次からはcoco13で指名検索してください。

ダイの大冒険アニメ第40話感想 ミストバーン本領発揮!!

ダイの大冒険アニメ第40話は原作通り話が進み、味方キャラの戦いぶりや魔王軍団長の重鎮ミストバーンの実力が明らかになりました。

 

それにしてもマァムの作画が原作と比較してやけに多かった気が…と思ったら、同じ思いの人いましたね。

 

こんにちは!ダイの大冒険が大好きすぎて、これまで当サイトでダイの大冒険関連の記事を10個(A4レポート55枚相当)も生み出したcoco13世です。

 

 

アニメ感想記事の一覧はこちら

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話 11話 12話
13話 14話 15話 16話
17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話
25話 26話 27話 28話
29話 30話 31話 32話
33話 34話 35話 36話
37話 38話 39話 40話
41話 42話 43話 44話
45話 46話 47話 48話
49話 50話 51話 52話
53話 54話 55話 56話
57話 58話 59話 60話
61話 62話 63話 64話
65話 66話 67話 68話
69話 70話 71話 72話
73話 74話 75話 76話
77話 78話 79話 80話
81話 82話 83話 84話
85話 86話 87話 88話
89話 90話 91話 92話
93話 94話 95話 96話

 

2019年12月にダイの大冒険の再アニメ化が決定し、2020年10月3日から放送開始となりました。

 

小学生の頃に視聴していたアニメの完全新作版を、小学生の子どもと一緒に視聴する日が訪れるなんて…

ダイの大冒険の大ファンとして、単にアニメを楽しむだけでなく、1人でも多く方に興味を持ってもらいたいです。

 

そんなわけで、内容や感想そして原作との変更点についてお伝えしていきます。

coco13
『新装彩録版』のサイズはジャンプコミックスの単行本版と同じですが、表紙が新たに書き下ろしされ、連載時のカラーページを再現収録しているため、単行本版や文庫版の上位互換と言えます。(内容は変わりません)
ここから先はネタバレ含みます!

ダイの大冒険アニメ40話感想・見どころ

魔影軍団と戦うマァムとクロコダイン

ダイの大冒険アニメ第40話の見どころは、各味方キャラが魔影軍団の雑魚敵をなぎ倒していく姿でしょう。

順番に紹介していきます。

 

フィンガーフレア・ボムズでガストやひとくいサーベルを一層するポップ

フィンガーフレア・ボムズでガストやひとくいサーベルを一層するポップ

 

タイツ姿になったことでアングルを気にせず力で硬い敵を粉砕するマァム

タイツ姿になったことでアングルを気にせず、腕力と脚力で硬い敵を次々と破壊していくマァム

 

アキームをかばってダメージを受けているはずなのに、ものともせず敵を粉砕していくクロコダイン

アキームをかばってダメージを受けているはずなのに、ものともせず敵を粉砕していくクロコダイン

 

意外と防御力があることが判明したチウ

意外と防御力があることが判明したチウ

 

デッドアーマー3体を難なく撃破するヒュンケル

かつて苦戦を強いられたデッドアーマー3体を難なく撃破するヒュンケル

 

個人的には修行から出戻ってきたヒュンケルが一番活躍(初披露の技あり)していましたね。

 

coco13
デッドアーマー3体瞬殺はレベルアップの証だね。

 

全員を目の前にしても余裕なミストバーン

そんなレベルアップしたヒュンケルや、雑魚戦で活躍したポップたちを前にして、なお余裕なミストバーン。

 

coco13

40話ではこれまで目立たなかったミストバーンが実力を発揮してきましたね。

 

ダイの大冒険アニメ40話『闇の師弟対決』の概要

ヒュンケルと戦うミストバーン

ダイの大冒険アニメ第40話では、修行から戻ってきたヒュンケルもバトルに加勢します。

 

圧倒的な槍術で、かつては手に負えなかったデッド・アーマー3体も難なく撃破。

 

そして魔王軍時代の師であったミストバーンに挑む!

