ミャンマー・バガン旅行【いざ仏教三大聖地へ】1人旅ブログ part2

こんにちは、ASEAN諸国制覇を目指すcoco13世です。

2018年秋に、注目を浴びているミャンマーに行ってきました(^^)/

一番の目的は、世界遺産であるミャンマーの古都バガン。

 

バガン遺跡は、

  • カンボジアのアンコール遺跡
  • インドネシアのボロブドゥール遺跡

この2つと並ぶ、仏教三大聖地である。

 

<日程>

1日目 出国 名古屋→バンコク

2日目 バンコク→ヤンゴン

その1

3日目 ヤンゴン→バガン

<今回の記事はココです>

4日目 バガン→バンコク

5日目 バンコク

6日目 帰国 バンコク→名古屋

その3

 

ミャンマー(バガン)旅行3日目

午前中にヤンゴンからバガンへ移動。

昼からはバガン観光開始。

今回の旅行のハイライト(^^♪

 

ヤンゴン空港へ

 

熟睡するも時差ボケのせいか、朝5時頃(日本時間7時半頃)に目が覚める。

普段は社畜生活のため、体内時計は異国の地でも、なかなか変わらない(>_<)

 

朝食が6時半からということで、時間ぴったりに行くも、混雑していて僧侶と相席。

日本では味わえない良い経験(^^♪

 

ビュッフェの食事

 

ビュッフェで提供された麺類

 

朝食はビュッフェ形式。

麺料理は美味(^^♪

 

ホテルから見た景色

 

ホテルから見たストリート。

朝から飲食屋台が、大音量の音楽を流しながら営業している。

 

朝食を済ませたら、支度をして「ボーヂョーアウンサンマーケット」へ行こうと思うも、眠くなったため、二度寝して断念。

 

ホテル受付にて、空港までのタクシーをチャーターしようと交渉するも、10,000チャットより下がらず、流しのタクシーで、8,000チャットで空港へ。

 

朝9時半過ぎであったため、若干の渋滞はあるも、45分程で空港へ到着。

 

国内線はターミナル3になるため、気をつけること!

 

本日搭乗する飛行機は、エアバガンなのだが、ここで問題が発生!

 

定刻になっても、搭乗案内が聞こえてこない・・・

 

ネットで検索すると、

 

ミャンマーの飛行機は、よく遅れるとのこと!!

 

ここで、1つの懸念が発生。

 

翌日のバガン→ヤンゴンと、ヤンゴン→バンコクのトランジットは、2時間しかない。

1時間遅れたら、バンコク行の飛行機に、搭乗できない可能性も出てくる(‘Д’)

そのため、待ち時間中に最悪のケースを考慮して、必死に航空券とホテルを探す。

 

ちなみに空港内は、1つのデバイス対し、30分フリーWi-Fiが利用可能

 

SIMカードやルーターがないCOCO13世において、フリーWi-Fiは命綱である。

 

バガン行の飛行機は、幸いにも30分遅れで出発したが、明日どうなるか心配である。

 

ミャンマー国内線利用を検討している方は、必ず時間に余裕を持つこと!

 

バガン到着

 

ヤンゴンから1時間20分で、バガンへ到着。

 

エアバガンの飛行機外観

 

エアバガンは、小型飛行機でプロペラが付いてる。

 

エアバガンの機内食であるドーナツパン

 

写真はエアバガンの機内食。

ドーナツは美味しい(^^♪

 

また、隣の席の人と仲良くなり、写真を撮り合う。

空港はかなり小さく、預け荷物もないため、着陸後10分でターミナル外へ出れる!

 

なお、ターミナルを出る前に、バガン入域料25,000チャット(2,500円弱)を、強制的に徴求される。

 

入域料は、ヤンゴンの物価を勘案すると高額であるが、代わりにバガンの各遺跡にて、別途お金を払う必要はなくなる。

 

空港から、本日ホテル予約してあるニャウンウー村の「インワモーテル」へ、タクシーで向かう。

 

 

空港タクシーはの値段は一律である。

  • ニャウンウーは一5,000チャット
  • オールドバガンは6,000チャット
  • ニューバガンは7,000チャット

 

価格は決まっているので、ぼったくりの心配はない。

 

また泊まるエリアも、上記3つのどれかになる。

 

その中でも、夜遅くまで飲食店がやっており、宿泊ホテル料金もリーズナブル!

