FFTの良き思い出その1 難しかった戦闘トップ10




こんにちはFFT愛好会のcoco13世です。

最近は真面目に役立つ試験対策の記事を書いていましたので、しばらくは大好きなゲーム記事を書いていきます。

今日は20年以上前に発売したにも関わらず今もなお根強い人気があるFFT(ファイナルファンタジータクティクス)の苦戦を強いられた戦闘(難度マップ)を紹介します。

上位は特にトラウマですね。

なお、ここではバランスブレイカーとなる「算術」「オルランドゥ」「ブレイブ97白刃取り」は禁止としています。

10位:chapter3地下倉庫地下三階(イズルード)

エネミー:イズルード、ナイト×2、弓使い×2、召喚士×1

ネット上では話題に出てこない場面ですが、毎回苦戦します。

オーボンヌ修道院の2戦目です。

ここのマップは壁が多く段差も激しいため機動力が落ちます。

しかしイズルードは高低差無視のアビリティがあるため自由に立ち回ってきます。

勝利条件はイズルード撃破であるも、イズルードはジャンプ攻撃を主体としてくるため攻撃範囲が広いため間合いを詰めるまでに的になります。

また弓使い×2が壁の上から援護攻撃してくることや、逆方向から召喚士も攻めてくるため、そちらにもメンバーを割く必要が出てきます。

イズルードと一緒にお供のナイト×2も同じように距離を縮めてくるためイズルードと接近戦で戦うと乱戦にもなりやすいです。(ブレイク技&ガード率高い&HPが高い3拍子のナイトとの接近戦は分が悪い。)

勝利条件が特定の人物撃破の場合は、「ホーリー」で葬る戦略を取りますが、ここでは「ホーリー」を放つタイミングを掴むの苦労します。

オーボンヌ修道院3戦目のウィーグラフ戦も激戦ですが、こちらは最初からウィーグラフが射程範囲にいるため、まだ楽だよ。ただし「ホーリー」の使い手が無双稲妻突きで死亡もしくは沈黙すると状況は一転するけどね。

9位:chapter1ドーターのスラム街

エネミー:ナイト×1、弓使い×3、黒魔導士×2

ネット上でもよく話題に出てくるchapter1最初の鬼門です。

まだ、こちらのジョブやアビリティが不十分であり戦略が限られることも難しい要因の1つです。

ここで厄介なのが、屋上に配置されている弓兵です。

一応イベントキャラであるアルガスやディリータが討伐のために屋上へ向かってくれますが、それまで攻撃は止まらないうえに、正面からもナイトと黒魔導士が距離を縮めてくるため、黒魔法の被害を最小限にするためにメンバー同士が離れる必要が出てきます。

また、正面の敵にもたついていると、弓使い×2と黒魔導士も寄ってくるため、遠距離攻撃の術がないと一方的に蹂躙されます。

この時点ではまだ黒魔法や弓等の遠距離攻撃の手段が乏しいから、後手に回りやすいんだよね。救いはディリータやアルガスの存在。敵の攻撃対象がこの2人に向けられると戦いやすくなるね。

8位:chapter3リオファネス城屋上(エルムドア)

エネミー:エルムドア、セリア、レディ

初見殺し&詰みポイントとして名高い場面です。

ここの勝利条件は天道士ラファを護りつつ、3人のうち1人を瀕死に追い込むことですが、敵のスピードは早いため、最悪こちらの攻撃体制が整う前にラファが集中攻撃されゲームオーバーになります。

また、ここではエルムドアはリアクションアビリティ「ハメドる」をセットしているため、迂闊に攻撃するとこちらが深手を負うため、セリアかレディを集中狙いするのがセオリーとなりますが、こいつらは「息寝止」という100%即死という恐ろしい技を持っているため、先に間合いを詰められる=死となるため油断は禁物です。

ここではスピードを重視した戦略が勝利のポイントとなります。

ここではイベントキャラのラファがどのような立ち回りをするか、またセリアとレディが誰を狙ってくるかで戦局が大きく変わるよ。
初見では「息寝止」が衝撃でしたね。ベリアスやアルケオデーモンの怒涛の攻撃に耐えた屈強なメンバーが乱戦で次々倒れてしまったからね。

