イスラエル観光 1人旅ブログpart2【死海とペトラといえば中東】

こんにちは、一人旅が大好きなcoco13世です。

アラブの春が中東で広まった頃に、イスラエル(ついでにヨルダン・トルコ)へ、1人で旅行してきました(^^)/

 

イスラエルは「危険な国」なイメージが強く、旅行先としては選ばれにくい観光地です。

 

しかしながら、宗教聖地エルサレムを筆頭に観光名所は多く、多少のリスクを取ってでも、行く価値はあると断言できます。

そうは言っても、一定の信ぴょう性の高い情報は必要です。

 

そんなわけで、実際の旅行体験を時系列でまとめてみたので、定番の旅行に飽きた方、イスラエルに興味を持っている方は参考にしてください。

 

 

<日程>

1日目 出国 大阪→イスタンブール

2日目 イスタンブール→テルアビブ→ハイファ⇔ナザレ、ティベリヤ

その1

3日目 ハイファ→エン・ゲディ(死海)→マサダ国立公園→エイラット

4日目 エイラット⇔ペトラ遺跡(ヨルダン)

<今回の記事はココです>

5日目 エイラット→エルサレム

6日目 エルサレム→パレスチナ自治区(ベツレヘム)→テルアビブ 出国

その3

7日目 イスタンブール

8日目 イスタンブール→大阪

9日目 帰国

その4

 

 

イスラエルの地図とpart2で実際に訪れた街

 

ツアーではないです。

日本で事前に手配したのは、航空券とエイラット⇔ペトラ遺跡の個別ツアーだけです。

part2ではイスラエル中部と南部と隣国ヨルダンの体験談となります。

 

イスラエル旅行3日目

朝に軽くハイファを観光。

その後はテルアビブへ一旦戻り、バス移動で死海とマサダへ。

そして本日の締めくくりは、イスラエル最南の街エイラット。

 

地中海に面した街を探索

 

前日はハイファ到着後、すぐにナザレに向かったため、実質的に、この日がハイファ観光となる。

 

まずは地中海を見に、海辺へ向かう。

地中海・・・

 

ただの海にしか見えない。

 

ランニングしている人を何人か見かける。

地中海沿いのジョギングは、気持ちよさそう(^^)

 

海沿いをランニングしている人

 

地中海の浜辺

 

地中海の水が、しょっぱいことを確認(^^)/

 

その後、ハイファ湾の眺望を堪能するために、丘の上にある「ステラ・マリス・カルメリット修道院」へ向かう。

市街地から徒歩30分程歩き、ロープウェイを使って到着。

帰りは遊歩道を利用して下山。

 

丘から見たハイファの街並み

 

丘から見たハイファ郊外の田舎街

 

ステラ・マリス・カルメリット修道院からの景色。

 

正面から見た昼のバハーイー庭園

 

街のシンボルである、世界遺産のバハーイー庭園。

夜はライトアップされていて綺麗でした。

 

市街地に戻って、朝ごはんを済ませ、泊まる部屋を貸してくれた、オーナー夫妻に挨拶。

 

次なる舞台となる、世界で一番塩分濃度が高い湖「死海」へ行くために、一旦、電車でテルアビブに戻る。

 

浮遊体験といえば死海

 

テルアビブからバスに乗る事3時間。

正面に死海が見えてくる。

降りるバス停を間違えないよう、死海が見えたあたりから、バスの運転手に降りる場所を、事前告知して無事到着。

 

バスから見えた死海の光景

 

地球の歩き方には、無料のパブリックビーチで十分と書かれていたため、無料のビーチを目指す。

 

ビーチに向かうと、浮遊体験を楽しんでる人が多い(^^♪

水の上を大の字で寝たり、水に浮かびながら、カップラーメンを食べている人もいた。

 

僕も関空で買った少年ジャンプを持参して、水の上で読書する姿を撮ってもらった(^^)/

ここまで、重たいジャンプを持ってきた甲斐があった。

 

なお、ここでは苦手な背泳ぎも簡単にできる(^^)

 

泳ぎの苦手な方でも、ここでは溺れる心配がない!

 

死海ビーチで泳ぐ人々

 

死海で浮遊体験を楽しむ人々

 

みんな優雅に泳いでいた。

 

死海で浮きながらジャンプを読む作者

 

念願の死海でジャンプを読む(゚∀゚)

 

この日は40度以上あったため、水遊びを満喫するつもりであった。

しかし、塩分濃度が高すぎるためか、体の水分が奪われる感じがしたため、15分に1回は水の外に出ていた。

 

また水を舐めると、しょっぱいを通り越して、舌が痛かった。

 

もし目に水が入ったら、シャレにならない痛さだろう!