ダイの大冒険アニメ40話のあらすじ

ミストバーンの宣戦布告を合図に、魔影軍団のモンスターとポップたちとの戦闘が開始された。

ポップやマァム、クロコダイン、さらにチウやバダックも加わり、それぞれが全力で立ち向かっていくが、無尽蔵に湧く敵を前に、彼らは少しずつ追い詰められていく。

そこに、アバン流槍殺法の修業に出ていたヒュンケルが帰還する。

習得した技で次々にモンスターをなぎ倒し、仲間たちの弱りかけた心を奮い起こす。

すると、ついに鬼岩城からミストバーンが姿を現した。

かつて闇の師弟関係にあったミストバーンとヒュンケル。

因縁の二人の対決が幕を開ける。

先手を取ったのはヒュンケルだった。

怒涛の連続攻撃で畳みかけるが、ミストバーンは彼の技を破り、すかさず形勢を逆転する。

驚くヒュンケルにミストバーンは、彼が暗黒闘気を失い弱くなったと指摘する。

らに、大技・闘魔滅砕陣でその場にいた全員の身体の自由を奪い、力の差を見せつけるミストバーン。

ヒュンケルはミストバーンの暗黒闘気の力に対抗すべく、ミストバーンへの憎しみを燃やしてかつての暗黒闘気を取り戻そうとする。

しかし、マァムがそんな彼に、正義の力だけで戦うよう涙ながらに訴え、その言葉はヒュンケルの心を動かす。

公式サイトより引用

 

coco13
アニメ第40話は原作15巻第140話”魔影軍団の猛威‼”の序盤から原作16巻144話”正と邪のはざまで…‼”までだよ。

 

ダイの大冒険アニメ40話の主な登場キャラ

>ダイ

ダイの大冒険登場キャラ:ダイ

公式サイトより引用

赤ん坊の頃、今は亡きアルキード王により異国の地に追放されるが、途中で船が難破してしまいデルムリン島に流れつき、モンスターである鬼面道士のブラスに育ててもらった。

竜の騎士の一族であり、額にドラゴンの紋章が出現すると驚異的に強くなる。

自分のフルパワーにも耐えられる武器をロン・ベルクに造ってもらっている。

 

>ポップ

ダイの大冒険登場キャラ:ポップ

公式サイトより引用

職業は魔法使い。

ダイの一番の友人であり、たとえダイが人間でなくても友情は変わらないと断言。

最初は臆病だったが強敵との戦いの中で勇敢になり、絶対に勝てない相手にも挑めるようになる。

また戦いの中で戦闘力も上がっており、敵サイドからも魔法力の高さは評価されている。

故郷はランカークス村で武器屋の一人息子。

 

coco13
ポップと言えば、精神面で最も成長を果たしたキャラの1人と言われているよ。

 

あわせて読みたい

ダイの大冒険の主人公は誰なのか? ジャンプ三原則「努力」「勝利」「友情」と、ダイの大冒険では欠かせない「成長」を加味すると、残念ながら主人公はダイではなくポップとハドラーになります。 2人とも序盤の評価はイマイチでしたが、いざ全[…]

ダイの大冒険ポップの実力・内面を高評価した13人を徹底解説

 

>マトリフ

ダイの大冒険登場キャラ、マァム

公式サイトより引用

戦士と僧侶の血が流れており、力もあるがベホイミなど回復呪文も使用できる。

フレイザード編でアバンから授かった魔弾銃が破損してしまい、今後のダイメンバーの戦力にならないと判断し、武道家へのジョブチェンジを決意した。

さまよう鎧を素手で破壊するなど素早さだけでなく力も強く、武道家としての素質は高い。

父と母は勇者アバンのパーティであり、マァム自身もアバンの使徒の1人である。

 

>チウ

ダイの大冒険登場キャラ:チウ

公式サイトより引用

元は近くの村で悪さをしていたおおねずみ。

しかしマァムの師匠でもあるブロキーナ老師に心身共に鍛えられ、邪悪な遺志も退けるようになった。

また言葉の勉強もしており流暢な人間の言葉を話すことができる。

不屈の精神を持ち、仲間のためなら勝てない敵にも挑む勇敢な熱きネズミ。

ただし戦力としては期待はできない。

 

>レオナ

 

ダイの大冒険登場キャラ、レオナ(サミット編)

公式サイトより引用

パプニカの王女であり本作のヒロイン。

アバンの書に感銘を受け、自分にできることを考えた結果、世界会議を開催した。

行動力は非常に高く、ときにダイたちを驚かす。

戦闘面ではヒャド系の攻撃呪文の他、ベホマなど回復呪文も得意としている。

 

>ヒュンケル

ダイの大冒険登場キャラ:ヒュンケル

公式サイトより引用

元魔王六団長の一人。

魔王軍時代はミストバーンを師としており、暗黒闘気を用いた技も使用できる。

また一番最初のアバンの使徒でもあり、同じアバンの使徒であるポップが痛めつけられた際には、怒りを見せた場面もある。

剣の腕は高かったがラーハルトの遺志を受け継ぎ、武器を剣から槍に変更。

修行をしていたが、鬼岩城の襲撃を受け修行から舞い戻ってきた。

 

