ情報を報告!

こんにちは、世界20ヵ国以上で、電車を利用したことがあるcoco13世です。

ベトナム中部観光で名が挙がる都市が、ダナン、ホイアン、そしてフエです。

ただしフエは、ベトナム中部の拠点となるダナンから離れているため、個人旅行の方は交通手段について、調べておく必要があります。

 

ダナンからフエに行く手段は「バス」「タクシー」「電車」とあります。

 

その3つの中でも、電車は分かりやすく、道中も快適でした。

そんなわけで、ダナンからフエへの電車移動について説明していきます。

 

フエとダナンの位置関係

ベトナム旅行、ダナン、ホイアン、フエ位置関係

 

フエはダナンから北西に約100km程の場所に位置している。

途中に「ハイヴァン峠」「ランコー・ビーチ」といった名所がある。

 

ホイアンから向かう場合も、一度ダナンに戻る必要がある。

ダナン駅の場所

ベトナム旅行、ダナン駅の位置

 

火を吹くドラゴンの橋で有名な「ロン橋」や「空港」から3km弱。

ダナン中心部の拠点となる「ダナン大聖堂」から2km。多くのホテルが集まる「ミーケー・ビーチ」から5km程。

 

ダナンの観光場所は限られており、一番遠い「ミーケー・ビーチ」からでも5㎞程である!

 

駅までの予算として、目安は以下の通り。

 

バイクは1km=5,000ドン

タクシーは1km=15,000ドン

レートはざっくり5,000ドン=25円弱で計算して良し。(2019年12月現在)

 

バイクについては、大半がGrabなので、アプリは入れておくこと。

ベトナムの都市で、バイタクを予定しているなら「Grabアプリ」は必須。

 

coco13世
個人的には一度はスリル満点のバイタクを体験してほしいです。「海外保険に入っておいてよかった」と思えます。

 

 

 

 

ベトナム、ビナサンタクシー

 

タクシーの場合は、評判の良いビナサンタクシーをオススメする。

 

ダナン駅正面と汽車

駅の目印は、正面に置いてあるディーゼル機関車です。

 

チケット売り場の場所

ネット上では、ダナン駅から向かって、左手にある白い建物と提示。

しかし僕が行ったときは、駅構内のカウンターで、問題なく買うことができました(^^)/

 

ダナン駅地チケット売り場

 

カウンターは正面建物に入り、すぐ左手にある。

なおチケット購入の際には、パスポートが必要となるので、必ず持参しておくこと。

 

チケット購入に当たり覚えておくと役立つ単語

僕は英語はもちろん、ベトナム語もさっぱりです

しかしながらチケット購入に関しては、以下のキーワードを取りこぼさなければ大丈夫です。

 

hardとsoft

イスの堅さのこと。

「hard」は、公園のベンチのような堅さで、長時間はつらい。

したがって、ハードプレイが苦手な方は「soft」を選択しておくこと。

 

air conditioner

エアコンが付いているか。

夏はエアコンがないと、サウナ状態となる。

僕はエアコン有りでも、携帯用扇風機のお世話になっていました。

 

換気の効果も兼ねているので「有」をオススメする。

 

それと電車だけでなく、バスにも言えることだが、海外のエアコンは効きすぎて、寒いことも往々にしてあるので、羽織る物を持参しておくこと!

 

sleeping seat

寝台車両のこと。

寝台列車は、それなりのスペースを確保できるうえ、風景を寝転がって見れるという特典もある。

 

ベトナム4人用の寝台列車

 

僕は寝台車両を選択しました。(写真右側のシートが僕のテリトリー)

 

coco13世
現地の綺麗なベトナム人女性と相席だったうえに、寝転がりながら、壮大な景色も見れた至高の時間でしたね。

 

コンセントも机の下に2つありましたので、電車の中で充電も可能。

 

電車の1日の運行本数

ダナンからフエは1日7本、

フエからダナンは1日6本、

2019年夏時点では下記のタイムスケジュールであった。

 

駅で受けた時刻表

 

駅カウンターで実際に頂いたメモ。

ダナン⇛フエ<ハノイ行き>の時刻表は画像左側。

 

フエの夜は早いことから、深夜便だと駅に着いてから、タクシー確保に苦労する。

 

また、道中の壮大な景色も逃すので、夜便はお勧めしない!

