次からはcoco13で指名検索してください。

ダイの大冒険アニメ第75話感想 自分に厳しいアバンが取った道とは?

ダイの大冒険75話では、復活したアバンがデルムリン島で別れた後に身に着けた力を披露してくれました。

 

バトル漫画あるあるなのが、戦闘力インフレにのまれて、かつて別れた仲間が戦闘力を大幅にアップして帰ってくるパターンですが、アバンは違いました。

 

戦闘力という評価基準から外れつつ、自身にしかできない新能力を身に着け、ダイメンバーに精神面だけでなく能力面でも欠かせない存在であることを証明しました。

 

今回の話の中でヒュンケルはもちろん、大魔王バーンもアバンを評価する理由がわかった気がしました。

新能力を披露するアバン

 

こんにちは!ダイの大冒険が大好きすぎて、これまで当サイトでダイの大冒険関連の記事を10個(A4レポート55枚相当)も生み出したcoco13世です。

 

 

>>アニメ感想記事の一覧はこちら

 

2019年12月にダイの大冒険の再アニメ化が決定し、2020年10月3日から放送開始となりました。

 

小学生の頃に視聴していたアニメの完全新作版を、小学生の子どもと一緒に視聴する日が訪れるなんて…

ダイの大冒険の大ファンとして、アニメを楽しむだけでなく、ファンを1人でも多く作る責務があります。

 

そんなわけで、内容や感想そして原作との変更点についてお伝えしていきます。

 

 

 

coco13
新装彩録版も令和3年7月に全巻完結したので、これから買うのであれば新装彩録版がオススメです。(中身は変わりません)
ここから先はネタバレ含みます!

ダイの大冒険アニメ75話感想・見どころ

破邪の秘法を使用するアバン

75話の見どころはアバンの新能力の特徴と身に着けた経緯です。

 

アバン復活の謎の1つが、デルムリン島でのハドラー戦以降、どこで何をしていたのかです。

 

結論から言うとアバンは、レオナたちがミナカトールを習得した破邪の洞窟で修行をしていたのです。

 

アバンはメガンテ使用後も生きており、ダイとポップの旅立ちの場にも足を運んでいましたが、遠くから見守るだけで、声をかけることはしませんでした。

ダイとポップの旅立ちを陰から見守るアバン

理由は自分自身の無力さが許せなかったからです。

 

すでにダイの潜在能力が自分を大きく上回っていると判ったアバンは、ダイたちと共に戦うためには、自分にしかできない新能力を身に着けるしかない結論に至りました。

自分の厳しいアバン

このセリフは個人的に大変気に入っており、ダイの大冒険の名言・名場面記事でも紹介しています。

 

あわせて読みたい

こんにちは、ポップとハドラーが好きなcoco13世です。 今日は、1989年から1996年のジャンプ黄金時代に連載されていた、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』の名場面について、お話をします。 ここでは、前回に続き、[…]

大魔導士と読んでくれと言うポップ

 

一度敗北を味わった仲間が戦闘力アップのために修行するパターンはありますが、アバンが普通のパターンと異なっていたのが、単純な戦闘力とは異なる能力だったこと。

 

アバンが身に着けようとした新能力は、自身が最も得意としており、ダイメンバーでもまともな使い手がいない破邪呪文でした。

 

究極の破邪呪文を求め、破邪の洞窟へ単身乗り込んだアバンは、破邪の洞窟の目玉ともいえる破邪の秘法を見つけました。

破邪の洞窟を探索するアバン

破邪の秘法とは呪文ではなく、様々な呪文の邪悪を滅する力を最大級にするバフ効果のある秘術です。

 

効果は絶大で、外側からではヒュンケルのグランドクルスでも一時的に吹き飛ばすことすらできなかった、キルバーン自信作のダイヤの9の炎を、破邪の秘法を併用したトラマナで瞬く間に消し去りました。

 

さらには、かつてダイとバランが力を合わせて真っ向から破壊した魔宮の門の扉を、新たに身に着けた破邪の秘法を使って簡単に開けてしまいました。

 

戦闘力だけで言えば、復活したアバンの戦闘力はダイの半分程度で、ヒュンケルはもちろんポップにも劣るバトル漫画では珍しい存在ですが、アバンがいなければダイヤの9の炎を消すことも、魔宮の門を開けることもできませんでした。

 

アバンは頭脳や精神面での支えだけでなく、能力面でも必要不可欠な存在であることがわかりましたし、力が絶対と信じる大魔王バーンもアバンを警戒するのも納得です。

 