>クロコダイン

ダイの大冒険登場キャラ、クロコダイン

公式サイトより引用

元魔王六団長の一人。

ロモス戦を経て、ダイの仲間になる。

忠誠心が高く義を重んじる武人。

バダックよりバラン戦で破壊された『真空の斧』を受け取り、鬼岩城の戦いに参戦する。

 

>ロン・ベルク

ダイの大冒険登場キャラ、ロン・ベルク

公式サイトより引用

ランカークス付近の森に住み、ひっそり鍛冶を営む魔族。

かつて伝説の名工と呼ばれ、ヒュンケルの鎧の魔剣やラーハルトの鎧の魔槍の造り主でもある。

究極の武器に関心が強く、ダイが真魔剛竜剣と戦った話を聞いた途端、テンションが急激に上がった。

ダイの剣を作ることに協力をする。

 

>アキーム

ダイの大冒険登場キャラ、アキーム

公式サイトより引用

ベンガーナ軍の隊長。

忠誠心が高く、強敵と分かっていても怯むことはない勇敢な一面を持つ。

言動から武人クロコダインの心を動かした。

 

>ミストバーン

ダイの大冒険登場キャラ、ミストバーン

公式サイトより引用

魔王六団長の一人。

鬼岩城を率いてパプニカに攻めてくる。

普段は無口で何を考えているか分からない。

大魔王バーンからの信頼は厚く、ミストバーンもバーンに絶対的な忠誠を誓っている。

口癖は『大魔王様の言葉はすべてに優先する』

 

coco13
寡黙なミストバーンですが、全巻読んで振り返ってみると、実は最も人間味のあるキャラでした。

 

あわせて読みたい

最近気がついたのだけど、ミストバーンって実は魅力溢れるキャラだよね。   えっ、ミストバーンって最後まで敵サイドのキャラだったし、最期も自業自得だったような… […]

ダイの大冒険ミストバーンの3つの魅力【実は人間味あるキャラだった】

 

ダイの大冒険アニメ40話で登場した呪文・技

>イオラ

ポップのイオラ

使用者:ポップ

【イオ系】【爆発】の中級呪文。

鬼岩城やさまよう鎧に使用。

なお鬼岩城相手には頭部分に少し穴が空いただけだった。

なおポップのイオラは今回が初めて。

 

>ベギラマ

使用者:ポップ

【ギラ系】【閃熱】の中級呪文。

ダイの大冒険の世界では5大呪文(メラ・ギラ・ヒャド・バギ・イオ)の中で、なぜかギラ系が一番強い設定である。

したがってベギラマは高度な呪文であり、ポップは難なく使用できる。

ガスト相手に使用。

 

>フィンガーフレア・ボムズ

使用者:ポップ

魔王六団長フレイザードの必殺技でありメラゾーマを5発同時に放つ。

ガストたちを一気に殲滅させるために使用。

ポップは実際のフィンガーフレア・ボムズを見ていないにも関わらず使用できたことから、使用そのもののハードルは高くない。

ただし禁呪法に近い技であり、寿命が縮まるリスクがある。

 

>地雷閃

アバン流槍殺法、地雷閃

使用者:ヒュンケル

アバン流槍殺法の1つ。

力の技に相当する大地斬の槍技バージョン。

 

>海鳴閃

アバン流槍殺法、海鳴閃

使用者:ヒュンケル

アバン流槍殺法の1つ。

スピードの技に相当する海波斬の槍技バージョン。

 

>ブラッディースクライド

槍によるブラッディースクライド

使用者:ヒュンケル

かつてヒュンケルが父の仇と勘違いしていたアバンを倒すために編み出した必殺技。

槍の状態でも使用可能。というか突き技なので槍のほうが威力が増してそう。

 

>ビュートデストリンガー

ミストバーン技、ビュートデストリンガー

使用者:ミストバーン

鋼のような指を超高速で伸ばし、相手を突き刺す技。

指1本から使用可能。

 

>闘魔傀儡掌

闘魔傀儡掌

使用者:ヒュンケル・ミストバーン

暗黒闘気を用いて相手の動きを封じる技。

片手で使用可能のため汎用性は高い。

本家はミストバーンの技だがヒュンケルも使用可能。

魔道の技ゆえにヒュンケルはダイの仲間加入後は試用を控えていたが、ミストバーンの最期にふさわしい技であるとして使用。

ただし、技の精度は使用者の暗黒闘気に左右され、正義に目覚めたヒュンケル闘魔傀儡掌は、昔より脆弱になっていた。

 

