次からはcoco13で指名検索してください。

ダイの大冒険アニメ第12話 ふたりのライデイン 感想【ネタバレあり】

こんにちは!ダイの大冒険が大好きすぎて、これまで当サイトでダイの大冒険関連の記事を8つ(A4レポート51枚相当)も生み出したcoco13世です。

2019年12月にダイの大冒険の再アニメ化が決定し、2020年10月3日から放送開始となりました。

 

小学生の頃に視聴していたアニメの完全新作版を、小学生の子どもと一緒に視聴する日が訪れるなんて…

 

ダイの大冒険の大ファンとして、アニメを楽しむだけでなく、ファンを1人でも多く作る責務があります。

 

そんなわけで、内容や感想そして原作との変更点についてお伝えしていきます。

 

ストーリー

ダイの大冒険のストーリー

公式サイトより引用

 

 

>>アニメ感想記事の一覧はこちら

 

ここから先はネタバレ含みます!

ダイの大冒険12話:ふたりのライデイン

ふたりのライデイン

 

12話のあらすじ

クロコダインの加勢で、辛くも戦線から離脱したダイとポップ。

二人の前に、レオナのお付きの剣士・バダックが現れる。

彼は二人を介抱すると、レオナには最強の賢者三人が付いているから、きっとどこかで生きているはずだと告げる。

戦いのさなか語られたヒュンケルの過去に動揺し、紋章の力を発揮できなかったことを落ち込むダイに対しポップは「ヒュンケルを倒さないと、マァムもレオナも救えない」と叱咤。

二人は、もう一度力を合わせて戦うことを誓い合った。

そして翌朝。

圧倒的な力を持つヒュンケルに対抗するべく策を練ったポップは、ダイに電撃呪文(ライデイン)を使うことを提案する。

しかし、ライデインは勇者のみが使える呪文で、ダイはまだ使うことができない。

そこでポップは、二人で協力してライデインを放つ方法を考えだす。

半日以上の特訓を経てようやく呪文をものにしたダイとポップは、マァムを救出するため、ヒュンケルの居城・地底魔城へと乗り出す。

闘技場でヒュンケルと対峙した二人は、特訓の成果を活かしてライデインを発動する。

公式サイトより引用

 

coco13
アニメ第12話は原作5巻第40話”これが地底魔城だ!”から第43話”決着の瞬間…‼”までだよ。

 

12話の主な登場人物

>ダイ

ダイの大冒険登場キャラ、ダイ

公式サイトより引用

赤ん坊の頃、船が難破してデルムリン島に流れつくが詳細は不明。

モンスターである鬼面道士のブラスに育ててもらった。

剣技は光るものがあるが、呪文は苦手。

額にドラゴンの紋章が出現すると驚異的に強くなる。

勇者のみが扱えるデイン系呪文の素質がある。

 

>ポップ

ダイの大冒険登場キャラ、ポップ

公式サイトより引用

ダイの大冒険のメインとなるキャラ。

職業は魔法使いであり、1年前にアバンの弟子入りしている。

クロコダイン戦を経て、仲間のために強敵とも立ち向かえるようになる。

メラ系の呪文が得意。

 

coco13
ポップと言えば、精神面で最も成長を果たしたキャラの1人と言われているよ。

 

\ポップのことを深く知りたい人はこちらへ/

関連記事

ダイの大冒険の主人公は誰なのか?   ジャンプ三原則「努力」「勝利」「友情」と、ダイの大冒険では欠かせない「成長」を加味すると、残念ながら主人公はダイではなくポップとハドラーになります。   2人[…]

ダイの大冒険ポップの実力・内面を高評価した13人を徹底解説

 

>マァム

ダイの大冒険登場キャラ、マァム(クロコダイン戦後)

公式サイトより引用

ダイの大冒険のメインキャラ。

初期メンバーと言えばダイ、ポップ、マァムの組み合わせ。

呪文を弾につめた「魔弾銃」の他、棒も使いこなす。

アバンの使徒でもあり、両親はアバンと共に戦ったパーティ。(戦士と僧侶)

性格は男まさりだが、慈愛に満ち溢れた部分もある。

 

