サガフロ主人公別プレイ感想まとめ。あなたのオススメ主人公は誰?

こんにちは、「no life no game」がキャッチフレーズのcoco13世です。

今日は2018年に発売したプレステクラシックにも選ばれた名作、サガフロンティアの主人公たちについて勝手に語っていきます。

 

サガフロンティアでは、7人の主人公から遊ぶことができますが、過去作品と違い、主人公ごとにシナリオは全く異なります。

そして、ラスボスも、主人公ごとに用意されている豪華仕様なのです。

ちなみにクリアまで5時間程。

 

coco13世
ちょっとゲームをやりたいけど、どっぷり浸かるのは疲れるな~

 

そんなときは、サガフロの出番です!

どっぷり浸かりたい場合は、ロマサガ2かミンサガをプレイしましょう(゚∀゚)

 

あわせて読みたい

こんにちは、最近は子供にゲームのノウハウを伝承しているcoco13世です。 今日は詰むRPGとして有名な、ロマサガ2について、前回に引き続き語っていきます。   RPGの王道とも言えるドラクエシリーズで、強いボス[…]

ロマサガ2、通さん、お前だけは

 

あわせて読みたい

スクウェアエニックス:2005-4-21 難易度:A やりこみ度:S クリア回数:14回 正式名称:ロマンシング サガ -ミンストレルソング   こんにちは、ゲームが人生の一部で[…]

 

そんなサガフロの主人公たちの、あらすじ、プレイ感想、おすすめシナリオを述べていくよ。

 

サガフロ:主人公別の感想

ブルー

 

サガフロ、ブルー

難易度・・・B(ラスボス補正)

 

あらすじ

マジックキングダムの術士。

優れた魔術士になるため、双子のルージュを殺すよう、使命を与えられ旅立つ。

 

感想

旅立ち後は、陽術or陰術、印術or秘術、空術or時術の資質を集めることになる。

この資質集めは、他の人間キャラ主人公でもキャラ育成のために、お世話になる基本路線である。

術集めにおいては難易度は高くなく、後半においては、通常ではありえない、相反する術も見事に使いこなす!

 

派手に戦いたい!

いろいろな術を見てみたい!!

 

そんな方にはブルー編がオススメ(^^)/

 

ただしラスボスは、主人公の強さを考慮したうえでの、強さ設定がなされているので激戦となる。

そのため、メンバーをしっかり鍛えて臨もう!!

 

 

最初は、FF7のクラウド以上にクールだけど、終盤では感情的な部分を見せてくれる!

なお、エンディングは、ある意味、全RPGで最も衝撃的である。

 

エミリア

 

サガフロ、エミリア

難易度・・・C

 

あらすじ

元モデル。警察組織の恋人と結婚するも、恋人が仮面の男に殺害される。

エミリアは犯人扱いされ、刑務所に収容されるも、刑務所内で地下組織のメンバーに導かれ脱獄。

その後は地下組織グラディウスの一員となって、真犯人の仮面の男・ジョーカーを追う。

 

感想

物語の最初から最後まで、次行く場所を指示してくれる。

そのため、随所でキャラ育成を行いつつ、指示されるイベントをこなせば、必然的にラストまで行ける(^^♪

 

放置プレイは嫌!

次、行く場所を指示してほしい!!

 

エミリアは、このようなプレイヤーにオススメ。

 

また、ラスボスも一番弱いため初心者向けでもある。

ただし、1箇所詰むポイントあり!(モンド基地ね)

 

エミリア編では、数多くの女性メンバーを仲間にすることもできる(゚∀゚)

特に、体術のライザと剣技使いのアニーが、最初からメンバーにいるのが心強い!

 

是非、女性キャラだけの最強メンバーを構成していこう!!

 

僕のエミリア編のメンバーは以下の通り。

エミリア(銃)

ライザ(体術)

アニー(剣)

アセルス(剣)

メサルティム(術士)

固定イベントで、チートのアセルスが仲間になるのが素晴らしい!