7位:chapter1風車小屋(ウィーグラフ)

エネミー:ウィーグラフ、モンク×2、ナイト×1、チョコボ×1

宿敵ウィーグラフとの初めての戦いです。

この戦闘ではFFTの敵キャラの技で最も脅威である聖剣技の洗礼を受けることになります。

敵キャラは物理攻撃主体であるため間合いを取る必要が出てきますが、ウィーグラフの聖剣技は射程距離がそれなりにあるため、間合いを間違うと一方的に蹂躙されます。

またモンクも「波動撃」という遠距離攻撃を使うため油断禁物です。

それとチョコボの立ち回りも地味ながら難易度を上げる要因です。なぜならチョコボは機動力が高いうえに「チョコケアル」で回復役にもなれるため、撃破を後回しにできないのです。

複数攻撃可能、遠距離攻撃、チャージタイムなしの三拍子揃った聖剣技を攻撃主体とするウィーグラフに集中砲火できるタイミングを作れるかが、勝利のポイントとなります。

この時点ではまだ最大MPが少なくガ系の黒魔法やホーリーが使えないのも痛いとこだね。

6位:chapter2城塞都市ザランダ

エネミー:ナイト×2、弓使い×2、黒魔導士×2

ネット上ではほとんど挙がらない戦闘ですが、難しい戦闘シーンだと自負しています。

ここでは壁を境に戦いとなるのですが、壁を乗り越える場所は2か所しかなく、どちらから侵入しても弓使いの的になります。

また壁の向こう側から黒魔導士も間合いを取りつつ強力な魔法を連発してくるため、魔法+弓のコンボで境界となる壁を通過するのが非常に難しいです。

いかにして攻撃を避けつつ境界となる壁を乗り越えるかが戦局の要となります。

あまり有名じゃない戦闘マップなので、自分の戦略との相性が悪いのかもしれない。

5位:chapter2ゴルゴラルダ処刑場(ガフガリオン)

エネミー:ガフガリオン、ナイト×3、弓使い×2、時魔導士×2

ネット上でも話題になる場面です。

ここでネックになるのはチームが2つに分断され、なおかつ敵の配置が8人と過去最高に多いことから各チームで敵をそれぞれ撃破する必要があることです。

特に苦労するのが第2チームです。第2チームはメンバー2人であるにも関わらず最初から弓兵や時魔導士の射程範囲内です。

特に時魔導士は「スロウ」「ヘイスト」「ストップ」と地味に嫌な魔法を使ってきます。

ラムザ率いる第1チームとうまく合流できれば安心なのですが、第1メンバーの前にはガフガリオンが立ちはだかるため、第1チームの助けは期待できません。

いかにしてガフガリオンを葬り、メンバーを生きたまま合流させるかが勝利のポイントです。

第2チームが集中砲火で戦死→リセットの思い出があるよ。アグリアスの聖剣技が戦局を握る戦闘だね。

4位:chapter4フィナス河(赤チョコボ)

エネミー:チョコボOR黒チョコボOR赤チョコボ×6

出現チョコボはランダム性があるため赤チョコボ×4以上でしたらリセットをお勧めします。

この戦闘では足場が水面となるため機動力で制限があります。

それにも関わらずチョコボ達(赤・黒)は空を飛んで攻めてくるため足場は無視です。

また赤チョコボの「チョコメテオ」、黒チョコボの「チョコボール」は対象は単体であるも射程距離もあるうえに聖剣技同様にチャージタイムなしで放てるため非常に厄介です。

チョコボ一族はダメージを追うと一旦下がり黄色チョコボが「チョコケアル」で回復という連携プレイもしてくるため、敵の怒涛の攻撃に耐える耐久力と一撃で葬れる火力の双方が求められます。

赤チョコボ集団はラスボスより強いし、ドラゴンやティアマト集団以上に絶望感もあるよ。

3位:chapter4ランベリー城城内(エルムドア)