 

ただし、スケジュールの時間はよく変わるので、ホームページで確認おくこと!

 

ベトナム鉄道HP

 

なお、この記事作成中にホームページで確認したら、最大で20分程、変更されていた。

 

ホームページの確認方法は、下記の通りなので、ご参照ください。

 

ベトナム鉄道ホームページ

 

まずは時刻表(time table)をクリック。

 

ベトナム鉄道ホームページ目的地と出発地入力

 

①は出発地を、②は目的地を選択。

ダナンからフエ行きの電車を探すのであれば、

①にダナン(Da Nang)を選択

②にフエ(Hue)を選択

 

ベトナム鉄道ホームページ日付入力

 

③は電車を利用する日を、下記のカレンダーから選択。

 

ベトナム鉄道ホームページ、電車の種類入力

 

最後に下記電車から、利用予定の電車を選択。

 

ベトナム鉄道ホームページ、入力確認画面

 

④を選択すると、このような画面が表示される。

ここで各電車の出発・到着時間を確認ができる。

また各種類ごとの電車料金も確認できる。

 

なお海外の電車では、当たり前かもしれませんが、出発時間も到着時間もアバウトです。

 

現地では、改札口を通過した待合室の電光掲示板に、実際の時間が示されている。

 

ダナン駅の電光掲示板

 

僕が乗った電車はSE10でしたが、時刻表は10時3分、電光掲示板は10時10分でした。

 

電車の所要時間

2時間半~3時間半程。

具体的に、どの電車が、どのぐらい時間が掛かるかは、ベトナム鉄道のホームページで確認しましょう。

 

なお、ホームぺージの時間は、あくまでも予定時間であり、若干の遅れは発生する前提で、計画を立てること!

 

ちなみにハイヴァン峠までは、かなりスローペースでしたが、後半はスピードを出してくれるので、安心してください。

 

coco13世
最初は速度の遅さに、不安を覚えたわ。当日は特段予定はなかったけど、ハイヴァン峠手前で1時間経過は、本当に大丈夫なのか心配になったよ。

 

電車の予算

40,000ドン~150,000ドン。ただしVIPは除く!

値段の差はseatの種類、列車の形式、曜日が要因となっている。

電車に乗る日時が確定しているならば、ベトナム鉄道のホームページで確認しておこう!

 

フエ駅の場所

 

ベトナム旅行、フエ位置関係

 

駅から川沿いに進めば新市街。

フエ駅から、飲食店やホテルが密集する新市街までは2.5㎞弱。

 

 

 

駅を出ると、タクシーの運ちゃんの客引きに遭遇する。

新市街まで50,000ドンを目安として話を進めておこう!

 

coco13世
僕の時は皆がグルなのか、100,000ドンがスタンダードだったわ。

 

フエ駅外観

正面右手に見えるのがフエ駅。

 

電車を選択した5つの決め手

 

①タクシーと比べて値段がお手頃

タクシーを往復チャーターすると、150万ドン~200万ドンとかなり高め。

人数が4人であれば、一人当たりの負担は小さくなるため、検討の余地はありますが、一人旅では論外。

ちなみに高速バスの場合は、7万ドン~13万ドン程と、電車とあまり変わらない金額である。

 

②ダナン駅もフエ駅も市街地からのアクセス良し

どちらも市街地を起点とした場合、バスターミナルより駅の方が近い。

またフエ駅においては、新市街まで1本道なので、変な場所に連れていかれる心配もない。

「地球の歩き方」の地図にも、双方の駅は記載されている。(バスターミナルは地図外)