会話が成り立つ妖魔がいれば、メサルティムも仲間にできる。

 

余談だけど、ラスボスは妖魔であり、妖魔は自分より上位の妖魔には攻撃が効きにくいゲーム設定がある。

そのため、上級妖魔のアセルスがいると、ラスボスは余裕で勝てる(^^)/

 

エンディングは、道中の選択で変わる、マルチエンディングを導入している。

ジョーカーの正体を迫る、サスペンス的な要素も含んだシナリオである。

まさか、ジョーカーはあいつだったとは・・・

 

レッド

サガフロ、レッド

難易度・・・B

 

あらすじ

レッドの父親が、悪の組織ブラッククロスとドクタークラインの関係を調査していたところ、ブラッククロスの襲撃を受け、巻き込まれたレッドは瀕死となる。

しかし、謎のヒーローに救われ、変身ヒーロー「アルカイザー」と合体することで、一命を取り留める。

ラッキーマンやウルトラマンみたいな設定だね。

 

その後は、リージョンシップの機関士として働きながら、ブラッククロスを追う決意をした。

 

感想

物語序盤は、ほとんど自由行動ができない。

中盤からはフリーシナリオを発揮していく。

レッドはヒーローに変身すると、かなり強くなるため、初心者向けといえる。

ただし、序盤の戦闘で1箇所、難関ポイントがあり!(キグナス号の奪還イベントね!)

 

レッド編の特徴は、すごく分かりやすい(^^)/

 

戦隊要素満点のシナリオである!

 

悪の組織

四天王

悪の科学者

戦闘員

ヒーローは正体を知られてはいけない

 

特に「ヒーローは正体を知られてはいけない」は、本作ならではの特徴がある。

 

仲間キャラがいると、見られている設定なので、ヒーローに変身はできない!

しかし、気絶や盲目状態ならOK!

機械やモンスターには変身を見られてもOK

 

見られてはいけない存在は「人」に限定されている。

なかなか凝った設定だね(^^♪

 

また、四天王戦では、仲間キャラがいる中、一瞬の停電を利用してヒーローに変身したりと、戦隊の王道をしっかり押さえている!!

 

中ボスが多く用意されているせいか、ラスボスより中ボス達の方が、記憶に強く残っているのは、僕だけではないはず・・・

 

アセルス

サガフロ、アセルス

難易度・・・A

 

あらすじ

元は、ただの人間の少女。

ある日、妖魔の君オルロワージュの乗る馬車にはねられ死亡。

しかし、オルロワージュの気まぐれにより血を与えられ、半妖魔として生き返る。

妖魔としての振る舞いを身に着けるため、妖魔の住む針の城を拠点とするが、妖魔の規律に疑問を持つ。

そして、アセルスの世話役であるオルロワージュの46番目の寵姫である白薔薇と、針の城を抜け出す。

 

感想

序盤のイベントはやや長く、だるい!

中盤以降は、一転して、ひたすらオルロワージュの追手との戦いの連続。

追手も、3人目以降は一気に強くなるため、必然的にキャラ育成が求められる。

 

キャラ育成の最中に、追手と遭遇して全滅もあるため、小まめなセーブを忘れてはいけない。

もう一度、言う!

小まめなセーブを忘れてはいけないぜ(‘◇’)ゞ

 

出会いがしらで衝突するような感じで、追手と遭遇して強制戦闘が始まる!

過失割合ゼロなのに、一方的にボコられる!!

そして、気がついたら、全滅してタイトル画面になることも・・・

 

ラスボスも、ブルーと同様に最強クラスと名高い。

個人的に一番強いと感じる!

 

シナリオは面白いが、戦闘はえぐいので初心者にはオススメできない!!

 

ところで、アセルスは「半妖魔」と、先ほど述べました。

「半妖魔」というと、中途半端な存在を思い浮かべるかもしれないが、逆である!