そして、バガン主要観光名所である「シュエズィーゴォン・パヤー」がある、

ニャウンウーがオススメ(^^)/

 

空港から10分程でホテルに到着。

道中、タクシーの運ちゃんからの、ツアー案内の勧誘が激しかった。

 

バガン、イワンモーテルのシャワー室

 

バガン、イワンモーテルの寝室

 

ホテルは2,800円程と、お手軽価格であるが、問題点が1つ。

お湯は出るのだが、温度調節が出来きなかった(‘Д’)

 

11月だと朝と夜は冷えるため、お湯の出るシャワーは必須条件!

 

仕方がないので、水をうまく利用して、身体を洗っていました。

 

ホテルのオーナーは、片言の日本語を話してくれる。

ホテルでは「ポッパ山ツアー」をはじめ、様々なツアーや、乗り物の手配も可能(^^)

 

明日のプランは、今日の観光の進捗度合によって決めたいと思い、とりあえず今日は、趣のある馬車にて観光しようとするも、先方の都合で馬車の手配ができず、Eバイクで観光することに。

 

バガンのレンタルEバイク

 

原付に乗れれば、Eバイクも乗れる(^^)

速度は小型でも、40~50キロは出る。

なお、免許やヘルメットは不要。

 

バガンの主要道路

 

主要道路は舗装されているので、走りやすい(^^)/

しかし、街中は車やバイクが多いので、慣れるまでは恐いと思う(‘Д’)

 

バガン観光

 

幹線道路から見たバガン遺跡群

 

ニャウンウーからオールドバガンに向かう最中の光景。

 

Eバイクでのバガン観光は、行動範囲も広がり、点在する遺跡の光景が、次々と視界に入るため楽しい(^^)/

 

束縛されない観光が好きな方は、是非Eバイクでバガン観光がオススメ!

 

真の自由(フリーシナリオ)が満喫できる!!

 

とりあえず、代表観光名所である「アーナンダ寺院」を目指すが、道を間違え迷子になる。

 

仕方なく、バイクに乗っている若い女の子2人組に道を尋ねると、

 

なんと、アーナンダ寺院まで案内してくれることに!

 

案内中は、2人乗りで後ろの子が、グーグルマップでナビをしていたっぽい(^^)

 

おかげ様で無事、アーナンダ寺院に到着。

ミャンマーの人は、親切な人が多いことを、今回の旅行で痛感。

 

なお、2人組の女の子は可愛かったので、一緒に記念写真を撮らなかったことに後悔(-.-)

 

帰国後は、ミャンマー人には親切にしよう誓う。

 

アーナンダ寺院の入口外観

 

アーナンダ寺院の入口は複数ある。

上記写真は北側入口。

 

アーナンダ寺院の本院外観

 

敷地内は素足を強要。

夏の日中は無理ゲーだと思われる。

 

アーナンダ人寺院の中の様子

 

中には立派な仏像が設置してある。

 

「アーナンダ寺院」観光後は「タラバー門」より、オールドバガンの城壁内に入る。

 

タラバー門外観

 

分かりづらいが、前方に見えるのが「タラバー門」

 

続いて、夕日やエーヤワディ川が見渡せる「ブーパヤー」へ(^^)/

 

プーパヤーの外観

 

「ブーパヤー」は、夕日オススメのスポット(^^)

 

丘の上から見たエーヤワディ川

 

下に降りて、船に乗ることも可能。

船の客引きが多かった!

 

エビのお菓子を販売する者

 

小腹が空いていたので、エビのお菓子を購入(゚∀゚)

エーヤワディ川を眺めた後は、夕日を見るために「シュエグーヂー寺院」を目指す。

 

距離は「ブーパヤー」から500m程なので、Eバイクですぐ!

 

遠くから見たシュエグーヂー寺院の外観

 

前方右手に見えるのが、「シュエグーヂー寺院」

道路は未舗装なので、運転は慎重にすること!

 

近くから見たシュエグーヂー寺院の外観

 

間近で見ると、なかなか迫力がある!

