次からはcoco13で指名検索してください。

ダイの大冒険ファン必見! 感動の名場面ベスト20をまとめてみた!!【後半編】

こんにちは、ポップとハドラーが好きなcoco13世です。

今日は、1989年から1996年のジャンプ黄金時代に連載されていた、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』の名場面についてお話をします。

本記事では、ダイの大冒険ファン必見! 感動の名場面ベスト20をまとめてみた!!【前半編】に続き、名場面11~20を紹介します。

 

coco13世
アバン復活やハドラーの最期が掲載されている単行本28巻は神レベルですね。

 

ダイの大冒険 名場面11・・ポップVSシグマ

大魔導士と読んでくれと言うポップ

…そう

おれを呼ぶなら大魔導士とでも呼んでくれっ!!

ダイの大冒険27巻45Pより引用

脅威の騎士・シグマ!!

攻撃呪文だけでなく、回復呪文まで使いこなすポップを見て、シグマは”賢者”なのかと、問いただします。

(ドラクエの世界では、攻撃呪文全般と回復呪文全般を使いこなすのは、”賢者”という常識。)

その問いに対するポップの答えが、上記のセリフです。

ポップは”賢者”でなく”大魔導士”と名乗ったのには理由があります。

それは、ポップの師匠であるマトリフが考えた、

  • 誰が聞いてもおそれいる、カッコいい肩書き!
  • 世界に1人しかいない、最強の呪文使いの肩書き!!

それが、大魔導士という肩書きだったのです。

この頃のポップは、ダイやヒュンケルと同様に特記戦力になっていましたし、大魔導士という肩書きに相応な実力も兼ねそろえていました。

不幸なのが、ダイの大冒険では、

  • 呪文を無効化する竜闘気
  • 呪文を跳ね返すマホカンタ、シャハルの鏡、フェニックスウイング

これらの存在から魔法使いが厳しい状況に置かれていたことです。

 

 

coco13
「脅威の騎士・シグマ!!」は新アニメ70話で視聴できます。

ダイの大冒険 名場面12・・♢の9キルトラップ(その1)

ダイの大冒険、ポップを庇うハドラー

オレのような悪魔のためにこいつを死なせないでくれっ!!!

…神よッ!!!!

ダイの大冒険28巻76Pより引用

ポップ・炎に死す…!!!

ダイとハドラーの雌雄対決の直後、キルバーンが最高傑作のキルトラップ、”♢の9”(9つの炎に飲み込まれる罠)を発動させるが、間一髪のところで、ポップが飛び込み、氷系呪文でなんとか持ちこたえます。

しかし、外部から助けることができないため、罠の中にいるダイ、ポップ、ハドラーの3人でなんとかしなければなりません。

しかもハドラーはもう、朽ち果てる寸前。

ダイも力が残っていないので、実質、ポップ1人で打開する必要がありました。

ポップは弱気になるも、ハドラーに”アバンの使徒とは何か”と喝を入れられ、なんとか脱出する方法を見つけます。

ただ、この脱出方法はハドラーを見捨てる方法となるのですが、ハドラーは「すぐに死骸に化ける身だから忘れろ」と言ってくれます。

そして、なんとか脱出の機会を作るも、ポップが脱出に失敗して炎の中にハドラーと共に残されてしまいます。

しかし、事実はポップは脱出に失敗したのでなく、脱出の直前に朽ち果てるハドラーを見捨てることに抵抗があり、脱出をためらってしまったのです!

ポップにとってハドラーは、

  • アバンの先生の敵であるも
  • 自分の誇りを賭けて
  • 仲間と力を合わせ
  • 必死に頑張って正々堂々と戦う

自分たちと変わらない存在だったのです。

そんなポップの想いを聞いたハドラーは、思わず涙を流し、生まれて初めてポップを生かすために神に祈ります。

その祈りこそが、上記画像のセリフです。

ハドラーが生まれて初めて神に祈った内容がポップを生かすことなんて、最初の頃のポップとハドラーの関係性からは絶対に想像できません。

ダイの大冒険で、好きなキャラランキング1位と2位のポップとハドラーの2人が主となる、この名場面は個人的には一番好きな場面でした。

魔軍司令ハドラー

ダイの大冒険2巻24P、25Pより引用

最初の頃のハドラーとポップ(とダイとアバン)