エネミー:エルムドア、セリア、レディ

※ここではアルテマラーニングを条件とします。

敵は3人ですが、どいつも尋常じゃないです。

エルムドアはテレポで一気に味方の陣営に乗り込み、チャージタイムなしの範囲攻撃を仕掛けてきます。また防御面においてもアビリティ「白刃取り」と源氏の盾を装備しているため通常攻撃はあまり期待できず聖剣技や魔法でHPを削る戦いになります。(なお中途半端にHPを削るとHP吸収技の「吸血」も使用してきます。)

セリア、レディも「息根止」「影縫い」「チャーム」と厄介な状態攻撃を仕掛けてくるため長期戦になるほど全滅リスクが高まります。

またセリアとレディは瀕死に追い込むとアルテマデーモンに変身します。

アルテマデーモン変身後は状態異常攻撃はなくなりますが代わりに「ダークホーリー」「ギガフレア」「アルテマ」といった強力な攻撃を仕掛けてきます。

美人のお姉ちゃん2人が悪魔に変身した姿はショックだったよ。2人のルックスはエルムドアの好みなのか!?
「アルテマ」はこの戦闘がラーニングする最後の機会となるよ。

2位:chapter3リオファネス城城内(ベリアス)

エネミー:ベリアス、アルケオデーモン×3

これまでの戦闘で最も激しい戦闘になるのがこの戦闘です。

この戦闘で厄介なのがアルケオデーモン×3です。

奴らは単体に大ダメージの「ダークホーリー」やチャージタイムなしの範囲攻撃「ギガフレア」とやりたい放題です。

勝利条件がベリアス撃破であるためアルケオデーモンを無視してベリアスに集中攻撃したいとこですが、ベリアスの射程距離に入る=アルケオデーモンの射程距離に入る可能性が高いため、奴らの怒涛の攻撃に耐えきれず戦闘不能に陥ります。

またベリアスも「悪夢」による状態異常攻撃の他に召喚獣「タイタン」の他にバハムート級の威力を誇る「クリュプス」も発動してくるため、十分メンバーを殲滅する力を持っています。

特に「クリュプス」は魔導士系キャラだと即死級のダメージを負う恐ろしい攻撃です。

3周目ぐらいまではバランスブレイカーの「算術」をこの戦闘だけは解放していたよ。
正直ベリアス1匹なら、キュクレイン同様にそこまで苦労なくクリアできるよ。あの眷属共が本当に厄介だったわ。

1位:chapter3リオファネス城城内(ウィーグラフ)

エネミー:ウィーグラフ

初の一騎打ち戦ですが、あまりに初見殺し過ぎます。

そして直前でセーブしていると後戻りできず、ここで詰んだ方は多いはず。

僕自身は直前のユーグォの森のセーブデータが残っていたので、なんとか詰みは避けれたよ。

まずウィーグラフの強さが異常です。

攻撃面ではチャージタイムなし、ガード不可避、射程距離十分、大ダメージの「無双稲妻突き」があまりに厄介です。

ジョブや装備によってはこの一発で瀕死に陥ります。

また防御面でも盾ガード率が高いうえに、一撃で仕留めない限りリアクションアビリティ「カウンター」で殺されます。

運よく生き残っても「無双稲妻突き」で確実に殺されます。

そのためカウンターを受けないよう遠距離攻撃主体で戦うか、一撃で葬る必要が出てきます。

詳しい攻略はこちらを参照してください。

トラウマになるほど強いボスを挙げていく。part2

初めて挑んだときは負けイベントと勘違いしたのは僕だけではないはず!!

おわりに

FFTは全体的に難易度の高いゲームですが、戦術を駆使すればここで紹介した難易度の高い戦闘も意外とあっさり勝利できたりもします。

また慣れてくる程、戦術の選択肢が少ない序盤の方が難しく感じるゲームとも言えるでしょう。

ここで紹介した戦闘以外にも苦戦する場面はたくさんありますが、そんな難しさもFFTの魅力の1つだと思います。

シミュレーションが苦手な方の救済措置として「算術」という、難易度を破壊するアビリティもありますので、まだプレイされていない方は是非プレイしてみてください。

FFTはスマホアプリでも販売されているよ。またシミュレーションだから操作性はそこまで気にならないよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする