ミャンマー・バガン旅行【いざ仏教三大聖地へ】1人旅ブログ part1

こんにちは、ASEAN諸国制覇を目指すcoco13世です。

2018年秋に、注目を浴びているミャンマーに行ってきました(^^)/

一番の目的は、世界遺産であるミャンマーの古都バガン。

 

バガン遺跡は、

  • カンボジアのアンコール遺跡
  • インドネシアのボロブドゥール遺跡

この2つと並ぶ、仏教三大聖地である。

 

<日程>

1日目 出国 名古屋→バンコク

2日目 バンコク→ヤンゴン

<今回の記事はココです>

3日目 ヤンゴン→バガン

その2

4日目 バガン→バンコク

5日目 バンコク

6日目 帰国 バンコク→名古屋

その3

 

ミャンマー(バガン)一言メモ

 

英語はあまり通じない。

 

通貨は「チャット」だが、カンボジア同様に「USドル」支払いも可能な店が多い。

 

ビザは2020年9月まで、暫定的に「観光」目的の旅行であれば不要。(渡航される方は都度、確認しておこう)

 

11月に訪れたが、ヤンゴンはバンコク同様暑かったが、バガンはそこまで暑くなく、夜は涼しく現地の人は、パーカーを着用していた。

 

アンコールワットがあるカンボジアのシェムリアップより、バガンの方がはるかに田舎。

 

パヤー(仏塔)寺院に入る際は裸足になる必要があるため、暑い時期に行かれる方は時間帯を考慮すること。炎天下に裸足は「スキル心頭滅却」がないと無理!

 

バガンの道路は、メイン道路以外は舗装されておらず、砂ぼこりがすごいので、気になる方は、マスクやサングラスを持参した方が良い。

 

日本からヤンゴンへの直行便は、成田からANAが出ているが安く済ませるのなら、タイやマレーシアからLCCがお勧め。

 

バガンの空港は国内線のみで、ヤンゴンもしくはミャンマー第二の都市マンダレーから向かうのが定番である。

 

ミャンマー旅行のきっかけ

以前から、三大仏教聖地の1つであるミャンマーのバガンに、興味がありました。

軍事政権崩壊後、情勢も安定しており、今後発展して物価が高騰する前に、是非足を運んでみようと思い、ミャンマー旅行を決行。

 

お気に入りのバンコクから、アクセスが良いのもポイント。

 

周りに誰も行ったことがなく、まだまだ未開の地であったことも、決めての1つですね。

 

ミャンマー旅行1日目

出国、そして本日はバンコクでお泊り。

 

セントレアへ

 

夕方便ですが、今回はエアアジアのため機内食はなく、早めに到着して「矢場とん」で、遅めの昼食を済ます。

その後、チェックインへ。

 

機内持ち込み荷物は7キロとあったが、特に確認はされず!

また、窓側の席を選ばせてくれた。

(LCCは無理だと思ってました。)

 

今回びっくりしたのが、出国手続き!

無人化されており、パスポートを機械にかざして終了!!

 

6時間超のフライトとなるため、搭乗前にペットボトル2本購入。

飛行機搭乗後は「ドラクエ5」で、時間を潰す。

席に画面はあるも、使用不可であるため、LCC利用する方は、必ず時間を潰す術を持つこと!

 

大都市バンコクへ

 

今回はLCCエアアジアのため、バンコクのドンムアン空港に到着。

 

夜9時過ぎ到着にも関わらず、イミグレはかなり混雑。

イミグレではタイ人の他に、アセアン諸国と中国人用の専用窓口があった。

やはり、アセアン諸国や中国からの入国は多いのだろう!

 

イミグレを無事通過して、次に行うのが現金調達。

空港の両替レートが悪いのは定番であるため、今回もクレジットカードのキャッシングで資金調達。

 

利用したATMは、UFJの提携でもあるアユタヤ銀行。

手数料220バーツと表示があるも、費用請求はなし。

推測だがキャッシングでは、手数料は取らない規則があるのかも。

 

レートは当日レート3.45バーツに対し、7日間の利息込で3.478バーツ。

現金両替よりは、お得である。

 

今回のバンコクで、想定外の出来事は2つでした。

 

1つ目:空港タクシー

 

到着時間も遅く、一刻も早く市内に行きたかったので、タクシーを確保しよう、タクシー乗り場専用窓口(8番出口)へ行ってみると驚愕の光景が・・・

 

明らかに1時間待以上の待ち行列が出来ている!