>闘魔滅砕陣

ミストバーン技、闘魔滅砕陣

使用者:ミストバーン

闘魔傀儡掌の応用技でエリア内の敵すべての動きを封じる技。

敵の動きを封じつつ使用者は両手が自由なため、重ね掛けで技を使用することもできる。

 

>マホトーン

使用者:ガスト

呪文を封じる呪文。

ビームのような技で当たると呪文が使えなくなる。

 

ダイの大冒険アニメ40話の原作との変更点・カットシーン

さまようよろい、うごきせきぞう、よろいの騎士

原作を読み返しながらアニメを視聴して判明した変更点・カットシーンは以下の通り。

 

  • アニメではレオナがポップとマァムに置いてかれたチウを見て、困惑する表情を見せる
  • 空中にいるポップを迎え撃つ敵として原作ではガストだけだったが、アニメではひとくいサーベルも追加。
  • 魔影軍団の地上の雑魚的としてアニメでは、うごくせきぞうや鎧の騎士も追加。
  • 「ダイは3日足らずで大地斬と海波斬をマスターした」というヒュンケルのセリフがカット。
  • バーン様が今のその姿(光に傾いたヒュンケル)を見れば幻滅される」というミストバーンのセリフがカット。

今回はほぼ原作通りでした。

 

雑魚的の種類が少ない魔影軍団のなかで、アニメで雑魚敵が新たに追加された改変は良かったですね。

 

 

ダイの大冒険アニメ40話のネットの口コミ・感想

 

coco13
抱く方が女性と言う点で根本から違う。

 

 

coco13
デッドアーマー3体を瞬殺した時点で、フレイザード戦よりは明らかに強くなっている気がする。

 

 

coco13
見計らったタイミングで出てくるのはヒュンケルの専売特許です。

 

 

coco13
そーいえば、マァムとクロコダインの声優は夫婦でしたね。夫婦でドラクエ声優は贅沢だな~

 

 

coco13
今のはイオナズンでない。イオラだ!!

 

 

coco13
昔は真っ先に逃げたことを思えばポップは大きく成長しているよ。なお最終戦ではさらに進化して、チームで一番クールになる。

 

 

coco13
怪力だけでなく回復術が使える点も共通点ですね。

 

ダイの大冒険アニメ40話感想まとめ

ダイの大冒険アニメ40話まとめ

40話は各キャラの見せ場もあり、話もテンポよく進んだので、見ごたえがありましたね。

 

40話の最後で光に目覚めたヒュンケル。

 

そして次回はいよいよ最強の剣を持参したダイが登場。

 

ブチ切れモードのミストバーンも楽しみですね。

ダイの大冒険 おすすめ電子書籍はDMMブックス
  • 初回の無料会員登録で70%OFFクーポンゲット
  • 試し読み無料や期間限定無料で読める作品が豊富
  • 大人向けの漫画も充実
  • 年3回のセール時のポイント還元がお得
  • 購入した本はダウンロード可能なのでオフラインで読める
  • 小説や実用書などのジャンルは少なめ
  • 大人向けコンテンツのイメージが強い(旧DMM.R18はFANZAに改名)

文庫版については電子書籍も扱っていますが、電子書籍だと1冊あたり680円と紙媒体(715円)と比較して安く購入できます。

さらにDMMブックスだと初回限定特典として無料会員登録で70%OFFクーポン(割引上限金額3,000円)をゲットできるため、まとめ買いするのであれば、クーポンを活用するべきです。

運営元であるDMM.comはオンラインスクールや金融など様々な事業の展開しているため、サービスの突然の停止の心配も不要。

品揃えは66万冊以上(2021年2月時点)と申し分ないですが、大人向け作品や漫画が多い反面、小説や実用書は少ないので、漫画向けのサービスと割り切ったほうがいいです。(実用書がメインならkindle unlimitedがお得)

男性陣の場合、アダルト作品の試し読み無料を多く扱っている点も見逃せません。

過去にもお得なクーポンは発行していましたが、赤字計上を理由に廃止された経緯があり、今取り組みしている70%OFFクーポンも、いつなくなるか分からないので、早めに無料登録を済ませてクーポンを活用しましょう。

 