 

アセルスは、人間と妖魔の双方のメリットを、100%引き出します!

 

序盤は本気の雑魚だが、中盤以降は他のキャラとの格の違いを見せつけてくれる(゚∀゚)

 

また、序盤から最強クラスの剣「幻魔」の入手も可能。

その後も、最高峰の剣や刀を入手できたりと、剣使いにはたまならないご褒美がある(^^♪

宝の持ち腐れにならないよう、アセルス編では、剣使いを複数入れておこう!

 

アセルスの欠点は、メカに苦手意識があるせいで、機械キャラは一切仲間にできないこと!

一気に戦力を上げる機械キャラがいないので、中盤まで厳しい戦いになる!

 

なお、エミリア編と同じく、マルチエンディングが用意されており、レッド編と同じく、中ボスが多く用意されているのが、アセルス編の特徴。

 

T260G

 サガフロ、T260G

難易度・・・A

 

あらすじ

主人公は、ある大規模な戦争に敗れ、ボロという街の郊外に墜落。

そこで残ったコアを、少年が拾い、タコのおじさんが修復し、二足型メカとして復活。

しかし、記憶は失っており、自らの使命を思い出すため旅立つ。

 

感想

イベントは次々に発生するため、次に行く場所で迷うことは少ない。

ただし育成においては、人間キャラの基本路線である「資質集め」は行えない。

また、ステータスアップも人間と違い、戦闘回数は一切関係ないため、機械キャラの特性を把握していないと厳しい。

 

そして、中ボスもほとんどおらず、調子に乗って進めていくと、後半のボスで、洗礼を受けるはめになる!

ラスボスも怒涛の攻撃を仕掛けてくるので、火力のある技を修得しつつ、装備も充実させる必要がある、

 

したがって、中級者向けのシナリオ。

 

機械が主人公のため、仲間キャラも敵キャラも、機械が圧倒的に多い。

そして、T260Gの特典として、機械だけのメンバー構成もつくれます!

 

機械の機械による機械のためのメンバー構成はT260Gの特権!!

 

機械キャラは、敵の機械キャラを倒すと、戦闘終了後にWP(技ポイント)を、回復することができる。

そのため、通常戦闘から技を惜しむことなく使えるため、通常戦闘においても爽快感があるのも特徴!

 

コンピューターウイルスや仮想世界等、SF要素もあるため、今までとは違うサガを味わうことができる!

 

クーン

サガフロ、クーン

難易度・・・S

 

あらすじ

滅びゆく故郷を救うためには、願いを叶える複数の指輪を手に入れる必要がある。

クーンは長老の命令により旅立つ。

Simple is Bestなあらすじ。

 

全然関係ないけど、指輪を求める冒険であることから、ロードオブザリングを思い出す!

サムは元気かな・・・

 

感想

故郷を救うために、指輪を探す旅に出る、RPGの王道シナリオ。

シナリオにおいても、T260G、エミリア、レッド同様に、次に行く場所は明確化されている。

そのため、アセルスやリュートみたいに行先を迷う心配はない!

 

ただし、モンスターであるクーンは弱い。

 

もう一度、言う

 

弱い!!

 

ワンピース、ルフィ、俺は弱い

弱いクーンは消去法で、サポート役となる。

そのため、戦闘においては火力不足に陥りやすい。

また、各指輪を得るためのイベントも、一筋縄ではいかず、苦戦を強いられる。

 

ラスボス戦においては、複数の雑魚敵がお供として出現するため、強力な全体攻撃技も求められる。

 

そんなわけで、難易度はサガフロ主人公で一番高く、Mっ気向けシナリオである!

 

ネタバレだけど、最後に主要キャラが抜けるのは、サガフロ一番の鬼畜の所業だった・・・

あっ、そー言えば、アセルスも主要キャラが抜けるね!

そちらは、いつも使わないから被害はなかったけどね。

 

リュート

サガフロ、リュート

難易度・・・A

 

あらすじ

ニートが、脱ニートを目指し旅立つ。

もはやシンプルを超越している。

 

感想

リュート編は一言でいえば、とにかく自由!

