次からはcoco13で指名検索してください。

ダイの大冒険アニメ第43話感想 武人ハドラーがカッコよすぎ!!

ダイの大冒険アニメ43話は、魔族の体を捨て、肉体だけでなく精神も大きく変わった超魔生物ハドラーがダイと激突します!

 

鬼岩城をも一刀両断したダイの剣から放たれたアバンストラッシュを防いだり、魔炎気を用いた必殺技『超魔爆炎覇』を放ったりと、ハドラーの強さが際立った回であり、久々に迫力ある戦闘場面でした。

アバンストラッシュを止めるハドラーこんにちは!ダイの大冒険が大好きすぎて、これまで当サイトでダイの大冒険関連の記事を8つ(A4レポート51枚相当)も生み出したcoco13世です。

 

2019年12月にダイの大冒険の再アニメ化が決定し、2020年10月3日から放送開始となりました。

 

小学生の頃に視聴していたアニメの完全新作版を、小学生の子どもと一緒に視聴する日が訪れるなんて…

 

ダイの大冒険の大ファンとして、アニメを楽しむだけでなく、ファンを1人でも多く作る責務があります。

 

そんなわけで、内容や感想そして原作との変更点についてお伝えしていきます。

 

ダイの大冒険ストーリー

ダイの大冒険のストーリー

公式サイトより引用

 

>>アニメ感想記事の一覧はこちら

 

 

 

coco13
新装彩録版も令和3年7月に全巻完結したので、これから買うのであれば新装彩録版がオススメです。(中身は変わりません)
ここから先はネタバレ含みます!

ダイの大冒険アニメ43話感想・見どころ

全力で戦わないと死ぬと感じたダイダイの大冒険アニメ43の見どころは、超魔生物ハドラーの肉体面と精神面の変化でしょう。

どちらも以前とは比較にならないほど強くなっており『武人ハドラーという通称も全く違和感がありません。

武人ハドラーの肉体的強さ

超魔生物化し肉体強化されたハドラー

  • 超魔生物ながら呪文も使える
  • ダメージも自然回復できる
  • ダイの全力のアバンストラッシュを真っ向から受け止める
  • オリハルコン製の覇者の剣を装備(体内に埋め込み)
  • 魔法剣と同じ性質である『超魔爆炎覇』を使用
  • ジェット機のような翼を持ち高速移動できる

ザムザと違い、元々が強靭な肉体であったハドラー。

ゆえに超魔生物化した肉体もザムザ以上に!

さらに魔王時代から得意としていた呪文もこれまで通り使え、43話では得意とするイオ系呪文であるイオラを3回使用。

そしてダイの剣と同じ強度を誇る『覇者の剣を持つことで、竜闘気全開のアバンストラッシュをも真っ向から受け止めることも可能とした。

武人ハドラーの精神的強さ(43話名言引用)

己の立場を可愛がっている男に真の勝利などない

  • 己の立場を可愛がっている男に真の勝利などない!
  • …これは(上記内容)、おまえたちの師がオレにも残してくれた教訓だッ‼
  • いかなる状況にも慢心せずに戦いぬくことが、おまえたちへの礼儀というもの…‼
  • さすが勇者…こうでなくてはな‼

これまでのハドラーといえば、己の立場を意識しすぎて失態を犯したり、ザボエラの卑劣な策に乗ってしまったりと魔王らくしない部分がありましたが、今は違います。

魔軍司令という立場は捨て、純粋にダイを含むアバンの使徒に勝つことだけに焦点を置いています。

 

また、敵であるアバンの使徒にも一定の敬意を払うようになり、宿敵アバンの教えを受け止めたり、これまで小僧呼ばわりしていたポップを名前で呼んだする場面もありました。

ハドラーの精神面での変化については、同じく戦いのなかで精神面が大きくレベルアップしたポップのほうが感じ取っていました。

ダイの大冒険アニメ43話『最強剣激突』の概要

ダイとハドラー最強剣激突

 

ダイの大冒険アニメ第43話では、パワーアップしたハドラーとダイの第一ラウンドが開始します。

ダイの大冒険アニメ43話のあらすじ

ダイたちの前に現れたハドラーは、これまでとは比べものにならない強さを有していた。

身体を超魔生物に改造して獲得した強靭なパワー、魔族の身体と引き換えに手に入れた呪文を使う力、そして何よりアバンの使徒を必ず倒すという強固な覚悟……。

ダイは竜(ドラゴン)の紋章の力を全開にして立ち向かうが、心身ともに成長を遂げたハドラーを相手に苦戦を強いられてしまう。

追い詰められたダイは、切り札となるダイの剣でアバンストラッシュを放つ。

しかし、それすらも逆転の一手にはならなかった。

攻撃を受け止めたハドラーの右腕には、オリハルコンで作られた伝説の武器・覇者の剣が仕込まれていたのだ。

圧倒的優位に立ちながらなおも慢心しないハドラーは、大技・超魔爆炎覇を繰り出し、ダイに止めを刺そうとする。

ポップが間一髪でダイを救出したものの、ハドラーは逃げるポップたちをすぐに捕捉。

再度、超魔爆炎覇を放つ。ダイはとっさにポップを突き飛ばすと、全闘気と魔法力が爆発する技でハドラーの攻撃に応戦する——!