ハドラーは小物感丸出しで、ポップはただのヘタレでした。

初めて人間の神に祈るハドラー

ダイの大冒険28巻74P、75Pより引用

本場面のハドラーとポップ。

ダイの大冒険で最も”成長”を見せた2人は、序盤から想像がつかない別人です。

 

 

coco13
「ポップ・炎に死す…!!!」は新アニメ73話で視聴できます。

ダイの大冒険 名場面13・・♢の9キルトラップ(その2)

復活のアバンと五芒星

…困りますよポップ

勝手に”あの世”なんかに行かれちゃ…

…そんな所へ行っても…私はいません…!

ポップとハドラーの前に現れるアバン

ダイの大冒険28巻79P、80P、81Pより引用

ポップ・炎に死す…!!!

名場面12の続きです。

いっしょにアバン先生のいる”あの世”に行こうぜと言うポップと、ポップの生還を神に祈るハドラー。

そして♢の9キルトラップの最後の瞬間。

・・・そう全てが燃えつきる瞬間、炎が消えます!

なんと、炎を消した(罠を破った)のは、ハドラーとの戦いで死んだ伝説の勇者アバンだったのです!

ダイの大冒険では、ピンチの際に誰かが助けにくる場面は多かったのですが(主にヒュンケル)、そんな数多くのピンチな場面で一番印象に残ったのは、やはりこの場面でしたね。

最高傑作である♢の9キルトラップをあっさり打ち消され、動揺を隠せないキルバーンの顔も見過ごせませんね。

 

 

coco13
「ポップ・炎に死す…!!!」は新アニメ73話で視聴できます。

ダイの大冒険 名場面14・・ハドラーの最期

アバンの胸の中で死にゆくハドラー

オレの死に場所を…

この男の腕の中にしてくれるとは…な…!

ダイの大冒険28巻95Pより引用

復活!!!大勇者

名場面12、13からの続きとなります。

ポップとハドラーを、キルバーンのトラップから救ったアバン。

ハドラーは朽ち果てる寸前に、

  • おまえの弟子たちは俺の生き方を変える程素晴らしかった!
  • おまえの力でダイたちを勝利に導いてやってくれ、それがオレへの唯一の礼だと思え!

そんな熱い言葉を、アバンに言い残します。

そして、ポップへも最後に言葉を残します。

  • 人間の神は中々粋なやつのようだ。
  • オレの生命と引き換えにオレがかつて奪った大切な者をおまえたちに返してくた。

そのうえ…

この後のセリフが、上記画像の名言となります。

「そのうえ…」のセリフの後に、ハドラーは朽ち果ててしまうため、実際には想いであり言葉としてはポップ達に伝わっていません。

ハドラーが初めて神に祈った結果、

  1. 「ポップを救ってほしい」祈りは叶った。
  2. それだけでなく、自分が過去に奪ったポップ達にとって最も大切な者を返すことができた。
  3. 何度も死闘を繰り返し、ある意味、最も信頼できる男の腕の中が死に場所となった。

漫画において、主要キャラの死に様は読者の心に残りやすく、非常に重要であります。

このハドラーの最期は、悲しみだけを残すわけでなく、全てを成し遂げ、悔いのない人生を全うした感じが伝わってきたことから、かなりの高評価の分類に入ります。

 

 

coco13
「復活!!!大勇者」は新アニメ73話で視聴できます。

ダイの大冒険 名場面15・・アバンVSキルバーン(初戦)

呪法にハマった死神キルバーン

…どうです?

自分が呪法の罠にはまった気分は…!?

ダイの大冒険28巻129Pより引用

死神との対決!!

