次からはcoco13で指名検索してください。

ダイの大冒険アニメ第79話感想 ヒュンケルとヒムの漢の戦い

ダイの大冒険79話の見どころはヒュンケルとヒムの漢の勝負。

 

全てを捨てて拳一つに託したヒュンケル。

 

得意の格闘でジワジワ攻めれば勝利できたものの、真の勝利のためにあえてヒュンケルの土俵で戦いに挑んだヒム。

 

どちらもカッコいい生き様でした。

ヒュンケルをライバル視するヒム

 

こんにちは!ダイの大冒険が大好きすぎて、これまで当サイトでダイの大冒険関連の記事を10個(A4レポート55枚相当)も生み出したcoco13世です。

 

 

アニメ感想記事の一覧はこちら

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話 11話 12話
13話 14話 15話 16話
17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話
25話 26話 27話 28話
29話 30話 31話 32話
33話 34話 35話 36話
37話 38話 39話 40話
41話 42話 43話 44話
45話 46話 47話 48話
49話 50話 51話 52話
53話 54話 55話 56話
57話 58話 59話 60話
61話 62話 63話 64話
65話 66話 67話 68話
69話 70話 71話 72話
73話 74話 75話 76話
77話 78話 79話 80話
81話 82話 83話 84話
85話 86話 87話 88話
89話 90話 91話 92話
93話 94話 95話 96話

 

2019年12月にダイの大冒険の再アニメ化が決定し、2020年10月3日から放送開始となりました。

 

小学生の頃に視聴していたアニメの完全新作版を、小学生の子どもと一緒に視聴する日が訪れるなんて…

ダイの大冒険の大ファンとして、単にアニメを楽しむだけでなく、1人でも多く方に興味を持ってもらいたいです。

 

そんなわけで、内容や感想そして原作との変更点についてお伝えしていきます。

coco13
『新装彩録版』のサイズはジャンプコミックスの単行本版と同じですが、表紙が新たに書き下ろしされ、連載時のカラーページを再現収録しているため、単行本版や文庫版の上位互換と言えます。(内容は変わりません)
ここから先はネタバレ含みます!

ダイの大冒険アニメ79話感想・見どころ

背水の陣でヒムに挑むヒュンケル

79話の見どころはヒュンケルの決意の覚悟とヒムの勝利の美徳。

 

復活したヒムは格段に強くなっており、一方的に攻撃されるヒュンケル。

ヒムの怒涛の攻撃をくらうヒュンケル

 

『兵士の昇格』により強くなったヒムの前では、ブラッディースクライドを当てることもできず、生命が宿ったことで虚空閃で倒せる相手でもなくなりました。

 

それでもヒュンケルは怒涛の攻撃を受けながらも、ヒムの癖『左拳による攻撃の後の一瞬の硬直』を見抜き、ヒムの背後を取り、自分もろともグランドクルスを放とうしました。

ヒム相手にグランドクルスを使用するヒュンケル

 

しかし既に1日2回もグランドクルスを放っていたことから、闘気集束に時間がかかってしまい、暴れたヒムに強烈なアッパーを喰らい、再びヒュンケルは倒れこんでしまいます。

 

勝利を確信したヒムは空を見上げハドラーに勝利を報告しようとしたそのとき、再びヒュンケルが立ち上がりヒムが驚きます。

ヒュンケルの不死身に驚くヒム

 

ヒュンケルの闘志を評価したヒムはヒュンケルの武器である槍を渡しますが、なんとヒュンケルは武器も鎧も手放し、拳1つでヒムに戦うことを決意します。

拳にすべてを懸けるヒュンケル

 

ブラッディースクライドも虚空閃もグランドクルスも封じられた今、勝利するためには全闘気を集中させた拳しかなかったのです。

 

さらに決死の覚悟が鈍らないように、防御力の高い鎧も解除し、背水の陣に追い込んだわけです。

 

ヒムの体はオリハルコンなので、たとえ全闘気を集中させてもダメージを与えられる保証はありません。

 

それでも最後の戦いとなるなら、ヒムと5分の条件となる『拳』で戦うことを決意したのです。

 

たとえわずかでも勝算があれば全てを賭けるヒュンケルの決意を見て、ヒムはヒュンケルの何に勝ちたかったのか気づかされます。

 