技と技の激しいぶつかり合いは、相打ちとなった。

ハドラーに深手を負わせたものの、氷山が浮かぶ海へと投げ出されてしまったダイ。果たして彼の安否は……?

公式サイトより引用

 

coco13
アニメ第43話は原作17巻第152話”よみがえった魔神‼”の終盤から156話”勇気る撤退”の序盤までだよ。

 

ダイの大冒険アニメ43話の主な登場キャラ

>ダイ

ダイの大冒険登場キャラ:ダイ

公式サイトより引用

赤ん坊の頃、今は亡きアルキード王により異国の地に追放されるが、途中で船が難破してしまいデルムリン島に流れつき、モンスターである鬼面道士のブラスに育ててもらった。

竜の騎士の一族であり、額にドラゴンの紋章が出現すると驚異的に強くなり、竜闘気を自在にコントロールできる。

フルパワーの竜闘気にも耐えられる武器『ダイの剣』をロンベルクに造ってもらったことで、強敵とも全力で戦えるようになった。

 

>ポップ

ダイの大冒険登場キャラ:ポップ

公式サイトより引用

職業は魔法使い。

ダイの一番の友人であり、たとえダイが人間でなくても友情は変わらないと断言。

最初は臆病だったが強敵との戦いの中で勇敢になり、絶対に勝てない相手にも挑めるようになる。

また戦いの中で戦闘力も上がっており、敵サイドからも魔法力の高さは評価されている。

故郷はランカークス村で武器屋の一人息子。

 

coco13
ポップと言えば、精神面で最も成長を果たしたキャラの1人と言われているよ。

 

あわせて読みたい

ダイの大冒険の主人公は誰なのか?   ジャンプ三原則「努力」「勝利」「友情」と、ダイの大冒険では欠かせない「成長」を加味すると、残念ながら主人公はダイではなくポップとハドラーになります。   2人[…]

ダイの大冒険ポップの実力・内面を高評価した13人を徹底解説

 

>ハドラー

ダイの大冒険登場キャラ、武人ハドラー

公式サイトより引用

魔王六団長を束ねる魔軍司令。

ダイとの実力の差を埋めるため、自らを超魔生物に改造し、魔族の体を捨てた。

精神的未熟さも克服しており、これまでのハドラーとは別人物。

武人ハドラーとは超魔生物ハドラーの通称。

 

coco13
武人ハドラーをもっと知りたい方はこちらの記事がおすすめ。

 

関連記事

maco ダイの大冒険で、序盤から大きく化けたキャラと言えばポップだよね。 coco13 そうだね!でも”化けた”と言えば、もう一人忘れていけないキャラがいるよ   ダイの大冒険好きな[…]

最期までかっこいいハドラー

 

>キルバーン

ダイの大冒険登場キャラ、キルバーン

公式サイトより引用

魔王軍の幹部。

軍団長ではなく軍団長を粛清する特別な立場。

ミストバーンとは旧知の仲で「キル・ミスト」と呼び合う。

暗殺を得意としており、戦いかたもパワーでねじ伏せるスタイルとは大きく異なる。

ハドラーが登場したことで一時的に停戦。

 

>ミストバーン

ダイの大冒険登場キャラ、ミストバーン

公式サイトより引用

魔王六団長の一人。

普段は無口で何を考えているか分からないが、意外にも煽り耐性が低い。

大魔王バーンからの信頼は厚く、ミストバーンもバーンに絶対的な忠誠を誓っている。

口癖は『大魔王様の言葉はすべてに優先する』

底知れぬ力を持つ。

ハドラーが登場したことで一時的に停戦。

 

ダイの大冒険アニメ43話で登場した呪文・技

>トベルーラ

使用者:ポップ・ダイ・ハドラー

空を飛ぶ呪文。

ルーラの元となる呪文であり、魔法力が高いほど、飛ぶ速度が速くなる。

 

>イオラ

使用者:ハドラー

【イオ系】【爆発】の中級呪文。

ハドラーはギラ系とイオ系を得意としており、それぞれ上級呪文まで使用できるが、イオラは片手で使用可能であるため、使用頻度は多い。

 

