次からはcoco13で指名検索してください。

ダイの大冒険アニメ第13話 決着の瞬間 感想【ネタバレあり】

こんにちは!ダイの大冒険が大好きすぎて、これまで当サイトでダイの大冒険関連の記事を10個(A4レポート55枚相当)も生み出したcoco13世です。

 

 

アニメ感想記事の一覧はこちら

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話 11話 12話
13話 14話 15話 16話
17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話
25話 26話 27話 28話
29話 30話 31話 32話
33話 34話 35話 36話
37話 38話 39話 40話
41話 42話 43話 44話
45話 46話 47話 48話
49話 50話 51話 52話
53話 54話 55話 56話
57話 58話 59話 60話
61話 62話 63話 64話
65話 66話 67話 68話
69話 70話 71話 72話
73話 74話 75話 76話
77話 78話 79話 80話
81話 82話 83話 84話
85話 86話 87話 88話
89話 90話 91話 92話
93話 94話 95話 96話

 

2019年12月にダイの大冒険の再アニメ化が決定し、2020年10月3日から放送開始となりました。

 

小学生の頃に視聴していたアニメの完全新作版を、小学生の子どもと一緒に視聴する日が訪れるなんて…

ダイの大冒険の大ファンとして、単にアニメを楽しむだけでなく、1人でも多く方に興味を持ってもらいたいです。

 

そんなわけで、内容や感想そして原作との変更点についてお伝えしていきます。

coco13
『新装彩録版』のサイズはジャンプコミックスの単行本版と同じですが、表紙が新たに書き下ろしされ、連載時のカラーページを再現収録しているため、単行本版や文庫版の上位互換と言えます。(内容は変わりません)
ここから先はネタバレ含みます!

ダイの大冒険13話:決着の瞬間

決着の瞬間

13話のあらすじ

ライデインを受けたヒュンケルだったが、その肉体はダメージを耐え抜いた。

渾身の魔法も破られてしまったダイは、ヒュンケルが放ったブラッディースクライドをくらい、意識を失ってしまう。

そのとき、闘技場にマァムが現れ、隠し部屋で見つけた「魂の貝殻」をヒュンケルに手渡す。

そこにはバルトスの遺言が収められていた。

彼の命を奪ったのはアバンではなくハドラーであり、アバンがヒュンケルを引き取ったのはバルトスの最後の願いだったことを知る。

アバンは、ヒュンケルが自分を恨んでいたことを知りながら、見守り続けていたのだ。

突如明かされた真実に、ヒュンケルは激しく動揺する。

一方ダイは、無意識状態のまま立ち上がり、剣と魔法を合わせた魔法剣を編み出す。

剣に雷をまとったダイの新技「ライデインストラッシュ」は、ヒュンケルの鎧を粉砕。

ダイはついにヒュンケルに勝利する。

ダイに敗れたヒュンケルはマァムの優しさに触れ、自らの過ちを悔いるのだった。

しかし、アバンの使徒が真に心を通じ合わせたのも束の間。

彼らの前にフレイザードが現れ、地底魔城がある火山の噴火を誘発させる。

ヒュンケルは最後の力を振り絞りダイたちを火山から脱出させると、マグマの中に消えていった。

公式サイトより引用

 

coco13
アニメ第13話は原作5巻第44話”ダイ、魔剣に死す…‼?”から第47話”さらば孤独の戦士”までだよ。

 

13話の主な登場人物

>ダイ

ダイの大冒険登場キャラ、ダイ

公式サイトより引用

赤ん坊の頃、船が難破してデルムリン島に流れつくが詳細は不明。

モンスターである鬼面道士のブラスに育ててもらった。

剣技は光るものがあるが、呪文は苦手。

額にドラゴンの紋章が出現すると驚異的に強くなる。

勇者のみが扱えるデイン系呪文の素質がある。

 

>ポップ

ダイの大冒険登場キャラ、ポップ

公式サイトより引用

ダイの大冒険のメインとなるキャラ。

職業は魔法使いであり、1年前にアバンの弟子入りしている。

クロコダイン戦を経て、仲間のために強敵とも立ち向かえるようになる。

メラ系の呪文が得意。

 

coco13
ポップと言えば、精神面で最も成長を果たしたキャラの1人と言われているよ。

 

\ポップのことを深く知りたい人はこちらへ/

関連記事

ダイの大冒険の主人公は誰なのか? ジャンプ三原則「努力」「勝利」「友情」と、ダイの大冒険では欠かせない「成長」を加味すると、残念ながら主人公はダイではなくポップとハドラーになります。 2人とも序盤の評価はイマイチでしたが、いざ全[…]