それと、トラマナやアバカムといった地味な呪文にも見せ場を作ってくれたことに感謝です。

ダイの大冒険アニメ75話『破邪の秘法』の概要

破邪の秘法を使用するアバン

75話ではヒュンケルがアバンに反抗的な態度をみせた真意と、アバンがデルムリン島での別れの後に自身を鍛えるため修行していことが判明。

ダイの大冒険アニメ75話のあらすじ

突然、アバンが弱く戦いの役に立たないと言い放ったヒュンケル。

彼はアバンと共に先へと進むことを拒否し、その場に留まって背を向けてしまう。

ダイたちは兄弟子からの思いも寄らない発言に戸惑うが、アバンだけは冷静にその言葉を聞いていた。

それは師と一番弟子の絆の表れ。ヒュンケルは、アバンがバーンパレス攻略に欠かせない存在であると考え、後方から迫るモンスターを一人で食い止める役割を自ら買って出たのだ。

ヒュンケルの思いを理解したダイたちは、彼に背中を託して前進。やがてバーンパレスの城門に到着する。

それは、かつてダイとバランが力を合わせて破壊した魔宮の門のごとき巨大な門だった。

一行が当惑していると、アバンが一人、門の前へ歩を進める。そして彼は消息を絶っていた間の出来事を語り始めた。

メガンテから生き延びたアバンは、カール王国の破邪の洞窟で修業していたのだという。

地下150階まで潜った彼は「破邪の秘法」を獲得した。それは呪文の破邪力を増幅させる秘術。

アバンは金の羽で城門の前に光の魔法陣を作ると、扉を開ける呪文・アバカムを詠唱する。

すると、固く閉ざされていたバーンパレスへの門がゆっくりと口を開ける――!

公式サイトより引用

 

coco13
アニメ第75話は原作28巻の”反逆児ヒュンケル”から”輝け‼破邪の秘法”の終盤までだよ。

 

ダイの大冒険アニメ75話の主な登場キャラ

>ダイ

ダイの大冒険登場キャラ:ダイ

公式サイトより引用

大魔王バーンを倒すために魔王軍と戦う勇者。

赤ん坊の頃、今は亡きアルキード王により異国の地に追放されるが、途中で船が難破してしまいデルムリン島に流れつき、モンスターである鬼面道士のブラスに育ててもらった。

竜の騎士の一族であるが、父バランと違い、正統たる竜の騎士ではない。(人間と竜の騎士のハーフ)

ハドラーとの一騎打ちで勝利を収める。

 

>ポップ

ダイの大冒険登場キャラ:ポップ

公式サイトより引用

アバンの使徒の1人であり、デルムリン島からダイと共に旅をする親友。

職業は魔法使いで、メラ系を得意とするほか、師マトリフのオリジナル呪文も使用できる。

最初は頼りない部分があったが、戦いの中で精神面・戦闘面ともに大きく成長を果たした。

また熱き魂の持主で敵であったハドラー・クロコダイン・バランの心を動かしている。

心のどこかで自分は仲間たちと違い、凡人であることに劣等感を持っていたが、メルルの勇気ある行動がきっかけで解放。

勇気ある行動と冷静な判断でダイメンバーのピンチを何度も救えるようになった。

 

coco13
ポップのかっこよさを知りたい方はこちらの記事がおすすめ!

 

>>ダイの大冒険ポップの実力・内面を高評価した13人を徹底解説

 

>マァム

ダイの大冒険登場キャラ、マァム

公式サイトより引用

アバンの使徒の1人であり、ロモスの魔の森でダイたちと出会う。

両親はアバンの仲間で父は戦士・母は僧侶。

当初はアバンから授かった魔弾銃で戦っていたが、魔弾銃の破損後は父譲りの力に気づき、武道家に転職。

性格は男勝りである一方、慈愛な部分も併せ持っており、アバンにしるしも慈愛の心に反応した。

ただし、他人へ与える愛は強くても、自分にための愛は鈍感で、マァムを想うポップの気持ちには気づいていなかった。

 

>ヒュンケル

ダイの大冒険登場キャラ:ヒュンケル

公式サイトより引用

アバンの使徒の1人目であり、魔王軍時代はミストバーンを師としていた。

義に熱い戦士でありラーハルトの遺志を受け継ぐため武器を剣から槍に変更。

己の命すら武器にしてしまう強靭な精神力の持ち主であり、ミストバーンの暗黒闘気を利用して覚醒を果たす。

アバンの使徒の長兄としての自覚があるのか、メンバーの中では落ち着いた存在である。

アバンの真の力にいち早く気づき、敵陣突入の原則に従い、わざと身勝手なフリをして最後尾の追撃を押さえる役を買って出た。

 