アバンの首元に突如、鎌を近づけるキルバーン。

そんな危機的状況にも関わらず、余裕の表情のアバン。

しかも自分がアバンを襲うことを知っていながら、ダイ達を先に行かせた。

その余裕も気に食わないキルバーン。

ダイ達を先に行かせ、自分があえて残った真意を知ったキルバーンは、すぐにトドメを刺そうと鎌を動かそうとするが、なぜか半身が動かず動揺も隠せません。

そう、キルバーンの行動は、全てアバンの想定内だったのです。

そして、半身が動かないキルバーンに対し、剣を抜きながら上記画像のセリフを言い放ちます。

ダイ一味は皆、脳筋メンバーであるため、不意打ちや呪法といった、直接的な戦いを行わないキルバーンとは相性が非常に悪く、後手に回っていました。

また、キルバーン自身も強く、物語中でも常に余裕に満ち溢れていましたが、そんなキルバーンをギャフンと言わせたのが、この場面でした。

罠使いを、罠ではめるなんて、アバン先生にしかできない芸当でしたね。

アバンの首に鎌を近づけるキルバーン

ダイの大冒険28巻121Pより引用

 

 

coco13
「死神との対決!!」は新アニメ74話で視聴できます。

ダイの大冒険 名場面16・・バーンパレス突入

心身を鍛え直すことを誓うアバン

私自身も心身を鍛え直し、私にしかできない新能力を身につけなければ、ダイたちと共に戦う資格はなしっ!!

ダイの大冒険28巻176Pより引用

明かされた空白

バーンパレスに向かう、ダイ一味。

そこには、かつて父バランとダイが二人がかりで力を合わせ砕いた扉がありました。

しかも、本拠地を守るこの扉は、かつての扉以上に強力かもしれません。

「ここまで来て立往生かっ」と焦るポップ。

そのとき、アバンが皆の前に立ち、ハドラーに破れて以来のことについて語りだします。

カールのお守りにより、なんとか一命を取り留め、ダイとポップの旅立ちを陰ながら見守っていたアバン。

その時に、名乗り出なかった理由が2つ。

1つ目が、ダイの潜在能力が自分を大きく上回り、現在の自分が共に行動をしても成長の足をひっぱるだけ。

そして、2つ目の理由が上記画像のセリフとなります。

他者には優しいが、自分にはとても厳しいアバン先生。

セリフの通り、アバンは心身を鍛え直すため、そして、得意とする破邪の魔法を極めるため、破邪の洞窟で修行を行っていたのです。

この修行の中で新能力である”破邪の秘術”を身に着け、強固たる扉をあっさり開けてしまいました。

他のブログでは皆、この場面はスルーしていますが、個人的に実社会で壁にぶつかった時、このセリフを思い出し、行動に移すことができた経緯がありました。

また、社会に出てから、このセリフが当てはまることが多かったことから名場面20選にランクインしました。

 

 

coco13
「明かされた空白」は新アニメ75話で視聴できます。

ダイの大冒険 名場面17・・ヒュンケルの最期

死んだように眠るヒュンケル

ダイの大冒険30巻140Pより引用

さらば!闘いの日々よ

この名場面にセリフはありませんが、この真っ白に燃え尽きたヒュンケルが、全てを物語っています。

アバン合流後、ヒュンケルは後方の追撃を買うため、無数の魔物の相手を務めます。

また、突如現れたハドラー親衛隊の強敵ヒムも、死中に活の策を取りなんとか撃退。

ヒムに「勝者に敗者の生命を奪う権利があるなら、オレは生命でなく死を奪う」と言い、ヒムを仲間に引き入れます。

そんな中、オリハルコン部隊11人がヒュンケルやヒムを始末するために襲ってきます。

ヒュンケルは生命すら超える力”闘志の力”で、オリハルコン部隊を撃退。

オリハルコン部隊の王マキシマムに、瀕死のヒムを人質に取られるも、かつてヒュンケルが死を看取った、陸戦騎ラーハルトの登場により無事解決。

ラーハルトに使命と意志を託し、生まれて初めて戦いも宿命も忘れて、傷ついた心と体を癒し眠っている姿が上記画像です。

この場面は、漫画”あしたのジョー”の矢吹の最後の場面を連想させます。

全キャラ中、最も戦闘に明け暮れた戦士ヒュンケルの実質的最期となる名場面でした。

ラーハルトに全てを託す場面も、ヒムが嫉妬する程の熱い友情を感じさせてくれました。

 

 

coco13
「さらば!闘いの日々よ」は新アニメ81話で視聴できます。

ダイの大冒険 名場面18・・ミストバーンの最期

決まっているでしょ誇りです。アバンとヒュンケルの師弟関係

…決まっているでしょう

…誇りです…!