ダイの大冒険ポップの実力・内面を高評価した13人を徹底解説

 

>マァム

ダイの大冒険登場キャラ、マァム(クロコダイン戦後)

公式サイトより引用

ダイの大冒険のメインキャラ。

初期メンバーと言えばダイ、ポップ、マァムの組み合わせ。

呪文を弾につめた「魔弾銃」の他、棒も使いこなす。

アバンの使徒でもあり、両親はアバンと共に戦ったパーティ。(戦士と僧侶)

性格は男まさりだが、慈愛に満ち溢れた性格。

 

>ヒュンケル

ダイの大冒険登場キャラ、ヒュンケル

公式サイトより引用

不死系モンスターを束ねる不死騎士団の団長。

肩書は「魔剣戦士」。

魔王軍でありながらアバンの最初の使徒でもある。

剣技のスキルはダイ以上に高く、暗黒闘気の使い手でもある。

ダイと同様に幼少の頃、魔物に育てられた過去があり、自分を育ててくれた魔物(バルトス)に敬意を払ってる。

 

>バルトス

ダイの大冒険登場キャラ、バルトス

公式サイトより引用

ハドラーが魔王と呼ばれた時代、最強の騎士であった。

戦場で幼いヒュンケルを見つけ育ててきた、人格者かつ優しい心の持ち主。

ハドラーに粛清され朽ちる直前に、真相を魂の貝殻にこめた。

 

>フレイザード

ダイの大冒険登場キャラ、フレイザード

公式サイトより引用

物質系モンスターを束ねる氷炎魔団の団長。

肩書は「氷炎将軍」。

性格は残虐で部下(フレイムやブリザード)からも恐れられている。

人間であるヒュンケルが自分と同列であることに不満を持っている。

栄光のためなら外道なことも容易にやり遂げる。

 

13話の見どころ

溶岩に飲み込まれていくヒュンケル

ヒュンケルが己を犠牲にしてダイたちを救う場面。

 

ヒュンケルとの和解も束の間。

 

六大団長で自称最強(笑)のフレイザードが登場し、ヒュンケルやダイ達は窮地に追い込まれる。

 

このまま溶岩に巻き込まれ全滅と思いきや、ヒュンケルがダイ達を溶岩から守る。

 

そして、自分にために命を懸けて説得してくれたクロコダインに感謝し、ダイ達に未来を託す。

 

最後はマァムの声もむなしく溶岩に飲み込まれていく…。

 

coco13
死を受け入れる前に、クロコダインの事を思い出してくれて良かったよ。

 

13話で登場した呪文・技

>ライデイン

使用者:ダイ

【デイン系】【雷】の初級呪文。

ドラクエ原作では勇者の呪文としてイメージが強い。

本来、自力で雷雲を呼び雷を落とす呪文である。

ただし、ダイは魔法力が弱いことから、雷雲はポップが呼び、ダイは雷を落とす役割とした。

 

>ライデインストラッシュ

ライデインストラッシュ

使用者:ダイ

現時点のダイが使える最強の必殺技「アバンストラッシュ」と、雷呪文「ライデイン」を融合した魔法剣。

アバンストラッシュはまだ未完成とはいえ、ライデインのパワーが加算されたことで、脅威の威力を発揮し、ライデイン単体では持ち堪えたヒュンケルも、立ち上がることができなかった。

 

>ブラッディ―スクライド

ブラッディースクライド

使用者:ヒュンケル

ヒュンケルがアバン流刀殺法を打ち破るために編み出した必殺剣。

一撃で城壁に大穴をあける破壊力がある。

 

>闘魔傀儡掌

使用者:ヒュンケル

暗黒闘気によって相手の全身の自由を奪う技。

本来は骸を操るための技。

闘魔傀儡掌で動きを奪い、ブラッディースクライドでトドメを刺すのが、ヒュンケルの必勝法。

 

>ベホイミ

使用者:マァム

【ホイミ系】【回復】の中級呪文。

ダイとの戦いに敗れたヒュンケルに使用。

そのおかげで、ヒュンケルはダイとの戦い直後でも動けるようになった。

 

ダイの大冒険13話の原作との変更点・カットシーン

ヒュンケルにベホイミをかけるマァム

原作を読み返しながらアニメを視聴して判明した変更点・カットシーンは以下の通り。

 