 

待ち時間が無駄に思え、一旦外に出て、モーチット駅行のバス乗り場(5番出口)へ向かう。

すると、近くを通ったタクシーと目が合い、なんと停まってくれた(゚Д゚)ノ

 

値段は400バーツ+高速代金50バーツと、相場より100バーツ程高いが即決

 

時は金なり!!

 

タクシーの待ち時間をカットしたい方は、一旦外に出て、タクシーを見つけたら、手を振ってみよう(^^)/

 

タクシーの運ちゃんの立場からしても、正規より高い金額を受け取れるうえ、待つ必要がないのでWin-Winの関係(^^♪

 

道路は空いており、30分弱でプロムポンに到着。

 

2つ目:ホテル満室

 

 

本日泊まるホテルは、去年もお世話になった、ナナ駅近くのソイ8沿いの「ザプロムナードホテル」の予定であったが、受付にて想定外の事が起きる!

 

 

「満室です。」

 

しかし、こちらもアゴダで予約し、料金も支払い済みであるため引き下がらず(゚Д゚)ノ

すると店員が、代わりのホテルを案内をしてくれることに!

 

案内してくれたホテルは、ソイ8とスクンビット通りの角地にある場所で、立地は良いが騒がしいので、夜ぐっすり寝る人向きではない。

 

身軽になった後は、夜のバンコクの雰囲気を最大限味わうために、ナナとソイカへ(^^)/

 

ソイカの方が人気があるみたいだけど、ナナの方が活気を感じますね。

近くにバービアが密集しているからかな。

 

また、スクンビット通りのルアムチットプラザホテル前の屋台も、復活していました(^^♪

 

テーブルの上に置かれたラーメン

 

値段は50バーツ(170円程)とお手頃。

辺りは、テーメ嬢やレディボーイ達で賑わっています(^^♪

 

ミャンマー旅行2日目

午前中にバンコクからヤンゴンへ移動。

午後からはヤンゴン観光。

 

ドンムアン空港からヤンゴンへ

 

朝6時起床。

時間に余裕があることから、BTSとバスで、ドンムアン空港へ。

 

ナナ駅から1時間弱で、ドンムアン空港へ到着。

値段もBTS(スカイトレイン)44バーツ、エアポートバス30バーツと良心的(^^♪

モーチット駅から空港行のバス停は分かりやすい。

 

 

モーチット駅左手にあるバス停

 

バス停「A1」乗り場。

時間は15分間隔。

空港到着後、チェックインを先に済まし、2階のマックで朝食。

 

 

充電もフリーWi-Fiも利用できるため、使い勝手が良い(^^♪

 

イミグレ通過後は、最終日のお土産を吟味。

営業時間を聞くと、大型店は24時間営業みたいなので、お土産は最終日にまとめて買うことに。

 

搭乗ゲート付近のマッサージ屋で、フットマッサージを受けつつ時間を潰す。

空港内にも関わらず、1時間300バーツと良心的な値段。

 

フライト時間は1時間20分程であるため、あっという間にヤンゴン着。

 

ゲートから見たノックエア

 

可愛いデザインのLCCノックエア。

料金は片道6,000円程とお手軽。

 

イミグレでビザについて問われるが「ノービザ」でOK。

後で知り合った日本人の方も、イミグレで同じ質問があったらしい。

 

とりあえず2020年9月までは、短期の観光目的であれば、ビザなしで大丈夫!

 

ヤンゴン空港から市内へ

 

イミグレ通過後は、まずは前日キャッシング調達したタイバーツのうち、500バーツをチャット(ミャンマー通貨)に両替。

 

余談ですが、ミャンマーにおいて、空港も市内も両替レートは大差ないので、短期間であれば、空港で全額両替しても良い。

 

なお空港は、入口で荷物検査があるため、出入口は別なので注意。

 

空港から市内のアクセスは、バスかタクシーだが、市内をじっくり見たかったので、シャトルバスを選択。

 

値段は500チャット(50円弱)と激安!

 

ちなみにタクシーだとダウンタウンまで8,000チャット程。

シャトルバス乗り場は以下の通り。

 

空港出てすぐに位置するシャトルバス乗り場

 

シャトルバス乗り場とターミナルの位置関係

 

ターミナルに隣接するシャトルバス乗り場

 

バス乗り場は分かりやすい。

ターミナル1(国際線)の一番左の出口すぐ!

分らなければ職員に聞いみよう(^^)/

 

空港から市内まで1時間20分程。

空港からインヤー湖ぐらいまでは、かなり渋滞している。

 

シャングリラホテル前でバスを降り、お得な両替所「ホワイトベイ」を探すが見つけられず。

 

原因は方角を勘違い!