>海波斬

使用者:ダイ

アバン流刀殺法の1つでスピードに重きを置く技。

炎や吹雪のほか、呪文も切り裂け、ハドラーのイオラを切り裂くために使用。

 

>アバンストラッシュ

竜闘気全開のアバンストラッシュ

使用者:ダイ

アバン流刀殺法の奥義。

竜闘気全開のアバンストラッシュは竜魔人バランを倒すほどの威力がある。

 

>超魔爆炎覇

超魔爆炎覇

使用者:ハドラー

生命エネルギーを限界以上に燃え上がらせた際に発生する『魔炎気を剣につたわらせた状態で放つ、超魔生物ハドラーの専用必殺技。

剣と魔法を組みあわせる魔法剣と同威力を持つ。

 

ダイの大冒険アニメ43話の原作との変更点・カットシーン

魔炎気について説明するピエロ原作を読み返しながらアニメを視聴して判明した変更点・カットシーンは以下の通り。

 

  • 魔炎気とは生命エネルギーを限界以上に燃やす暗黒闘気という説明が追加。(原作では魔炎気の説明なし)
  • ハドラーがダイとの戦闘中に3回イオラを使用。(原作は1回)
  • ハドラーのイオラを海波斬で切り裂く場面が追加。
  • 原作ではポップがハドラーにすぐ追いつかれてしまうが、アニメでは追いつかれてからも、さらにトベルーラで逃げ切ろうとする。
  • 悪魔の目玉経由でハドラーの戦いを見ていたザボエラが、超魔生物ハドラーの戦いぶりを見て、自身が神を超えたと興奮する場面が追加。

ハドラーとダイの戦いについては、原作よりボリュームも増えたことで戦闘に力を入れていることが伝わってきました。

 

一番の変更はザボエラの『』発言。

ただツイッターでも言われていましたけど、超魔生物ハドラーに最も貢献したのはザボエラでなく、その息子で自らも超魔生物化したザムザ。

ロモスから覇者の剣を盗み、ハドラーに献上したのもザムザです。

ザムザが死ぬ前に『オレの戦いは無駄ではなかった』という発言は本当で、しっかりハドラーに受け継がれました。

 

ダイの大冒険アニメ43話のネットの口コミ・感想

 

coco13

ハドラーはマネジメントよりプレイヤーのほうが性に合っていたみたい。立場を捨てたことで己の殻を見事に破りました。

 

 

coco13
ヒュンケルとの闘いでは最期にヒュンケルを真の戦士と読んだり、ポップからも魔王の威厳があったと言われるなど、武人としての気質は元々ありましたね。

 

 

coco13
ポップもハドラーの精神的成長に感づいたように、ハドラーも精神的成長に伴いポップの成長を感づいたからこそ、敬意を払い名前で呼んだかもしれませんね。

 

 

coco13
今回は久々に迫力ある戦闘場面でハドラーの強さも伝わってきましたね。

 

 

coco13
アバンの使徒を倒すために、魔族の体をも捨ててしまうほどなので、ハドラーにとってアバンとその使徒は特別な存在だと思いますね。

 

ダイの大冒険アニメ43話感想まとめ

ダイの大冒険43話まとめ:最強剣激突43話では武人ハドラーが本領発揮しました。

 

ハドラーといえば、これからのダイのライバルであり超えないといけない壁。

 

第一ラウンドは相打ちで終わってしまいましたが、来週は大魔王との謁見や謁見前のミストバーンへの感謝の告白など、見どころがたくさんあるので、今から楽しみですね。

 

coco13
これまでの話を振り返りたいなら、無料で視聴できる期間が31日間と最も長いU-NEXTがおすすめ!解約は簡単で期間内に解約すれば0円で楽しめるので試す価値アリです。

 

U-NEXTの特徴と登録手順の流れは以下の通りです。

  • 日本最大級の動画サービス
  • 映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、220,000本以上配信
  • スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービス
  • 動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる
  • 毎月1,200ポイントゲット
  • 退会後も購入した動画・電子書籍は閲覧可能

 

登録手順は3ステップ>>

  1. 下記サイトにアクセスして、TOPページにある「まずは31日間無料トライアル」をクリック
  2. 必要な情報を入力して登録完了したらホームボタンをクリック
  3. 会員登録完了後、すぐに600ポイントをゲット

 

 

無料登録で600ポイントもらえるので、単行本1冊を購入することができます。

 

coco13
ダイの大冒険外伝のアバン一味とハドラーの戦いを描いた『勇者アバンと獄炎の魔王』が無料で読めるので今がチャンスですよ。