  • 原作ではダイがブラッディースクライドを受けた後、ポップが離れた位置からダイに声を掛けるが、アニメ版では即座に這いつくばりながら、ダイの元に寄る。
  • マァムがヒュンケルに対し、ダイ達のことを原作では「後輩」と例えていたが、アニメ版では「アバンの使徒」に変更。
  • ヒュンケルがマァムに説得された際、原作では「魔王軍の魔剣戦士ヒュンケル」だから後戻りできないセリフだけだったが、アニメ版では「魔の鎧にこの身を包んだ復讐の戦士」のセリフが追加。
  • マァムがヒュンケルに膝枕する際、アニメ版ではベホイミを使用する場面が追加。
  • フレイザードが登場する際、アニメ版では自分の事を「六大軍団長、最強の男」と自信に満ちたセリフが追加。
  • フレイザードの「手柄を横取りしようなんざ100年早えェんだよ」が、アニメ版では100万年に変更。
  • 原作ではフレイザードはただ立ち去るだけだったが、アニメ版ではキメラの翼を使用して立ち去っている。
  • 原作ではヒュンケルが溶岩に飲み込まれた際、ナレーションがあったが、アニメ版ではカット。

 

個人的にはフレイザードの「六大軍団長、最強の男」の自己紹介が一番印象的でした。

 

原作ではフレイザード初登場時に、同じ六大軍団長のバランが、城塞王国リンガイアを1週間で滅ぼしたことを聞いて、震えている描写がありましたが、アニメ版ではカットされていました。

 

きっとアニメ版では、原作以上にフレイザードに自信過剰なイメージを植え付けたかったのだと見受けられますね。

 

それとマァムのベホイミの追加描写も、その後のヒュンケルの行動を考慮すると妥当な描写だと思います。

 

ライデインストラッシュを受けて間もないのに、ダイたちを岩ごと投げ飛ばすのは、今思えば違和感がある。

 

coco13
原作では、生足膝枕という精神的要素だけでHPが回復した感じだからね。

 

ダイの大冒険13話レビュー

 

coco13
今回のヒュンケルとの魔法剣による戦いは、かなり気合いが入っていましたね。

 

coco13
六大軍団長など、特別な戦いではCGに注力しているのが良く分かる。

 

 

coco13
ライデインストラッシュもカッコいい感じだったけど、最後の雷の露払いも地味にカッコいい感じでしたね。

 

 

coco13
マァムの生足膝枕は、僕に中ではベホマですよ。

 

 

coco13
このセリフを竜騎将バランの前でも言ってほしい。

 

 

coco13
最後にクロコダインに感謝をしつつ、ダイ達を救うこの場面は、ダイの大冒険の名シーンの1つとも言える。

 

 

coco13
ターミネーター2の最期と重なるのは僕だけでないはず。

 

ダイの大冒険13話感想まとめ

ヒュンケルに父バルトスの真相を伝えるマァム

13話ではヒュンケルとの戦いにピリオドが打たれ、アバン先生への誤解も解けました。

 

現代CG技術による魔法剣も、原作や旧アニメと違い、迫力ある映像でした。

 

来年からは、いよいよレオナ姫や暴君フレイザードも登場するので、今から楽しみですね。

 

14話ではフレイザードのあの必殺技を現代CGで見られますね。

ダイの大冒険 アニメ視聴ならAmazonプライムビデオがおすすめ
  • 初回30日間は無料で視聴できる
  • 月額500円でプライム会員特典すべて利用可能(コスパ最強)
  • ダウンロード可能なためオフラインでも視聴可能
  • 3台まで同時視聴可能
  • 配信数は15,000本(レンタル・購入作品除く)と少なめ
  • 倍速機能は備わっていない

ダイの大冒険は有名な作品であるため、多くの動画配信サービスで視聴が可能です。

アニメは視聴したいけど、まだ動画配信サービスを利用していないのであればAmazonプライムビデオがおすすめです。

30日間の無料お試し期間があるので、期間内に気になるアニメを全て視聴すればお金は一切かかりません。

UNEXTやHuluなど専属の動画配信サービスと比較すると動画配信数やUIは劣るものの、Amazonプライムビデオの料金は月額500円(年払い4,900円)とサイフに優しいです。

さらに上記料金にはプライムビデオだけでなく、下記特典も含まれているためコスパ最強のサブスクリプションと言えます。

  • 1,000冊以上の電子書籍が読み放題となる『プライムリーディング』
  • 200万曲以上の曲が無料で聴ける『プライムミュージック』
  • Amazon買い物において通常配送料無料・お急ぎ便が無料
  • Amazonセールで一般会員より優遇

 

>>【30日間無料】Amazonプライムを体験してみる

 

coco13
まずは無料体験で使い勝手を確認してから継続するかどうか決めましょう。電子書籍は小説やビジネス・経済雑誌も豊富なので、先ほど紹介したDMMブックスの穴埋めにもなります。