 

水遊びを楽しんだ後は、念入りに塩水をシャワーで流す。

そして、重たいジャンプとおさらばして、バスに再び乗り、世界遺産「マサダ」に向かう!

 

難攻不落の要塞マサダ

 

マサダは砂漠にそびえた立つ、岩山の上に建設された要塞であり、ユダヤ民族結束の象徴である。

 

またAC70年、ローマ軍に追いつめられたユダヤ人が、2年以上に渡り、籠城戦を繰り広げた場所でもある。

 

砂漠の岩山に築きあげられた建造物

 

 

砂漠の絶壁であり、まさに自然の要塞。

しかし、難攻不落の要塞とはいえ、ロープウェイを使えば3分程で乗り込める!

 

また砂漠の要塞とはいえ、大部分がローマ軍により破壊されており、砂漠の廃墟という感じであった。

 

聖剣伝説2の廃墟のBGMが、よく似合う感じかな(^^)/

 

マサダからは、死海や広大な岩石砂漠を見渡せる。

すごい場所に来たなと、改めて感心。

 

海抜が書かれた看板

 

マサダのロープウェイ乗り馬

 

ロープウェイで登った場所は、海抜33m。

ロープウェイ乗り場は、海抜-257m。

 

大部分が破壊されている建造物

 

 

建物はほとんど崩壊してますが、かなり広く、当時はひとつの町としての機能を備えてた。

 

マサダ観光後は、お土産屋で死海の泥パックや石鹸を購入。

 

その後、一時間近く、一人でバスを待つことに。(ほとんどの観光客は、ツアー参加だったため)

 

待っている間も、暑さのせいか喉が渇く。

水が販売されている頼みのお土産屋も、17時閉店。

お土産より、水をもう一本買っておくべきだったと後悔するも、門番のおじさんがペットボトルをくれる。

 

砂漠地帯のため、暑さ+乾燥という、日本にはない気候であり、水分補給は非常に重要である。

 

おじさんに感謝(^^♪

 

バスに乗り込んだ後は、すぐに寝てしまうも、道中いきなり検問。

目が覚めたら、アサルトライフルを持った複数の兵士が、乗客と話をしていた( ゚Д゚)

 

一瞬、テロリストにバスが乗っ取られたかと勘違い!!

 

冷静でいられた理由として、バスに乗った際、隣の乗客も兵士で、アサルトライフルを所持していたからだと思います。

 

イスラエルでは、一般のバスにも、高確率で兵士も乗客してくる。

そして、アサルトライフルを所持している方も多いので、最初の頃はびっくりします(゚Д゚)

 

イスラエル最南端の街エイラット

 

マサダから3時間程でエイラット到着。

 

とりあえず、翌日のペトラツアーの待ち合わせ場所である、ホテルを目指す。

少々、宿泊料が高かったが、疲れていたため即決する。

 

ホテルに荷物を置いた後、夜の街を散策。

夜遅かったため、夕食は軽めの日本食を提供している店を選ぶ。

 

思えば、初日も2日目も一切、日本人を見かけず、日本語も喋っていないので、軽くホームシックな感じになる。

 

明日は朝7時に集合であったため、夕食後はホテルに戻り消灯。

 

エイラットで宿泊したホテル寝室の光景

 

ホテルは日本円で1万円弱と、割高であったが,、部屋は広い以外いたって普通。

一応、ホテルにプールはあった。

 

イスラエル旅行4日目

この日は、ペトラ遺跡ツアーに参加。

人生2度目のしっかりとした陸路国境超え。

夕方からはエイラット観光。

 

まずはイスラエル・ヨルダン国境へ

 

本日は、日本で申込みした「ペトラ日帰りツアー」に参加。

 

とりあえず約束の時間に、ホテル入口で待っていると、ガイドが迎えに来た。

その後、いくつかのホテルでツアー客を拾って出発。

 

どうやらメンバーは、ドイツ人のおっさん、イギリス人の中年女性、ブラジル人のおばちゃん2人、オーストラリア人の若い女の子2人のようだ。

 

かなりグローバルなメンバーである!!

 

国境に到着後は、ガイドが入国審査官と長く話をしていたため、暇つぶしに、周囲の写真を撮っていたら怒られる。

 

イミグレは空港同様に、写真厳禁みたいだけど、陸路の国境は人生2度目であったため(欧州は除く)、ついつい興奮して、写真を撮ってしまった(>_<)

 

自分の出国審査は無事済んだが、イギリス人の女性が、結構長く捕まっていた。

 

今回の旅行で「ペトラ」を単独旅行でなく、ツアーに参加した理由が、この入出国である。

 

イスラエルの入出国は、かなり厳しいため、万が一陸路の出国が認められず、ペトラに行けないオチを防ぐためツアーを選択。

 

ヨルダンの入国ゲート

 

入国ゲートでバスを待つ人々

 

