イスラエル観光 1人旅ブログpart4【経由地イスタンブールを散策】

こんにちは、知らない街の散策が大好きなcoco13世です。

アラブの春が中東で広まった頃に、イスラエル(ついでにヨルダン・トルコ)へ、1人で旅行してきました(^^)/

 

イスラエルは「危険な国」なイメージが強く、旅行先としては選ばれにくい観光地です。

 

しかしながら、宗教聖地エルサレムを筆頭に観光名所は多く、多少のリスクを取ってでも、行く価値はあると断言できます。

そうは言っても、一定の信ぴょう性の高い情報は必要です。

 

そんなわけで、実際の旅行体験を時系列でまとめてみたので、定番の旅行に飽きた方、イスラエルに興味を持っている方は参考にしてください。

 

また、イスラエルの経由地としてイスタンブールもオススメですよ(^^)/

 

<日程>

1日目 出国 大阪→イスタンブール

2日目 イスタンブール→テルアビブ→ハイファ⇔ナザレ、ティベリヤ

その1

3日目 ハイファ→エン・ゲディ(死海)→マサダ国立公園→エイラット

4日目 エイラット⇔ペトラ遺跡(ヨルダン)

その2

5日目 エイラット→エルサレム

6日目 エルサレム→パレスチナ自治区(ベツレヘム)→テルアビブ 出国

その3

7日目 イスタンブール

8日目 イスタンブール→大阪

9日目 帰国

<今回の記事はココです>

 

 

ツアーではないです。

日本で事前に手配したのは、航空券とエイラット⇔ペトラ遺跡の個別ツアーだけです。

part4では、今回の旅行の経由地であるイスタンブールの体験談となります。

 

イスタンブールの名所の位置

 

イスラエル(イスタンブール)旅行7日目

朝の便でイスタンブールに到着。

イスタンブールの主要観光名所を散策。

 

イスタンブール旧市街へ

 

朝8時過ぎに、無事イスタンブールのアタチュルク国際空港に到着。

飛行機の中は熟睡していたため、あっという間に到着した感じであった。

 

入国審査は簡単に通過。

 

メトロに乗り、世界遺産が集まる旧市街を目指す(^^)/

 

何かのイベントのせいか、ホテルは満室のところが多かった。

 

あるホテルでは部屋が満室であったため、ベッドが置いてある地下の物置き場を用意してくれた。

一泊だけであったが、虫の死骸を見てお断り!

 

1時間近くホテルを探し、なんとか確保。

エアコンが不調と聞いていたが、大丈夫でほっとした。

外はかなり暑いため、エアコンが使えなかったら熱中症になりかねない(゚Д゚)ノ

 

清潔感がある寝室

 

泊まったホテルの寝室。

やはり寝る場所に清潔感は求めてしまう!

 

前日の空港での疲れもあったため、一旦仮眠をとる。

 

世界遺産が集まる旧市街

 

仮眠後、まずはイスラム教徒の礼拝堂「ブルーモスク」まで、徒歩で目指すことに。

 

道中、ケバブを売っている店をいくつか見かけたので、食べてみると病みつきになる美味しさだった(^^♪

 

イスタンブールに来たら是非ケバブを食べてください(^^)/

店員たちも親切で、ユーモアのある方が多い!!

 

笑顔のケバブに触れる店員

 

「ブルーモスク」は、エルサレムの「岩のドーム」と違い、イスラム教徒以外も中に入れる!

 

外は暑かったので、室内の絨毯の大部屋で休憩。

 

日本人の個人旅行者も多く、今回の旅行で初めて日本語で会話をする!

 

旅行7日目にて、ようやく緊張の糸がほどける(^^)v

 

広場から見たモスク

 

公園から撮影した「ブルーモスク」

間近でみると壮大である!

 

続いて、イスラム教とキリスト教が同居する「アヤソフィア」へ向かう!

 

「アヤソフィア」は「ブルーモスク」からスルタンアフメット公園を挟んだ向かい側にある。

 

スルタンアフメット公園では露店も多く、観光客で賑わっていた。

 

スルタンアフメット公園の露店

 

スルタンアフメット公園から見たアヤソフィア

 

またイスラエルと違い、重火器を持った兵士はおらず、平和な国へ来たなと改めて実感!

 

「アヤソフィア」の室内を散策した後は、東西の商品が集まった「グランド・バザール」へ向かう!