ダイの大冒険34巻82P、83Pより引用

宿命の終焉

ヒュンケルの闇の師であり、大魔王バーンの幹部ミストバーンとの最後の闘い。

ヒュンケルに憑依しようと、心に中に乗り込むミストバーンは、なぜヒュンケルを弟子にしたか、理由を明らかにします。

誰かに憑依して強さを得るミストバーンは、普段はバーンの真の肉体に憑依していることから、最強であるも万が一バーンへ肉体を返したときに、次に憑依する肉体をどうするか、常々考えていました。

ミストバーンの結論は自分の理想の肉体を育てるために、一から全てを育て上げることでした。

その対象こそが幼年期のヒュンケルだったのです。

そう、ミストバーンにとってヒュンケルは、ただの”道具”だったのです。

ミストバーンは心の中でヒュンケルの核を破壊し、完全に憑依しようと試みますが、ヒュンケルは根拠がないものの、ミストバーンは必ず自分を狙うと確信があり、逆にミストバーンを心の中で光の力によって消滅させます。

そして、倒れこむヒュンケルに対して、手を差し伸べる光の師アバン。

そのアバンに対し「あなたにとってオレはなんですか?」と問う。

その問いに対する回答が、上記画像のセリフです。

ヒュンケルとアバンの師弟関係は、ヒュンケルの勘違いにより、わだかまりがありました。

アバン復活時もヒュンケルが後方の敵の追撃役を買ったため、アバンとの和解を示す場面は見られなかったのですが、この場面でようやく2人の和解を見ることができました。

”自慢”、”優秀”といった言葉でなく、”誇り”と言い切るところが、アバン先生の素晴らしいところでもあります。

 

 

coco13
「宿命の終焉」は新アニメ92話で視聴できます。

ダイの大冒険 名場面19・・バーン戦(2戦目)

生命で大魔王バーンに立ち向かうラーハルトとヒム

くれてやるぞ!!!オレの生命!!!!

ダイの大冒険35巻65Pより引用

生命でぶつかれ!!!

真バーンの尋常なる強さの前では、ポップ達が助けに来ても戦局を変えることができません。

そして、バーン1戦目と同じく、バーンはカラミティウォール(衝撃の光壁)を放ちます。

バーンが高笑いするなか、ポップとダイは勝利を諦めません。

2人はバーンの最強奥義の放った瞬間に、一瞬のスキが生じることを見抜いていたのです。

ポップはバーンの奥義全てを受けてでも、ダイにとどめのチャンスを作ってみせると言いきります。

そんな2人のやり取りを聞いて、心を打たれたヒムはカラミティウォールを真っ向から破りに先陣を切ります。

ラーハルトもポップを初めて尊敬し、ダメージで目が見えないにもかかわらず、バーンに立ち向かおうとします。

そしてヒムが、迫りくるカラミティウォールを力でこじ開けます。

その後、玉砕覚悟でバーンに立ち向かうときに、上記画像のセリフを放ちます!

少し前まで敵だった2人の覚悟と気迫が伝わり、タイトルの通り、生命を賭けて戦う迫力ある場面でした。

また、玉砕覚悟のラーハルトとヒムを前にしたバーンも、うかつな技では迎撃できないと判断し、ポップの狙い通り、最強奥義である天地魔闘の構えを使わさせました。

真バーンを警戒させるほどの気迫を感じさせる、この場面のラーハルトとヒムは特段にカッコいいです!

 

coco13
「生命でぶつかれ!!!」は新アニメ94話で視聴できます。

ダイの大冒険 名場面20・・最終回

ずっと受け継がれていたダイの使命

こうする事が…!!こうして自分の大好きなものをかばって生命をかける事が…!!!

ずっと受け継がれてきた……おれの宿命なんだよ!!!!