固定イベントもなく、開始15分でラスボスに挑むことも可能で。

また、他の主人公と違い、主人公を主要メンバーに入れる必要がないことから、リュート抜きでクリアした方も多いのでは・・・

 

まぁ、7人の主人公の中で、唯一、主人公特典がないから、仕方あるまい!

 

他の主人公は、なんだかんだ特典がある!

ブルー・・・相反する術を使用。終盤で霊感とJPが倍。

エミリア・・・コスプレで、閃き特性を変更。序盤で解放のルーンを入手。

レッド・・・強いヒーローに変身。個性溢れる敵。

アセルス・・・最強の剣と刀と鎧を入手可能。妖魔がいっぱい仲間になる。

T260G・・・ボディのタイプ変更。機械キャラがいっぱい仲間になる。

クーン・・・特殊効果がある指輪を入手。

リュート・・・艦長が仲間にできるぐらい。

 

リュート編は、自由の反面、何をしていいか分らず、初心者は間違いなく路頭に迷う(゚∀゚)

そんなわけで、リュート編をプレイする前に、ブルー編をプレイして、基本路線を抑えておくのがポイント。

 

ラスボスはHPが高く、長期戦になるためWP切れに注意!

ラスボスには早々に挑めるが、キャラ育成はそれなりに必要。

また、他のラスボスは、戦闘回数によってHPが変動するが、リュートのラスボスだけは、こちらの戦闘回数に関係なくHPは固定。

 

サガフロ:好きな主人公編

サガフロ、タイトル画像

さて、ここからは、よく選択する主人公を紹介していきます。

3位・・・リュート編

固定イベントがなく、最初から好きなプレイができる。

 

これが一番の理由。

また、リュートを主要メンバーから外せるため、ファシナトゥールで「幻魔」等、主人公のLPを代償とした買物も、躊躇なく実行できる。

 

2位・・・ブルー編

最終的に、ほとんどの術を使いこなすことができる。

そして、後半でJPと霊感が2倍になる。

 

ブルーは無双の術使いになる!!

 

これが一番の理由。

 

術士キャラは、ロマサガシリーズでは、主力扱いされないが、サガフロのブルーだけは特別。

またラスボスも、最強の術使いに負けない強さなので、倒し甲斐がある!

他にも「ゲート」という、移動を楽にするアイテムも忘れてはならぬ。

 

1位・・・アセルス編

半妖魔の特性が、とにかくチート。

妖魔の憑依特性を利用すれば、肉弾戦も術も、どちらも最強クラスになれる。

また全シナリオ中、唯一、ラストダンジョンから戻れるのもうれしい。

強力な武具が、イベントや宝箱から手に入るのも良し。

最強クラスの剣「幻魔」が、序盤から入手できるのも良し。

特に、刀の「月下美人」は、連携技「乱れ雪月花」に欠かせない。

中ボスも全シナリオ中、最も多く、キャラ育成の成果を、随時試せるのも良し。

 

理由は以上。

一番の理由は決めれぬ(゚∀゚)

 

サガフロ:おすすめ主人公編

サガフロ、主人公たち

ここからは、適合性の原則に基づいた案内をしていきます。

初心者にリュート編をオススメするのは、適合性の原則に違反します。

顧客の属性に基づき、最適なサービスを提供する。

これがサービス業の基本。

 

初心者におすすめ

エミリア

最初から剣使いのアニーと、体術使いのライザが、メンバーに加入してくれる。

初心者が一番陥りやすい「次の行先が分からない」も、エミリア編では心配無用。

ラスボスも最弱のうえに、アセルスというチートキャラも、仲間にできる。

 

サガフロ初心者は、まずはエミリア編でシステムを理解しておく。

ついでに、サガフロの基本路線である「ルーンの資質集め」も経験しておくと、他のヒューマンキャラにも応用が利く。

 

自由人におすすめ

リュート

やりたくないイベントは、やならくてOK!!