 

グランド・バザールは思ったより広く、また様々な商品が売られている。

 

知人よりサフランを頼まれていたため、相場を聞くと日本より全然安く、思わず大量買い(^^)/

 

お土産の目星をつけつつ、続いて旧市街と新市街を結ぶ「ガラタ橋」へ向かう!

 

グランド・バザールの外観

 

グランド・バザールで買い物する多くの人々

 

中も外も、多くの人で賑わう「グランド・バザール」

 

ガラタ橋から新市街のガラタ塔へ

 

「ガラタ橋」はイスタンブールで最も有名な橋の一つで、交通の要ともなっている!

 

400mほどの橋で、上は道路で下はレストランが並んでいる。

 

また橋では、多くの釣り人を見かけた。

 

ガラタ橋で釣りをする人々

 

意外と魚が釣れていた( ゚Д゚)

 

お店と釣り人で賑わうガラタ橋

 

釣りをしているのが上層。

下層はレストランが並んでいる。

 

 

橋を渡り、しばらく歩くと「ガラタ塔」が見えてくる。

 

ガラタ塔

 

「ガラタ塔」からは、旧市街・新市街・ボスフォラスラス海峡を越えたアジアサイドの街を、見渡すことができる。

 

ガラタ塔から見たボスフォラスラス海峡

 

「ガラタ塔」に着いた頃には夕暮れであったため、帰りはトラムにデビューして旧市街へ戻る。

 

旧市街に戻った後は夕食。

 

世界三大料理といえば中華料理、フランス料理、トルコ料理。

そんなわけで、夕食はもちろんトルコ料理の店を選ぶ(^^♪

 

観光客が多いため、一人で店に入りやすい。

また店員もフレンドリーな方が多く、暖かく受け入れてくれる。

 

机に置かれたトルコ料理

 

それとトルコは親日と聞いていたが、想像以上!!

道で地図を広げていると、向こうから声を掛けてくれたりもする(^^)

 

料理も口に合うものが多く、今までの海外旅行の中でも、食事部門では上位にランクイン(^^)v

 

夜になっても、旧市街は観光客で賑わっていた。

 

旧市街のメインストリートを歩く多くの観光客

 

 

イスラエル(イスタンブール)旅行8日目

日中は昨日行けなかった場所へ散策

夜に空港へ向かう。

 

フェリーに乗ってボスフォラス海峡

 

今日は旅行最終日。

 

ホテルの屋上でまったり朝食を済ませ、荷物をまとめフロントに預ける。

 

 

ケバブを食べつつ、旧市街の海沿いを散策しつつ、ガラタ橋の「エミノニュ」フェリー乗り場へ。

 

待機するフェリー

 

エミノニュフェリー乗り場は、分かりやすい場所にある(^^)/

 

アジアとヨーロッパを結ぶボスフォラス大橋を見るため、フェリーにてアジアサイド経由で「ドルマバフチェ宮殿」へ目指す。

 

 

アジアサイドのウスキュダルフェリー乗り場は、やや寂しい感じ。

 

この日も相変わらず暑かったが、フェリーに乗っている最中は、風が気持ちよかった。

 

ドルマバフチェ宮殿のフェリー乗り場では、ボスフォラス大橋を写真に収める観光客が多かった。

 

もちろん僕もその1人であった。

 

 

新市街の中心タクシム広場

 

ボスフォラス大橋を写真に収めた後、当初歩いて「タクシム広場」へ行こうとしたが、暑かったためタクシーにて向かう!

 

タクシーの運ちゃんは、男から見ても完璧なイケメン!!

トルコではイケメン率が非常に高いと、今回の旅行で感じた( ゚Д゚)

 

「タクシム広場」付近は、かなりにぎわっており活気がある!

 

トラムが走っているイスティクラル通りをひたすら歩き、昨日観光した「ガラタ塔」を目指す!

 

イスティクラル通りでは、パレードも開催しており観光客で賑わっていた。

 

イスティクラル通りのパレードで賑わう人々

 

よくわからないマスコットキャラが、活躍していた!