Amazonプライムビデオの登録手順

  1. Amazon公式サイトより『プライム』を選択
  2. Amazonアカウントにログインする
  3. 支払い方法と請求先住所を入力
  4. 『30日間の無料体験を試す』を選択

 

ダイの大冒険 おすすめ電子書籍はDMMブックス
  • 初回の無料会員登録で70%OFFクーポンゲット
  • 試し読み無料や期間限定無料で読める作品が豊富
  • 大人向けの漫画も充実
  • 年3回のセール時のポイント還元がお得
  • 購入した本はダウンロード可能なのでオフラインで読める
  • 小説や実用書などのジャンルは少なめ
  • 大人向けコンテンツのイメージが強い(旧DMM.R18はFANZAに改名)

文庫版については電子書籍も扱っていますが、電子書籍だと1冊あたり680円と紙媒体(715円)と比較して安く購入できます。

さらにDMMブックスだと初回限定特典として無料会員登録で70%OFFクーポン(割引上限金額3,000円)をゲットできるため、まとめ買いするのであれば、クーポンを活用するべきです。

運営元であるDMM.comはオンラインスクールや金融など様々な事業の展開しているため、サービスの突然の停止の心配も不要。

品揃えは66万冊以上(2021年2月時点)と申し分ないですが、大人向け作品や漫画が多い反面、小説や実用書は少ないので、漫画向けのサービスと割り切ったほうがいいです。(実用書がメインならkindle unlimitedがお得)

男性陣の場合、アダルト作品の試し読み無料を多く扱っている点も見逃せません。

過去にもお得なクーポンは発行していましたが、赤字計上を理由に廃止された経緯があり、今取り組みしている70%OFFクーポンも、いつなくなるか分からないので、早めに無料登録を済ませてクーポンを活用しましょう。

 

>>【登録無料】DMMブックスを体験してみる

 

coco13
DMMブックスは都度購入型の電子書籍サービスのため月額料金は一切かかりません。

DMMブックス登録手順

  1. DMMブックスの『DMMアカウント登録画面』を選択
  2. メールアドレスとパスワードを入力
  3. 『認証メールを送信する』を選択
  4. 認証メールが届いたら記載されているURLにアクセス

 

ダイの大冒険 アニメ視聴も電子書籍も1つで満たすならU-NEXTがおすすめ
U-NEXT
  • 初回31日間は無料で視聴でき600ポイント付与される
  • 動画視聴だけでなく漫画・雑誌・書籍も楽しめる
  • 倍速機能も同時視聴もダウンロードも可能
  • 毎月1200ポイントが付与される
  • ポイント還元はクレジット払いで40%とお得
  • 総配信数もアニメ配信数も業界1位
  • 過去作品だけでなく最新作品のトレンドにも対応
  • アダルト作品も5万本が見放題と充実
  • 料金は月額2,189円と高め

『ないエンタメがない』がキャッチフレーズのU-NEXTは、多くのジャンルで業界1位の配信数を誇っており、アニメ部門においてもDアニメを抜き業界1位となっています。

31日間の無料お試し期間があるので、期間内に気になるアニメや映画・ドラマを全て視聴すればお金は一切かかりません。

動画視聴の機能面でも、他のサービスと比べて高い機能を誇っているため使い勝手で不自由は感じません。

また動画配信サービスだけでなく、漫画・書籍・雑誌も扱っているため、複数社のサービス利用に煩わしさを感じる方におすすめです。

男性陣の場合、アダルト作品が見放題だけで5万本ある点も見逃せません。

料金は2,189円と高く感じますが、毎月1,200ポイント(1ポイント1円)が付与されるため、実質負担は1,000円を下回ります。

クレジット払いで購入すれば支払い額の40%が32日後にポイント付与される点も大きく、例えばダイの大冒険を全22巻購入すれば、5,975ポイント(679円×22巻×40%)がポイント還元されるため、ポイントのみで『ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王』シリーズを揃えることも可能です。

注意点として、購入して入手したポイントは180日間、付与・還元ポイントは90日間と期限は長くないため、定期的にポイントを使用しない方だとポイントのリスクがあります。

 

>>【31日間無料】U-NEXTを体験してみる

 

coco13
U-NEXTはオールマイティ―なサービスなので、電子書籍も動画視聴を定期的に楽しむのであればコスパは高いです。

U-NEXTの無料登録手順

  1. U-NEXTのTOPページにある「まずは31日間無料体験」を選択
  2. 個人情報を入力
  3. 支払情報を入力
  4. 登録完了したらホームボタンをクリック