ヒュンケルも自分をここまで追い込んだのは人生で2人目だとヒムを評価します。

 

戦いの結果は刹那の差でヒュンケルの勝利。

ヒムの体を砕くヒュンケルの拳

 

拳対決というヒュンケル劣勢の状況で負けたことに理解が追い付かないヒムに対し、ヒュンケルは無刀陣の応用であるカウンターでしか勝利の道はなかったと伝えます。

カウンターでしか勝てない

 

さらに、ヒムが正々堂々と拳対決を受けてくれたから勝てただけで、得意の格闘術でジワジワ攻撃されたら勝てなかったことを伝えると、ヒムはそんな勝ち方をするぐらいなら死んだほうがマシと答えます。

勝ち方にこだわるヒム

 

ヒムはヒュンケルに勝つことを生き甲斐していましたが、フレイザードのように手段問わずに勝利するのでなく、ザボエラのように小細工を用して勝利するのでなく、すべてを賭けた真っ向勝負での勝利でなければ意味がなかったのです。

 

武器も鎧も捨ててわずかな勝算にすべてを賭けるヒュンケルと、真の勝利にこだわりヒュンケルに真っ向勝負で挑んだヒム。

 

2人の戦士による今回の戦いは視聴者の心を熱くしてくれました。

 

余談ですが、別漫画のバキもヒム同様に勝ち方にこだわるキャラで、力自慢相手に力という土俵で勝たないと意味がないと考え、真っ向勝負をしていましたね。

単に勝つのでなく勝ち方にも重きを置くバキ

ダイの大冒険アニメ79話『銀髪のヒム』の概要

銀髪鬼ヒムと戦うヒュンケル

79話はパワーアップしたヒムとヒュンケルの漢の戦いです。

ダイの大冒険アニメ79話のあらすじ

地獄から蘇ったヒムは、これまで以上に強敵だった。

もはやブラッディースクライドや虚空閃でも倒すことは不可能。

ヒュンケルはヒムの攻撃を観察し、一瞬の隙が生まれる瞬間を看破し、そこに合わせてグランドクルスを放とうとする。

だが、最強クラスの戦士へと進化を遂げていたヒムにそれすらも回避され、ヒュンケルはついに打つ手を失ってしまう……。

だが、それでもまだ、わずかに残る闘志の欠片を燃え上がらせる。

ボロボロの身体で立ち上がったヒュンケルは、鎧の魔槍の武装を解除。

そして拳と闘気のみでヒムとの最後の戦いに挑む。対するヒムも、全身全霊の闘気を拳に込めた闘気拳(オーラナックル)で迎え撃つ。

闘志と執念を込めた拳のぶつかり合いを制したのは、なんとヒュンケルだった!

ヒュンケルはヒムの拳が体に触れる直前、バランとの戦いで使った無刀陣を応用したカウンター攻撃を繰り出したのだ。

オリハルコンの身体を貫かれたヒムは潔く敗北を認め、とどめを刺すように促すが、ヒュンケルはそれには応じなかった。

ふたりの間には戦いを通じて確かな絆が芽生えていたのだ。

長く宿敵関係にあったふたりが手を取り合ったとき、彼らの前に新たな敵が現れ―。

公式サイトより引用

 

coco13
アニメ第79話は原作30巻の”兵士の昇格”から”最後の闘志燃ゆ‼”の序盤までだよ。

 

ダイの大冒険アニメ79話の主な登場キャラ

>ヒュンケル

ダイの大冒険登場キャラ:ヒュンケル

公式サイトより引用

アバンの使徒の1人目であり、元魔王六軍団長の一人。

義に熱い戦士であり、ラーハルトの遺志を受け継ぐため武器を剣から槍に変更。

己の命すら武器にしてしまう強靭な精神力の持ち主であり、ミストバーンの暗黒闘気を利用して覚醒を果たす。

アバンの使徒の長兄としての自覚があるのか、メンバーの中では落ち着いた存在である。

アバンの真の力にいち早く気づき、敵陣突入の原則に従い、わざと身勝手なフリをして最後尾の追撃を押さえる役を買って出た。

復活したヒムを背水の陣でなんとか勝利する。

 