 

上が北と勝手に認識してた(>_<)

 

シャングリラホテルの西側に位置するホワイトベイ

 

見ての通り、この地図は上が西。

 

両替所ホワイトベイがある通り

 

ホワイトベイがあるストリート。

写真右側がシャングリラホテルである。

 

市街地の雰囲気を味わいながら、本日泊まる「ホテルグランドユナイテッドチャイナタウン」へ到着。

 

 

ホテルグランドユナイテッドチャイナタウンのシャワー室

 

ホテルグランドユナイテッドチャイナタウンの寝室

 

アゴダ予約で、値段は36.8ドル(現地支払い)

部屋の設備・立地要件・朝食サービスを勘案すれば、コスパは良し(^^♪

 

ボーイや受付の対応は非常に良く、高レートの両替所や飲食店情報なども教えてもらった。

 

市内観光

 

11月にも関わらず、昼間は暑かったので、ホテルで軽く休憩。

その後、ホテル近辺のチャイナタウンを探索。

 

 

ダウンタウンのシンボルである「スーレーパヤー」を見た後、ヤンゴンの最大観光名所である「シュエダゴォン・パヤー」に行くためにタクシーへ。

 

外から見えるスーレーパヤー

 

正面に見えるのが、ダウンタウンの観光名所スーレーパヤー

 

流しのタクシーは、倍近くの値段をふっかけてくるので、注意すること!

 

ダウンタウンから「シュエダゴォン・パヤー」まで、2,500チャット払えば十分(^^)/

「シュエダゴォン・パヤー」の拝観料金は、地球の歩き方には8,000チャットと記載。

しかし夕方なのか、無料で入れた(^^♪

 

なお、ここは素足で入ることになるため、日差しが強い日中に行くことはやめよう!

 

絶対に足が熱い!!

 

 

正面にそびえ立つシュエダゴォン・パヤー

 

シュエダゴォン・パヤー西参道より撮った写真。

上空を漂う暗黒の雲が、後にスコールを呼ぶ。

 

「シュエダゴォン・パヤー」内の夕暮れ時

 

幻想的な夕暮れ時が、オススメ(^^)/

 

パヤー内で、夕暮れ時までまったりした後、タクシーで再び市内へ。

戻る最中に、先ほど上空を漂っていた暗黒の雲が、スコールを召喚。

 

なかなか雨が止まず、チャイナタウン19番ストリートのマッサージ屋で、服を乾かしつつフットマッサージ。

値段も1時間10,000チャットと、タイ同様に格安。

 

夕食は、道路を挟んだ反対側が、賑やかになっていたので、そこで食事。

店はいくつかあったが、BBQ系の店と屋台のお店が多く、どこも似たような感じ。

 

ヤンゴンのマッサージ店、飲食店、ホテルの位置関係

 

ヤンゴンの中国人街19番ストリートの光景

 

マッサージ店が並ぶ、ダウンタウン中国人街19番ストリート。

 

テーブルに置かれたカレー

 

19番ストリート沿いにて、カツカレーを食す。

店名は「スマイルカレー」だったような・・・

店員の愛想が良かった(^^)

 

20番ストリートの様子

 

落ち着いた雰囲気である、夜の20番ストリート。

 

20番ストリートで注文した焼き鳥

 

BBQ店では、入口に置いてある食材を選ぶと、焼いて出してくれる。

値段は串4本で100円弱とお手軽(^^)

 

20番ストリートの麺料理

 

ミャンマーを代表する麺料理。

 

山盛りの虫料理

 

虫料理も見かけた。

ゲテモノ好きな方は、挑戦してください。

 

道端で売られているバナナ

 

東南アジアならではの果物も、たくさん売られている。

初日にバンコクで夜更かししていたので、ヤンゴンは早めに消灯。

ヤンゴンの夜は早く、10時過ぎぐらいから閉店が目立つ。

 

 

part1はここまでです。

 

\古都バガン旅行記はpart2へどうぞ/

あわせて読みたい

こんにちは、ASEAN諸国制覇を目指すcoco13世です。 2018年秋に、注目を浴びているミャンマーに行ってきました(^^)/ 一番の目的は、世界遺産であるミャンマーの古都バガン。   バガン遺跡は、 […]

幹線道路から見たバガン遺跡群

 

\東南アジアの秘境好きはこちらへどうぞ/

あわせて読みたい

こんにちは、東南アジア制覇を目指すcoco13世です。 2017年夏に、一人旅でアジアの秘境の地と呼ばれるラオスのルアンパバーンに行ってきました! 最近はハードスケジュールな旅行が多かったが、今回はまったり旅行(^^♪ &[…]

夕焼けのメコン川