>>【登録無料】DMMブックスを体験してみる

 

coco13
DMMブックスは都度購入型の電子書籍サービスのため月額料金は一切かかりません。

DMMブックス登録手順

  1. DMMブックスの『DMMアカウント登録画面』を選択
  2. メールアドレスとパスワードを入力
  3. 『認証メールを送信する』を選択
  4. 認証メールが届いたら記載されているURLにアクセス

 

ダイの大冒険 アニメ視聴ならAmazonプライムビデオがおすすめ
  • 初回30日間は無料で視聴できる
  • 月額500円でプライム会員特典すべて利用可能(コスパ最強)
  • ダウンロード可能なためオフラインでも視聴可能
  • 3台まで同時視聴可能
  • 配信数は15,000本(レンタル・購入作品除く)と少なめ
  • 倍速機能は備わっていない

ダイの大冒険は有名な作品であるため、多くの動画配信サービスで視聴が可能です。

アニメは視聴したいけど、まだ動画配信サービスを利用していないのであればAmazonプライムビデオがおすすめです。

30日間の無料お試し期間があるので、期間内に気になるアニメを全て視聴すればお金は一切かかりません。

UNEXTやHuluなど専属の動画配信サービスと比較すると動画配信数やUIは劣るものの、Amazonプライムビデオの料金は月額500円(年払い4,900円)とサイフに優しいです。

さらに上記料金にはプライムビデオだけでなく、下記特典も含まれているためコスパ最強のサブスクリプションと言えます。

  • 1,000冊以上の電子書籍が読み放題となる『プライムリーディング』
  • 200万曲以上の曲が無料で聴ける『プライムミュージック』
  • Amazon買い物において通常配送料無料・お急ぎ便が無料
  • Amazonセールで一般会員より優遇

 

>>【30日間無料】Amazonプライムを体験してみる

 

coco13
まずは無料体験で使い勝手を確認してから継続するかどうか決めましょう。電子書籍は小説やビジネス・経済雑誌も豊富なので、先ほど紹介したDMMブックスの穴埋めにもなります。

Amazonプライムビデオの登録手順

  1. Amazon公式サイトより『プライム』を選択
  2. Amazonアカウントにログインする
  3. 支払い方法と請求先住所を入力
  4. 『30日間の無料体験を試す』を選択

 

ダイの大冒険 アニメ視聴も電子書籍も1つで満たすならU-NEXTがおすすめ
U-NEXT
  • 初回31日間は無料で視聴でき600ポイント付与される
  • 動画視聴だけでなく漫画・雑誌・書籍も楽しめる
  • 倍速機能も同時視聴もダウンロードも可能
  • 毎月1200ポイントが付与される
  • ポイント還元はクレジット払いで40%とお得
  • 総配信数もアニメ配信数も業界1位
  • 過去作品だけでなく最新作品のトレンドにも対応
  • アダルト作品も5万本が見放題と充実
  • 料金は月額2,189円と高め

『ないエンタメがない』がキャッチフレーズのU-NEXTは、多くのジャンルで業界1位の配信数を誇っており、アニメ部門においてもDアニメを抜き業界1位となっています。

31日間の無料お試し期間があるので、期間内に気になるアニメや映画・ドラマを全て視聴すればお金は一切かかりません。

動画視聴の機能面でも、他のサービスと比べて高い機能を誇っているため使い勝手で不自由は感じません。

また動画配信サービスだけでなく、漫画・書籍・雑誌も扱っているため、複数社のサービス利用に煩わしさを感じる方におすすめです。

男性陣の場合、アダルト作品が見放題だけで5万本ある点も見逃せません。

料金は2,189円と高く感じますが、毎月1,200ポイント(1ポイント1円)が付与されるため、実質負担は1,000円を下回ります。

クレジット払いで購入すれば支払い額の40%が32日後にポイント付与される点も大きく、例えばダイの大冒険を全22巻購入すれば、5,975ポイント(679円×22巻×40%)がポイント還元されるため、ポイントのみで『ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王』シリーズを揃えることも可能です。

注意点として、購入して入手したポイントは180日間、付与・還元ポイントは90日間と期限は長くないため、定期的にポイントを使用しない方だとポイントのリスクがあります。

 

>>【31日間無料】U-NEXTを体験してみる

 

coco13
U-NEXTはオールマイティ―なサービスなので、電子書籍も動画視聴を定期的に楽しむのであればコスパは高いです。

U-NEXTの無料登録手順

  1. U-NEXTのTOPページにある「まずは31日間無料体験」を選択
  2. 個人情報を入力
  3. 支払情報を入力
  4. 登録完了したらホームボタンをクリック