>レオナ

ダイの大冒険登場キャラ、レオナ(サミット編)

公式サイトより引用

パプニカの王女であり、ダイとはデルムリン島からの付き合い。

ダイを勇者と認め、かつてアバンを家庭教師として手配した経緯もある。

フローラより5番目のアバンの使徒の推薦を受け、破邪の洞窟でミナカトールを習得した。

リーダーシップがありメンバーの中でも冷静な判断を下すことが多い。

ヒュンケルの反逆の真意に気がついたり、破邪の秘法の特徴もいち早く理解するなど洞察力も高い。

 

>アバン

ダイの大冒険登場キャラ、アバン

公式サイトより引用

元勇者でダイ・ポップ・、マァム・ヒュンケルの師。

デルムリン島でハドラー相手にメガンテを使用し命を落としたと思われていたが、カールのお守りが身代わりとなって生きていた。

単純な戦闘力ではダイやヒュンケルに劣るも、高い頭脳や豊富な知識を持っており、大魔王バーンが人間の中で唯一警戒する存在。

新たな修行で破邪の秘法を身に着けた。

 

ダイの大冒険アニメ75話で登場した呪文・技

>アバカム

アバカムで開く扉

使用者:アバン

ドラクエ2と3でのみ登場した呪文。

あらゆる扉を開けることができるため、シナリオ無視に発展しやすくドラクエ4以降は消えてしまった。

またドラクエ2・3も終盤で習得する呪文であり、その頃には特殊な扉を開ける『鍵』を入手済であることから、一度も使用したことがないプレイヤーも多いはず。

かつてダイがバランと力を合わせて破壊した魔宮の門を開けるために破邪の秘法を併用して使用。

 

ダイの大冒険アニメ75話の原作との変更点・カットシーン

グラスを割るほど怒るバーン

原作を読み返しながらアニメを視聴して判明した変更点・カットシーンは以下の通り。

 

  • バーンがミストバーンにアバンが生きていると伝える場面が、原作より早い段階で描かれている。
  • ミストバーンがバーンとのやり取りの中でアバンを過少評価した際、アニメでは原作以上バーンが激怒しグラスを割る場面も追加。
  • アバンがキルバーンと戦った話をした際、ポップが『あいつ死んでいなかったのか』とキルバーンが生きていたことに驚く場面が追加。
  • アバンが修行の話をする場面が原作では2話(破邪の洞窟突入・地下50階以降の様子)に分けて語られていたが、アニメでは一括りにまとめられた。
  • アバンが破邪の洞窟でギガンデスやゴーレムを倒す場面が追加。
  • ヒュンケルの別れのサインがピースから親指に変更。
  • ダイが破邪の秘法の五芒星を見たとき原作では『五芒星だっ』に対し、アニメでは『ミナカトールみたいだ』に変更。
  • アバンが魔宮の門を開けた際、ヒュンケルが『さすが我が師アバン』とアバンを高く評価するセリフが追加。

ヒュンケルの反逆の真意をすぐに判明しないように、バーンとミストバーンのやり取りを導入したり、アバンの修行話が一括りになる改変がありました。

 

個人的にはヒュンケルが『さすが師アバン』とアバンを称える追加場面が良かったです。

 

ダイの大冒険アニメ75話のネットの口コミ・感想

 

 

 

 

ダイの大冒険アニメ75話感想まとめ

75話でアバンはこれからの戦いで必要不可欠な存在であることがわかりました。

 

次回は舞台が変わって地上編。

 

アバンと同じく師の存在ともいえるロン・ベルクの活躍が今から楽しみですね。

 

coco13
これまでの話を振り返りたいなら、無料で視聴できる期間が31日間と最も長いU-NEXTがおすすめ!解約は簡単で期間内に解約すれば0円で楽しめるので試す価値アリです。

 

U-NEXTの特徴と登録手順の流れは以下の通りです。

  • 日本最大級の動画サービス
  • 映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、220,000本以上配信
  • スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービス
  • 動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる
  • 毎月1,200ポイントゲット
  • 退会後も購入した動画・電子書籍は閲覧可能

 

登録手順は3ステップ>>

  1. 下記サイトにアクセスして、TOPページにある「まずは31日間無料トライアル」をクリック
  2. 必要な情報を入力して登録完了したらホームボタンをクリック
  3. 会員登録完了後、すぐに600ポイントをゲット

 

U-NEXT

 

無料登録で600ポイントもらえるので、単行本1冊を購入することができます。

 

coco13
ダイの大冒険外伝のアバン一味とハドラーの戦いを描いた『勇者アバンと獄炎の魔王』が無料で読めるので今がチャンスですよ。