次からはcoco13で指名検索してください。

ダイの大冒険アニメ30話感想 ポップの最期にひたすら泣ける

30話は、これまでの旅で成長したポップの最期のセリフに、心が揺さぶられます!

 

最初はへっぽこなポップでした。

 

しかし、気がつけばベンガーナにドラゴンたちが襲来した際、ドラゴン5匹を一人で引き受けたり、バランと竜騎衆が迫る絶望の中、仲間に嫌われる演技を行って一人で足止めしたりと、本当に成長しました。

 

そして30話では仲間のため、未来のために、己の命を引き換えとする呪文を使います!

最期の別れに涙を流すポップ

こんにちは!ダイの大冒険が大好きすぎて、これまで当サイトでダイの大冒険関連の記事を8つ(A4レポート51枚相当)も生み出したcoco13世です。

 

2019年12月にダイの大冒険の再アニメ化が決定し、2020年10月3日から放送開始となりました。

 

小学生の頃に視聴していたアニメの完全新作版を、小学生の子どもと一緒に視聴する日が訪れるなんて…

 

ダイの大冒険の大ファンとして、アニメを楽しむだけでなく、ファンを1人でも多く作る責務があります。

 

そんなわけで、内容や感想そして原作との変更点についてお伝えしていきます。

 

ダイの大冒険ストーリー

ダイの大冒険のストーリー

公式サイトより引用

 

 

>>アニメ感想記事の一覧はこちら

 

ここから先はネタバレ含みます!

ダイの大冒険アニメ30話の見どころ・感想

ダイの最期の言葉を残すポップ

バランの圧倒的な戦力により、全滅の一歩手前という状況に置かれる。

 

そんな中、ポップは尊敬していたアバン先生の最期が脳裏に思い浮かぶ。

 

ポップは、勇者ダイのため、人類の未来のために、尊敬しているアバン先生が同じ選択をした様に、 己の命を引き換えとする自己犠牲呪文メガンテを使うことを決意。

 

この場面がとにかく泣けるのは、メガンテ発動までのポップのセリフ。

 

いつもはクールなヒュンケルもこの場面では感情を露わにします。

 

最初はポップを認めていなかったレオナも、ポップのことで感情的になります。

 

レオナ・ヒュンケル・クロコダインに後を託し、記憶喪失ながらも何かを思い出しそうなダイに、今までの旅の思い出を語るポップ。

 

そしてメガンテとともに記憶を取り戻すダイ。

 

録画してあったので再度見直しましたが、本当に泣ける場面でした。

 

coco13
アバンのメガンテとは違い、ポップのメガンテ発動までの時間が長かったのも、泣ける要因の1つでしたね。

 

ダイの大冒険アニメ30話『ポップの覚悟』の概要

ポップの覚悟

30話はポップの死によって、ようやくダイが記憶を取り戻します。

 

そして紋章が額から腕に変わります。

ダイの大冒険アニメ30話のあらすじ

竜魔人と化したバランの強さは想像を絶していた。

バランはポップたちを次々に打ちのめすと、竜(ドラゴン)の騎士の秘呪文ドルオーラで止めを刺そうとする。

全員が死を覚悟したそのとき、戦いの場に、竜(ドラゴン)の紋章に導かれて地下牢を抜け出してきたダイが現れる。

紋章の共鳴によってバランが父であることを悟るダイ。

どうしても阻止したかった父子の対面が実現してしまう最悪な状況の中、ポップの脳裏にある逆転の一手が浮かぶ。

それは師アバンがハドラーとの戦いで使った、自らの命を引き換えにはなつ呪文メガンテだった。

ポップは全生命エネルギーを込めて呪文を唱える。

その大爆発を目の当たりにしたダイは、ついに失っていた記憶を取り戻したのだった。

しかし、ポップ最期の大魔法でもバランを傷つけることはかなわなかった。

ポップの亡骸を無造作に放り、泣きながら向かってくるゴメちゃんをもぞんざいに弾き飛ばすバラン。

彼の理不尽な振る舞いに、ダイは怒りを爆発させる。

バランは再びダイの記憶を奪おうとするが、ダイは必死に抵抗し、右手を天に掲げると、その拳でバランを強く殴りつけた。

その右手の甲には、竜(ドラゴン)の紋章が輝いていた。

公式サイトより引用

 

coco13
アニメ第30話は原作11巻第104話”竜魔人目覚める‼”の序盤から原作12巻第108話”勇者ダイ復活‼”の序盤までだよ。

 

ダイの大冒険アニメ30話の主な登場キャラ

>ダイ

ダイの大冒険登場キャラ、ダイ

公式サイトより引用

赤ん坊の頃、今は亡きアルキード王により異国の地に追放されるが、途中で船が難破してしまいデルムリン島に流れつく。

デルムリン島では、モンスターである鬼面道士のブラスに育ててもらった。

剣技は光るものがあり、フレイザード戦でアバンストラッシュを完成させる。

竜の騎士の一族であり、額にドラゴンの紋章が出現すると驚異的に強くなる。

魔王軍六軍団長の一人、竜騎将バランの息子であり、本名はディーノであることが判明。

バランとの戦いのなかで記憶を失ってしまうが、ポップの最期を目のあたりにして記憶を取り戻す。

 