朝のせいか、国境内は混雑していました。

 

中東を代表する遺跡ペトラ

 

ヨルダン入国後、1時間半ほどでペトラに到着。

 

入口でガイドが、帰りの時刻について説明していたが、英語のため話半分が理解できず(>_<)

 

話が終わった後、優しいドイツ人のおっさんが、帰りの集合時間について、丁寧に教えてくれた(^^♪

 

話が終わった後は自由行動なため、自分のペースで遺跡内部へとテクテクと歩く。

 

両側を岩壁に挟まれた細い路地を15程歩くと、ペトラの代名詞ともいえる「アル・ハズネ遺跡」が見えてくる。

 

遺跡内部を目指すために岩に挟まれた細道を歩く人々

 

 

 

アル・ハズネ遺跡正面の景色ととラクダに乗る旅人

 

ここは撮影スポットであり、撮影用のラクダもいる。

 

何枚か写真を撮り、更に奥に進むと、円形闘技場や大寺院が見えてくる。

この辺りからは高低差もあり、気温も40度を超えていたため、かなりの体力を消耗する( ゚Д゚)

 

こまめに水分補給をして、定期的に日陰で休憩しながら、遺跡を探索。

 

遺跡はかなり広く、1日で全てを回るのは大変。

なお、一部のツアー客は、ラクダに乗って観光していた。

 

ペトラ遺跡内部の光景

 

ペトラ遺跡内部の建造物

 

アル・ハズネ遺跡の奥も、見どころは多い!

 

ヨルダン・エジプトが見渡せる海岸へ

 

ペトラ観光後は、再びイスラエルのエイラットへ。

帰りの国境は、全員スムーズに通過(^^)/

 

人がほとんどいない国境内

 

イスラエル国境側の車の乗降場

 

国境は行きと違い、かなり空いていた。

 

ホテルに戻った後は、海岸沿いのショッピングモールへ。

ここではマックやGAP等、飲食店やアパレルショップが何店舗か入っている。

 

日本でもよく見かける複合施設だが、違いは1つ。

 

それは、入口で荷物検査や探知機ゲートがあること!!

 

ここは平和な日本でなく、いつ有事になっても、おかしくないイスラエルであることを、改めて実感!

 

ショッピングモールの外

 

ショッピングモール外の大きな広場

 

海岸沿いには、飲食店やお土産屋がいくつか並んでおり、観光客も多い。

 

また、アメリカ寄りのイスラエルのリゾート地であることから、沖縄を連想させるような街であった。

 

夜になるとアカバ湾から、隣国エジプトのターバーや、ヨルダンのアカバの街の灯りが、はっきり見えます。

実際この2つの街へは、1時間以内で行くことが可能。

 

夜のアカバ湾

 

対岸の灯りが、ヨルダンのアカバ。

違う場所からは、エジプトのターバーも見える。

 

アフリカ大陸から、中東・ヨーロッパに陸路で行くためには、一般的には、このエイラットが架け橋の街となるため、交易面において、非常に重要な街でもある。

(もう一つ、ハマスが支配するパレスチナのルートもあるが、情勢面からこちらはオススメできない。またパレスチナ<ガザ>からイスラエルの入国が、非常に困難だと思われる。)

 

夕食は、前日と同じ日本食の店に入り、違うメニューを頼む。

 

夕食後、明日の朝食分をマックで購入。

街をフラフラした後、ホテルに戻り消灯。

 

イスラエルで頼んだ焼き鳥ご飯

 

この日は焼き鳥ご飯だったが、米はやはり日本産の方が良い(^^)

 

part2はここまです。

 

\イスラエル北部観光はpart1へ/

あわせて読みたい

こんにちは、旅行ではリスクを取るcoco13世です。 アラブの春が中東で広まった頃に、イスラエル(ついでにヨルダン・トルコ)へ、1人で旅行してきました(^^)/   イスラエルは「危険な国」なイメージが強く、旅行[…]

金属探知機が見える乗り継ぎゲート

 

\エルサレム・パレスチナ旅行記はpart3へ/

あわせて読みたい

こんにちは、一人旅が大好きなcoco13世です。 アラブの春が中東で広まった頃に、イスラエル(ついでにヨルダン・トルコ)へ、1人で旅行してきました(^^)/   イスラエルは「危険な国」なイメージが強く、旅行先と[…]

嘆きの壁付近を歩くユダヤ教徒

 

\イスタンブール旅行記はpart4へ/

あわせて読みたい

こんにちは、知らない街の散策が大好きなcoco13世です。 アラブの春が中東で広まった頃に、イスラエル(ついでにヨルダン・トルコ)へ、1人で旅行してきました(^^)/   イスラエルは「危険な国」なイメージが強く[…]

ガラタ塔から見たボスフォラスラス海峡