 

シュエグーヂー寺院内の様子

 

寺院は高台にあるため、オールドバガンを眺めたい方には、オススメの場所(^^)/

 

夕方(4時半過ぎ)なのか、人は少なめであった。

 

「シュエグーヂー寺院」は、地球の歩き方オススメの、夕日観賞スポットでもある!

 

続いては「ダビィニュ寺院」を経由し、もう1つのビュースポットである「シュエサンドーパヤー」に向かう!

 

しかし、中に入ることが出来なかった(>_<)

客引きの話だと、今はもう入れないとのこと。

 

 

地球の歩き方では、ビューポイントとして「シュエサンドーパヤー」や穴場として「ブルディ」が紹介されていた。

しかしながら、どちらも入場不可であった(゚Д゚)ノ

 

パヤーは神聖な場所なので、他と同様に、立入禁止になったかもしれない!

 

上記の場所で、夕日を眺める予定のある方は、必ず事前に確認をしておこう!

 

「ブルディ」に着いた頃には、太陽も沈んでいたため暗く、そして肌寒くなってきた。

 

この時期にEバイク利用予定の方は、羽織る服を必ず持参しておくこと!

 

 

「ブルディ」からは寄り道をしながら、バガン主要観光名所である「シュエズィーゴォン・パヤー」を目指す。

 

正面に見えるシュエズィーゴォン・パヤー

 

シュエズィーゴォン・パヤー入口。

ここにEバイクを停め、徒歩で中に入る。

 

シュエズィーゴォン・パヤー内の光景

 

中はそれなりに広い。

また、夕暮れ時でしたが観光客は多い。

多分、夕日狙いだな(^^)

 

シュエズィーゴォン・パヤーの仏塔

 

ヤンゴンの「シュエダゴォン・パヤー」と比較すると、物足りない感じはするも、立派な仏塔である。

「シュエズィーゴォン・パヤー」観光後は、暗くなってきたので、一旦ホテルに戻り、荷物を整理した後、夕食へ。

 

夕食のお店は、地球の歩き方に記載されている、ニャウンウー村にある「シュエーモーレストラン」へ。

 

バガンでのカレー料理

 

トマトベースのカレー。

トマト嫌いなcoco13世でも、美味しく食べれた。

値段も4,500チャット(450円程)とお手軽(^^♪

 

夕食後は、ニャウンウー村のメイン通りと、アノーヤター通りを結ぶ、ティリピサヤ4通りへ。

 

この通りは、ニャーウンウーで一番賑わっており、両サイドに飲食店をはじめ、様々な店が立ち並んでいる。

 

もちろんマッサージ店もあるため、1日の疲れをとるために訪れる。

 

ボディマッサージ1時間10,000チャットと安い。

 

ミャンマーはタイやマレーシアと比較して、まだまだ物価の安さの恩恵を、受けられる場面が多い!

 

マッサージの施術中に熟睡して、施術後も眠たかったので、ホテルに戻り、そのまま消灯。

 

 

part2はここまでです。

 

\バガン日帰りツアー体験談はpart3へどうぞ/

あわせて読みたい

こんにちは、ASEAN諸国制覇を目指すcoco13世です。 2018年秋に、注目を浴びているミャンマーに行ってきました(^^)/ 一番の目的は、世界遺産であるミャンマーの古都バガン。   バガン遺跡は、 […]

 

\ヤンゴン観光はpart1へどうぞ/

あわせて読みたい

こんにちは、ASEAN諸国制覇を目指すcoco13世です。 2018年秋に、注目を浴びているミャンマーに行ってきました(^^)/ 一番の目的は、世界遺産であるミャンマーの古都バガン。   バガン遺跡は、 […]

正面にそびえ立つシュエダゴォン・パヤー

 

\東南アジアの秘境好きはこちらへどうぞ/

あわせて読みたい

こんにちは、東南アジア制覇を目指すcoco13世です。 2017年夏に、一人旅でアジアの秘境の地と呼ばれるラオスのルアンパバーンに行ってきました! 最近はハードスケジュールな旅行が多かったが、今回はまったり旅行(^^♪ &[…]

夕焼けのメコン川