加入できるキャラも多いうえに、主人公すら、主要メンバーから除外できる自由。

 

これぞ本当のフリーシナリオ!!

 

派手な戦闘が好きな人におすすめ

ブルー

終盤は、ほぼ全ての術を、1人で使用可能。

また、機械であるT260Gや、モンスターであるクーンも加入できる。

よって、ブルー(術・銃)、T260G、クーン、妖魔、ヒューマン(剣・体術)にすれば、多彩な術や技が使えるメンバーの出来上がり(゚∀゚)

 

「銃」は「術」と同様に、技の威力は「集中力」を基準とするため、術使いに「銃」はオススメ。

 

サガフロは、派手な戦闘をウリにしているので、是非、ブルー編で体感してみよう!

 

 

これは僕の黒歴史だが、初プレイ時はブルーを選択。

でも、術使いは弱いと決めつけ「剣」を使用。

おかげで終盤の恩恵もなし。

ルージュやラスボスを、神速三段突きの連発で挑んだのは、古き良き思い出(゚∀゚)

 

苦労をしたい人におすすめ

クーン

序盤のボスから、なかなか手ごわいうえに、クーンは成長に手間がかかる。

また、最後のダンジョンとなるムスペルニブルが試練の連続!

 

LP攻撃してくるマグマスライムとの果てしない戦い

未だに理解できない針ステージ。(あれ、どーゆう接触判定なんだ!?)

上級妖魔への大型連携技の披露

 

他の主人公にはない、独自の戦闘も苦労する。

5連携狙いのために陰術「ハイドビハインド」を購入したのは良き思い出。

 

クーン編では、固有イベントで拾得できる様々な指輪を、駆使して戦うことも求められる!

また、ラスボスもお供がついてきて、乱戦になりやすい。

 

クーン編は、ごり押しでなく、戦術で敵を撃破するあたりに、ロマサガの良き名残を感じる!

 

 

おわりに

サガフロは、主人公別にシナリオライターも違っていることから、いろいろな視点で楽しめることも、忘れてはいけません。

人気のブルー編とアセルス編は、どちらも女性ライターで、「双子の殺し合い」や「人間と妖魔のハーフ」のシナリオを、上に提出した際に驚愕されたエピソードもあります。

これまでのシリーズと違い、舞台は同じでも、主人公ごとのイベントは大きく異なるので、是非、全主人公をプレイして、特典エンディングを見てください。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。
 

 

coco13世
解体真書は攻略本としての完成度は非常に高い。コンプリートを目指される方は必須です。

 

coco13世
裏解体真書は攻略本よりは専門書ですね。裏話もたくさん出てきますし、幻の8人目の主人公のストーリーは必見です。

 

 

あわせて読みたい

スクエア:1997-7-11 難易度:B(7シナリオ平均) やりこみ度:A クリア回数:20回以上(各主人公別)   こんにちは、サガシリーズに憑りつかれたcoco13世です。 今日は、今から2[…]

サガフロ、ゲームタイトル

 

あわせて読みたい

こんにちは、最近は子供にゲームのノウハウを伝承しているcoco13世です。 今日は詰むRPGとして有名な、ロマサガ2について、前回に引き続き語っていきます。   RPGの王道とも言えるドラクエシリーズで、強いボス[…]

ロマサガ2、通さん、お前だけは

 

あわせて読みたい

スクウェアエニックス:2005-4-21 難易度:A やりこみ度:S クリア回数:14回 正式名称:ロマンシング サガ -ミンストレルソング   こんにちは、ゲームが人生の一部で[…]

 

あわせて読みたい

こんにちは、勝手にゲームを評論するcoco13世です。 今日は、前回の記事の続きです。   [sitecard subtitle=あわせて読みたい url= http://coco13.club/sagafron[…]

サガフロ2ギュズターヴの剣