ダイの大冒険37巻170P、171Pより引用

さらば!!!愛する地上よ

大魔王を倒したのも、束の間。

キルバーンの黒の結晶(大爆弾)により、再び地上消滅の危機が降りかかる。

黒の結晶の事実を知った瞬間、アバンとマァムがキルバーン(本体)を倒し、ダイとポップが黒の結晶を装着したキルバーン(人形)を抱え、地上で誘爆しないよう上空に駆け上がります。

手放す時間がなく、ダイとなら爆発で一緒に死ぬのも悪くない言うポップ。

しかし、ダイは自分1人が黒の結晶の爆発の犠牲となるために、ポップを蹴り飛ばします。

「なぜなんだよォッ、ダイ」と叫ぶポップに対するダイの心情が上記画像のセリフです。

ダイの大冒険は”自己犠牲”が一つのテーマであり、仲間のために自分が犠牲となることが一種の美徳とされています。

ヒュンケルしかり、クロコダインしかり、ポップしかりです。

ダイの両親もともに自己犠牲で命を落としています。(父バランはダイを助けるために、母ソアラもバランを助けるために命を落としています。)

だからこそ、最後の最後でポップの反感を買うことを分かりつつも、ダイは自分だけが犠牲になる選択を取ったのでしょう。

悲しい結末かなと思いましたが、ダイはどこかで生きていることが判明したため、ダイの大冒険はハッピーエンドを迎えることができました。

 

 

coco13
「さらば!!!愛する地上よ」は新アニメ100話で視聴できます。

ダイの大冒険:名場面まとめ

ダイの大冒険を改めて読んでみると、名場面や名言が多い名作漫画だと改めて感じます。

とくにハドラー最終決戦からアバン登場までは本作屈指の名場面が詰め込まれており、新アニメも毎週見ていましたが、後半は毎回楽しみでした。

また大人になって改めて真剣に読んでみると、

  • バランの父としての想い
  • ハドラーの中間管理職としての立場
  • ミストバーンの責務と友情の揺れ

などなど、子供時代には見えてこなかった部分も見えたりもします。

新アニメにおいても、製作者側の愛と熱意が強いおかげで、本記事でお伝えした名場面も感動ものになっていますので、新アニメがまだな方はぜひ視聴してみてください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ダイの大冒険 おすすめ電子書籍はDMMブックス
  • 初回の無料会員登録で70%OFFクーポンゲット
  • 試し読み無料や期間限定無料で読める作品が豊富
  • 大人向けの漫画も充実
  • 年3回のセール時のポイント還元がお得
  • 購入した本はダウンロード可能なのでオフラインで読める
  • 小説や実用書などのジャンルは少なめ
  • 大人向けコンテンツのイメージが強い(旧DMM.R18はFANZAに改名)

文庫版については電子書籍も扱っていますが、電子書籍だと1冊あたり680円と紙媒体(715円)と比較して安く購入できます。

さらにDMMブックスだと初回限定特典として無料会員登録で70%OFFクーポン(割引上限金額3,000円)をゲットできるため、まとめ買いするのであれば、クーポンを活用するべきです。

運営元であるDMM.comはオンラインスクールや金融など様々な事業の展開しているため、サービスの突然の停止の心配も不要。

品揃えは66万冊以上(2021年2月時点)と申し分ないですが、大人向け作品や漫画が多い反面、小説や実用書は少ないので、漫画向けのサービスと割り切ったほうがいいです。(実用書がメインならkindle unlimitedがお得)

男性陣の場合、アダルト作品の試し読み無料を多く扱っている点も見逃せません。

過去にもお得なクーポンは発行していましたが、赤字計上を理由に廃止された経緯があり、今取り組みしている70%OFFクーポンも、いつなくなるか分からないので、早めに無料登録を済ませてクーポンを活用しましょう。

 

>>【登録無料】DMMブックスを体験してみる

 

coco13
DMMブックスは都度購入型の電子書籍サービスのため月額料金は一切かかりません。

DMMブックス登録手順

  1. DMMブックスの『DMMアカウント登録画面』を選択
  2. メールアドレスとパスワードを入力
  3. 『認証メールを送信する』を選択
  4. 認証メールが届いたら記載されているURLにアクセス

 