>ヒュンケル

ダイの大冒険登場キャラ、ヒュンケル

公式サイトより引用

不死系モンスターを束ねる不死騎士団の団長。

肩書は「魔剣戦士」。

魔王軍でありながらアバンの最初の使徒でもある。

剣技のスキルはダイ以上に高い。

ダイと同様に幼少の頃、魔物に育てられた過去があり、自分を育ててくれた魔物に敬意を払ってる。

 

>ハドラー

ダイの大冒険登場キャラ、魔王ハドラー

公式サイトより引用

魔王六団長を束ねる魔軍司令。

15年前の魔王時代には、ヒュンケルの根城である地底魔城を主城としていた。

ヒュンケルを軍団長にする大魔王バーンの決定に反対するなど、ヒュンケルを心地よく思っていない。

 

>ザボエラ

ダイの大冒険登場キャラ,ザボエラ

公式サイトより引用

魔道系モンスターを束ねる妖魔士団の団長。

肩書は「妖魔司教」。

出世欲が高く、上席であるハドラーと共に行動をしていることが多い。

また狡猾な性格で、如何に自分が危険を冒さずに成果を出すかを第一に考えている。

ヒュンケルはそんなザボエラを毛嫌いしている。

 

>バルトス

ダイの大冒険登場キャラ、バルトス

公式サイトより引用

ハドラーが魔王と呼ばれた時代、最強の騎士であった。

ハドラーの間へと続く地獄門の門番を務めていた。

魔王ハドラーが敗れ、魔力が途絶えたことにより、朽ちてしまった。

 

>バダック

ダイの大冒険登場キャラ、バダック

公式サイトより引用

レオナ姫の付き人の兵士。

自称、パプニカにこの人ありと謳われた剛剣の使い手。

傷ついたダイたちを匿う。

 

12話の見どころ

ラナリオンの契約を結ぶポップ

打倒ヒュンケルのために修行するダイとポップ。

 

この修行ではヘタレだったポップが、剣も呪文も通用しないヒュンケルを倒すための策を練り、ダイと共にひたすら目標に向けて頑張っていきます。

 

そんな頑張る二人を見て驚くバダック。

 

coco13
今回はポップがダイを先導する流れでしたね。

 

ポップは強敵ヒュンケルと戦ったとき、恐怖心からクロコダイン戦のように、逃げ出したい気持ちがありました。

 

それでも今回は逃げ出さず、さらにヒュンケルを倒す具体策を閃き、ダイと力を合わせて、困難に立ち向かう姿からは勇気をもらえます。

 

coco13
クロコダイン戦を経て、ポップの心構えが少しずつ変わってきましたね。

 

12話で登場した呪文・技

>ライデイン

使用者:ダイ

【デイン系】【雷】の初級呪文。

ドラクエ原作では勇者の呪文としてイメージが強い。

本来、自力で雷雲を呼び雷を落とす呪文である。

ただし、ダイは魔法力が弱いことから、雷雲はポップが呼び、ダイは雷を落とす役割とした。

 

>ラナリオン

ラナリオンを使用するポップ

使用者:ポップ

【ラナ系】【天候系】の初歩呪文。

雷雲を呼ぶ呪文。

初歩呪文とは言え、天候系の呪文は相応の魔法力が必要である。

 

>メラミ

使用者:マァム

【メラ系】【炎】の中級呪文。

ドラクエ原作では中盤の主力攻撃呪文。

マァムはメラミが込められた魔弾で壁に穴をあけ、牢屋から脱走を図る。

 

ダイの大冒険12話の原作との変更点・カットシーン

ダイにくさりかたびらを渡すバダック

原作を読み返しながらアニメを視聴して判明した変更点・カットシーンは以下の通り。

 