>ヒム

ダイの大冒険登場キャラ、ハドラー親衛騎団ヒム

公式サイトより引用

ハドラー親衛騎団の1人。

ヒュンケルとの戦いで敗れるも、ハドラーやハドラー親衛騎団の遺志を受け継いで奇跡の生還を果たした。

一つの生命を宿ったことで闘気を扱うことができ、戦闘力もチェスのルール『兵士の昇格』により格段に上がった。

ヒュンケルに真っ向勝負で勝利することに生き甲斐を感じていた。

 

ダイの大冒険アニメ79話で登場した呪文・技

>グランドクルス

ヒム相手にグランドクルスを使用するヒュンケル

使用者:ヒュンケル

ダイの大冒険オリジナルの必殺技。

大量の闘気を一気に放出する闘気技。

ヒュンケルの切り札技であり、習得初期の頃は使用後に意識を失っていたが、レベルアップしたことで、今では1日2回放った後も普通に戦うことができる。

ヒムとの戦いで3発目を放とうとするが、闘気集束に時間がかかってしまい不発に終わる。

 

>オーラナックル

左拳に闘気を集束させオーラナックルの準備をするヒム

使用者:ヒム

左拳に熱を集中させて相手を粉砕する技。

元々は超熱拳(ヒートナックル)であったが、闘気を発するようになったことから闘気拳(オーラナックル)に改名。

 

ダイの大冒険アニメ79話の原作との変更点・カットシーン

原作では岩を手で砕いたときに感づくヒュンケル

原作を読み返しながらアニメを視聴して判明した変更点・カットシーンは以下の通り。

 

  • 原作では掴んだ石を無意識的に砕いたときに拳の可能性に気がつくが、アニメでは石を砕く場面がカット。
  • 原作ではヒュンケルがオリハルコン軍団に挑む最後の勇姿が不穏な感じで描かれているが、アニメではナレーションもなく普通に描かれている。

79話は原作通りでしたが、ところどころでセリフの細かなカットがありました。

 

ダイの大冒険アニメ79話のネットの口コミ・感想

 

 

 

 

 

ダイの大冒険アニメ79話感想まとめ

79話ではヒュンケルとヒムの戦いに決着。

 

次回は不死身と例えられているヒュンケルがガチの不死身の戦いをします。

 

HP1のヒュンケルの勇姿が今から楽しみですね。

ダイの大冒険 アニメ視聴ならAmazonプライムビデオがおすすめ
  • 初回30日間は無料で視聴できる
  • 月額500円でプライム会員特典すべて利用可能(コスパ最強)
  • ダウンロード可能なためオフラインでも視聴可能
  • 3台まで同時視聴可能
  • 配信数は15,000本(レンタル・購入作品除く)と少なめ
  • 倍速機能は備わっていない

ダイの大冒険は有名な作品であるため、多くの動画配信サービスで視聴が可能です。

アニメは視聴したいけど、まだ動画配信サービスを利用していないのであればAmazonプライムビデオがおすすめです。

30日間の無料お試し期間があるので、期間内に気になるアニメを全て視聴すればお金は一切かかりません。

UNEXTやHuluなど専属の動画配信サービスと比較すると動画配信数やUIは劣るものの、Amazonプライムビデオの料金は月額500円(年払い4,900円)とサイフに優しいです。

さらに上記料金にはプライムビデオだけでなく、下記特典も含まれているためコスパ最強のサブスクリプションと言えます。

  • 1,000冊以上の電子書籍が読み放題となる『プライムリーディング』
  • 200万曲以上の曲が無料で聴ける『プライムミュージック』
  • Amazon買い物において通常配送料無料・お急ぎ便が無料
  • Amazonセールで一般会員より優遇

 

>>【30日間無料】Amazonプライムを体験してみる

 

coco13
まずは無料体験で使い勝手を確認してから継続するかどうか決めましょう。電子書籍は小説やビジネス・経済雑誌も豊富なので、先ほど紹介したDMMブックスの穴埋めにもなります。

Amazonプライムビデオの登録手順

  1. Amazon公式サイトより『プライム』を選択
  2. Amazonアカウントにログインする
  3. 支払い方法と請求先住所を入力
  4. 『30日間の無料体験を試す』を選択

 