 

再びグランド・バザールへ

 

「ガラタ塔」からトラムに乗って、再び「グランド・バザール」へ。

 

相変わらず賑わっている。

 

帰りの飛行機は23時過ぎで、時間的にはかなり余裕があったため、ゆっくりお土産を選別。

また休憩がてら、何種類かのトルコデザートを食べ、心を満たす(^^♪

 

「グランド・バザール」には試食コーナーも何か所かあり、小腹を満たす場所として最適である。

 

お土産を買って、まだ時間に余裕があったため、ガラタ橋の飲食店でまったりする。

 

また最後に思い残すことのないよう、旧市街を散策(^^)/

 

ガラタ橋の下層を行き来する人

 

ガラタ橋下層のお店では、海の匂いをフルに感じる。

 

 

旧市街のモスク周辺は観光客でいっぱい(^^)/

 

2日間で気づいたのが、都会にも関わらず、多くの猫を見かけたこと。

あるガイドブックには、イスタンブールは猫の街と記載してあったが真実である。

 

車の下で転がる3匹の猫

 

道路でくつろぐ3匹の猫

 

空港でサプライズ

 

夜9時頃、メトロに乗り空港へ。

 

正直、今回の旅は、今までで一番危険度が高いと感じていた。

そのため空港に着いたときは、内心ほっとしていた。

 

入国審査も通過した頃には、今日1日の疲れも一気に出る!

いつもなら空港内を散策するが、そんな元気もない(-.-)

 

そんなわけで、まったり搭乗口で待っていると、誰かが声を掛けてくる!

最初は無視していたが、何度も声を掛けてくる!!

振り向くと、なんと知人であった!!!

 

今まで一人で心細い旅行であったが、ここで一気に心細さが消える(^^♪

彼女たちは3人で、トルコ国内のツアーに参加していたらしい。

 

お互いの旅行の写真を見せつつ、次はトルコを主体とした旅行もしたい!と感じた。

 

イスラエル(イスタンブール)旅行9日目

 

9日目の夕方に無事関空へ到着。

みんなで再度、記念写真を撮り、大阪市街地へ向かう。

 

今まで関空に行く際は、名古屋から近鉄と南海鉄道を使っていたが、彼女たちからJR「特急はるか」の存在を教えてもらう。

 

今後の交通手段に活かします!

(後のマレーシア旅行で活かされました!)

 

イスラエル(ペトラ遺跡・イスタンブール)旅行まとめ

 

今回の旅行は、出発半年前から計画していました。

そしてイスラエルの情勢次第では、第二候補としてシリアも検討していました。

 

しかし旅行計画中、アラブの春の暴動により、中東情勢はみるみる変化しました。

また実際に旅行する頃には、隣国のエジプト・シリア・ヨルダンで、暴動が起きたという情報もありました。

 

しかしながらユダヤ国家であるイスラエルは、アラブの春の影響がなかったため、運が良かったです(^^)

 

イスラエルは名所も多く、交通の便も網羅されていることから、旅行好きなら一度は訪れてほしい国です。

 

また新約聖書の舞台であることから、新約聖書の有名なシーンは、知っておいた方が楽しめます(^^♪

 

ただしイスラエルに限らず、中東は情勢の変化が激しいため、旅行を検討されている方は、常に最新情報を収集することを心掛けましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

この記事を読まれて、イスラエル(イスタンブール、ペトラ遺跡)について、少しでも興味を持たれた方がいたら幸いです。

 

 

\イスラエル北部観光はpart1へ/

あわせて読みたい

こんにちは、旅行ではリスクを取るcoco13世です。 アラブの春が中東で広まった頃に、イスラエル(ついでにヨルダン・トルコ)へ、1人で旅行してきました(^^)/   イスラエルは「危険な国」なイメージが強く、旅行[…]

金属探知機が見える乗り継ぎゲート

 

\死海・ペトラ遺跡の旅行記はpart2へ/

あわせて読みたい

こんにちは、一人旅が大好きなcoco13世です。 アラブの春が中東で広まった頃に、イスラエル(ついでにヨルダン・トルコ)へ、1人で旅行してきました(^^)/   イスラエルは「危険な国」なイメージが強く、旅行先と[…]

アル・ハズネ遺跡正面の景色ととラクダに乗る旅人

 

\エルサレム・パレスチナ旅行記はpart3へ/

あわせて読みたい

こんにちは、一人旅が大好きなcoco13世です。 アラブの春が中東で広まった頃に、イスラエル(ついでにヨルダン・トルコ)へ、1人で旅行してきました(^^)/   イスラエルは「危険な国」なイメージが強く、旅行先と[…]

嘆きの壁付近を歩くユダヤ教徒