ダイの大冒険 アニメ視聴ならAmazonプライムビデオがおすすめ
  • 初回30日間は無料で視聴できる
  • 月額500円でプライム会員特典すべて利用可能(コスパ最強)
  • ダウンロード可能なためオフラインでも視聴可能
  • 3台まで同時視聴可能
  • 配信数は15,000本(レンタル・購入作品除く)と少なめ
  • 倍速機能は備わっていない

ダイの大冒険は有名な作品であるため、多くの動画配信サービスで視聴が可能です。

アニメは視聴したいけど、まだ動画配信サービスを利用していないのであればAmazonプライムビデオがおすすめです。

30日間の無料お試し期間があるので、期間内に気になるアニメを全て視聴すればお金は一切かかりません。

UNEXTやHuluなど専属の動画配信サービスと比較すると動画配信数やUIは劣るものの、Amazonプライムビデオの料金は月額500円(年払い4,900円)とサイフに優しいです。

さらに上記料金にはプライムビデオだけでなく、下記特典も含まれているためコスパ最強のサブスクリプションと言えます。

  • 1,000冊以上の電子書籍が読み放題となる『プライムリーディング』
  • 200万曲以上の曲が無料で聴ける『プライムミュージック』
  • Amazon買い物において通常配送料無料・お急ぎ便が無料
  • Amazonセールで一般会員より優遇

 

>>【30日間無料】Amazonプライムを体験してみる

 

coco13
まずは無料体験で使い勝手を確認してから継続するかどうか決めましょう。電子書籍は小説やビジネス・経済雑誌も豊富なので、先ほど紹介したDMMブックスの穴埋めにもなります。

Amazonプライムビデオの登録手順

  1. Amazon公式サイトより『プライム』を選択
  2. Amazonアカウントにログインする
  3. 支払い方法と請求先住所を入力
  4. 『30日間の無料体験を試す』を選択

 

ダイの大冒険 アニメ視聴も電子書籍も1つで満たすならU-NEXTがおすすめ
U-NEXT
  • 初回31日間は無料で視聴でき600ポイント付与される
  • 動画視聴だけでなく漫画・雑誌・書籍も楽しめる
  • 倍速機能も同時視聴もダウンロードも可能
  • 毎月1200ポイントが付与される
  • ポイント還元はクレジット払いで40%とお得
  • 総配信数もアニメ配信数も業界1位
  • 過去作品だけでなく最新作品のトレンドにも対応
  • アダルト作品も5万本が見放題と充実
  • 料金は月額2,189円と高め

『ないエンタメがない』がキャッチフレーズのU-NEXTは、多くのジャンルで業界1位の配信数を誇っており、アニメ部門においてもDアニメを抜き業界1位となっています。

31日間の無料お試し期間があるので、期間内に気になるアニメや映画・ドラマを全て視聴すればお金は一切かかりません。

動画視聴の機能面でも、他のサービスと比べて高い機能を誇っているため使い勝手で不自由は感じません。

また動画配信サービスだけでなく、漫画・書籍・雑誌も扱っているため、複数社のサービス利用に煩わしさを感じる方におすすめです。

男性陣の場合、アダルト作品が見放題だけで5万本ある点も見逃せません。

料金は2,189円と高く感じますが、毎月1,200ポイント(1ポイント1円)が付与されるため、実質負担は1,000円を下回ります。

クレジット払いで購入すれば支払い額の40%が32日後にポイント付与される点も大きく、例えばダイの大冒険を全22巻購入すれば、5,975ポイント(679円×22巻×40%)がポイント還元されるため、ポイントのみで『ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王』シリーズを揃えることも可能です。

注意点として、購入して入手したポイントは180日間、付与・還元ポイントは90日間と期限は長くないため、定期的にポイントを使用しない方だとポイントのリスクがあります。

 

>>【31日間無料】U-NEXTを体験してみる

 

coco13
U-NEXTはオールマイティ―なサービスなので、電子書籍も動画視聴を定期的に楽しむのであればコスパは高いです。

U-NEXTの無料登録手順

  1. U-NEXTのTOPページにある「まずは31日間無料体験」を選択
  2. 個人情報を入力
  3. 支払情報を入力
  4. 登録完了したらホームボタンをクリック