 

③高速バスより景色が楽しめる

高速バスはハイヴァン峠において、トンネルを通過するので、景色より時間短縮を主としている。

高速バスの方が、電車より移動時間が早いのは、景色を犠牲にして、このトンネルを利用するからである。

ただし電車では、ランコー・ビーチは見れない。

代わりにランコー湾は見れる。

 

④電車の本数が多い

電車は1日7本と、かなり充実しているので、旅のスタイルに合わせて利用できる。

東南アジアでは、電車は本数が少なく、使い勝手が悪いことが多い!

しかし、ダナン・フエ間は、使い勝手が非常に良い。

更に言うなら、移動時間も高速バスより、やや遅い程度。

 

ちなみに高速バスの場合は、1日2本(朝と昼過ぎ)で、時刻表は以下の通りとなる。

 

ダナン→フエ  9:15~10:30 ・ 14:30~16:30

フエ→ダナン  8:00~10:30 ・ 13:15~15:30

 

⑤バスと比べて手配が楽

バスか電車、どちらにするか迷ったが、バスの懸念材料は2つあった。

1つ目は、バス手配の情報が少なかったこと。

 

バス情報をまとめてみると、高速バスの手配はシン・ツアリストがお勧め。

シン・ツアリストは、定評のあるベトナムの旅行会社で、各種ツアーや高速バスの手配を取り扱っている。

同社ホームページから、高速バスの時間や値段も簡単に調べられる。

 

2つ目は、フエのバスターミナルが分かりにくいこと。

フエのバスターミナルの情報も少なく、目的地別に複数あることから分かりにくい。

反面、鉄道駅はダナンもフエも1つしかないので、行きも帰りも間違える心配はない。

 

電車を利用して分かったこと

 

乗り物酔いのリスクは低い

車だと、山道で乗り物酔いの心配があるが、まったり進む電車では、乗り物酔いはしなかった。

ちなみに僕は、乗り物酔いが激しい方である。

 

現地人も多く雰囲気が楽しめる

海外旅行者の他に、現地っぽい人も多く、バスより雰囲気は身近に感じ取れる。

電車室内は退屈なので、現地の食料を調達しておくと、より楽しい旅になるはず!

駅ホームでは、お菓子や軽食を販売しているし、車内でもワゴン車による販売がある。

 

フエを訪れる価値

フエに行くためには、ホイアンと比較して時間と労力を費やす。

したがって、そこまでして行く価値はあるのかと、思われる方もいるはず!

そんな方に伝えたいのが、

 

歴史的建造物とグルメを求める旅行であれば、間違いなく行く価値はある!

 

ベトナムには9の世界遺産があるが、記念すべき最初の世界遺産登録は、フエ建造物である。

フエは、ベトナム最後のグエン王朝の古都であり、日本でいう京都や奈良のような存在。

 

ベトナム旅行、グエン王朝

フエ観光で絶対外せないグエン朝王宮。

 

また宮廷料理を筆頭に、フエ料理も有名なので是非、味覚でもフエを堪能できる(^^)/

 

 

ベトナムは料理がとても美味しかったが、その中でもフエが一番記憶に残っている。

 

またダナン程の派手さないが、新市街地区では欧米観光客も多く、夜12時ぐらいまでは盛り上がっている。

したがって、夜も退屈はしない!

 

おわりに

フエは、ダナンから日帰りも可能な場所に位置している。

 

しかしながら、ベトナム中部に訪れたのに、移動面からフエを断念して、ホイアンやミーソン遺跡だけを訪れるのは、正直もったいないです(>_<)

 

ベトナム南北鉄道も有名で、話のネタにもなります。

またダナン・フエにおいては、電車の使い勝手も、移動中の景色も良いです

そのため、時間に余裕があるなら是非、電車でフエに訪れてみてください。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。