  • モルグのセリフのうち、「ヒュンケル様はお優しい方ゆえ生命までは取られますまい」などがアニメ版ではカット。
  • ヒュンケルとハドラーのセリフで「くつがえしたくば大魔王様にじかに掛け合うのですな」がアニメ版ではカット。
  • ヒュンケルとハドラーのセリフで「兵どもが夢の跡」のセリフ前に、アニメ版では「栄枯盛衰」の四文字熟語が追加。
  • 原作ではいつの間にかいなくなったガルーダだが、アニメ版では飛んでいく場面が描かれている。
  • アニメ版ではバダックから”くさりかたびら”を受け取る場面が描かれている。
  • アニメ版では原作と違い、ヒュンケルがマァムを感情的に平手打ちする場面が音だけになっている。
  • 原作では戦い前日にポップがダイにヒュンケルの行いはやっぱり悪いと訴えるが、アニメ版では当日の螺旋階段で訴えている。
  • 原作ではマァムの胸からゴメちゃんが出てくる場面がしっかり描かれているが、アニメ版ではマァムが後ろ向きで描かれている。
  • 地底魔城のアンデットモンスターの中に、ドラクエ6初登場のスカルライダーが新たに登場している。
  • マァムが通気口を進んでいる最中、「もうちょっとダイエットしておけばよかった」のセリフがカット。

 

12話では、やや原作のセリフがカットされてしまった感がありました。

 

一方、ガルーダが去る場面やくさりかたびらの追加など、今後のストーリーに関わる場面の追加は良かった点です。

 

そして想定通りでしたが、ヒュンケルのマァムへの平手打ちといった暴力場面や、マァムの胸からゴメちゃんが出てくるなどお色気場面は、視聴者から見えないように変更(配慮)されました。

 

coco13
第1話のキラーパンサもそうだけど、原作や旧アニメに出てこない、ドラクエ5以降のモンスターを登場させてくれるサービス精神には感謝したい。

 

ダイの大冒険12話レビュー

 

coco13
ヒュンケルとの一戦目で、力の差を痛感したにも関わらず前向きなポップは好き。

 

 

coco13
あの軍団長を粛清する立場のキルバーンも、ポップを高評価していたし、最終的には大魔王バーンの奥義も一回で看破しましたね。

 

 

coco13
高度な呪文ライデインを、二人で力を合わせて使うという発想が素晴らしい。

 

 

coco13
クロコダインの涙とマァムの涙があったからこそ、ヒュンケルは正義の心を取り戻すことができたのです。

 

 

coco13
僕もこのご時世、男女を意識したセリフは改変されると心配していましたが、そのままで安心しました。

 

 

coco13
後ろ向きなのだから、もうちょっとモゾモゾ感を出してほしかったですね。

 

 

coco13
ダイに敗れたクロコダインを回収するなど、新アニメではガルーダの描写が増えていますね。

 

ダイの大冒険12話感想まとめ

ヒュンケルに立ち向かうダイ

12話は修行編や非戦闘場面が多かったため、派手さには欠けましたが、最後はライデイン炸裂で締めることができました。

 

2020年はヒュンケル編完了で幕を閉じると思います。

 

そして来年からは、いよいよレオナ姫や暴君フレイザードも登場するので、今から楽しみですね。

 

最後にダイの大冒険を無料で視聴したい方に朗報!

 

coco13
U-NEXTなら、新作アニメの最新話も放映翌日の9時半に配信されており、なんと31日間無料で視聴できます。

 

maco
アニメを見逃してしまっても諦めなくていいんだね。

 

coco13
さらに、1991年に配信されていた旧作アニメも第46話(バラン編)まで、まとめて視聴可能!!

 

▷無料体験中の解約なら料金の支払いなし

 

U-NEXTの場合、専門の漫画読み放題サービスと比較すると、読み放題できる漫画は少ないですが、

  • 動画
  • 漫画
  • 雑誌
  • 書籍

この4つを一度に楽しむことができるので、漫画もアニメも楽しみたい方には、最もおすすめのサービスです。

 

coco13
もちろん、ダイの大冒険の単行本もU-NEXTで読むことができるよ。

 

あわせて読みたい

漫画アニメ好きだけど、動画配信サービス(VOD)が多すぎて、どれに加入すればいいか分からない……   アニメ漫画好きならUNEXTが一番失敗しないよ。   […]

 

coco13
U-NEXTの気になるメリット・デメリットを、他社比較で具体的に示した記事は、こちらの記事で解説しています。

 

POINT

maco いろいろな動画配信サービス(VOD)のおすすめサイト見ていると、業界最大手のU-NEXTがおすすめ上位に常にランクインしているけど、他社と比較して具体的に何が優れてるの?   coco1[…]

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

\無料読み放題も充実のマンガレンタルアプリ/