ダイの大冒険 おすすめ電子書籍はDMMブックス
  • 初回の無料会員登録で70%OFFクーポンゲット
  • 試し読み無料や期間限定無料で読める作品が豊富
  • 大人向けの漫画も充実
  • 年3回のセール時のポイント還元がお得
  • 購入した本はダウンロード可能なのでオフラインで読める
  • 小説や実用書などのジャンルは少なめ
  • 大人向けコンテンツのイメージが強い(旧DMM.R18はFANZAに改名)

文庫版については電子書籍も扱っていますが、電子書籍だと1冊あたり680円と紙媒体(715円)と比較して安く購入できます。

さらにDMMブックスだと初回限定特典として無料会員登録で70%OFFクーポン(割引上限金額3,000円)をゲットできるため、まとめ買いするのであれば、クーポンを活用するべきです。

運営元であるDMM.comはオンラインスクールや金融など様々な事業の展開しているため、サービスの突然の停止の心配も不要。

品揃えは66万冊以上(2021年2月時点)と申し分ないですが、大人向け作品や漫画が多い反面、小説や実用書は少ないので、漫画向けのサービスと割り切ったほうがいいです。(実用書がメインならkindle unlimitedがお得)

男性陣の場合、アダルト作品の試し読み無料を多く扱っている点も見逃せません。

過去にもお得なクーポンは発行していましたが、赤字計上を理由に廃止された経緯があり、今取り組みしている70%OFFクーポンも、いつなくなるか分からないので、早めに無料登録を済ませてクーポンを活用しましょう。

 

>>【登録無料】DMMブックスを体験してみる

 

coco13
DMMブックスは都度購入型の電子書籍サービスのため月額料金は一切かかりません。

DMMブックス登録手順

  1. DMMブックスの『DMMアカウント登録画面』を選択
  2. メールアドレスとパスワードを入力
  3. 『認証メールを送信する』を選択
  4. 認証メールが届いたら記載されているURLにアクセス

 

ダイの大冒険 アニメ視聴も電子書籍も1つで満たすならU-NEXTがおすすめ
U-NEXT
  • 初回31日間は無料で視聴でき600ポイント付与される
  • 動画視聴だけでなく漫画・雑誌・書籍も楽しめる
  • 倍速機能も同時視聴もダウンロードも可能
  • 毎月1200ポイントが付与される
  • ポイント還元はクレジット払いで40%とお得
  • 総配信数もアニメ配信数も業界1位
  • 過去作品だけでなく最新作品のトレンドにも対応
  • アダルト作品も5万本が見放題と充実
  • 料金は月額2,189円と高め

『ないエンタメがない』がキャッチフレーズのU-NEXTは、多くのジャンルで業界1位の配信数を誇っており、アニメ部門においてもDアニメを抜き業界1位となっています。

31日間の無料お試し期間があるので、期間内に気になるアニメや映画・ドラマを全て視聴すればお金は一切かかりません。

動画視聴の機能面でも、他のサービスと比べて高い機能を誇っているため使い勝手で不自由は感じません。

また動画配信サービスだけでなく、漫画・書籍・雑誌も扱っているため、複数社のサービス利用に煩わしさを感じる方におすすめです。

男性陣の場合、アダルト作品が見放題だけで5万本ある点も見逃せません。

料金は2,189円と高く感じますが、毎月1,200ポイント(1ポイント1円)が付与されるため、実質負担は1,000円を下回ります。

クレジット払いで購入すれば支払い額の40%が32日後にポイント付与される点も大きく、例えばダイの大冒険を全22巻購入すれば、5,975ポイント(679円×22巻×40%)がポイント還元されるため、ポイントのみで『ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王』シリーズを揃えることも可能です。

注意点として、購入して入手したポイントは180日間、付与・還元ポイントは90日間と期限は長くないため、定期的にポイントを使用しない方だとポイントのリスクがあります。

 

>>【31日間無料】U-NEXTを体験してみる

 

coco13
U-NEXTはオールマイティ―なサービスなので、電子書籍も動画視聴を定期的に楽しむのであればコスパは高いです。

U-NEXTの無料登録手順

  1. U-NEXTのTOPページにある「まずは31日間無料体験」を選択
  2. 個人情報を入力
  3. 支払情報を入力
  4. 登録完了したらホームボタンをクリック