>ポップ

ダイの大冒険登場キャラ、ポップ

公式サイトより引用

職業は魔法使い。

ダイの一番の友人であり、たとえダイが人間でなくても友情は変わらないと断言。言葉だけでなく行動でも示す。

最初は臆病だったが強敵との戦いの中で勇敢になり、絶対に勝てない相手にも挑めるようになる。

また、単独でバランと竜騎衆を足止めしようとしたり、竜魔人化したバランに戦いを挑んだりと、仲間のために命を懸けられる熱い男である。

 

coco13
ポップと言えば、精神面で最も成長を果たしたキャラの1人と言われているよ。

 

\ポップを深く知りたい人はこちらへ/

関連記事

ダイの大冒険の主人公は誰なのか?   ジャンプ三原則「努力」「勝利」「友情」と、ダイの大冒険では欠かせない「成長」を加味すると、残念ながら主人公はダイではなくポップとハドラーになります。   2人[…]

ダイの大冒険ポップの実力・内面を高評価した13人を徹底解説

 

>ヒュンケル

ダイの大冒険登場キャラ、ヒュンケル

公式サイトより引用

元魔王軍団長でありアバンの最初の弟子。

育て親であるモンスターのバルトスの死から、かつては人間を憎んでいた。

バルトスの死の真相が判明した後はダイたちの味方になった。

ポップが人質になった際は自分の命をささげようとしたり、ラーハルトから意志と共に鎧の魔槍を託されるなど、戦闘面だけでなく人格面でも評価すべき点が多い。

 

>レオナ

ダイの大冒険登場キャラ、レオナ

公式サイトより引用

パプニカ王国の王女。

正義感が強く勇敢な性格。

また絶望的な状況でも諦めない胆力もある。

賢者の素質もあり、ヒャド系呪文だけでなく回復呪文のベホマも使いこなす。

ダイに個人的感情を抱いている。

 

>クロコダイン

ダイの大冒険登場キャラ、クロコダイン

公式サイトより引用

元魔王軍団長。

ダイとの戦いの後、仲間になる。

主のために命をかける武人であり、敵味方から一目置かれている。

鋼鉄の身体が取り柄で、耐久力が極めて高い。

 

>バラン

ダイの大冒険登場キャラ、バラン

公式サイトより引用

ドラゴン系モンスターを束ねる超竜軍団の団長。

肩書は「竜騎将」。

城塞王国リンガイアや屈強な騎士たちを抱えていたカール王国を滅ぼした実績がある。

ダイと同じ竜の騎士の一族であり圧倒的な強さを持つ。

かつては人間のために世界を救ったが、人間の負の一面を味わい、人間に対して強い憎しみを持つようになる。

 

ダイの大冒険アニメ30話で登場した呪文・技

>バギ

使用者:バラン

【バギ系】【真空】の初級呪文。

ドラクエ3で僧侶呪文として初登場。

風の力で相手を切り裂くほか、相手を吹き飛ばす際にも使える。

 

>メガンテ

バランにメガンテを使用するポップ

使用者:ポップ

自己犠牲呪文。

ドラクエ2で初登場の呪文。

消費MPは1。ただし使用者の命が引き換えとなる。

かつて、アバンもダイやポップを守るためにハドラー相手にメガンテを使用した。

 

ダイの大冒険アニメ30話の原作との変更点・カットシーン

アバンがメガンテを使用したことを思い出したポップ

原作を読み返しながらアニメを視聴して判明した変更点・カットシーンは以下の通り。

 

  • バランがドルオーラを使おうとした際、レオナのセリフが「なんだかわらないけど、ものすごい呪文だわ」から「逃げなきゃ」に変更。
  • メルルがポップの悪夢で目覚める場面が原作より早い段階で描写されている。
  • ポップがアバンの行いを思い出した際、アバンの顔に加え、アバンのメガンテの場面も追加される。
  • ポップがバランにメガンテを使おうとした際、ヒュンケルのセリフのうち「ムダ死にするかもしれない」というセリフがカット。
  • 原作では、バランが「(ポップの)腕をひきちぎってやる!」というセリフがあったが、アニメではヒュンケルが「腕をひきちぎろうとしている」とセリフnに変更。
  • 原作では、メガンテは僧侶なら万が一蘇生可能であるが、それ以外の者は二度と蘇生できない説明であったが、アニメでは使用すれば死ぬ、下手すればバラバラに吹き飛ぶに変更。
  • バランが死亡したポップを犬死にした扱いした際、ヒュンケルのセリフが「バランそこまで落ちたかあッ」から「バランきさまー」に変更。
  • ダイのバランへのセリフのうち「ポップもゴメちゃんもあんたほど強くないのに」がカット。
  • バランが紋章でダイに共鳴させる際のセリフが「発狂してしまうかもしれんぞ」から「意識そのものが消え去るぞ」に変更。

 

ダイの大冒険アニメ30話のネットの口コミ・感想

 

coco13
ギガブレイク2発くらって、胸を貫かれても死なないワニ。

 

 

coco13
最高のアニメですいません。

 

 

coco13
普段、冷静なヒュンケルがここまで取り乱すことから、ポップをどれほど大事に思っていたかよくわかる。

 

 

coco13
メガンテ発動までの数分間が30話の見どころです。

 

 

coco13

アニメでも、これまでの旅の思い出をしっかり描写してくれてありがとう。

 

 

coco13
尊敬していたアバンと同じ決意をポップがする日が来るとは…。

 

ダイの大冒険アニメ30話感想まとめ

ダイの大冒険30話まとめ

30話はポップのメガンテ場面に、ひたすら心を打たれました。

 

ポップの決意によって記憶を取り戻したダイ。

 

来週はいよいよダイの反撃、そしてこれまでの旅で最もハイレベルなバトルに突入します。

 

今から来週のバトルが楽しみですね。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。